3人の奥様

この体験談は約 13 分で読めます。

もう、10年以上前の話です。

その頃、僕は19歳でした。
ある日、車を車庫からバックで出していると、お向かいのご主人の車と接触してしまいました。
とりあえず車から降りて謝ったのですが、すごい剣幕で許してもらえず「夜、家に来い」と言われました。

夜になって菓子折りを下げて行くと、ご主人は酔っており、上機嫌でした。
僕の隣家の奥さん(後家でした)の本田さんと5軒くらい先の真崎さんの奥さんも来ており、ご主人(山口さん)の奥さんと4人で飲んでいました。
(うちは市営の住宅に住んでいました。)

ご主人は今度はあっさりと許してくれて、修理代もいらないとのことでした。
仲直りの意味で一緒に飲もうと言われて、楽しく飲ませていただきました。

そのうち、ご主人が風呂に入ると言って席を立ちました。
僕は3人の奥様に囲まれてドギマギしながら飲んでいたのですが、急に山口さんが、息子(中1)が最近オナニーを覚えて困っている、という話題になりました。
山口さんのパンティでときどきオナニーし、精液が付いていることもあるそうです。
真崎さんと本田さんも酔っているせいか興味深くその話に聞き入っていました。
夜も遅かったので、息子さんは2階で寝ていたようでした。

ふいに僕に話が振られました。

「Kちゃんもオナニーしてる?」

3人に聞かれ、酔ったせいもあって、事細かに毎日すると説明し、「誰でもするんですから息子さんのことは心配ないですよ」と言ってあげました。

3人は目をトロンとさせて「ふ~ん」と言っていました。

ふいにテーブルの下から真崎さんにちんぽを掴まれ、びくっとなりました。
僕のちんぽはすっかり勃起していました。

「Kちゃん、固いね・・おっきいよ」と、耳元で囁かれました。

本田さんも身を寄せて来て、わーすごいと僕のちんぽを触ってきます。
山口さんは、自宅で今ご主人が風呂に入っていることもあり、少し恥ずかしそうにしながら黙って見ていました。
山口さんはおっとりとした美人で、すごくグラマーです。
優しくて、人妻ながらも僕は3人の中でも一番好きでした。
車のことを不問にしてくれたのも、彼女がご主人に言ってくれたからなのです。

「Kちゃん、Kちゃんのおちんちん見てみたい・・・いい?」

真崎さんがそう言い、僕は頷きながらズボンを下ろしました。
本田さんが、パンツ越しに触ってきて、優しく上下に擦ってくれました。

「ね、Kちゃん、さっき言ってたようにオナニーしてみてよ」

真崎さんに言われて、恥ずかしかったけれど、少しして見せました。

「パンツの上からじゃなくて、ちゃんと見せて」

本田さんにそう言われ、真崎さんにパンツを脱がされました。

「わぁーKちゃん、たってる・・すごぉい」

3人は声を合わせて言いました。

僕はもうヤケになり、山口さんに向かって大きくなったチンポを向け、「息子さんもこうやってするんですよ」と、言いながらチンポを擦り上げました。
もう、先走りの液が尾を引いて垂れ下がり、3人の奥さんはごくりと唾を飲みながら僕のオナニーに見入っていました。

「ちょっと触ってみて」

真崎さんにちんぽを握らせ、しごかせました。

真崎さんはリズミカルに手を動かし、僕の先走り液を親指で亀頭の周りに塗り付けながら「なんか、感じて来ちゃった」と言っていました。

本田さんと交代でちんぽを激しくしごいてもらいました。
本田さんは顔を上気させて、僕の先走り液が垂れてくるのを舌を延ばして受けとめました。

一人呆然としている山口さんにぬるぬるのちんぽを近づけて、握らせました。
山口さんの鼻先にくっつくかと思うくらいちんぽを近づけました。

「Kちゃんのおちんちん固くておっきいよね?山口さんも濡れちゃった?」

意地悪く本田さんが聞きました。
真崎さんと本田さんは僕の玉袋を優しく転がしていました。
初めは抵抗していた山口さんの手が少しずつ上下に動き始めました。
僕のちんぽはもうぬるぬるで、動かす度に、すごくいやらしいクチュクチュという音がしました。

