寿退社予定の部下と二人で出張

この体験談は約 6 分で読めます。

俺、37歳(♂)営業部・営業MG、既婚。

部下の子(27歳♀)が、結婚して寿退社することになった。
見た目は、木村カエラに似ていると俺は思う。
頭も良く仕事ができる子なので他の男子社員より重宝していた。
礼儀作法は教えるまでもなく、何気ない会話もそつなくこなせ、何よりも彼女が作る議事録は自社内ならず顧客サイドにも好評なので、大口の仕事や大事な顧客の時には、必ず彼女をパートナーにした。
ウチはインセンティブがあり、大口担当の俺と組むと平社員は月にして10万は、給料が違ったせいもあって、いつしか俺と彼女は不倫してるという噂さえ、社内で噂され、社内会議の議題にすらあがったことがある。

ある日、2人で出張で横浜に行った。
いつもなら居酒屋コース、たけど2人での出張も最後だし、色々世話になった。
お礼をしようと思い、「今日はすし屋にでも行こうか?」と誘った。

彼女がこう言った。

「お気遣いはとても嬉しいです。でも最後だからこそ、いつも通りで」と。

そんなもんなのかと思いながら、実は少しガッカリしていた。

彼女が昔行ったことがあるという居酒屋へ行こうという話になり、電車に乗って店に向かった。
中に入ると、2帖くらいの個室みたいな感じで、お洒落な店だった。
いつも通り居酒屋で話をしているうちに、彼女が泣き出した。

「◯◯さんには本当に感謝しています。◯◯さんは私が結果を出せなかったときも、ずっと続けさせてくれた・・・。本当は続けたい、本当にやりたいとずっと思ってた仕事なんです」

泣く彼女に、どう慰めて良いか判らなかったので、俺は彼女に対するお礼を言い続けた。
そうこう言ってるうちに、なんだか俺まで泣けてくる始末。
周りからみたら異様な2人だったと思うので、個室で良かったと思う。

帰り道、俺らと同じくらいの組み合わせのカップルがいた。

「こうして見ると、別に知らない人からみれば普通なんですね。◯◯さん結婚してるから何とも思わないかもしれないですけど、正直、2人での出張、ずっとドキドキしてました。だから今日、お寿司屋さんって言われたとき、ついに抱かれちゃう、なんて思っちゃいました」

かなり酔ってるのかな、なんて思いつつ・・・。

「抱かれちゃうだなんて、拒否しないの?」と聞き返すと・・・。

「ええっ?拒否する理由ありませんから」

「結婚するのに、何言ってんの」

笑いながら言うと・・・。

「彼は当然好きですよ、結婚だってします。でも◯◯さんの方が、先ですから」

・・・と、キスしてきた。

「ホテル、戻りましょう」と言われ、タクシーを拾った。

タクシーの中で彼女は外をずっと向いていた。
タクシーの清算をしていると、彼女が先にフロントに行った。
俺もフロントで受付をした。

エレベータの中で・・・。

「私の部屋シングルから、ダブルにしちゃいました。最後だし・・・」

俺は何をどうしたら良いのか判らなかった。
言葉が出なかった・・・。

俺は4階だった。
ドアが4階で開いた。
彼女は黙って『閉』を押した。

9階、彼女は俺の手を引き歩いた。
俺と彼女は部屋に入った。
彼女はドアの鍵を閉めると俺に抱きついてきた。

「お願い、何も言わないで、こうさせて下さい」

彼女のカラダは、少し冷えたのか冷たかった。

「カラダ冷えてるね、寒くない?」
「少し表寒かったですよね。お風呂入りましょう。◯◯さんってお風呂、沈む派ですか?」

「俺、シャワーだけだよ」
「じゃあ先にどうぞ」

あっと言う間に話は展開し、俺はシャワーを浴びていた。

我ながら素晴らしい湯加減にうとうと・・・。
(この後、お約束の水没あり)

あがって部屋に戻ると、彼女まだ見てる(笑)
とりあえず電話しなきゃなんなかったから、風呂入っておいでと言って、一人になったところで用件を片付け、俺も疲れてたのでベッドのかなり端に横になった。

彼女が戻ってきた。
が、どうせAV見るだろうと思い放置してると、ベッドに横になり、端にいる俺に密着してきた。

(え~~~~~?????)

