親友のお母さんに・・・

この体験談は約 2 分で読めます。

中1の時にあったエッチな出来事。

ちょうど性に目覚めた頃、俺の友達(親友)のお母さんをすごく好きになってしまった。
友達のお母さんは、すごく美人ですごく巨乳のお母さんだった。
年はまだ30代くらい。
特に巨乳がすごくて、今思えばたぶん100近くあったんじゃないかと思う。
ニットの服なんか着てた時は、もう辛抱できないくらいだった。
俺がよくその友達の家に遊びに行ったのは、遊ぶためよりもそのお母さんに会うためだった(ホントに)。
もう3日に1回くらい行ってた。

ある時、その友達が新作のスーファミのソフト買ったって言うんで、俺もすごくやりたかったから友達の家までアポなしで行った。
その時は、友達のお母さんに会いたいって言うんじゃなくて、ただゲームがしたかったから友達の家に行っただけだった。

家に着いたんだけど、そいつは塾行ってていなかった。
45分もかけて自転車で行ったのに。
でも、そいつのお母さんが一人だけいて、せっかく遠いところから来たんだからってことで家に入れてくれてお菓子とかをくれた。
もちろん、2人きり。

俺はテレビのある寝室と居間が合体したような部屋にいて、友達のお母さんはキッチンで晩御飯作ってた。
俺のいた部屋には色々しまってあるタンスとかあって、そのそばに取り入れたばかりの洗濯物が置いてあった。
で、その中に友達のお母さんの黒い下着があるのを見つけた。
どうにも興奮してしまって、見られていないことを確認してその下着を手に取りオナニーしてしまった。
何分かそこでしていたら、おばさんがこっちにくる気配がしたので、慌ててズボン上げたりして直してたら間に合わずにはちあわせ。

俺は何を言われるのかっていう恐怖と、怯えでどうしたらいいのか分からず「あ・・・あ」しか言えなかった。

おばさんもびっくりしてて、何も言わずその場を離れようとしてたから、俺は思い切っておばさんに「俺おばさんが好きだから、おばさんとエッチしたい」って言ってみた(このときズボンは履いてたよ)。

死ぬほど恥ずかしかった。

「◯◯君が私を好きなことは嬉しいけど、そういうことはダメなの」

俺はおばさんにそう言われてがっくりしてた。

でも、やりたいざかりの中坊らしく、「じゃあ口でして」とか色々あつかましく言ってたら・・・。

「じゃあ1回だけお口でしてあげるから、それしたらちゃんとお家に帰る?」

そう言われて迷わず「うん」と返事。
で、口でしてもらったんだけどあまりに気持ちよすぎて、1分くらいで射精しちゃったと思う。

「おばさんの顔にかけてもいい?」って聞いたら、「いい」って言うんで顔にかけてしまった。

ホントにあの時の快感は今でも忘れられない。