怖い慰安旅行 その1

この体験談は約 25 分で読めます。

俺、先月やっと地元で就職できたんだけど、ここ、男は俺(19)と社長(65)の2人だけ。
あとは奥さんとパートのおばちゃん達8人なんだけど、もーすぐ会社の慰安旅行ってのがあるわけ。

昨日、俺が入社するのと入れ替わりに辞めた人が店に遊びに来て、後で一緒に飲みに行ったんだけど、その人が言うには、この会社の慰安旅行ってのは、パートのおばちゃん達の『性のはけ口』として企画されているらしい。
もちろん、相手をするのは唯一の若い男の俺らしい。
そーいえば、最近、おばちゃん達の俺を見る目が・・・。
会話もいやらし事へーきで言うし・・・。
ああああぁぁぁ、鬱だああぁぁ!

こんばんは。
今、仕事が終わって帰ってきたところです。
旅行のことが少しわかってきました。
って、いうか、行き先とかですけど。

今日は旅行の説明がありました。
北陸の温泉にカニを食べに行くそうです。
泊まるところは社長の知人が経営する旅館とのこと。
明日、仕事の後で幹事さんと2人で買い出しや、打ち合わせがあるそーです。
その人とはよく話をするので、さりげなく去年の話なんかを聞いてみようかと思います。
(ちなみに幹事さんは、おばちゃん達の中では一番きれいな人です。)
もう、今の心境としては、なるようになれというところです。

いまからいってきまーす。
昨日は、買い出しで思わぬ展開になりました。
時間がないのでまた、ほーこくします。

仕事が終わって今回の旅行の幹事さんになった人(トモミさん、40歳くらい、岡江久美子似)と一緒に宴会でするビンゴ大会の景品を買うため、隣町のホームセンターに買い出しに行きました。
その後、トモミさんに誘われてファミレスで食事をしたのです。
俺はおばちゃん達の中で一番話しやすいトモミさんに思い切って慰安旅行について質問してみたんです。
(辞めた人に聞いた話では、トモミさんの相手はしてないとのこと)

辞めた人(ヤマモトさん21歳)が言ってたよーなことが、実際あるのかどーか。

するとトモミさんはニヤッとなんともイヤらしい目つきで微笑み・・・。

「何だ、ヤマちゃんから聞ぃとったん?」と、あっさり認められてしまったんです。

俺、それを聞いて頭の中におばちゃん達の顔が浮かんできてウツになってしまいました。
しかし、トモミさんのその表情がなんともエロっぽくみえ半だち状態になりました。

トモミさんは俺と同じ年齢の娘さんがおり、俺とは親子ほどの歳が離れているのに若々しく、そんな風に見たことはなかったので、少しもじもじしていたのです。
すると、トモミさんは俺の方に顔を近づけてきて・・・。

「しんじくん(俺の名前)エッチしたことあるん?」と小さな声で聞いてきたのです。

俺は、その言葉を聞き血が逆流したのか、頭の中が真っ白になりました。
俺は今まで3人の女と付き合ったことがありますが、セックスまでいったのは1人だけで、彼女が春に東京の大学に行って別れるまでに10回ぐらいしか経験がありませんでした。
俺はついついその事までトモミさんにうち明けてしまいました。

するとトモミさんは、「この後、時間ある?」と聞くので、OKすると、すぐに会計を済ませ車に乗り込みファミレスを出たのです。

車はトモミさんの軽自動車だったのですが、店を出るときは、何処でつけたのか、トモミさんの香水のにおいが、充満して、思わず咳き込んでしまいました。
トモミさんはそれに大笑いしながら車を走らせ、10分ぐらいのところにあるラブホに入っていたのです。
ホテルに入ると、トモミさんは車を出て、そっと僕の腕を組み、受け付けのほうへリードして歩きました。
俺はラブホに入るのは初めてだったのでオロオロしていたのですが、トモミさんは慣れた様子で部屋のボタンを押してエレベーターに乗りました。

エレベーターの中で、トモミさんは急に俺の首に両手で抱きつきキスをしてきたのです。
そのときのトモミさんの真っ赤な唇は今でも頭に焼き付いています。
エレベーターの扉が開いてもキスは終わらず、口の中がトモミさんの舌と唾液でいっぱいになり、相変わらず頭の中は、ぼーっとしていました。

部屋に入るとジャンパーを脱ぐまもなく、ベッドに押し倒され再びキス、キス、キス・・・。
そのまま、いつの間にか俺はズボンを脱がされパンツ一丁にされていました。
そしてトモミさんは俺のチンポコをさわり、咥えてくれました。
なんというか、アダルトビデオを見ているよーで、フェラされながら、これは現実かと疑ったりしました。
しかし、すぐにいってしまい、トモミさんの口の中に出してしまいました。
トモミさんは、「んっんっ」と喉を鳴らして全部飲んでくれました。

トモミさんは服を脱ぎながら、俺の横に寝ころび、「きもちよかった?」と聞いてくれたのです。

俺は、「うん」としか言えませんでした。

トモミさんは冷蔵庫からビールを持ってきて一口飲むと、「明日の旅行、お昼過ぎ出発だから今日お泊まりしょー」と言い、俺の横で娘さんに携帯で電話していました。
そのとき、娘さんが俺と同じ歳だと思い出し、すこし落ち込みましたが、トモミさんの身体を見て、再び大きくなったチンポコは正直者だと納得しました。

トモミさんはクローゼットの中からコンドーさんの販売機を見つけだし、2箱買いました。
それを見ていた俺に、「しんじくん元気そうだから・・・」と、恥ずかしそうに箱を渡しました。
そして、朝まで、頑張りました。

俺は、恥ずかしいけど、元彼女が嫌がったので、エッチは正常位しかしたことがありませんでした。
トモミさんはそんな俺に「教える」よーに、夢にまで見た69やバック、騎乗位、そのほか、よくわからない格好で、エッチをリードしてくれました。
そして、ビックリするぐらいの大きな声で喘ぐのです。

