怖い慰安旅行 その2

この体験談は約 25 分で読めます。

旅行の次の日は日曜日で、半数出勤の日でした。

俺は当番になっていましたので、社長が「休んでもいい」と言ってくれましたが出勤しました。
会社には、社長の他に、ヨシエさん、ノリコさん、クロダさん、マキさんの4人が当番になっていました。
俺は旅行中に、お相手した方ばかりだったので(社長除く)、かなり、どきどきしていました。
しかし、みんな、いつもと変わらない様子で、仕事をこなしていました。

俺は、その雰囲気に安心して、いつも通りに仕事をさばいていきました。

俺は、配送業務も担当していますので、倉庫で車に荷物を積み込む作業をしていました。
平日は、この作業をトモミさんと2人でしていたのですが、この日は、トモミさんがいなかったので、1人でしていました。

倉庫は、会社の敷地の一番奥にあり、普段は、他の業者が材料を持ってきたりしていて、わりと人の出入りがありましたが、休日は全く誰も来ません。
俺は、荷物が少なかったので、積み込みが終わると、少し時間が出来たので、トモミさんに電話しました。
トモミさんは、娘さんと買い物中でしたが、俺からの電話に喜んでくれ、ついつい話し込んでしまいました。
そのとき、俺はかなり、ニヤニヤしていたみたいです。

俺が、電話を切ったとき、車の反対側に、クロダさんがいつの間にか来ていました。

「えらい、楽しそーやん。彼女?」

クロダさんは俺を冷やかしましたが、俺は、トモミさんのことがバレなかったかどうか、慌ててしまいました。

クロダさんは「ちょっと」と、俺を倉庫の前に積んだダンボール箱に座らせ、自分も俺の横に座りました。

俺は、トモミさんのことが、ばれなかったか心配していましたが、クロダさんは「なー、なー、約束おぼえとー?」と聞いてきたのです。
俺は、酔っぱらってないクロダさんと、あまり話をしたことがなかったので、(んん・・?)と思いましたが、エッチの後で「も一回」と言われたことを思い出し、「ええぇー?」と聞き返しました。

クロダさんは、「ちゃーんと、守ってもらうよー」と言うと、俺の胸のあたりを触って立ち上がり、「またねー」と言って帰っていきました。

俺はクロダさんが歩いて行くのを見ながら、トモミさんのためにも、キッパリお断りしようと思う反面、クロダさんの巨乳を思い出し、固くなったチンポコを感じつつ迷ってしまい、とうとうそのまま断れず、クロダさんを見送ってしまいました。
元気なチンポコとは逆に、俺はかなーりへこんでしまいました。

その日は、社長が、いつもより早く帰らせてくれました。
しかし、クロダさんは、先にさっさと帰ってしまいましたので、一安心するやら、ガッカリするやらしましたが、とりあえず何もありませんでした。

19日からは、普段通りの会社に戻っていました。
ただ、それまでと違ったのは、俺が、おばちゃん達を見る目でした。

おばちゃん達の容姿を、芸能人に例えて『◯◯似』と書いていますが、まあ70%ぐらい似ているかなー?そんなところです。
でも、サエキさんは、今くるよに98%似ています。

皆さんとお相手したせいか、なんか会社の雰囲気が気に入ってます。
今まであまり話をしなかった人とも、冗談が言い合えるし、仕事がとてもやりやすくなってきました。
おばちゃん達も集まれば、逆セク攻撃を俺に仕掛けてきますが、個人個人は俺と年は違いますが、おばちゃんと言うより、おねーさんという感じです。

もーすでに、はまってしまったのか・・・?

クロダさんに、いつになるのかわからないエッチの約束をした後、俺に接近してきたのは、マキさんとヨシエさんでした。

マキさんには、20日ぐらいに、配送を終えて帰ってきたときに自動販売機の前で待ち伏せされていました。
俺が配送の後に、コーヒーを飲んで休憩するのを知っていたよーな・・・。

俺はマキさんを見つけて、やば!と思いましたが、回れ右して逃げるわけにもいかず、そのまま行くとマキさんに捕獲されてしまいました。
マキさんは俺を捕まえると、グローブのような手で俺の襟をさわりながら、「この前、よかったよー」と、甘えたよーな声を出してきました。

俺は身体中、さぶいぼが出ましたが、「どーも」とだけ答えました。

マキさんは、「今度、何か食べにいこー。おごるよー」と言いましたが、俺が激しく咳き込んだので、「風邪、治ってからやねー」と言って戻っていきました。

俺は、缶コーヒーを飲みながら、ボスのコマーシャルを思い出しました。

ヨシエさんには、22日ごろ。
会社から帰る前に、事務室を掃除していたときに、先に帰ったはずのヨシエさんが、戻ってきました。
俺が、一人で掃除していたのを見つけたのでしょうか・・。

俺は、そのとき、掃除をした後、トモミさんと食事をする約束をしていて、先にトモミさんを俺の部屋に待たせていました。

ヨシエさんは偶然を装い、「あらっ、ひとりー?」と、俺に聞いてきました。

俺は、マキさんの時とは違い、全然悪い気がしませんでしたので、「そーなんですよー。手伝いに戻ってくれたんですか?」と、冗談を言ってみました。

するとヨシエさんは、「いいわよー」と、コートを脱いで、ほんとーにチリトリを持ってきてくれました。

床を掃き終わると、ヨシエさんは、俺と一緒に道具を片付けながら、俺に寄りかかってきました。
ヨシエさんは、いつも思いますが、フェロモンがプンプンしていて、その匂いで頭がクラクラしてしまいます。
俺がヘナヘナと道具箱の横の長いすに座り込むと、俺の顔から、10センチのところにヨシエさんの顔がありました・・・。

ヨシエさんは、じーっと俺の目を見ながら、「◯◯日、空いてる?」と聞いてきました。
(いつだったか、まだ思い出せない・・・。)