「山口さん、もうイキそう、もうだめだよ・・ううっ」

山口さんは、動転したのか、反射的に僕のちんぽを口中深く咥えました。
僕は童貞でしたから、しゃぶってもらったのは初めてで、ものすごく気持ち良かったのと、本田さんと真崎さんが玉袋とかお尻とか体中を触ってくれていたこともあって、気も狂うような快感に酔いしれていました。

「あ、山口さん咥えちゃった」

本田さんと真崎さんも負けじと、僕の玉袋に舌を這わせ、揉みしだき、手と舌で僕の体のあちこちを触りました。

「Kちゃん、出していいよ、山口さんのお口にいっぱい出してあげて」

本田さんが目を潤ませながら言いました。

山口さんはやっと自分が何をしているのか分かったらしく、いやらしく僕のちんぽを咥えていた口を離そうとしました。
僕は山口さんの頭を押さえつけ、本田さんとキスしながら、真崎さんのおっぱいを激しく揉んでいました。

僕も射精しそうになり・・・。

「もう、もう、出ちゃう、山口さん、イクよ!」と腰を振りました。

「Kちゃん、Kちゃん、わたしにもちょうだい」

本田さんがすごくいやらしい声で言いました。

「さぁ、出しなさい。早く出さないとご主人がお風呂から出てきちゃうわよ」

真崎さんが急かします。

「ああ、ううっ・・すごく気持ちいい・・出る、出る、ううっ!」

僕はついに3人の奥さんに弄ばれながら山口さんの柔らかい何とも言えないフェラチオに酔いしれながら、山口さんの口中深くにちんぽを突き入れ、思いっきり射精しました。

「うう、ふぐっ・・ふぅー」

山口さんはむせながらも、僕の精液を全部飲み下しました。
その後お口でちゃんと僕のちんぽをきれいに掃除してくれました。

「やだ、Kちゃんこんなにいっぱい出して・・・」

顔を赤らめながら、山口さんは言いました。

少しおまんこを触りましたが、ぐっしょりと濡れていました。
そこでご主人が風呂から上がって来てしまって、真崎さんが慌てて僕にパンツとズボンを履かせてくれました。
何だか酔いも醒めてしまい、居づらくなったので、帰ることにしました。
真崎さんも一緒に帰ると言い、本田さんはまだ用事があるからと、山口さん宅に残りました。

帰るといっても僕の家はすぐ向かいなので、真崎さんを送って行きました。

「Kちゃん、さっきすごかったね、あたしすごく感じちゃったのよ?」

真崎さんが悪戯っぽく笑いながら言いました。
僕はまだ興奮していて、つい真崎さんをその場に押し倒していました。

「あ、あんっ・・だめよKちゃんこんなトコで・・・」

真崎さんが言うのも構わず、キスしまくりました。
真崎さんも悩ましく舌を出して、応じてくれます。

「今日ね、ダンナいないの・・娘(中1)も、もう寝たからホテルいこっか?」

僕に異存がある訳もなく車に乗り込み、ホテルに行きました。
ホテルに向かう途中、早くも真崎さんは僕のズボンのチャックを下ろし、フェラしてくれました。
さっきはあまり感じなかったけど、すごいテクニックです。
唾液を塗りつけながらずるずると音を立てて、吸い込むようにしたり、柔らかく包みこむようにしたり、とにかくすごい舌技でした。

射精しそうになったのでそれを告げると、「まだ、ダメよっ。これからもっといいことするんだからねっ」と悪戯っぽく笑いました。

真崎さんは少し派手目のスレンダーな美人です。
テニスで鍛えた肢体はすごく眩しかった。

ホテルに入って、一緒に風呂に入りました。
僕は真崎さんの身体をすみずみまで洗ってあげて、体中舐めてあげました。
真崎さんは歓びの声を上げて僕達はずっと抱き合っていました。
風呂から上がってベッドに倒れ込み、お互い貪り合うように愛撫し合いました。