3発目からは、長持ちできるよーになり、調子に乗って、バックでパンパン突いていたら、トモミさんは、「ギャーッ!」と叫んで、ガクガクとベッドに倒れ込みました。
あれっ?と思って、おどおどしていたら、トモミさんはしばらくヒクヒクしていて、苦しそうにしていましたが、これが、女の人が“イッタ”瞬間だとわかったのです。
もちろん、俺はそんなこと初めてでした。

結局、この日はフェラで1回、エッチで4回イッてしまいました。
トモミさんも最後の正常位と2回いったみたいです。
たぶん、演技じゃないと思います。
エッチの合間にトモミさんと話したのですが、俺が先月、入社してきたときから“可愛い”と思っていてくれたそうで、狙われていたそうです。
(俺、どちらかというとコワモテだと思うのですが・・・。)

旅行で、みんなに“可愛がってもらう”前に、食べたかったそうです。

旅行については、「恒例のことなので“修行”と思って頑張れ」と、励まされっちまいました。

(・・・・・・。)

でも、旅行の後もみんなには内緒で付き合おうと約束してくれました。

もう、外が明るくなっていたので、寝ないでトモミさんの車に乗り、部屋まで送ってもらいましたが、全然眠くなりませんでした。
俺は小さいときからジュードーをしていて、体力には自信があったのですが、オナニーを含めて、5発は新記録でした。
それをトモミさんに話したら、「今日は大丈夫なん?」と言われ、現実に引き戻されました。

部屋に帰ると、着替えなんかを用意して、とりあえず寝ておこうと布団に潜り込みましたが、トモミさんの顔がちらつき、眠れませんでした。

会社は部屋から3分の所にあるので集合の少し前につき、バスに荷物を積み込むのを手伝いました。
もちろん、幹事のトモミさんは先に来ていて、俺を見つけるとウインクしてくれました。
でも、服が違うからなのか、髪を束ねたからなのか、先程と雰囲気が違い、いつものトモミさんに戻っていたので少し戸惑いました。

バスは旅館のバスで、わざわざ迎えに来てくれたとのこと。
俺は、トモミさんの側か、眠れるところに座りたかったのですが、一番若手なので最後に乗り込んだところ、一番後ろの一列のおばちゃん達が手招きして、「こっち、こっち」と・・・。

トモミさんの横を通るとき、彼女は笑いをこらえていました。

バスが出る前に、社長が前で挨拶したのですが、「今日は大いに楽しんでください」と言ったとき、一斉に「ハーイ」と声がそろったのでどきっとしました。
おばちゃん達はいきなり缶ビールをプシュ、プシュ開けて、グビグビ飲んで大盛り上がり。
そんな俺も、酒は大好きなので、一緒になって話をしていると、だんだん話題は、エッチな方向に・・・。
マキさん(森くみこ似、推定80キロ、38歳くらい)はしきりに俺から香水の匂いがすると、突っ込んでくるし、サエキさん(今くるよ似、推定90キロ、45歳くらい)には俺のチンポコのサイズをあてると、お菓子やバナナを持って「これくらいやろ?」などなど。
セクハラ攻撃にあいながらも、結構楽しく過ごせました。

トイレ休憩のたびに、俺の横に座るおばちゃんは代わっていった。
でも、みんなお酒が入っているのか、みょーに明るく、またエッチだった。
普段は物静かなクロダさん(宮崎よしこ似、40歳くらい、巨乳)や、ノリコさん(大竹しのぶ似、38歳くらい)なんか、俺に胸を押しつけてきて、しゃべる、しゃべる。
トモミさんはどうやら熟睡しているみたいで来なかったけど、山本さんから聞いていた5人は俺の横に座って一緒にビールを飲みました。
そーして、とうとう着いたのです。

旅館は、北陸のわりと有名な温泉地で、思っていたより大きな旅館でした。
バスが着いたのは、まだ4時頃でしたが、おばちゃん達はすっかり酔っぱらってしまい、旅館に入っても大きな声で、笑う、騒ぐ・・・。
他のお客さんの目も気にせず、酔っぱらい集団となっていました。
宴会は、7時からということだったので、俺は部屋でひと眠りすることにしたのです。
部屋は3人くらいが泊まれる部屋で、俺は、1人だけで使えることになっていました。
仲居さんがお茶をだしてくれたあと、とりあえず眠くなったので枕を出して寝転んだのです。

すると、誰かがドアをノックしたのです。
俺は、てっきり仲居さんが大きめの浴衣を持ってきてくれたんだと思い、「どーぞ」と言ったところ、入ってきたのはクロダさんでした。
クロダさんはバスの中でかなりのビールを空け、旅館に着いてもフラフラしていて、トモミさんに、つかまって歩いて部屋に入ったはずでした。

クロダさんは部屋に入るなり、「しんじー、風呂いこー、風呂」と言いながら俺の足下に倒れ込んできたのです。
かなり酔っている感じで、普段は、すごく物静かな人ひとなので、戸惑ってしまいました。
クロダさんは、とっくりのセーターに長めのスカート姿で、浴衣は持っていませんでした。
あれっ・・・と思ったときには、俺の上にかぶさってきて、じっと俺の顔を見ながら、「ヘヘヘェー、いっちばーん」と舌をぺろっと出したのです。
俺は、そんなことは絶対に宴会の後に起こることだと思っていたので、全く無防備だったのです。