俺は、わりと先の話だったので、「だいじょーぶだと思います」と答えました。

ヨシエさんのご主人が、出張に行く日だそうです。

そのあと、ヨシエさんに、キスされました。
わりと、長い間、ネットリと舌を入れてもらいました。
頭が、ぼーっとして、いつ約束したか、忘れてしまいました。

ヨシエさんはキスを止めると、俺の頭を撫ぜて、「口紅ついてごめんね」と言い残し、事務室を出ていきました。

俺は旅行の後、1週間はエッチはしませんでした。
お恥ずかしい話ですが、チンポコがヒリヒリして、風呂に入るのも辛かったです。
でも、翌日にクロダさんに誘われた後、部屋に帰ってからオナニーしてしまいました。
すこし精子ちゃん(トモミさんはこう呼ぶ)の量が少なかったのに、みょーに納得してしまいました。

トモミさんとは、初めて(旅行後)、お泊まりするまで一緒に食事はしましたが、キスまでで、エッチはしませんでした。
俺は、その度に、トモミさんに襲いかかろーと思いましたが、何故かトモミさんは、やんわりと俺をなだめて家に帰ってしまいました。
後で聞いたら、「アンネー期に入っていた」と言っていました。

俺は、その度に帰ってから、部屋でオナニーをしてしまいました。

俺は、トモミさんと食事が出来ない日は、義兄や1人で太刀魚釣りに行き、ストレスを発散していましたが、やはり頭の中はトモミさんとのエッチのことで一杯でした。
(ヨシエさんにキスされた時は、忘れてた・・・。)

そんな状態で耐えられなくなった頃、トモミさんがお泊まりに誘ってくれました。
確か、土曜日だったかと・・・連休中の・・・。

この日は、俺もトモミさんも当番に当たってなかったし、トモミさんの娘さんが、どこかに旅行に行ったとのことだったので、俺はトモミさんの家に招待してもらいました。

トモミさんの家は、町内でもわりと、にぎやかな地区にあるマンションで、広いリビングと、他に部屋が3つあり、窓からは俺がよくいく港(もちろん釣り)が見えて、なかなか眺めが良かったです。

俺は、思っていたより綺麗な所にトモミさんが住んでいることに驚き(失礼!)、柔らかいソファーに腰掛けたり、ベランダから外を眺めたりして、変にはしゃいでしまいました。

トモミさんは、俺が好きなサントリーモルツを用意してくれ、まだ午前中なのに2人で乾杯して飲み始めました。
俺は日当たりのいいリビングでビールを飲みながら、横に座ったトモミさんと、おばちゃん達の話で盛り上がっていました。

俺、トモミさんのことは、おばちゃんと思っていませんが、どーして爆笑するとき、俺の肩や背中を叩くんだろーか?わりと痛い・・・。
(つい、思い出してしまった・・・。)

俺は、こんな状態でエッチに持ち込めるだろーか、と考えながらも、トモミさんと楽しく飲み続けました。
でも、全然酔えませんでした。

途中で、俺はトイレに行きたくなり立ち上がりましたが、それを見たトモミさんは、ふざけて、「おしっこするとこ、見せてー」と言うのです。

トモミさんは、少し酔っていたのか、俺の後をついてきました。
俺は本当に見られると思い、トイレに鍵を掛けて用を足したのですが、外に出たとき、トモミさんは、「もー」と言いながら、俺に抱きつき、手で俺のチンポコをズボンの上から撫ぜだしたのです。
もー、トモミさんの顔はエッチな表情になっていました。

トモミさんは、俺の手を握り、引っ張るようにして、別の部屋に連れて行ってくれました。
その部屋は寝室らしく、セミダブルのベッドがあり、他にオーディオなんかが置いてあり、枕元にはいい匂いのする袋が置いていました。

俺は、トモミさんに、ベッドの横にある椅子に座るように言われ、座りましたが、すぐにトモミさんが被さってきたので、結局ベッドに押し倒されるよーな格好になりました。
トモミさんは、すぐにはキスをしてくれず、俺の頭を撫ぜたり、目をじーっと見つめたり、自分の髪の毛を掻きあげたりしました。
俺はトモミさんのいい匂いと、口紅の赤い色がちらちら見えるのに、もーー我慢できなくなり、身体を入れ替えて、俺が押し倒しました。
(中学、高校のとき頑張った柔道が、初めて役立った!)

トモミさんは、それを待ってたかのように、「あん」と声を出して、俺に抱きつき、俺も、それこそ、“ぶちゅぅーー”と、キスしました。

俺は、興奮していて、トモミさんの服を脱がすのに手間取りましたが、トモミさんが身体をよじって手伝ってくれました。
(どんな服か、忘れました。とっくりだったかなー?)

そのときトモミさんは、黒い下着を着けていました。
俺はトモミさんの服を脱がしたものの、前にエッチしたときは、ずっとトモミさんにリードしてもらっていたので、いざっ!という時に手間取ってしまいました。
俺が戸惑っているのに気づいたのか、トモミさんは俺を抱き寄せ、手を取って、自分の胸を揉ませました。

トモミさんは、「もっと優しく」とか、「そこ、くりくりしてー」とか、俺にわりと細かく指示してくれました。

トモミさんは、俺に指示を出し続けました。
背中のどこどこを、舐めろとか、耳たぶを噛めとか、色々・・・。
でも、その度に、こっちが、ビックリするくらいの大きな声で、反応してくれました。

俺は早くチンポコをオマンコに差し込みたかったのですが、トモミさんは、「まだ、まだよっ」と、俺がパンティを脱がそうとするのを止めました。

この時には、俺は自分で服を脱ぎ、トモミさんの指示どーり、身体中を愛撫していましたが、どーしてもチンポコが元気になりすぎたので、トモミさんの手を取って握らせました。

トモミさんは、俺が可哀想に思ってくれたのか、起きあがると、俺のチンポコを優しく舐め回した後、フェラしてくれました。
俺は、それまでに、トモミさんのあえぎ声に異常に興奮していたせいか、トモミさんがフェラを始めてすぐに発射してしまいました。
トモミさんは俺の精子ちゃんを、当然のように飲んでくれました。

