おもらし

糞や尿などを不適切な方法で排泄することである。

女性視点

最後のセックスなのに、すごく充実してた

元彼の家に向かう途中、予定より早く着きそうだったので、『少し早く着くけど、どこかで時間を潰してから行った方がいい?』と送ると、『体がだるくて寝てるだけだから、そのまま来てくれてOK』と返事が来る。 『具合悪いの?何か買っていこうか?』と送...
女性視点

4回もイッてしまったダメな妊婦です

愚痴とエロレポートの2本立てです。 なんか2週間くらいしてなかったんです、エッチ。 先週は、「そんな気分じゃないんだよねぇ~」って素っ気なく断られたんです。 ムカッ。 でもまぁ、妊娠中の私は日によって調子が悪かったので、不満なが...
男性視点

初アナルで初ところてん

いつものようにローションたっぷりつけて前立腺を刺激しながらオナニーをしていると、急に物寂しくなったのがきっかけでした。 (本物ってどんな感覚なのかなぁー?) そう思うようになりました。 それまで、張り型やバイブを使って自分でや...
女性視点

膣が激しく収縮する今までにない絶頂を経験しました

会社のメンバーでスキーに行った日の話です。 私は23歳。 スタイルにはちょっと自信あり。 婚約中の彼氏あり。 あとの女性2人は先輩で20代後半。 男性は30代が2人と、スキーはその日が初めてという、その年新人の山下君(22歳)...
男性視点

ミニスカ変態熟女に夜の公園でイラマチオ

数年前にあった熟女との情事です。 その日は日曜日の夜で、友人と都内で飲んでいて終電で家路に就いた。 駅を降りたら煙草を一服するのが習慣なので、いつもの駅前の喫煙所へ。 平日だと夜中でも人の往来がある場所だが、日曜の夜ということと、...
男性視点

凝り性なスナックの巨乳熟女ママ

先輩に連れられてスナックに行きました。 40歳くらいの、ふっくらとしたママさんが1人で経営しているお店でした。 ママさんは胸元が開いた赤いロングドレスを着ていて、豊満な谷間が見えていました。 僕は先輩の注ぐお酒を断れなくて、かなり...
男性視点

媚薬を飲ませたら血まみれでイキ狂った処女JK

俺は25歳のヒモ男。 出会い系サイトで、『JKです。真面目に話を聞いてくれる人を探してます』という投稿を見つけた俺はJKとお友達になりたくてメールしてみた。 適当にいい人を演じておけば友達ぐらいにはなれるだろうし、仲良くなったらデートを...
中学校時代

銭湯の男湯でチンチンを見るのが私の楽しみ・前編

私が中学1年のときの話です。 毎週金曜日にほぼ定番で、お父さん、弟2人、そして私の4人で銭湯に出かけてました。 もう小さい頃からです。 お母さんは家の片付けを理由に行きませんでした。 なので、いつも私は男湯に入っていたんです。 ...
スワッピング

自分が女の子になって大好きな母を寝取られる興奮・後編

顔を真っ赤にして俯いていると、ショーツを下ろされて、アナルに指を突き立てられた。 この前の母と同じで、私の我慢汁を潤滑剤代わりにしている。 スルッと入ってくる、母とは違うゴツい指。 「は、あぁっ!ダメぇ・・・」 声が漏れるの...
男性視点

ガリ痩せの母とやりまくりの温泉旅行・前編

うちは、母(47歳)と俺(23歳)の2人暮らしだ。 親父(53歳)は単身赴任で、地方の現場に行ったまま半年が経つ。 母はガリ痩せで、病人のような容姿だ。 女の魅力は外見からは想像し難いが、俺好みではある。 ガリ痩せとのセックスを...
中学校時代

中1でSMに目覚めてしまったクラス一の美少女

中学1年の時に同級生の女の子とあるきっかけで付き合うことになった。 彼女は中学生なのに生粋のド変態のM女だった。 普段わがままキャラな彼女がエッチになると、「恥ずかしい恥ずかしい」と言って超萌えたw そして、何回かエッチして痛くなくな...
女性視点

処女なのに変態オナニーしまくりの私・第6話[完]

ハロー! 私はとうとう同性愛に目覚めちゃったんです。 今、あのときのことを想い出しながら書いてるんだけど、Mちゃんを想い出すだけで胸が切なくなっちゃう。 たった一度だけ、それもほんのいたずらみたいな、小猫がじゃれ合うようなレズ体験(な...
男性視点

媚薬が効きすぎてヤバい世界に目覚めてしまった彼女

オレは19歳の専門学校生。 1ヶ月ほど前にとっても可愛いノアちゃんから愛の告白を受けて、お付き合いすることになっちゃいました。 2週間ほど前に初エッチを済ませ、これからどんなプレイをしていこうか2人で話しあっていたのですが・・・。 ち...
不倫

風俗に行って初めて自分が巨根だと知った・中編

俺はスキップするくらいの浮かれた気持ちで店を出た。 そして友達の家に行った。 結婚式以来会っていなかったが、パソコンの調子が悪いそうで、見てあげる話になっていた。 ここで、ヒトミさんはもしかして、あの後店の外で俺と会うつもりで、あんな...
浮気

彼氏持ちの巨乳OLと挿入なしの浮気セックス・後編

再びソファーからベッドへ移動。 寛子に潮を吹かせるべく膝立ちにした。 もちろん理由はマッサージ。 潮を吹かせるつもりだが、タオルなどは用意しない。 ソファーでの責めですでに潮を吹く兆候はあった。 最初から飛ばすのも良くない。 ゆ...
タイトルとURLをコピーしました