(あああぁぁー)と、俺が思ったときには、クロダさんの舌が、俺の唇の中に入っていて、口の中いっぱいにアルコールの香りがしました。

クロダさんは、スカートをキスしながら片手で脱ぐと、次に俺のズボンのベルトを外しにかかり、あっという間にズボンを取られてしまいました。
俺はその時、パッチを履いていたので、ちょっと恥ずかしかったので、腰を浮かして脱ぎやすくしました。
クロダさんは、さっきの酔った姿は、演技だったのか?というぐらいの手際の良さで、69の格好になり、俺のトランクスの上から、チンポコを撫で回しました。
クロダさんは黒いストッキングを穿いたまま、俺の鼻から口の部分にアソコを擦りつけるようにしてきたのです。
俺はストッキングに異常に興奮して、クロダさんのお尻を抱えて、フガフガしながら、チンポコをビンビンにしていたのです。
クロダさんは俺のチンポコを舐めましながら、何故かキンタマを揉んだり、そこも舐めたりしました。

「ある?」

急にクロダさんは舐めるのを辞め、俺に聞いてきたのです。
俺は一応、薬局の横の販売機でコッソリ買った『ABOBA(コンドーム)』をバッグに入れていたのでそれを取り出しました。
その間にクロダさんはとっくりのセーターを脱いでいましたが、その胸が!!巨乳でした。

クロダさんは、ストッキングとパンティをさっと脱ぐと、俺がコンドーさんを付け終わるのを待っていたかのように、俺に跨がり、騎乗位の体勢になったのです。

クロダさんは腰を上下に動かし、一緒にオッパイも上下にゆれて、すごくエッチな眺めでした。
クロダさんはトモミさんのよーに大きな声は出さず、「ん、ん、ん」とリズミカルに可愛らしい声を出していました。
俺は、そのまま体を動かさず(マグロですね)じっとしていましたが、だんだんいきそうになったので、クロダさんに「いきそう、いきそう」と知らせたのです。
しかし、クロダさんは腰を動かすのをやめず、俺はそのまま発射してしまいました。
俺がいったのがわかると、クロダさんは俺のコンドーさんを外してくれ、ティッシュで綺麗にしてくれました。

俺が放心状態になっていると、クロダさんは指を1本立てて、「もう1回あとで」と意味ありげな言葉を残して部屋を出ていきました。

俺がビックリしたのは、クロダさんが部屋を出た後で、特大の浴衣が置いてあったこと。
エッチの真っ最中に仲居さんが持ってきてくれたみたいでした。

俺はとりあえず温泉に浸かろうと思い、浴衣に着替えて風呂に行きました。
まだ、他のお客さんは着いていないみたいで、脱衣所は誰もいませんでした。
貸し切りだー!と思い、喜んで中に入ると、奥のほうで1人先客がいて、頭を洗っていました。

あれっ、と思ったのは、その人の背中に何か『絵』が描いてあったのです。

青緑色の下地に何か動物のような・・・。

俺は入れ墨の人と、広い浴室で2人きりになってしまい、思わず、出ようかと思いましたがとりあえず湯船の中に入ったのです。
俺は、出来るだけその人から離れようと、端の方で外の景色を見ているようなふりをして出ていくのを待っていたのです。
その人は、洗い終わると、スタスタと俺の方によってきたのです。
俺の視線の先には、太ももにまで入ったタトゥ、タトゥ、タトゥー!
熱い湯の中で、さぶいぼが・・・。

「バスで、よーけ飲んだんとちゃうか?」

その人は、どー見ても、奥さんの尻に敷かれている社長さんでした・・・。

社長は、ぼーっ、としている俺をいつも通りのやさしい口調で気遣ってくれました。
社長は、しばらくこの旅館の料理が美味しいことを俺に力説した後、魚釣りの話なんかをしました。

俺が、そろそろ上がろうとすると、社長はごく自然な話しぶりで・・・。

「旅行空けに休みやるから、今晩がんばれよ。腰、いわすなよ」と声を掛けてくれたのです。

「えっ」

俺が社長の方を見ると、ぶらーん、ぶらーんと薩摩芋がぶらさがっていて、なにやら、ぶつぶつが・・・。

「わしも、これが役に立ったらなー」

そう言い残して社長は浴室を出ていきました。
俺は社長がどんな人かよく知りませんでしたが、この会社が、みんな非常に仲が良く、家族的なのは、もしかしたら、社長が元気だった頃はおばちゃん達を愛人にしていたのでは?・・・と勝手に想像してしまいました。
それにしても、あの、ぶつぶつは・・・。

風呂を出た俺は、薩摩芋があまりに立派だったのにショックをうけたせいもあって少しウツになって、廊下をトボトボ歩いていると、後ろから、誰か歩いてくるのが分かりました。
俺は丁度自分の部屋に着いたので鍵をあけ、ドアを開けると、後ろからドンと押され、俺はこけそうになりながら、部屋の中に入ったところ、後ろから熊のよーな巨体のマキさんが、入ってきました。

マキさんは、「ごめん、ごめん」と言いながら素早くドアに鍵を掛け、恐れおののく俺に、「もう、誰かきたん?」と聞きました。

俺は、思わず正直に首を縦に振ってしまったのですが、マキさんは「もー、誰よっ」と少し不機嫌になりましたが、すぐに、「まだ時間あるしー」と、俺を壁の方に押しつけ、グローブのような指で、俺の胸をさわったのです。

俺はヤマモトさんから旅行の話を聞いたときから、マキさんとサエキさんの相手だけは避けたいと、宴会で酒を大量に飲ませて潰してしまおう、とか、押入に隠れる方法を考えたり、色々対策を立てていたのですが、このときばかりは、もーどーにでもなれと諦めてしまいました。

俺はマキさんに促されて、部屋のテーブルに座りました。
マキさんは、俺の前に座り、肌蹴た浴衣の裾から手を入れて、トランクスの上から、俺のチンポコをなぜなぜしてきました。
俺は、トモミさんとクロダさんに計6発を撃ち込んでいたので、立たない自信がありました。
しかし、温泉の効能か、さっきのクロダさんとのエッチを勝手に思い出したのか、俺のチンポコがグングン元気になってきたのです。
堅くなってくるとマキさんは、ニターと笑み(マジこわかった)を浮かべ、強引にトランクスを引っ張って俺から剥ぎ取ったのです。