俺が発射した後、ぼーっとしていると、トモミさんは俺に、「だいぶ、溜ってたでしょうー?」と、エッチな目つきで聞いてきました。

俺はフェラされて、あまりに早く発射してしまった恥ずかしさから、「うん」とだけしか答えられませんでした。

トモミさんは俺のチンポコを撫ぜながら、「次は、わたしをいかせてねー」と、俺の耳元で囁きました。

トモミさんは、まだパンティーを穿いたままでしたが、そのパンティーが『紐パン』っていうやつで、なんともエッチな形で、たまりませんでした。

トモミさんは“ごろん”と寝ころび、どーやら俺に『先程教えたとーりにしなさい』というよーな雰囲気だったので、俺はトモミさんの耳を舐めたり、噛んだり、髪の生え際の辺りを舐めたり、教えられたとーり、一生懸命やりました。

トモミさんは、「そこそこーっ」とか、「じょーず、じょーずよーっ」とか、褒めてくれるので、俺も嬉しくなり、トモミさんの身体中を舐めたり、噛んだり、引っ掻いたり・・、それこそ、ついでに足の指なんかまで舐めまくりました。

トモミさんは、途中から、言葉にならない叫び声みたいな声をあげて感じているよーでした。
(アダルトビデオの演技の声とは、ちがう、わりと低い声です・・。)

俺は調子に乗ってトモミさんのパンティーを取って、オマンコも舐めまくろーとしましたが、トモミさんは、「だめっ!」と、許してくれませんでした。

俺が「なんでー?」と聞くと、トモミさんは、「まだ、出るかも・・」と言うのです。

俺は、なんのことか分からなかったし、せっかくトモミさんも感じているので、ちょっと強引にパンティーを脱がせて、足を開かせました。

そして俺は、「ちょっとーっ、いやっ」と言うトモミさんにかまわず、オマンコにむしゃぶりつきました。

トモミさんのあそこは、俺の少ない女性経験のなかでは、一番ごーもーで、ふさふさしています。
(社長の頭に分けてあげたい・・・。)

俺が、オマンコを舐めていると、少し・・鉄の味?みたいな変な味がしましたが、トモミさんのオマンコを舐めているという、その行為自体に興奮していたので全然、気になりませんでした。
トモミさんは、最初こそ、「あーー、やめて」とか、「もーー」とか、言っていましたが、俺がしつこく舐め続けると、また感じてきたらしく、大きな声を出し、逆にオマンコを擦りつけるよーにしてきました。

このとき、トモミさんが興奮して腰を振りすぎ、骨が唇に当たって唇が腫れちゃいました。
あとで、大笑い・・・。

それでも俺は、トモミさんが感じるのが嬉しくて、しつこく、しつこく舐め続けたら、トモミさんは、「ぎゃっ!」という派手な声を出して動かなくなりました。
俺は、やったー!という気持ちで満足しましたが、舐め続けるのも結構疲れたので、トモミさんの横に寝ころんで、トモミさんの顔を眺めていました。

トモミさんは、しばらく指を咥えて目を瞑っていましたが、俺に気づくと、「っもーぉー!」と、恥ずかしそうに、俺の肩を叩きました。

しかし、すぐに、俺にキスしてくれました・・・。
そのとき、別に気にならなかったけれど、フェラとクンニのあとで・・・。

俺は、すぐにでもチンポコをトモミさんに差し込みたかったのですが、トモミさんの横顔が、あんまり奇麗なんで、しばらく見惚れていました。

そのまま、トモミさんは、ビールのせいもあったのか、眠ってしまいました。
俺は、トモミさんの寝息を聞き、しまったーっ!と思いましたが、そのままトモミさんの横に、居続けることが出来るのに気づき、トモミさんの頭を腕に乗せて、腕枕しました。
一回、やってみたかったんです。
わりと、腕が痺れた・・・。

いつの間にか、俺も寝てしまっていました。

俺がトモミさんのベッドで目を覚ましたとき、トモミさんは先に起きていて、キッチンでご飯を作っていてくれました。
俺は唇が少し腫れているのに気付き、鏡を見ていると、口の端になにか、血?みたいな固まりがこびり付いていました。
自分の血ではないし、これがトモミさんが心配していた物かな?と思いましたが、構わず舐めちゃいました。
(なんだったのか・・?)

俺は、綺麗に畳んでくれていた俺の服をきて、洗面所で顔を洗い、キッチンに行きましたが、トモミさんに腫れた唇を、大笑いされてしまいました。
いつの間にか、外は暗くなっていました。
わりと眠っていたみたいでした。

トモミさんは、俺の大好きなトンカツと、カキフライを揚げてくれていました。

トモミさんは、「起こしたげよーと、思ったとこよ」と言ってくれましたが、俺はさっきのエッチの時のトモミさんの声と表情を思い出し、すぐにピンコだちになってしまいました。

ご飯を食べている時も、ビールを飲んでいる時も、俺はエッチのことで頭が一杯になり、せっかくトモミさんが作ってくれた豪華な晩ご飯も、味は覚えていません・・・。

ご飯の後で、俺はトモミさんとソファーで並んで、テレビを観ました。
俺は、すぐにでも飛びかかろーかと思いましたが、トモミさんがドラマか何かをずーっと見ていたので、なかなかタイミングが合いませんでした。

結局、テレビが終わるまで、じーっと我慢していました・・・。

テレビが、終わると、トモミさんは、「お風呂、入ろっか?」と、俺に聞いてきました。

俺は、「うん」と可愛く答えました。

トモミさんは、お風呂のスイッチを入れ、すぐにソファーに戻ってきました。
俺は、お風呂の中でエッチか?と、想像していたのですが、トモミさんは、俺の唇を指でさわりながら、「さっきは、ごめんねー」と、唇が腫れたことを心配してくれました。
そして、チュッと、キスしてくれました。

俺は、それを合図に、トモミさんを抱きしめました。

俺は、それまで我慢しっぱなしだったので、もー動物のように、トモミさんに襲いかかっていました。
トモミさんは、この時も待っていたかのよーに、俺を受け入れてくれました。
俺はトモミさんの口の中に舌をねじこむよーにして、ディーーープなキスをしながら、オッパイをさわろーと、セーターの中に手を入れました。
すると、トモミさんは、ブラをしていませんでした。