「真崎さんのおまんこ、おいしいよ・・・すごくステキだし・・真崎さん」

「やだ、Kちゃん、でもKちゃんもステキよ」

ついに我慢出来なくなり、真崎さんのおまんこに大きくいきり立つちんぽをあてがいました。
ところが、童貞だった僕はうまく入れられず、真崎さんに僕が童貞であることを気づかれてしまいました。

「え?Kちゃん初めて?さっき上手だったからてっきり・・・あらあら」

僕は真っ赤になっていましたが、真崎さんがクスクス笑いながら僕のちんぽを優しく握ってくれて、濡れそぼったおまんこにしっかりあてがってくれました。
僕は真崎さんのおまんこの感触を確かめるようにクリトリスから膣口にかけて優しくなぞるようにちんぽを押しつけました。

「ああ、いい、Kちゃん・・それとっても気持ちいい・・・」

「真崎さん・・・おまんこ柔らかいよ・・こんなに濡れてる・・」

焦らしに焦らしていたら、今度は真崎さんが我慢出来なくなったらしく、僕の腰を両手で掴んで抱き寄せるように引きました。
その瞬間、にゅるりと僕のちんぽは真崎さんのおまんこに深く入っていきました。
同時に「ああっ」と声が出て、お互い激しいディープキスを交わしていました。

真崎さんが優しくうまくリードしてくれたおかげで、僕は最高の状態で童貞を捨てることが出来ました。
正常位で深くつながり、僕は無茶苦茶に腰をうちつけました。

「Kちゃん、Kちゃん・・すごい・・ああん・・いい、いいの」

「ああ、もう・・でそう・・出していい?」
「ああぁ・・このまま来て!中に出してぇ」

「中に出したら赤ちゃんできちゃうよ?」
「いいから、大丈夫だから・・Kちゃんのちょうだい・・子供出来てもいいからぁ」

「ああ、もう、ダメだ・・真崎さぁん」
「ダメよ、優子ってちゃんと呼んで!ああ、はぁ・・んっ」

「うん、優子の中に出していい?・・可愛いよ・・優子っ!」
「いって、出して、おねがい・・中に・・あたしもいっちゃうぅ」

真崎さんが自分で腰を使い始めました。
もう限界です。

「優子・・・優子っ!」

真崎さんを強く抱きしめました。
僕はひときわ大きく深く突くとそのまま静止し、どくっどくっ!と真崎さんのおまんこに大量の精液を送り込みました。

金玉が大きく縮むのが自分でも判るくらいの激しい射精でした。
しばらく繋がったままいて、ちんぽを抜いておまんこを見ました。

「やだ、見ないで・・Kちゃん、恥ずかしい」
「だめ、見せて」

真崎さんは大きく腰を回していましたが、腰を止めた刹那、おまんこからプチュッという音がしたかと思うと、ドロッと大量の精液がおまんこから逆流してきました。
真崎さんは、はにかみながら、こう言いました。

「もう、さっき山口さんのお口にあんなにたくさん出してたのに、若いのね・・・」

それからも騎乗位、バック、座位などで繋がり、夜明けまで真崎さんを犯し続けました。
ほとんど中出しで、口にもたくさん出し、飲ませてあげました。
エッチビデオを見ながら、同じ言葉を言わせたりして、何度も抱きました。
射精するときは、優子ぉっ!と叫び、思い切り抱きしめてあげました。
その日、口に2回、おまんこに4回、熱いザーメンを優子に注ぎ込みました。
朝になったら太陽が黄色く見えて、仕事も休みました。

あれから1週間くらいしてから、本田さんと山口さんが2人で僕の家に遊びに来ました。
上がってもらって雑談してたのですが、やっぱり言われました。

本田さん「真崎さんから聞いたわよ、Kちゃん真崎さんだけにしてずるい」

山口さん「真崎さん、腰が抜けちゃったって言ってたわよ?すごいね、Kちゃん」

山口さんは恥ずかしそうに言いますが、本田さんは外見は可愛いタイプで真面目そうな感じとは裏腹にあっけらかんとすごいことを言います。

「そんなこと言ったって、山口さんの家では出来ないでしょ?」

僕がそう言うと「あら、その山口さんにいっぱい白いの出したのだ~れ?」と本田さんが言いました。

それから根掘り葉堀り真崎さんとどういう風にしたかとか聞かれました。
一応正直に答えて、お茶を入れに行きました。
僕のちんぽは、この前あれだけ真崎さんに可愛がってもらったのに、また勃起していました。
お茶を入れて戻ると、山口さんが本田さんになにやら話していました。
聞いてみると、息子さんがエロ本を隠し持っているとのこと。
そして、今朝また山口さんのパンティでS君(息子さん)がオナニーしたらしく多量の精液が付着していたこと。
どうしたらいいのかと頭を悩ませているみたいです。