マキさんは俺のチンポコを大きな舌でベロンベロンと舐めあげた後フェラをはじめました。
マキさんのフェラはかなりダイナミックで、ジュルッ、ジュルッとすごい音を立てながら、頭を上下させ、なんか、掃除機で吸われている様な変な感じでしたが、チンポコはビンビンになっていました。

マキさんはフェラをやめ、俺に、「私のゆうとーりしてね」と言うと、浴衣の帯で後ろ手に縛らせました。

俺の縛り方が悪かったのか、マキさんの手は真っ赤っかになったのでほどこうとしましたが、マキさんはそれを断り、自分からテーブルにうつ伏せになり、浴衣の裾を捲りあげさせました。

すると、マキさんはパンティを穿いていませんでした。
マキさんのお尻はとても大きく、たぷたぷしていました。
俺はわりと興奮して、コンドーさんをセットして、バックからマキさんのオマンコを突き刺してやりました。
お尻の大きさで俺はマキさんのあそこはゆるゆるではないかと思っていたのですが、かなり締まりがよく、パンパン突いているうちにかなりの量の液体が湧き出してきて俺の股間はビチャビチャになってきました。
その頃になると、マキさんは、「ウワ、ウワ」と動物のような声を出し、感じている様子だったので、大声を出されては困ると思い、マキさんの帯を解いて口を蓋してやりました。
猿ぐつわっていうやつです。

俺はだんだんマキさんをいじめているような、変な気分になってきました。

俺は、マキさん相手ではバック以外の体位はできないと思いましたのでパンパンと突いてやりながら、このままいってしまおうかと考えていました。
俺はマキさんのお尻がゆらゆらと波打つのを見てふざけて叩いてみました。
するとマキさんは「うんうん」と言う風に頭を上下させたので、俺は気持ちいいのかなと思い、何回か強めに叩いたのです。

マキさんは感じているらしく、声が出ないので大きなうめき声みたいな音を出していました。

俺は、調子に乗り、何回も強く、強くお尻をたたき、マキさんの白いお尻がピンク色にそまるまでたたき、同じようにバックで突きまくりました。
幸か、不幸か俺自身なかなかいけず、暫くバックでつき続けたところ、マキさんのオマンコが、ギューと締まったかと思うと、マキさんが力が抜けたように動かなくなり、叩いてもあまり反応がなくなりましたのでチンポコを抜いて、マキさんの猿ぐつわを外してやったのです。
すると、マキさんは、「いったよー」と小さな声で答えてくれました。

俺はマキさんの手を解き、自分の浴衣に結びながら、コンドーさんを外しました。
精子が入っていないコンドーさんを外すのは初めての経験でした。
俺がそれをゴミ箱にすてたとき、マキさんが立ち上がったのですが、少しふらついてテーブルに座りました。
マキさんは、先程の強引に部屋に入ってきた時とはちがい、妙にやさしい声で「よかった?」と聞いて、俺が頷くと満足したように部屋を出ていきました。

俺は、マキさんがいった後も発射するまで突きまくろうかと思いましたが、この後のことを思うとムリはせんとこと決め、やめられたのです。
我ながら感心すると共に、よく頑張っているチンポコに感謝しました。

俺は、マキさんが出ていった後、まだはんだち状態のチンポコを慰めながら、眠ってしまいました。
どれくらい眠ったかわからなかったけれど、熟睡していました。
ゆさゆさと、俺を起こしてくれたのは、サエキさんでした。

俺は、一瞬ヤバイと思いましたが「始まるでー。はよおいで」と、宴会に呼びに来てくれたのだと分かり、ほっとしました。

宴会場は大きな広間を薄い壁で仕切った個室でしたが、先に始まっていた隣のじーさん、ばーさんの宴会の音は筒抜けで、わりとうるさかった。
しかし、テーブルの上には、カニ、カニ、カニずくしの料理がすでに並んでいて、鍋のセットもしてありました。
宴会というものは、親戚衆の集まりぐらいしか経験がありませんでしたので、もー、感動しまくりでした。
でも、カニを食べるときは、誰も話をしないので、途中まではとても静かでした。

俺は、一番端の席に、トモミさんと並んで座ることが出来ました。
ついさっき、エッチをした2人は、やっぱり気まずいのか、俺と目を合わせず、もくもくとカニを食べていました。
しばらくして、社長(何故か既に私服)が、ビールを持って、みんなに注ぎに回り出した頃から、みんなが飲みだし、バスの中のように騒ぎ出しました。
その隙に、俺はトモミさんから「もう、可愛がってもらった?」と話しかけられ、頷きましたが、何とも複雑な気持ちになりました。

(トモミさんは、どんな気持ちでいるんだろーか???)

しかし、ビールが、日本酒に代わり、みんなが最初の席から離れて、あちらこちらで笑い声が「ぎっやははー」と下品になってきた頃、俺はメグミさん(38歳くらい、フィリピン人似、濃い顔)に捕まって旦那さんに対する愚痴を聞いてあげていたのです。

メグミさんの旦那さんは仕事が忙しく、いつも帰宅が深夜なのだそうで、エッチは、2ヶ月に1回しかないとのことでした。
俺はこの時、(次はメグミさんだなー)と、何となく分かりました。

メグミさんは酒には弱いらしく、すでに何回も何回も同じことを俺に話し続け、かなり酔っていました。
途中で気持ち悪くなったと言いだし、なりゆき上、俺がめぐみさんを部屋に送ることになりました。
このまま行けば、たぶんメグミさんに迫られるだろう。
宴会は、まだまだ続きそうだけど、果たしてカニ雑炊は食べられるだろーか・・・。