俺は、そのときは、トモミさんに指導を受けたことを無視して、少し、強引になってしまいました。

俺は、強引に、トモミさんのスッパツを脱がせると、なんと、パンティーも穿いていませんでした。
何か、さっき出てきていたのに・・・(藁)

俺は、もー、夢中で自分の服を全部脱いで、トモミさんのセーターを脱がせ、オッパイにしゃぶりつきました。

もー、このときは、トモミさんには悪かったけど、俺の欲望のまま、チンポコをトモミさんのオマンコに突き刺してしまいました。
俺は、腰を振りながら、コンドーさんをするのを、忘れていたことに気づきました・・。

しかし、トモミさんは、すでに、低いあえぎ声をあげていたし、いまさら途中で止めて、コンドーさんを探しに行くのも、しらけるし、「うーーん」と考えているうちに、冷静になってしまいました。
でも、おかげで長持ちしたみたい・・・。

俺は、トモミさんをソファーに、前にもたれさせ、立ったまま、バックで突きまくりました。
トモミさんは、すごーーく、大きなあえぎ声を上げてくれていました。
(あのときの声って、すごーーく興奮するけど、充実感もありますね。)

俺は、コンドーさんのことで、最後まで冷静でしたが、トモミさんが、「いくー、いくっー」と叫びだしたので、力一杯腰を振り、トモミさんがソファーに倒れ込んだ後、トモミさんの背中に外出ししました。

トモミさんは、少しの間、ぼーっとしていましたが、俺に、「中でもよかったのに・・・」と、言ってくれました。

俺は、すぐにティッシュを探しにいき、トモミさんにかかった精子ちゃんを拭き取りました。
トモミさんに先にお風呂に入るよーに言われ、俺はお風呂に入りましたが、トモミさんは残念ながら入ってきませんでした。

俺が風呂を出ると、トモミさんは、またビール(この日はよー飲んだ)を用意してくれ、飲んでいる間にトモミさんは風呂に入りました。

トモミさんが、お風呂から出てきたとき、バスローブを着ていました。
髪の毛を拭きながら、ソファーの所に来たトモミさんは、すごーーく、色っぽかったです。
年齢は、俺と20歳ぐらい違うはずなのに、すっぴんのトモミさんはすごく若々しく見えました。

俺は、ふと19歳の時のトモミさんと、何処かで知り合っていたとしても、たぶん俺なんか、相手にしてもらえなかっただろーなと、そんなことを考えてしまい、少し、今現在に知り合えたことを感謝しました。

俺とトモミさんは、そのあと一緒にビールを飲み、先程のベッドであと1回だけエッチをして寝ました。
最後のエッチは、トモミさんの、指導通り、トモミさんの感じやすい所をしつこく、しつこく、しつこーーく、攻めて、いかせた後、中出しさせてもらいました・・・。

朝になって、トモミさんの娘さんが帰ってくる前にトモミさんの部屋を出たわけですが、少しショックなことがありました・・・。

何気なしに、リビングのフォトスタンドを見ると、トモミさんの娘さんの中学時代の部活の写真があったんですが、娘さんの隣に俺の元彼女が写っていました・・・。
ソフトボール部・・・。
俺とは、隣の校区の学校で、元カノとは同級生だったみたいです。

そのときは、全然トモミさんには関係ないけど、俺はへこんでしまいました。

その元カノが、もーすぐこっちに帰ってくるそーです。
この前、携帯にかかってきて、「逢いたい」と言われました・・・。
(どーしたもんか・・・)

トモミさんの家で、お泊まりした後に、俺は風邪をこじらせてしまいました。
しかし俺は、会社を休んで他の人にご迷惑をかけるのが嫌だったので、頑張って出勤しました。
仕事の内容が、あんまり頭を使わない仕事ですので、かなーり、しんどかったけど、結局休まずに乗り切りました。

会社の人たちは、みーんな、俺を気遣ってくれ、特にトモミさんは、俺を家に呼んで、面倒を見てくれるとまで言ってくれました。
でも、娘さんもいるだろうし、そこまで甘えては、申し訳ないと思い、しばらくは実家で寝泊まりさせてもらいました。
(実家で甘えるとは、こっちも恥ずかしい・・・)

しかし、30日頃には、なんとか、部屋に帰ってきました。

俺が、実家に帰らずに、自分の部屋(ハイツ、2DK)に戻ると、トモミさんに伝えると、トモミさんは、「なんか作ったるわ」と、仕事の後、買い物をして、俺の部屋に来てくれました。

俺は、トモミさんとの待ち合わせのために、何回か部屋にトモミさんを入れたことがありましたが、あまりにも部屋が汚かったからか、トモミさんに掃除をしてもらったことがありました。
もちろん、合い鍵を渡し、「いつでも来て欲しい」と言っています。

トモミさんは、部屋に来ると、キッチンで手早くクリームシチューを作ってくれました。

俺はシチューを食べながら、お恥ずかしいことに、チンポコがピンコだちになっていました。
風邪で苦しんでいる間、一度もオナニーをしなかったからでーす。
(俺は、いまだに、オナニーすると風邪の治りが悪いと信じている。)

トモミさんは、娘さんと一緒に家で食べるので、お茶だけ飲んでいました。
俺は、どーしよーかと、考えましたが、張り裂けそーな、チンポコ君に頼まれて、トモミさんに『お願い』しました。

トモミさんは、それを聞いて、呆れたよーに、「もー、心配したっとーのに、元気やんか!」と言うと、椅子に座っていた俺の前にしゃがみ込み、俺のジャージのズボンをパンツごと下ろしてくれました。

トモミさんは、お腹と、並行になるぐらい反っている俺のチンポコに、苦笑いのよーな、笑みを浮かべ、「一回だけよー」と、言ってくれました。
俺は、思わず、「お願いします」と、言ってしまい、一人でウケてしまいました。