「エロ本隠すのなんか全然普通ですよ、僕も持ってるし」

そう言うと見せてくれと言われて何冊か見せました。
2人はすごいすごいと言いながらエロ本を見ていたので、からかってやろうかと思ってビデオを見せました。
もちろん裏ビデオのすごいヤツです。

いつの間にか、本田さんが僕の隣りに来ていて、僕の股間を弄んでいました。
僕は思いきり勃起していて、されるがままになっていました。
本田さんの小振りなおっぱいを揉みながらキスしました。
本田さんは僕の手を自分の股間へ誘導しました。

山口さんはじっと見ています。
グラマーな美人に見られているかと思うとたまらなくなり、激しく本田さんのおまんこを愛撫しました。

「う・・ふぅん・・はん・・すごい、Kちゃん、ほんとにすごい」

本田さんは喘ぎながら僕のちんぽを引っ張り出し、しごき始めました。
山口さんの顔がだんだん赤らんでいきます。

僕は本田さんを裸にし、いやらしく山口さんに見えるように本田さんの身体に舌を這わせました。
本田さんはスケベな雌の声を上げて、僕の頭を抱えておまんこに押しつけました。
僕は本田さんのおまんこを激しく舐めたり、優しく舐めたり、強弱をつけながらおまんこに指を入れ、本田さんの蜜壺を掻き回しました。
顔を上げて山口さんを見ると、おっぱいを触りながら、おまんこを弄っていました。
僕と本田さんはシックスナインでお互いの性器を舐めしゃぶっています。

「ああ、Kちゃん、そこ感じる、もっと舐めて・・噛んで・・いい・・いいーっ!」

「雅子さん(本田さん)のフェラも最高、すごくいいよ」

山口さんに聞こえるようにワザといやらしい言葉を吐きます。
山口さんはパンティを脱ぎ、ブラジャーも外して、あんあんと声を出しながらオナニーにふけっています。
半開きの唇から赤い舌が出て、舐め回すような仕草の何と色っぽいこと。

「Kちゃ・・入れたい・・わたしを犯して・・・」

本田さんが色っぽく僕に言います。

僕は山口さんによく見えるようにバックから本田さんのおまんこにギンギンに固くなったちんぽを突き入れました。

「あうっ・・はぁふ・・ううん・・Kちゃん、Kちゃぁん・・」

本田さんは激しく悶えて頭を振りながら、僕の腰の振りに合わせて身体を前後に動かします。

山口さんがそばに来たので、優しくキスしました。
山口さんは、長い舌で僕の口腔を舐め回しました。
体位を入れ替え、本田さんを組み敷いて、山口さんに結合部がよく見えるように大きく腰を振りながら、本田さんを愛撫します。

「ああ、ああ、あああ、Kちゃん、Kちゃん・・いく・・イクっ!Kちゃんも私の中に出してッ!」

本田さんは大きく仰け反ってアクメを迎えました。

「うっ・・ああ、気持ちいいよ・・雅子・・雅子ぉ・・出すよッ!いくっ!」

僕も同時に本田さんのおまんこの中にたくさん放出していました。

本田さんが立ち上がり、山口さんの前に立ちました。
山口さんは、僕の精液が流れ出している本田さんのおまんこを丁寧に舐めました。
そして、びっくりするようなことを言ったのです。

「Kちゃん、私と真美ちゃん(山口さん)レズなのよ」
「あ・・・」

山口さんが止める間もなく、本田さんは言いました。

僕は以前から山口さんに憧れていたので、驚きました。
後家の本田さんは、山口さんを誘い込み、レズによって性欲を解消していたみたいです。
山口さんの家庭もあまりうまく行ってなかったらしく、ずっとセックスレスだったみたいです。

