超満席の新幹線で

この体験談は約 4 分で読めます。

最近、新幹線は禁煙車の方が混んでいる。
そういう俺も禁煙車の愛用者だが。

さて冬のある日、出張で朝の上りひかり号に乗車した時のこと。
新幹線は超満席で、デッキに立客もいる。
俺は指定席の二人がけ通路側D席に座って居たのだが、後ろの方で・・・。

「足が邪魔だよ、パソコン打てねえじゃねえか」

「すみません」
「オギャー(×_×)」

「デッキ行けよ、馬鹿」

ふと、後ろを振り向くと、窓際の席に座った子連れのママが、隣に座っている若いリーマンに文句を言われていた。
あまりの言われように・・・。

「ちょっと兄さん、赤ちゃんが泣くのは当たり前だろ、あんたの方がうるさいよ」と俺は強面に言った。

「だけどよぉ、このガキの足が邪魔なんだよ」

確かに、男の膝の上にはノートパソコン。
気持ちは分からないでもない。
若い丸顔のお母さんは、1歳ぐらいのむずがる女の子を抱えて俯いている。

「じゃあ兄さん、俺代わってやるよ。俺は東京着くまですることないし」
「本当っすか」

若いリーマンは荷物をまとめると、俺と席を替わった。

「すみません、ありがとうございます」
「いえいえ、自分も子持ちだから分かりますよ。赤ちゃん、こんにちは(^◇^)」

赤ちゃんの機嫌が多少良くなった。

話を聞いてみると、単身赴任しているご主人がなかなか帰ってこないので、任地に子連れで押しかけるところだという。
単に話を聞くと言っても、朝の上り新幹線は静粛な空間。
自然と頬を寄せて語り合うような形になっている。
奥さんが、俺の耳に息を吹きかけるように語り、俺も息を吹きかけるように小声で囁く。
俺はどぎまぎしたが、奥さんは意に介していないようだ。

奥さんが子供を抱えて立ち上がろうとするので・・・。

「どちらへ??」
「・・・」

「子供見てますよ」
「すみません」

確かに、デッキは立ち客で溢れていて、子連れでは大変だ。

「あやちゃん(子供の名前)、景色見る??」
「◯△□!!」

子供を椅子の上に立たせ、景色を眺めさせると大喜び。
うちの子供にもこんな時期があったのかなぁ、懐かしくなった。

奥さんが帰ってきた。
あやちゃんは窓枠に掴まって立っている。
俺はあやちゃんの腰を押さえていたので、そのまま奥さんに俺の前をすり抜けてもらったのだが・・・その瞬間、新幹線が“ガタン”とブレーキをかけたので、奥さんのお尻が俺の膝の上に。

「キャッ」

さらに、俺はとっさにあやちゃんを掴むため、左側に体を倒したので、奥さんも一緒に倒れ、俺は左手で子供、右手で奥さんのバストを揉む形になってしまった。

「すみません」
「ごめんなさい」

同時に言うと、奥さんは微笑んだ。
一瞬の感触だったが、奥さんのお尻はふんわりと柔らかく、白いニットの上から揉んだバストはCカップはあろうかと言うぐらい揉み心地が良かった。
カップの堅さが感じられないのは、授乳用のブラをしているからか。
奥さんはお茶を取り出したので、あやちゃんを自分の膝の上に引き取る。

「◯◯さん(俺)のお子さんは何歳なんですか」に始まって、ぼそぼそ声で育児の話で盛り上がる。

俺は、どちらかと言えば育児に参加した方なので充分についていける。
今度は子供を交代で抱っこしながら二人ともべったりくっついて、左腕には胸の感触、足には太ももの感触が暖かい。

ふと、あやちゃんのご機嫌が悪くなってきた。
おむつの中は綺麗なので、お腹が空いたか。

「昔の新幹線なら食堂車でミルクのお湯がもらえたんですけどねぇ・・」

「私もお乳が張ってきたからおっぱいにしますよ」

「ちょっと待って、多目的室空いてないか見てきますよ」

ところが、多目的室は身障者のグループが使ってる様子。

「まあ・・・、いいですわ」

奥さんはニットのセーターを捲ると、ぺろんと胸を出し、さっとあやちゃんに吸わせた。
セーターを上に捲っただけなので、お腹が見えている。
俺はジャケットを脱ぐと、お腹に掛けてあげたが、掛ける瞬間、生乳にタッチすることができた。

ところで、授乳するのなら俺に背を向けて窓際を向けば良いのだが、奥さんは正面向いて授乳している。
そして、授乳しながらも話し掛けてくるので、俺の視線に真っ白なおっぱいが飛び込んでくる。

長かった授乳が終わり、あやちゃんはぐっすり寝てしまった。

俺の膝にあやちゃんを乗せたまま、奥さんは俺の肩にもたれかかってぐっすりと寝てしまった。
何を寝ぼけているのか、俺の左腕を掴むと、自分の両腕で抱え込んだ。
俺の手のひらは奥さんの太ももの上に。
うーん、スカート越しではあるが、太ももの感触と、お乳を出したばかりのふにゃふにゃのバストの感触が心地よい。

さっきの若いリーマンがトイレから帰ってきて、自分の席に座る前に俺の席をのぞき込んで“にこっ”と微笑んだ・・・。

「良かったじゃん」とその目は言っている。

窓の外には小田原城が陽光を浴びて輝いていた。