トモミさんは、それに気づいたのかどうか、チンポコを握ると、パクッと咥えてくれました。
そして、フェラが始まりました。

俺は、そのとき、いつもはアダルトビデオを見ながらオナニーするときに座る椅子に座りながら、トモミさんにフェラしてもらっていることを思い出し、みょーな感動を覚えました・・・。

俺は出来るだけ我慢しよーと、足の指に力を入れたり、テーブルの上のシチューの皿を見たりして、気を紛らわせよーとしましたが、トモミさんのフェラの気持ちよさに完敗してしまい、あっという間に出そうになりました。
俺はトモミさんに、「いく、いくー」と伝えましたが、やっぱりトモミさんはフェラを続け、俺は思いっきり発射してしまいました。

そのときは、大量に出たのか、トモミさんは少し驚いたよーな顔をしましたが、ぜーーんぶ、飲んでくれました。

12月の初め頃、トモミさんが、実家に帰る用事ができたので、1日会社を休んだことがありました。
俺は、その日は、久しぶりに高校の時の連れと、逢って飲む約束をしていました。
(こいつも、大酒のみ・・・)

俺は、いつもより、早めに会社を出ようと、ぱっぱと掃除を済ませましたが、連れからキャンセルの電話が入り、しばらく次に会う日をカレンダーの前で話していました。
俺が電話で話をしていると、メグミさんが部屋に入ってきて、椅子に座りました。

俺が電話を切ると、メグミさんは、「彼女とデートの約束?」と、おばちゃんお決まりの質問をしてきました。

俺は、「連れに、約束をドタキャンされてもたんですー」と、説明したのです。

するとメグミさんは、「じゃ、晩ご飯食べにいかへん?」と、俺を食事に誘ってくれました。

俺は、そのとき、飯だけかな?と思いましたが、トモミさんが居なかったし、まぁ、ええか・・という程度のノリでOKしました。

メグミさんは、家から自転車で通勤していたので、とりあえず俺がここ(俺の部屋)に戻って、車でメグミさんを迎えに行くことにしました。
俺はファミレスにでも行こうかと思っていましたが、メグミさんが、「どうしても焼き鳥をたべたい」と、ワガママを言うので、かなーり遠くの焼鳥屋に行きました。

車の中では、メグミさんは、また旅行のときのように、ご主人の愚痴ばかり言っていました。
しかし、俺は、旅館でエッチの後で、携帯でラブラブの会話をしていたメグミさんを思い出し、内心(あやしいもんや・・・)と。
これは俺を誘っているのでは、と疑うようになっていました。

焼鳥屋では、俺は車を運転することと、メグミさんがおごってくれると言っていた遠慮から、生チュー1杯だけのみ、後は延々とメグミさんの話を聞いていました。
メグミさんは、お酒に弱いらしく、すぐにエッチな話になっていきました。

俺はメグミさんの声が、周りのお客さんに聞こえはしないかと、かなーり気を使いました・・・。
しかし、おかげで、おばちゃん達のことが詳しくわかりました。
途中、俺が、トモミさんについて、色々聞いてみたところ、メグミさんは、「狙ろとーの?トモちゃん(トモミさんのこと)独身やから、いってみー」と、励まされましたが、「でも、あの人、わりと固いから、たぶん、あんた相手されへんわー」と、笑われました。

俺は、それを聞いて、すごーく嬉しくなりました。

店を出たのは、まだ早い時間でした。
メグミさんのご主人は、仕事が忙しく、この日も深夜になるとのことでした。
メグミさんには、子供がいなくて、夜が寂しーそうです・・・。

車に乗ると、メグミさんは、やっぱり、俺に寄りかかってきました・・・。
俺は旅行のあとはトモミさんしかお相手してなかったし、年の差はあるけど、一応付き合っているので、このままいけば浮気になるのかな・・と、ぼんやりと考えていました。
しかし、メグミさんは、完全に俺を誘っているし、髪の毛の匂いを嗅いでいるとドキドキして・・・。
もちろん、チンポコは堅くなってくるし・・・。
俺は、しばらく、そのままエンジンをかけて、どーしたもんか、考えました。

でも、メグミさんが俺に、「ぜーったい、内緒にしとくから・・・」と、トドメのセリフを言ったとき、俺は、車を発進させ、国道のほうに走らせました。

俺は車を運転しながら、どのラブホに入ろーか迷っていましたが、結局、旅行の前の日に、トモミさんと行ったラブホに入ってしまいました(藁)

ラブホのシステムが、いまだによーく分かりません。
フロントでメグミさんが部屋を選んでくれ、無事、エレベーターに乗れました。

メグミさんは、俺にしがみつくよーにして歩きましたが、エレベーターを出たところで、ある部屋から、女の人の、あえぎ声が聞こえてきました。
まるで、ドアに掴まってバックから突かれているような、ハッキリ聞こえる声で、なんか、みょーに演技くさい声でした・・・。
俺が思わず立ち止まると、なんとメグミさんは、そのドアをノックしたのです!!!
それを見た俺は、もー驚いたのなんの!
ピンポンダシュのように、走って部屋に入りました。

部屋の中でメグミさんは、「声、やんだでぇー!」と大笑いしたので、俺もつられて笑って、藁って・・、全然、エッチな気分になりませんでした。

俺が、想像で、ドアのところでバックからされていた女が、ノックに驚いたところを再現したところ、これがまたメグミさんに受けて、しばらく笑いっぱなしでした・・・。

そのうち、時間が無いことを思い出したのか、メグミさんは、俺の前で、服を脱ぎ始めました。
全然、いろっぽくない、ぬぎかたでしたが、メグミさんは、「シャワー浴びよ」と、俺を誘ってくれたので、俺も、慌てて脱ぎました。

バスルームは、ヒンヤリしていたので、俺は、シャワーをいっぱい出して、メグミさんと一緒に、浴びました。
メグミさんは、シャワーを浴びながら、さっきとは、全然、違う、トロンとした目(たれ目です。
メグミさん。)で、俺を見つめると、俺を、イスに座らせ、キスしてくれました。
俺は、このとき、急にドキドキしてきました。