「ちょっと待っててね」

本田さんはそう言うと、服を着て家に帰って行きました。

驚きながらも射精後もちんぽが小さくならないので、山口さんの肩を抱くと・・・。

「ごめん、Kちゃん、私、男の人と浮気とかは・・手とお口じゃだめ?」

「う~ん・・僕は真美さんが一番好きだからしたいけど・・・しょうがないな、うん、いいよ」

山口さんは手でしごきながら、口で懸命に奉仕してくれます。
可愛い真美に色々いやらしい事を言わせました。

「真美のおまんこにはずっとちんぽが入ってないんだね?入れたくならない?」
「そうやっていつも一人でしているのか?」
「S君にしてもらったらどう?」

山口さんはマゾっ気があるみたいで、僕のちんぽを咥えながらいやらしい罵声を浴びせられて感じているらしく、自分のおまんこを激しく擦っていました。

本田さんが帰って来て、紙袋からなんとペニスバンドを出しました。

「真美ちゃん、まだイってないんでしょ?わたしがイカせてあげるね」

そう言うとペニスバンドを付けて、山口さんのおまんこに深々と入れました。

「あん・・うっ・・あああ・・あKちゃんが・・見てる・・いい、気持ちいい」

正常位で女の本田さんに犯されながら山口さんは涙を流しながら自分で本田さんの動きに合わせて腰を使い始めました。
バックスタイルになったときに僕は山口さんの顔前でちんぽを擦りました。
もちろん先っぽは真美の口の中です。

「真美ちゃん、前も後ろも入ってるよ」

本田さんが悩ましい声で言います。

「真美・・いいよ、お口あったかいよ・・」

僕も合わせていやらしく言います。

「ふぐっ・・は・・ああ・・イク・・いっちゃう・・あっあっあっ・・ああっ」

ぐったりくずれおちる山口さんの顔に僕は大量に精液を振りかけました。
本田さんが僕の精液を舌で舐め取り、山口さんとキスしながら僕の精液を2人で飲み分けました。

それから、山口さんを下に、本田さんを上に抱き合わせて、おまんこをぴったりくっつけてレズしているところもしっかり見せてもらいました。
ぐちゅぐちゅとを立てて擦りあう、おまんこは違う生き物のようでした。
どうにも我慢できずに、おまんことおまんこの間に、硬くそそり立ったちんぽを差し込んで、腰を振りました。
2人のおまんこはヌレヌレで滑り、すごく気持ちいいものでした。

「あっ・・あん・・Kちゃん・・わたしに入れてよぉ」

雅子がそう言い、「あ・・・Kちゃん、ダメ・・よぉ入れちゃヤダ」と真美が言いました。

僕は2人のおまんこに挟まれながら、2人の愛液にまみれながら、2人のおまんこに振り掛けるように射精し、雅子と真美に口できれいにちんぽを掃除させました。

それから、ちょっとした機会があって、僕はS君(山口さんの息子)と仲良くなりました。
休日に遊びに連れていってあげたりしていました。
S君はなかなか好少年であり、頭もよく、さすが真美さんの息子と思わせるところがありました。

ある日、S君がセックスしたいと言い出して、僕が真崎さんとセックスしてることも知っていると言いました。
真崎さんはダンナのいる身なので、バレたらまずいと思い、セックスしてるところを見せてあげるということで、とりあえずS君に了解してもらいました。
夜になって僕の家の押入れに隠れてもらい、真崎さんを呼んで、セックスしました。
真崎さんはダンナは好きだけど、僕の子供が欲しいとずっと言っており、毎回ずっと生で中出ししていました。
いつものように激しく愛撫しながら、押入れのS君に出来るだけ見えるように体位を変えながら真崎さんを抱きました。
S君は押入れの中でオナニーしているみたいです。

真崎さんがイクという時、押入れの中のS君がガタガタと音を立ててしまい、真崎さんにバレてしまいました。
仕方ないので事情を話すと、気の毒に思ったのか、見てもいいよ、ということになりました。