俺とメグミさんが連れ立って部屋を出ると、一瞬騒いでいたおばちゃん達が、シーンとなりました。
俺が振り向くと、みんな一斉に目を逸らせ、再び騒がしくなりました。

廊下を歩き、エレベーターの中に入ったとき、メグミさんは俺にもたれかかり、顔を擦りつけながら「あんた、やさしーなー」と、よく分からないことをつぶやき、俺に抱きついてきました。
俺は、普段はメガネをかけていないメグミさんが、黒縁のメガネをかけ、上から見下ろしたその表情が、なんとも弱々しく見え、また、髪からいい匂いがして、頭がクラクラしてくるのが分かりました。
マキさん相手に発射できなかったモヤモヤが吹っ飛び、メグミさんをぎゅっと抱きしめました。
ピンコだちでした。

エレベーターを出て、廊下を歩きながら、「俺の部屋に来ますか?」と、ここに来て初めて自分から誘いました。

メグミさんは何も答えませんでしたが、俺が部屋の鍵を開ける時もずっと俺にしがみついていました。

部屋に入ると俺は素早く鍵を閉め、強引にメグミさんにキスをしました。
メグミさんもそれを待っていたかのように噛みつくように俺の唇にすいつき、俺の口の中に舌を入れてきたのです。
俺は我慢できなくなり、メグミさんを抱きかかえて、部屋の中に入ったのです。
すると、タイミング良く既に布団が敷いてありました。
俺はメグミさんを布団に押し倒し、口の中を吸い上げるようにキスを続けました。
メグミさんもかなり興奮しているらしく、俺のあごや、鼻まで舐め回してきました。
俺は、メグミさんの帯を引っ張ってほどきました。

メグミさんの浴衣の前が肌蹴ると、黒いブラ、黒いパンティーが見えましたが、ブラは小さくオッパイがはみだしそうで、パンティーはTバックでした。
俺は、メグミさんから浴衣を剥ぎ取り、オッパイを強く揉みながら首すじから脇の下、指の先と、全身を舐めまくったのです。
メグミさんは「はぁぁー」とかすれた声を出し、俺が舌を使って舐めあげたときは、特に大きな声を上げました。

俺は、Tバックを初めて見たので、それに異常に興奮してしまい、その上からメグミさんのオマンコを舐め続けたのです。
メグミさんは身体をくねらせながら悶えまくり、俺がアソコに舌を入れて、ジュル、ジュルと音を立てると、オマンコから、水みたいな液体が噴き出してきました。
俺はそれでもあそこを舐め続けました。

俺はメグミさんにチンポコを差し込みたくなり、Tバックの脇からあてがいました。
俺は、そのときコンドーさんをどうしようか少し迷ったのですが、それに気づいためぐみさんは、「きょうは、大丈夫だから・・」と言ってくれたのです。

俺は、初めて、コンドーさんを付けずに女の人に入れてしまいました。

コンドーさんを付けているときより、なんか、女の人の温度と言うか、何というか、一体化したような気持ちよさを感じました。
しかし、俺はここで、(このまま中出ししても大丈夫だろうか?)という不安感に襲われ、かなり冷静になってしまったのです。

(んんんーー?)

しかし、メグミさんはそのまま感じていてくれているらしく、「あっ、あっ」と、もういきそうな声を出して俺に抱きついてきました。
俺は、それを見て、もう我慢ができなくなり、メグミさんにキスしながら腰を振り続け、メグミさんの中で発射してしまったのです。

メグミさんは、俺をぎゅーと抱きしめたまま、しばらく離してくれませんでした。

俺は、メグミさんがなんだかすごく抱きしめていたくなり、そのままじっとしていました。
チンポコはそのまま刺しっぱなしだったので、このままもう1回、と思っていたのです。
だんだん落ち着いてきて、さあ、という時に、メグミさんの携帯電話が鳴ったのです。
着メロがなんか、面白い曲で、メグミさんは、少し慌てて携帯をさがし、電話に出たのです。
メグミさんは多分、ご主人と思われる相手に、カニがおいしかったとか、話をし始めました。

俺は、少し離れてそれを見ていましたが、なんかご主人に対し後ろめたく感じ、その場を逃げ出したくなりました。
メグミさんはご主人とわりとラブラブに話しており、それを見て、さっきまでの「燃える思い」はすっかり覚めてしまいました。
結局、気まずくなった俺は、長電話中のメグミさんに手を振ってバイバイの合図をし、部屋を出ました。
メグミさんは、右手で『ごめん』という仕草をしてウインクしてくれましたが、楽しそうに話してるのを見て、少し腹が立ちました。

俺は部屋を出て、宴会場に戻ろうかどうか迷っていたのですが、俺が宴会場をでるときの一瞬の沈黙を思い出し、やっぱり行くのをやめ、ロビーでコーヒーでも飲もうと思い1階に下りたのです。
俺はソファーに座り、コーヒーを飲みながら、ついうとうと眠ってしまいました。

俺は、わりと長い間眠っていたらしく、寒さから目が覚めましたが、ロビーからはすっかり人は居なくなっていました。
俺は部屋に帰ることにして、エレベーターに乗ったのです。
途中の2階でエレベーターが止まり、入ってきたのは、うちのおばちゃん達でした。
おばちゃん達(4人)は温泉に入っていたらしく、熱気がむんむんしていました。
4人は偶然、お相手していない人たちでした。
サエキさん、ノリコさん、キタさん(40歳くらい、安芸島関似)、ヨシエさん(45歳くらい、麻木久仁子似、わりと美人)たちは、俺を見つけると、すぐに俺を取り囲み、さっきのメグミさんについて質問攻めしてきたのです。

おばちゃん達の質問というのは、「メグミさんとやったか、やらなかったか」ということではなく、「アナルファックはしたか?」とか、「何回したか?」とか、その内容ばかりを質問し、その内容からメグミさんは、かなりアブノーマルなエッチをする癖があることがわかりました。
そういえば俺も、ヤマモトさんから聞いていたなと、思い出しました。