メグミさんは、ボディーシャンプーを手に取り、泡立てると、俺の胸のあたりから泡を塗りたくってくれ、特にチンポコは念入りに、しごくよーに洗ってくれました。
チンポコをさわりながら、メグミさんはエッチな表情で、「きもちイイ?」と、聞いてくれました。
俺は、「うん」と、答えましたが、自分ばかりしてもらっては悪いと思い、ボディシャンプーを手にとって、メグミさんのオッパイに塗りました。
メグミさんは、「あんっ」と、可愛い声を出し、身体を寄せてきました。

俺は、今度はメグミさんをイスに座らせ、後ろから泡を塗りたくりました。
特に、オッパイは、ちょうど、手のひらサイズで、揉みごたえのある堅さ?だったので、念入りに、念入りに、洗いました。
オッパイを揉みながら、俺は、アップにした、メグミさんの、うなじを舐めたり、匂いを嗅いだりしました。
メグミさんは、「うーーん」とか、「あーーん」とか、感じているよーな、声を出していました。

すると、急にメグミさんは、俺の左手を取り、オマンコのあたりにもっていきました。
俺は、少しビックリしましたが、トモミさんに教え込まれた通り、優しく、クリのところをコチョコチョしたり、ぺろーんとしたりして刺激しました。

メグミさんは、感じてきたのか、自分から浴槽に掴まって、お尻を俺の方に突き出してきたのです。

泡まみれのお尻は、何ともエッチで、オマンコのところだけ泡が無く、丸見えになっていました。
俺は、すぐに、バックから、チンポコを、メグミさんのオマンコに刺しました。

メグミさんは、「あっ、あっ、あっ」と、俺の腰の動きにあわせて、声を上げていました。
(バスルームは声が響く!)

俺は、泡で、メグミさんのお尻を掴もうとしても滑ってしまうのに苦労しながらも、“ぺった、ぺった”と音を立てながら、すぐに、いきそーになりました。

俺は、メグミさんに、「いきそー、いきそー」と、伝えたところ、「だめー、まだっ、まだっ」と言われましたが、とーとー我慢できず、チンポコを抜いてメグミさんのお尻に発射してしまいました。
俺の精子ちゃんは、泡に紛れて無くなりました・・・。

俺は、先に1人でいってしまったことを、メグミさんに「ごめんなさい」と謝ったところ、メグミさんは、「次は、お願いね」と、なんとも意味ありげな、エッチな、エロっぽい顔をしました。
そのあと、メグミさんの、コーモン様を洗うよーに命令され、メグミさんの穴に、指を入れさせられました。

メグミさんは、シャワーで、泡を洗い流しながら、俺に、「ゴムあんの?」と、コンドーさんのことを、聞いてきました。
俺は、財布に2個入れていることを言うと、メグミさんは、「よかった。ゴムだけ無かってん」と言いました。

俺は『ゴムだけ』の意味が、よくわかりませんでした。
さっきも、外出ししたところだったし、(なにを、いまさら・・・)と思いました。

でも、すぐにメグミさんが、「じゃー、ココ洗ってよ」と、お尻を指差しました・・・。

俺は、このときになって、『メグミさんがアナルセックスをする』という、ウワサを思い出し、みょーに納得しました。
メグミさんに言われるまま、俺はボディーシャンプーを泡立てて、さっきのバックの格好をしているメグミさんのコーモン様周辺をシャカシャカ洗いました。

メグミさんはトモミさんと違い、コーモン様の周りにはヘアーが無く、シワシワの穴がポツンと可愛らしく見えていました。

メグミさんは、俺に、「内側も洗ってよー」と、命令してきました。

俺は、「ええぇー?!」と思いましたが、シャワーも流してるしと考え直し、中指に泡を塗りたくって、そーーっと、突っ込んでみました・・・。

メグミさんは、「はああぁぁぁーー」と、息を吐き出すよーな声を出したかと思うと、頭を浴槽に突っ込んで(水はないよ)、「そー、そー」と、言ってくれました。

俺は、初めこそ堅く感じましたが、わりとスムーズに指が入っていくのに驚きました。
俺は、とりあえず内側の壁(?)を、グリグリと擦りながら指を回しました。

メグミさんは甲高い声で、「あぁっ」とか、「そーよ、そー」と、感じているよーな声を出していましたが、顔が見えなかったので、ほんとーに感じているかどうか、分かりませんでした。

俺は穴の中をコネコネしながら、自分の指が心配になり、とりあえず抜いてみました・・・。
指を抜くときも、メグミさんは、「あぁーん」と、気持ちよさそーな声を上げてくれました。

でも・・、やっぱり・・、うんこ(?)らしきものが・・・付いていました。

メグミさんは、俺に、「終わった?」と確認すると、俺の手を綺麗に洗ってくれ、一緒にシャワーで温まってから、ベッドの所に行きました。
メグミさんは、ベッドに俺と並んで座ると、「嫌やったら、無理せんでもええんよ」と、聞いてくれました・・・。
俺は、わりと興味があったので、「大丈夫です」と言いました。

それを聞いたメグミさんは、嬉しそーな顔をして、持ってきたバッグの中から、ローションと、小さな電動マッサージ機を出しました。

俺はメグミさんの言う通り、コンドーさんを付けました。
(このとき、もーぴんぴん!)