「Kちゃんもホンットお人好しよねぇ・・ま、優しいトコがあたしは好きなんだけどぉ」

真崎さんはクスクス笑いながら、僕のちんぽを咥えました。
ついでにS君のちんぽも引っ張り出して触ってあげてます。

Kにいちゃん、真崎のおばちゃんとしたい大胆にもS君が言いました。
僕は優子にどう?って聞いたけど、僕さえよければ、一回だけという約束でS君の筆おろしをすることになりました。
優子はS君のちんぽをしごき、口に含みました。
S君はあっという間に射精してしまい、量の多さにびっくりした優子が精液を飲みきれず、口からこぼしました。

「わ!すごいいっぱい出たね?Kちゃんのも多いけどS君ってすごい・・・」

そう言いながら再び咥えました。

「Kちゃんもあたしで童貞捨てたのよね?S君もそうなるわけかぁ・・」

優子はS君に跨がると騎乗位で挿入しました。

「は・・ぁあ・・あたし、中学生としてるのね?・・気持ちいい・・S君もっと動いてぇ」

S君はめちゃくちゃに優子を突き上げています。

「ふぅうぅん、はぁっ・・あんっ・・いいい・・Kちゃん・・お口に頂戴・・」

僕は優子の口にちんぽを持っていきました。

おいしそうに優子がしゃぶりながら、ゆっくりとすごくいやらしく腰を使っています。
急にS君は優子を組み敷いて、正常位になり、すごいスピードで突きまくりました。

「はん・・・ああん・・いっちゃう・・いっちゃうよぉ・・」

「ぼ・・僕もイキそうです」

「S君!中はだめよ・・外に・・出して・・ね・・あっあっ・・ああん」

S君はちんぽを抜くと、優子の腹の上に射精しました。
でも、すごい勢いでした。
優子の腹、胸、顔まで飛び、優子の体はS君の精液で真っ白になりました。

そのとき運悪く、真美さんと雅子さんが来てしまい、見られてしまいました。
真美さんはわが子がそんなことをしているとは思わず、真っ青になりながら、S君を叩きました。
雅子さんが止めましたが、効き目はありませんでした。

「なんだよ!母さんだっていつもKにいちゃんとしてるくせに!」

S君はそう言って大声で叫びました。

優子のことだけでなくS君は全部知っていたのです。
意を決したように、雅子さんが裸になって、S君を抱いて言いました。

「分かったから。Sちゃんにもいいことしてあげるから、お父さんには黙っておいてね」

S君はこっくりと頷きました。

雅子はS君のちんぽを優しくなでながら、舌を這わせました。
S君はまた固くなり、雅子のキスで完全に落ちました。
雅子とS君のセックスを見ながら、真美は呆然としていました。
僕はゆっくりと真美に近づき、愛撫を始めました。
レズには興味ないらしい優子はS君と雅子のセックスを見ながらオナニーしています。

だんだん真美の目が怪しくなり、声を上げ始めました。

「S・・おかあさんKにいちゃんとエッチなことしていい?」

今まで、真美とはセックスしたことがありませんでした。
きっとこのことで良心が吹き飛んでしまったのでしょう。

僕は真美を押し倒し、裸にしました。
真美は狂ったように喘ぎ、僕を受け入れました。
僕は遂に、憧れであった真美のおまんこにちんぽを突き立てました。

「ああ・・真美さん、ずっとこうなりたかったんだ・・」

優子には聞こえないように囁きました。

「Kちゃん、もっと、もっとして・・ああ・・もう・・私・・Kちゃん・・私も・・好き・・」

深く突くたび、真美の大きな胸が揺れます。

僕と真美は同時にイキました。
今までの憧れを込めて、真美の奥深く、射精していました。

その後、雅子とS君はよほど体の相性がよかったのか、真美公認でセックスする仲になりました。
優子は僕の子供(娘)を出産しましたが、その後、引越しして別れました。

「子供はちゃんと育てるから心配しないでね」

そう言って明るく笑い、落ち着いたら連絡すると言って旅立って行きましたが、ついに連絡は来ませんでした。

真美とは僕の転勤と共に次第に音信不通となっていきました。
去年、雅子は膵臓ガンで亡くなりました。

S君と真美、優子の行方はようとして知れません。