そう思いながらも、布団被せてやり、目瞑ったのだが、彼女の息が脇にあたってくすぐったかったので腕枕してあげた。
しばらくそのままだったのだが、急にしがみついてきた。
俺も抱擁してやったんだが、寝顔があまりに可愛かったので、こらえきれずに唇を奪った・・・。

「ダメよぉ、私エッチなんだから・・・」

もう止まんなくなった。
俺は唇から耳、そして首筋へとゆっくり舌を這わせていった。
だんだん息が荒くなる彼女。
もうすでにいつもの可愛らしい顔ではなくなってる。

「もうして」
「もう入れんの?」

「うん、入れて!」
「・・・」

俺も破裂しそうなくらい勃ってたが、せっかくなんだから彼女の身体をしかと攻めることにした。
髪を洗っていると、いつ入ってきたのか、彼女が背中に抱きついてきた。

「◯◯さん、髪おろすとそうなるんだー可愛い」
「流してあげますね」

シャワーを後ろからかけてきた。

後ろに全裸の彼女がいると思うと、もうあそこは限界だった。
振り向きざまに、ぎゅっと抱きしめようと思ったとたん、彼女にぎゅっとチンコをにぎられた、キスされた。

彼女はニヤっと笑うと、「先、あがっててください」と言った。

彼女に振りまわれされるまま、俺は部屋に戻った。
彼女が「目瞑ってください」とバスルームから言うので、目を瞑った。

彼女はベッドに潜り込んだ。

「えへへっ」

すごく可愛い笑顔でこちらに微笑む彼女。
俺、は彼女に軽く自分からキスをした。

彼女の隣に横になり、キスしながら彼女の胸に手を当てた。
いつものスーツ姿は着痩せするのか、若干大きく感じた。

「くすぐったい」

彼女は俺の手を止め、布団に潜り込んだ。

次の瞬間、俺のチンコをパクっと咥えた。
みるみる大きくなる俺のチンコを咥えながらも、彼女は「えへへ」とはにかんでいた。

彼女はちょうど俺の胃の辺りに跨がった感じになり、上から俺を見下ろし「私ってエッチでしょ」と言った。
下から見上げる俺も、彼女のとてもスレンダーなカラダと、下ろした髪の毛にとても興奮した。
カラダを倒し、彼女がキスをしてきたと思った。

次の瞬間、俺のチンコは彼女の中に入った。
前戯は一切なし。

「キスだけで入っちゃった・・・私、こんなになるの初めて」

その状態のまま少し腰を動かそうとした。

「いやっ、動かさないで、少しこのまま」と彼女が言った。

「◯◯さん、私のこと軽蔑しました?私とこんな関係になって、後悔しません?」
「えっ、そんなことないよ、なんか現実じゃない気がして」

「本当は26の頃◯◯さんのこと、すごく好きだったんです。でも、◯◯さん奥さんいますし、だから、この人との仕事は頑張ろうって思ってきました。でも、結局私ばっかりお世話になってばかりでしたね」
「そんなことないよ、俺だって君には助けられたと思ってるよ。正直、俺が36でMGになれたのは君のおかげだと思ってるよ、ありがとう」

「泣きそうになるじゃないですか、やめてくださいよ」と彼女が言う。

俺は彼女を下にし、キスをしながら腰を動かし始めた。
多少毛深いながらも、小さく肉厚のあそこ。
腰を引いても、吸い込まれるように腰が動く。

「あっ、あっ、もっと早く抱いてくれても良かったんですよ」

いつもはどちらかと言うと遅漏気味なのに今にもいきそうだ。
正直、彼女の言葉に耳を貸す余裕さえなかった。

「私は大丈夫ですから、好きなときにいってください」

そう言いながら俺の背中に腕を回した。
いきそうになりカラダを起こそうとすると、「このままで・・・」と彼女が言った。

中出しの誘惑に一瞬落ちそうになるも、結婚前の大事な部下を、万が一にも妊娠させるわけにはいかないので外に出した。
2人でシャワーを浴びた。

「もっと前に、私にこうしたいと思いませんでした?」

「いや、なくはないけど・・・」

何と答えて良いか分からなかった。

「でも、今日でよかったのかもしれませんね」

「そうだね」

翌朝、起きると、彼女は何事もなかったように支度を済ませていた。
俺も急いでシャワーを浴び、用意をし、スーツをきた。

彼女が、後ろから抱きついてきた。

「こっちみてください」と言うとキス。

そしてズボンのチャックを下げて、フェラを始めた。

「なんかスーツ着てると余計に悪いことしてるみたいですね」

ソファに手をつかせ、スカートを捲りあげて後ろからクンニした。
昨日同様に、そこはもう何をするまでもなくすごく濡れていた。

そしてバックから挿入した。
会社でSEXしているような誤解と錯覚に自分の中のSの部分が強くでてきた。
感じまくる姿をみて、レイプをしているような気がしてきた。
そして思いっきり中で出した後も突きまくった。

ふと我に返り、やってしまったと自分を情けなく思った。

彼女はそんな俺をみて「今日は大丈夫ですから」と言った。

そして、チェックアウトし帰路に就いた。

彼女が俺にこう言った。

「私、彼との結婚やめます」

なぜかすごく嬉しかった。

俺は妻の待つマンションには帰れなかった。
出張を作って、2週間、ひとりで全国を飛び回った。
そして、10日実家に帰り、妻の待つマンションに帰った。

何も知らない妻に、申し訳なさを感じた。

しかし俺は妻と別れ、彼女と一緒になろうと思っている。