とりあえず、飲み直そうということになり、4人は俺の部屋に乱入してきました。

部屋にはもうメグミさんの姿はなく、布団もきれいに揃えられていました。
ノリコさんが、しばらくして、ビールと一升瓶を袋に入れて持ってきてくれました。
ここに集まった4人は、酒飲みばかりで、スナック菓子をあてに、すぐにビールは無くなってしまい、日本酒に変わりました。
俺は、中学生の頃から親父に酒は鍛えられ、絶対の自信を持っていました。
あわよくば、特に、サエキさんを酔い潰し、お相手を避けようと計画しました。

俺は、積極的に酒を注ぎ、話の聞き役に徹しました。
おばちゃん達の話では、やはり社長は、元ヤクザで、昔はかなりの『ごじゃもん』だったこと。
足を洗った後、会社を興してからは、ええおっさんになったこと。
でも、女好きで、まだ若かったおばちゃん達は次々餌食になってしまったこと・・・。
そして何より、チンポコのつぶつぶはわざと手術して入れたという、恐ろしい話まで聞くことができました。
でも、かなり前から、チンポコが立たなくなり、大人しく奥さんと仲良くしているとのこと。

話は盛り上がり、俺は、特にサエキさんに酒を注ぎ続けました。

俺が酒を注ぐまっくったせいで、サエキさんは、口数が少なくなり、ついにうとうとし始め、眠りそうになりました。
それを見たキタさんは、「サエキさん、ねよっ」と、サエキさんを抱きかかえて部屋を出ていきました。
俺は、内心、大喜びしていましたが、平静を装い、残った2人と飲み始めました。

ヨシエさんはサエキさんと同じ年で、付き合いが長いそうで、サエキさんがヤマモトさんを犯した話なんかを面白おかしく話してくれました。
ノリコさんは、飲むのをセーブしていたのか、わりとしっかりしていましたが、3人になると、急に俺にピッタッと貼りつき、俺に酌をしてくれました。

俺は、ヨシエさんと自然にエッチな話をして盛り上がっていました。
ヤマモトさんの話では、ヨシエさんとはエッチをしていないという事だったのですが、何というか、トモミさんとはまた違ったフェロモンがプンプン出ていたし、話も上手で面白かったので、甘えたフリをして、ついつい勢いでお尻をさわったのです。
ヨシエさんは、「あん」と短くエッチな声を出し、少し喜んでいるように見えたのです。
しかし、俺の横にはノリコさんが俺を狙っているのが見え見えの仕草で、胸を押しつけてきており、俺はどーしようか、もじもじしていました。

すると、ヨシエさんは俺の耳が可愛いという話をし始めたのです。
俺の耳は、ジュードーをしていたせいでギョーザのような形に潰れていて、それが俺にとってはすごくイヤで、「えー?」と俺が言うと、ヨシエさんが耳を触ってきたのです。
ノリコさんも俺の耳を触っていたのですが、ヨシエさんは急に俺の耳をペロッと舐めてきたのです。
俺は、「ええーっ」と思ったのですが、今度は、ホッペにチュウをしてくれたのです。

ヨシエさんは、俺に、チュウーした後、俺を抱き寄せて、俺の頭を胸に押しつけた。
俺は、左にヨシエさん、右からノリコさんから、引っ張られて、ちょっと変な格好になっていましたが、ヨシエさんからいい匂いがしているのを嗅いで気持ちよくなりました。
ただ、ヨシエさんのオッパイは、そんなに大きくなく、ムギュウーというふうにはいきませんでした。

ヨシエさんは俺の頭をナデナデしていましたが、俺は頭を撫でられながら、(やっぱり親子位の年の差なんや)と思い出し、少しだけウツになりました。

ヨシエさんが俺の頭を撫でているとき、ノリコさんに小さな声で何か言いました。
すると、ノリコさんは、立ち上がり、ドアに鍵を掛け、窓のそばにある、椅子に座りました。
俺は、鍵のかかる音を聞き、ドキッとし、心臓がドキドキ鳴るのがわかりました。
ヨシエさんは、俺に、「暗くしていい?」と聞いてきたので、「うん」と答えました。

すると、ノリコさんが電気を消しました。
豆電球だけは点いていましたが、俺はヨシエさんとノリコさんの間には何か上下の関係があるのでは?と思えるほど、そのスムーズな連携に驚きました。

ヨシエさんは、俺を仰向けに寝かし、立ち上がると、浴衣を脱ぎました。
そして、俺の帯を解き、浴衣を外し、トランクスをさっと取りました。

少し、眠って休めたことと、メグミさんとのエッチが中途半端だった事からか、俺自身もすごいと思いましたが、ぴんこだちになっていました。
ヨシエさんは無言で、自分のブラとパンティを外し、俺の顔の前に顔を近づけたかと思うと、おでこを、ペロペロ舐めてきたのです。
俺は、キスしてくれるのだと思っていたので「えっ」と思いましたが、ヨシエさんは俺のまぶた、みみ、ほっぺ、あご、と顔中を舐めてきました。

俺は、正直言って、くすぐったくてたまらず、何度も身体をよじって、逃れよーとしましたが、ヨシエさんは止めてくれませんでした。

ヨシエさんは、そのまま俺の首筋から胸、腕から指先まで、ずっと舐め続けてくれました。
俺は、天井の電球を見ながら、じっとしていましたが、せっかくヨシエさんが舐め続けてくれているのに何も感じないのは悪いなーと思い、時々「ん、ん」と声を出して感じたふりをしました。
ヨシエさんはそれに気をよくしたのか、俺の足の指まで舐めだしたのです。

