苦学の女子大生を愛人にして調教しています

この体験談は約 5 分で読めます。

私と妻は田舎のお隣さんで、お互い1人っ子同士。
小さい頃から、大きくなったら結婚するという雰囲気で育ち、親もそんなもんだろうと思って接していた。

私が高2、妻が中2の時、納屋の2階で初体験して以来、親の目を盗んで納屋の2階でセックスをしていた。
私が高3、妻が中2の時、親に見つかって大騒ぎになり、本当に将来結婚する約束をさせられた。

私25歳、妻22歳で結婚した。
妻は西田ひかるに似た美人なので、正直お隣さんでもなければ結婚できなかった上玉だと思う。
現在、妻は47歳だが、今でも西田ひかるばりの可愛い美貌を保っている。

結婚して7年の時、私の両親と妻の両親が連れ立って旅行に出かけた。
そしてツアーバスの事故で4人とも亡くなった。
私と妻はそれぞれ農地を含む不動産を相続したが、その数年後からはじまった土地区画整理事業という魔法で、もともと二束三文だった農地が大きな財産に変わった。
土地の面積は半分になったが、利用価値が格段に上がり、土地をショッピングモールに貸したり、学生向けのアパートを建てて不動産収入で生活している。

私と妻には、それぞれ2人ずつ愛人がいる。
私は女子大生、妻は男子大学生で、全員奨学金で学ぶ苦学生だが、私たちの愛人でいることでアパート代と光熱費はかからない。

私にはかつて、『倫子(ともこ)』と『奈津美(なつみ)』という2人の愛人がいた。
倫子を「リンコ」、奈津美を「ナッチ」と呼んでいた。
愛人を持つようになって10年になるが、このリンコとナッチは思い出深い愛人で、撮影したエロ写真を雑誌に投稿することもOKだった。

ナッチは初めて持った愛人で、小柄でショートカット、中学生のような童顔娘だった。
大学生になったばかりの18歳の体は幼児体型で、妻以来23年ぶりの処女喪失を経験した。
今思えば、この時にハメ撮りするという発想があったらと後悔している。

撮影して投稿したのは、ナッチが快感を覚えてからだった。
あまりに可愛いから、セーラー服の夏服を買ってきてコスプレした。
その姿がまんま中学生のようだったので、セーラー服姿のナッチのスナップを撮っていた。
そしてそのままエッチへなだれ込み、なし崩し的に撮影して初めてのハメ撮りを経験した。
そして素人のエロ写真を投稿する雑誌の存在を知り、ナッチの許可を得て投稿した。
“美少女だ”と雑誌でも評判だった。

その後、ナッチを軽く縛ったり、バイブでイカせ続けたりする写真も投稿した。
可愛い純情マンコから潮を噴き、ビクビクしながら気絶した。
マンコ苛めは激しさを増し、もう恥ずかしいという感覚は薄れて、ただ快楽に身を預けていた。
セーラー服が似合うショートカットの女の子が、清純そうな顔をだらしなく歪めて、中年チンポの餌食となって雑誌の紙面を賑わしていた。
もちろん、目にはモザイクがかけられてナッチが誰かは簡単には分からなかったが、それでも雑誌に自分の痴態が載ると、それだけでマンコを濡らしていた。

純情マンコもマンビラが伸びて色付き始めた頃に、イカせ続けるだけじゃなく、イク寸前で焦らすイジメを楽しんでいたら・・・。

「イカせてください、オマンコ奴隷になりますからイカせてください」

などと言い出し、緊縛セーラー服少女となった。

この時、ナッチは大学3年生、学校が忙しくなってきたので、もう1人新しく1年生の苦学生を囲った。
以来、ベテラン愛人と新人愛人の常時2人体勢を続けている。
ちなみにこの2人目の女子大生も処女だったが、撮影はNGだった。

さて、ナッチが卒業して2年後、今度はリンコという女優級の美麗女子大生を囲った。
知的で可愛いと美人がミックスした、外見は熊田曜子に似たスタイルも抜群の女の子だった。
高校を出たばかりのリンコを裸に剥いて、体の隅々まで舐めるように観察した。
最後に仰向けにして、ひっくり返したカエルのように股を開かせる、若い娘には酷な痴態でマンコを広げて観察したところ、マンビラが薄っすらと赤みがかっていたので、マン穴を思い切り広げて見るとギザギザしたり裂目だったりする処女膜が見当たらなかった。
そう、リンコは初めての18歳非処女だった。