メグミさんは、俺にキスした後、ローションをチンポコに垂らし、ヌリヌリしてくれました。
メグミさんは、もう一度、俺に確認するよーにキスしてくれた後、少しローションを手に取り、自分のコーモン様辺りに塗りました。

メグミさんは、マクラを敷いて、うつ伏せになり、ちょうどお尻の所だけ浮かすような格好になりました。
コーモン様が、ローションに濡れているのが見えて、ちょー興奮しました。

俺は、初めての経験で、心臓バクバク状態でした。
俺は、チンポコをオマンコにあてがい、ゆっくりと差し込んでいきました。
入り口は、少しきつかったけど、“ぐっ、ぐっ”とチンポコが、あの小さな穴に入っていくのがとても不思議でした。
俺はオマンコとは違う、ギチッッッィーとした締まり具合に感動してしまいました・・・。

メグミさんは叫び声に似たあえぎ声を出し、もう動物みたいに頭を振ったり、シーツを掴んだり、何か投げたり・・・。
俺は腰を振りながら、大興奮してしまいました。

メグミさんは悶えながらも、マッサージ機のスイッチをオンにして俺に渡し、「アソコに、刺してーっ!」と叫びました。
俺は、かなり戸惑いましたが、マッサージ機をオマンコに刺しました。
チンポコが、ぶーーんと震えて、変な感じでした・・・。

マッサージ機を刺してすぐに、メグミさんは、「もーっ、だめーっ!」と言って、べたーっとなり、動かなくなりました。
いったんだと思いました。

俺は、とりあえずマッサージ機を抜き、ローションを足して腰を振り、発射しました。
俺がいくときも、メグミさんは、べたーっとしていました。

チンポコを抜くと、やっぱり何か付いていましたが、すぐにコンドーさんごとテッィシュに包んで、ほかしました。
メグミさんは、俺の方を、ぼーっと見ていましたが、「もー、さいこーだった」と、嬉しいことを言ってくれました。

俺たちは、しばらく休憩して、帰りました。
メグミさんのご主人が帰るまでには、十分間に合いました。

俺は、部屋に帰ってから、携帯にトモミさんからの着信履歴があるのに気づき、少し話をしましたが、そのときになって、かなーり、へこんでしまいました。

(トモミさんを裏切ってしまった・・・)

でも、すぐーーに、立ち直りました!
性格です、そーゆー。

メグミさんと浮気した翌日、俺はトモミさんに会うのが、とてもドキドキしました。
でも、意外と普段通りに話したり出来ました・・・。
嘘をついた訳ではないけれど、なんか平然と出来る俺自身が、少し後ろめたかった・・・。

メグミさんも、何もなっかたよーに仕事をしていましたが、1回だけウインクされました。

浮気の2日くらい後に、トモミさんとお泊まりの約束をしていました。
その日は、娘さんの彼氏の誕生日だそーで、トモミさんが、「たぶん、あの子、帰ってこーへん」と、ぼやいていたのを聞き、俺が、「じゃー、一緒にいよう」と誘いました。

仕事の後、俺は、トモミさんを、ここ(俺の部屋)に待たせて、車で一緒に食事に出かけました。
トモミさんが、「お腹すいたー」を、連発するので、俺はちょっと怖かったけれど、焼き肉屋に行きました。

今の焼肉屋って、半額セールとかやってるんですよ。

俺とトモミさんは思いっきり食べちゃいました。
特にトモミさんは、娘さんのことでイライラしているみたいで、かなり食べていました。

食事の後、俺は、もー、エッチをやる気満々でいましたが、すぐにラブホに行くのも、それだけが目的のようで嫌がられると思い、俺がよく行く港に行って少し休むことにしました。

車を、倉庫の間に停め、しばらく2人でぼーっとFMを聞いていました。
わりと、ビールを飲んでいたトモミさんは、やっぱり娘さんのことが気になるのか、色々話をしていましたが、いつの間にかトモミさん自身の身の上話になっていました・・・。

かなり長い間、トモミさんは俺に色々話してくれました。
小さいときの想い出、家族のこと、結婚のこと、・・・そして、離婚のこと。
人生経験が、あんまり無い俺にとっては、かなりショックな内容の話でした。
俺、途中で涙ぐんでしまいましたもん。
ほんとーに。

俺は、トモミさんが、そんな話まで俺にしてくれたことが嬉しかった。
俺も、その後、一生懸命トモミさんへの思いを伝えることが出来た。
トモミさんも、そんな俺の気持ちを分かってくれたと思う・・・。

俺と、トモミさんは、しんみーりして、トモミさんが俺の方にもたれかかってきても、全然チンポコは反応しませんでした・・・。

2人でマターリとしているうちに、ウトウトしてしまいました。
しばらくして、トモミさんの携帯電話が鳴り、トモミさんが、「もーすぐ帰るの?」と話しているのが聞こえました。
娘さんが、帰ってくるということだったので、俺は慌ててトモミさんをマンションまで送りました。

別れ際に、トモミさんにキスしてもらい、今度、俺の部屋に泊まりにくる約束をしました。
俺は、車を運転しながら、カーセックスがしてみたくなりました。

トモミさんが、ここ(俺の部屋)に泊まりに来たのは、日曜だったと思います。
俺は、昼過ぎまで仕事の当番に当たっていたので出勤しましたが、トモミさんは休みだったので、俺の部屋に先に来てもらっていました。
俺が帰ってきたときには、トモミさんは、昼飯にちらし寿司を用意してくれていました。

ご飯の後、トモミさんは、「ちょっと」と、俺をパソコンとテレビを置いているこの部屋に連れてきました。
俺は、一瞬、2ちゃんねるの書き込みがバレたのでは・・と、ぞーっとしましたが、トモミさんはパソコンを扱えなかったのを思い出し、ほっとしました。

トモミさんは、少し怒った様な声で、「悪いと思ったけど、掃除さしてもーてん」と、言いました。

確かに部屋は、綺麗に片付いていましたが、テレビの横に俺のアダルトビデオのコレクションが、積んでありました・・・。
俺は、恥ずかしいやら、腹立たしいやらで、たぶん真っ赤になっていたと思います・・・。

トモミさんは、「私と付き合いだしてからも、こんなん見とーの?」と、聞いてきました。

俺は、少し開き直って、「男は、みんな、持っとーもんや」と、答えました。

トモミさんは、俺が開き直ったのが面白かったのか、少し笑いながら、「もー、やらしーなー」と言うと、「私、こんなん、見たことないねん。見せてーな」と、俺にせがんできました。

俺は、偉そーに、「別にええーよ」と言って、一番上のビデオをセットしました・・・。

俺はラベルを確認せずにセットしたのですが、トモミさんが座椅子に座った後ろに座り、リモコンでスタートさせました・・・。
ビデオは、いきなり、クライマックスでした。
俺がオナニーでいった場面でした・・。