でも、俺は足の指を口に含まれたとき、背中がゾクッとしてしまい、思わず、「ひゃ」と変な声を出してしまいました。

ヨシエさんは俺の足下に座り、俺に足をあげさせて俺の足の指や、その間を舐めてくれました。
俺は、背中がゾクゾクして、身体をバタつかせて「やめて、やめて」と言いましたが、ヨシエさんはそれを続けてくれました。

あれは、何だったのでしょうか。
気持ちいいのとはちょっと違う、変な感じでした。

ヨシエさんは俺の足を舐め終わると、やっとチンポコにさわってくれました。
ヨシエさんは手でさすったり、握ったりしてくれましたが、チンポコは舐めてくれず、キンタマをペロペロしていましたが、俺のこーもん様まで舌を入れようと?したので、俺は、それだけは、と身体をひねって逃げました。
ヨシエさんは、別に怒ったりせず、「ごめんね」と言ってくれ、そのまま俺のチンポコを咥えてくれました。

俺は、かなり発射していたので、すぐにはいかない自信があったので身体をねじって、69にもっていったのです。
ヨシエさんのオマンコは少し、しょぱい味がしましたが、ほとんどヘアーが無かったので舐めやすかったです。
トモミさんはごーもー(藁)

ヨシエさんのフェラはなんか、じょーひんで、全然痛くなく、丁寧に舐めてくれました。
時々口を離して、「いい。いい」と言ってくれましたが、本当に感じてくれているのかどーか、わかりませんでした。

ヨシエさんは少し咳き込んでフェラをやめましたが、また立ち上がり、俺に跨がって、チンポコをさわって、その上からしゃがむようにして、オマンコにチンポコを刺していきました。

俺はコンドーさんのことが気になりましたが、「あっ、あっ」というヨシエさんの可愛い声に、興奮して夢中で下から腰を振って突き上げました。
俺が腰を振り続けると、ヨシエさんも興奮したのか、わりと大きめの声を出し自分からも腰を振り、チンポコが何回か抜けてしまいました。
その度に、ヨシエさんは「あんっ」と可愛い声を出し、入れ直してくれました。

俺は、親子ほども年の違うヨシエさんが、すごく可愛く思え、『征服』したくなってしまい、俺はヨシエさんを倒して、正常位で腰を振りながらヨシエさんの口に吸い付きましたが、ヨシエさんの舌が俺の口の中に入ってきました。
俺は腰を振り続けましたが、ヨシエさんがいくより先に発射しそうになり、「いく、いく」と言ったところ、急にヨシエさんが身体を離し、俺のチンポコを抜くと、手でそれを持ち、なんとチンポコを咥えてくれ、しごいてくれたのです。
俺はヨシエさんの口の中に出してしまいました。

俺はヨシエさんに感動しましたが、ヨシエさんをいかすことが出来なかったので、すごく申し訳なく思いました。

俺は、ヨシエさんの口の中に出してしまいましたが、ヨシエさんはそれを飲み込んだのか、俺の精子が少なすぎたのか、チンポコをしごいた後、口を離し、搾り出すよーにして、最後の残りを舌で舐め取ってくれました。
ヨシエさんは、また俺を仰向けに寝かせると、俺の横に添い寝するようにして、しばらく、俺の胸や、顔を撫ぜてくれました。

俺はヨシエさんから出てくる女の人の匂いを嗅ぎながら、しばらくじーとしていました。
そうしているうちに、ノリコさんが、部屋にいるのを思い出しました。

俺は、ノリコさんのことを思い出し、急に落ち着かなくなり、そわそわしてしまいました。
ヨシエさんは、俺の様子に気づいたのか、軽く俺の口にキスしてくれ、「きもちよかった?」と話し掛けてくれました。

俺は「はい」と返事をすると、ヨシエさんは「もう少し、がんばろーね」と言うと、座って浴衣を羽織り、立ち上がりました。

ヨシエさんは、ノリコさんがいた窓の方に歩いていき、椅子に座ったようでした。
それと入れ替わりに、ノリコさんが俺の横にきて座りました。
俺は、そのとき、ドキドキしながらも、すぐにエッチは無理だろーな、と思いました。

旅行の前の日から、何回発射したことか・・・、しかもヨシエさん相手に発射してあまり時間が経っていなかったし。
でも、そんな俺の都合は、ノリコさんには関係無かったみたいです。

ノリコさんは、普段、会社では大人しく、ほとんど、俺は話をしたことがありませんでした。
バスの中で酔っぱらったノリコさんが、みょーに明るく、いつもと違うのに驚きました。
暗いところでの、ノリコさんは、また、別人のよーな女に変身しました。

俺の横に座ったノリコさんは、俺に、わりとディープなキスをすると、口を離すとすぐに俺の顔に、跨がってきたのです・・・。
俺が、ビックリして頭が真っ白になっていると、ノリコさんは、俺の口と、鼻に、オマンコを擦りつけてきたのです。
俺は、舌を出して、舐めなければ、という、変な義務感を感じ、舌を出しましたが、とにかく、きつく擦りつけてくるので、息苦しくなったり、鼻が痛くなったり、ヘアが口に入ったりしました。
ノリコさんはもう、この時からかなり濡れていて、俺のあごのあたりは滴がたれそうなほどびちゃびちゃでした。

ノリコさんは、体つきの割には、お尻がかなり大きく、途中でお尻が鼻と口の上に乗ったとき、マジで息が出来なくなり、突き飛ばしてしまいました。

俺が突き飛ばすまで、ノリコさんは俺の顔の上に跨がりっぱなしでしたが、かなり大きな感じているよーな声?を出していました。
ノリコさんは俺に突き飛ばされた後、身体の向きを変え、69にもっていき、俺のチンポコに吸い付いたのです。
このとき、俺のチンポコは今まで戦ってきたことで、かなり擦れており、ノリコさんのフェラでは、顔をしかめるくらい痛かったです。
しかし、ノリコさんは、69でもオマンコを俺の顔に擦りつけ続け、かなり、強く、握りながらフェラを続けました。