「初体験は済ましてるようだな」

「高校1年の時、処女を50万円で売りました。それからお金で大人に男性に何度か抱かれました。うち、裕福じゃないから・・・」

薄幸でも見目麗しければ大学まで進める。
女は見た目で損得が分かれる。

私は、非処女のリンコを初めからマゾ調教した。
そして、「モデル料をあげるから」と言って、雑誌投稿を承諾させた。
縛り上げ、以前ナッチにしたようにイカせ続ける快楽地獄、焦らして困惑させるマゾ地獄で、被虐の心を育てていった。
美麗ルックスの女子大生に赤い首輪をつけて、凌辱写真を投稿した。
援交していた高校時代の制服も着せてみたが、童顔でない正統派の美人のリンコには似合わなかった。

縄を打った裸のリンコにコートを着せて連れ出し、人混みで露出撮影も投稿した。
地下鉄のホーム、高速道路の跨道橋、観覧車の中、走行中の寝台列車の窓際・・・。
惜しげもなく痴態を披露した超美麗女子大生性奴の飼い主の私は、誌面で羨望の的だった。
ナッチの時もそうだったが、投稿した写真のうち掲載される写真は、ハメ撮りは少なかった。
チンポがマンコを貫く写真は毎回1カットだけで、あとは被虐痴態、凌辱写真、着衣のスナップも掲載され、普段はいかに知的な美人女子大生であるかを知らしめたが、目にはモザイクがかけられて、当然リンコと断定する者は一切なかった。

リンコが3年生になった時、いつものように新しい1年生を囲ったが、リンコがあまりにも美しすぎたので、この18歳の生娘をあまり構ってやれなかった。
そして、この女子大生が撮影を拒否したことがきっかけで、4方向から隠し撮りできるように細工したヤリ部屋を作って、この女子大生の処女喪失を隠し撮りしたのだ。

リンコが3年生になる少し前から、クリキャップで1年かけてリンコのクリを吸い出し、4年生になる少し前に、クリにピアスを通して性奴を誓わせた。
その写真も投稿し、掲載された。

リンコは4年生の時、クリピアスを苛められながらイキ乱れる変態女に墜ちていた。
だから尚更、その時のもう1人の愛人は弄られる頻度が減っていた。
ヒルのようにチンポに絡みつく淫乱なマンビラと吸い出されたクリにピアスが光り、それが抜群のスタイルと麗しい美形とのギャップが素晴らしく、目とマンコに欠けられた投稿誌のモザイクが忌々しかった。

リンコが4年生の頃、妻がヤリ部屋で繰り広げた愛人大学生とのお楽しみを鑑賞した。
妻はこの時はまだ4つのビデオカメラの存在を知らなかった。
西田ひかるに似た可愛い中年女が、大学生の男を襲っていた。
チンポを支配され、ドドメ色のマンコを舐めさせられ、若いビンビンのチンポにスキンを被せて馬乗りになって精液を搾り取っていた。
自慢の可愛い顔があんなにアホ面になった妻の姿を、そのとき初めて見た。

そして、その動画から聞こえる男子大学生の話すイントネーションが、リンコの話すそれと似ていたので、隠し撮りした動画を見せて妻を驚かした。
ついでに大学生の出身を聞いたら、リンコと同じだった。
私は、この妻に虐げられてきた男子大学生とリンツをくっつけたら面白いと思い、出身地へ就職を決めた2人を、大学卒業の2ヶ月前の1月の晴れた日に紹介した。
2人は自分が愛人であることを必死で隠し、私や妻を大家さんだと紹介していて笑えた。
リンコは汚れた自分に興味を持てくれる同郷の若者に惹かれていたようだった。
一方、男子大学生は、リンコの美貌に一目惚れは間違いなかった。

私はリンコが卒業するまで徹底的に凌辱して、美麗ルックスに似合わない卑猥な薄紫のマンビラと赤紫のクリを完成させた。
そして、卒業前日、最後の凌辱を終えたリンコのクリからピアスを外した。

「これで愛人性奴はおしまいだ。実家に戻ったら、あの彼と仲良くやれよ」

そう言って、就職祝いとして10万円をのし袋に入れて送り出した。

今年、差出人の名前だけで住所がない年賀状が届いた。
リンコだった。
例の同郷男と結婚した報告だった。
今、リンコは26歳の新妻になっている。
妻の元愛人だったあの男は、リンコの歪に色付いた変態マンコと穴の開いたクリを見て何を思っただろう。

タイトルとURLをコピーしました