俺はトモミさんに悟られないよーに、巻き戻しました。

そのビデオは、俺の連れが通信販売で買ったもので、外人の裏物でした。
ストーリーも何もなく、ただやりまくるだけの、エグーいビデオでした。

トモミさんは、外人が馬鹿でかいチンポコをフェラする場面を見ながら、俺の方を向いて、「なんか動物みたいやなー」と言っていましたが、わりと気に入ったみたいで、しばらく、じーっと見ていました。

俺は、トモミさんが、あまりに熱中しているので、どさくさに紛れて、トモミさんの膝の上に頭を置いて寝転びました。
俺が下からトモミさんの顔を見ていると、トモミさんは恥ずかしそうな顔をして、「なによー」と言いましたが、すぐに、「同じよーにせーへん?」と、ビデオと合わせてエッチをしようと言ってきたのです。

俺は、トモミさんのセーターを脱がせました。
トモミさんは、紫色のブラでした。

トモミさんは、俺に、「はよ、脱ぎ」と言いながら、ズボンは自分で脱ぎ出しました。

俺は言われたとーり、自分で全部脱ぎました。
トモミさんは、下着姿のまま跪いて、俺にフェラを始めました。

ビデオでは、同じよーな場面でしたが、男が、「おう、おう」と、変な声を出していました・・・。

トモミさんは、チラ、チラ、ビデオのほうを見ながら、タマを舐めたり、チンポコの裏の方をチロチロしたりしてくれました。

トモミさんは、少しして、今度は、俺の方を見ながら、フェラを続けました。
俺は、だんだん興奮してきました・・・。

トモミさんは、ジュルジュルと、音を立てながら、フェラを続けてくれました。
俺は、すぐに我慢できなくなってしまいました・・・。

俺は例によって、「いきそー、いきそー」と、トモミさんに伝えましたが、トモミさんは、上目遣いに俺の方を見ながら、フェラを続けました。

俺は我慢できず、発射してしまいました・・・。

トモミさんは、俺のチンポコから、精子ちゃんを絞り出すよーに、吸い上げてくれました。
ぜーんぶ、飲んでくれました。

でも・・・、この後、チンポコを離してくれませんでした。
ビデオはもう別の場面になっていましたが・・・。

トモミさんのフェラで、いってしまった俺は、「ふー」と力が抜けましたが、トモミさんはチンポコを咥えたまま、離してくれませんでした。
俺は、初めは、冗談だろーと思いましたが、トモミさんが、またフェラを始めてくれたのです。

俺は、チンポコが、こちょばくて仕方がなかったので、腰を引いて離してもらおうとしましたが、トモミさんは離してくれず、俺が座り込む様な格好になりました。
トモミさんは、俺の顔を見つめながら、フェラを続けて、やめてくれませんでした・・・。

俺は、しばらく我慢していましたが、だんだんこちょばさも無くなり、そのうちトモミさんのエッチな姿を見ていると、ギンギンになってきました。
トモミさんは、俺の顔を見てそれが分かったのか、立ち上がると、パンティーを脱ぎ、俺の上に跨がり、ウンコ座りして、俺のチンポコをオマンコに刺して騎乗位になりました。

やっぱり、トモミさんは、ビデオをチラチラ見ているよーで、ビデオでも外人が騎乗位をしていました・・・。

トモミさんは、俺に、「気持ちいい?気持ちいいの?」と、聞いてくれながら、腰を上下させてくれました。

トモミさんは、途中で、例によって低い声で、「いいーっ、いいーっ」と、感じているようでしたが、途中でビデオが鬱陶しくなったみたいで、俺に、「ビデオ、けそー」と、言いました。

俺はリモコンを探しながら、(この後、顔射だったはず・・)と思い出し、少しがっかりしながら、ビデオを消しました。

ビデオが静かになると、トモミさんの声がボリュームアップしました。
トモミさんは、ブラを取り、自分で、自分のオッパイを揉んだり、ビーチクを舐めたり、いつもよりオーバーアクションで、乱れていました。
ビデオの影響だったのか・・・。

トモミさんは、腰を振りながら、大きなあえぎ声を上げていました。
低い叫び声みたいな・・・。

俺も、そのうち、下から腰を突き上げましたが、我慢できずにトモミさんを押し倒し、正常位で突きまくりました。
トモミさんは、相変わらず叫んでくれましたが、途中で、「もーだめー」と言って、俺に抱きついてきました。

俺は、もう既に1発、トモミさんの口の中で発射していたので、まだまだもちそーだったのですが、トモミさんと一緒にいかなければと思い、思い切り腰を振って、発射しそうになるまでもっていきました。

俺としては、最後は外出ししよーと思っていましたが、チンポコを抜こうとしたら、トモミさんは、ぎゅーーっとしがみついてきて、結局、中出ししてしまいました・・・。
トモミさんは、白目(ちょっと怖かった)をむいて、「はーはー」と言っていました。
俺も、その横で、しばらく動けませんでした・・・。

トモミさんは、しばらくそのままでしたが、俺はティッシュを探しに部屋を出ました。
でも、帰ってくるとトモミさんはビデオを見ていました。
かなーり、気に入ったみたい・・・。

この日は、結局、エッチしては休み、エッチしては休みして、晩ご飯も食べずにやりまくりました。
途中で、ビールを飲んだり、お菓子を食べたりしましたが、トモミさんが、すぐに求めてきました・・・。
最後は、休憩中に新聞屋さんがきて、その後に1発したので、朝になっていました。
何発やったか覚えていません・・・。

俺は、この日ぐらいには、トモミさんにエッチを教え込まれたおかげで、トモミさんのいかせ方は、もー完璧に覚えました。

翌朝、トモミさんは、会社をズル休みしましたが、俺は出勤しました。
ふらふらでした、この日は・・・。

中出しばかりしたので、少し心配でしたが、この前、トモミさんが「アンネきたよ」と言っていたので、大丈夫だったと思います。