フェラチオ

不倫

美人で巨乳な人妻の従姉と旦那の留守中に

20歳の大学2回生です。 そこそこ有名な大学で柔道部です。 高校も有名でそれなりに柔道は強く、大学には推薦で入ることができました。 高校時代も大学に入ってからも、後輩(特に1年生)は先輩にマッサージをやらされます。 自分もその1...
レイプ

セックスに狂い、どこまでも堕ちていく私

12年前に私は同級生と不倫して離婚しました、今45歳です。 私は結婚している時も旦那さん以外の男性2人と付き合っていました。 もちろんそれも不倫ですが。 その2人とは20代の時に付き合っていました。 結婚しましたが、ストレスが溜まっ...
男性視点

毎晩オナニーしている隣のおばさんに誘われるまま

俺がまだ専門学生の時、アパートに住んでいたのだが、隣に30代後半くらいの女性が住んでいた。 安い家賃の代わりにボロく、4世帯が入居出来るが、その当時は俺とそのおばさんだけだった。 たまに会うと挨拶を交わすぐらい。 ただ、夜になると何や...
女性視点

包茎な先輩のチンカスを舐め取ってあげました

デパガ1年生の時のお話です。 高卒の女の子って、普通は食品とかに配属なのに、急に欠員が出たとかで、ノリカ、いきなり婦人フロアに配属されちゃったんです。 ほんと婦人フロアはモデルみたいな先輩ばかりなので、B102・W76・H98の、ぽ...
男性視点

童顔の彼女にランドセルを背負わしてバック姦

女の子紹介してやると2歳下の従妹に言われた。 「どんな子?」と聞くと、「可愛い子だよ」と言う。 (一度会ってみるか) 遊園地前で待ってると従妹が歩いてきた。 隣には子供。 (あれ、女の子を紹介してくれるんじゃなかっ...
不倫

見知らぬ男に調教されている母を見て

その頃、母は40代前半、父は50代前半で、妹と私は私立の同じ高校に通っていました。 父はある金融系の大手で働いており、海外にいることがほとんで、1年に数回しか家には戻りません。 母は父と結婚した後も仕事を続け、私達が生まれた後に勤め先に...
不倫

勤務中に私を瞬殺するエロい不倫彼女

私と不倫彼女は一緒に外回りに出る予定があった。 事前の打ち合わせを私の個人事務所で行なうはずだったのだが、ここ最近私を悩ませている持病の調子が思わしくなく、彼女が部屋に入ってきたときにはソファで横になっていた。 彼女は私の傍に屈み込み、...
男性視点

ノンケの俺がニューハーフヘルスに行って来た

2歳のノンケの男です。 今回初めてニューハーフヘルス行ったんだけど、(佐藤かよならやれる)と思い始めたのが発端。 そこからは、2次元の男の娘→アナニー→ニューハーフヘルスという流れ。 店は人気のありそうな大阪の大型店にした。 と...
レイプ

二穴同時責めで初体験とかチョー最悪!

中学生のとき、友達とあるイベントに行きました。 そこで高校生のお兄さん2人と仲良くなり・・・。 「家にグッズがあるから見に来ない?気に入った物があればあげるよ」 そう言われ、家に行きました。 当時まだ子供だったからなんの疑い...
不倫

若い彼氏と付き合っている親友に誘われて

36歳の主婦です。 私の親友の恵子はなぜかいつも彼氏がいます。 しかも若い。 20歳くらいの可愛い男の子ばかりです。 いつもノロケ話を聞かされていて、少し羨ましく思っていました。 正直、私のほうがスタイルもいいとは思うのですが、行...
中学校時代

高校生の俺にとって従姉は“歩く生殖器”だった

従姉に中3で童貞を卒業させてもらって、それからはいつでもやらせてくれるようになった従姉は、セフレと言うよりも“歩くオマンコ”のような存在でした。 特に従姉は生理前はエッチしたくなるようで、「お姉さんが上になってやりたい」なんて甘えた声...
男性視点

ネカフェで処女の初フェラをゲット!

社会人になってから複数の出会い系サイトを巡回し、隙があればタダマンを漁っている。 とある6月、俺は新しい物件“女”に狙いを定めた。 都内在住22歳の国家公務員の『モチダ』だ。 適当にサイト上でトークを盛り上げて親密になり、7月初旬に新...
女性視点

何人もの男達に同時に全てを責められて・・・。

私の淫乱な体験を書きます。 私は25歳の会社員です。 ある時、同僚の女の子に誘われてお酒を飲みに出かけました。 彼女は積極的な性格で仕事もできる女性です。 彼女「彼とのセックスはどんな感じにしてるの?」 彼女は唐突に口...
不倫

驚くほど美しく若い継母に中出し

バツ1の親父が荒んだ男所帯に継母を連れてきた。 親父とは会話もなく関係ないと思っていたが、驚くほどの美人であった。 「百合です。よろしくね」 私とひと回り違う会社の元部下らしい。 話すことは少ないが、継母の百合がいるだけで家...
男性視点

バイト先の後輩JKを肉便器に・後編

オレの誕生日を過ぎてからというもの、果歩と会う機会は次第に増えていった。 オレはある意味、まんまと果歩にハマってしまっていたのかもしれない。 まぁハマるって言っても好きとかそういう感情ではなく、(どこまでヤらせてくれるか?)みたいな探究...
タイトルとURLをコピーしました