俺はノリコさんのオマンコを一生懸命舐めながら、大きなお尻を鷲掴みにしたりして、その感触を楽しんでいました。
途中で、ノリコさんは、いつの間にか持っていたコンドーさんを俺のチンポコにスルスルとセットしてくれました。

ノリコさんは、こちらを向くと、俺に座るよーに言い、俺が壁に背中をつけて座ると、ノリコさんは、俺の前にきて、俺と座った状態で抱き合い、そのまま挿入してくれました。
ノリコさんは、噛みつくよーに俺にキスをし、俺の口の中を舌で舐め回して、そのときのよだれが垂れてノリコさんのオッパイに落ちました。
ノリコさんは、俺にキスしながらも腰を振り続けていました。
このとき、俺は、チンポコが立っているのか、柔らかいのか、よく判らなかったのですが、ノリコさんが大きな声であえいでいたので、わりと元気良く立っていたと思いました。

俺は、そのままの体位ではもたなくなり、自分から仰向けになり、騎乗位になってもらい、下からノリコさんの胸を揉んだり、ビーチクをコロコロしたりしました。
ノリコさんは、相変わらず大きな声であえいでいましたが、俺は、どーーーーーしても、このままいけそうになかったので、ついつい、「いきそう、いきそう」とウソをついたのです。

ノリコさんは、それを聞くと、「きてー、きてー」とうわ言のよーに言い、さらに激しく、腰を上下させました。

俺は腰を下から突き上げ、「あああぁぁー」と演技をして、いったフリをしました。

ノリコさんは、すぐに、俺にのしかかってきて、ぎゅーっと俺を抱きしめた後、俺から離れ、横に座りました。

俺は、いったふりをしたのが、バレないよーに、素早くコンドーさんを外し、ティッシュでくるんでゴミ箱に捨てました。
ノリコさんは俺に、「いっぱい出たー?」と、エッチな表情で聞いてきましたが、俺は「はい」とだけ答えて、布団に寝ころびました。

ノリコさんは、先程までの、強引な女から、優しい女に変わり、俺の頭をなぜなぜした後、「ありがと」と、チュッとキスしてくれました。

ノリコさんが浴衣を着て、立ち上がると、ヨシエさんも立ち上がり、一緒に部屋を出ていきました。
俺はノリコさん相手に演技をして、いったふりをしたことに後悔しましたが、あのまま演技をしなければ、どーなっていたのか?と考えると、仕方なかったかなと思いました。
きっとチンポコが怪我していたでしょう。

俺は、そのまま寝てしまいました。
クロダさんが『もう1回』来るかと思いましたが、結局来ませんでした。

旅行中のエッチは、これが最後でした。
翌朝、俺は、バスが出発する直前まで、眠りました。

早いもので、もう、旅行から20日も経ってしまいました。
このスレを立てたときは、マジでウツウツしていましたが、今となっては、何ともいい経験をさせてもらったと思います。
旅行の後日談みたいなものは、現在進行中の事ですので、なんかこのレスに書き込むのはトモミさんに悪いなーって思い、書くのは、やめよーと思っていましたが、こんな楽しい経験を自分の胸の内だけにしまっておくのは、体に悪いとわかりましたので、書かせていただきます。
(こんなこと、友達なんかに絶対話せません。特に地元では・・・。)

旅行から帰ると、俺はお土産のカニパイ(ウナギパイの類似品)と、ビンゴゲーム(参加しなかったけど)の景品のビデオデッキ!を枕に眠ってしまいました。
お土産だけ買って、他にはどこにも寄らずに帰ってきたので、お昼すぎには解散して部屋に帰ってきたのですが、さすがに疲れて眠ってしまいました。

俺が目を覚ましたのは、ケータイのバイブでした。
トモミさんが、晩ご飯を食べに行こうと誘ってくれたのです。
俺は、このスレに書き込みをするつもりだったのですが、とりあえず、ワクワクしながら原チャでファミレスに行きました。

トモミさんは、先に車で来て駐車場に待っており、俺を見つけると手を振りながら走ってきて、俺と腕を組んでくれました。

「だいじょうぶー?」と、トモミさんは俺をいたわってくれましたが、俺はなんと答えたらいいか戸惑ってしまいました。

ハンバーグを頬張りながら、トモミさんは興味深げに俺が旅館で体験した、強烈な出来事を聞きたがりましたが、俺は口篭ってしまい、そのことについては話せませんでした。
トモミさんは、そんな俺に気遣ってくれたのか、旅行中の宴会のビンゴゲームの話や、カラオケの話なんかをしてくれました。
何となく気まずい雰囲気のまま食べ終え、店を出ました。

俺は、そのまま部屋に帰ろーかと思いましたが、トモミさんとこのまま別れると、もー2度とトモミさんと2人で逢えないのでは、という不安感に襲われ、とりあえずトモミさんの軽四の助手席に座りました。

トモミさんは俺に、「ほんとーは、メグミさんと宴会場から出ていくしんじくんを無理矢理にでも引き止めたかったのよ」と、少し悲しそうな声で言ってくれました。

俺は、それを聞いて、安心したというか、何とも言えない気持ちになり、ほーんと自然に、トモミさんにキスしていました。

俺はそのまま、ずーっとキスしていたかったんですが、わりと人通りがあったので途中でやめてしまいました。
でも、しばらくもたれかかってきたトモミさんをしっかりと抱いていました。

俺としては、このままラブホへ・・・という展開を期待したのですが、トモミさんを3日連続で外泊させるわけにもいかず、とにかく疲れていたので、帰ることにして、その日は別れました。

ちなみに、トモミさんは10年近く前に離婚していて、俺と同じ歳の娘さんと2人で暮らしています。
何故、離婚したかは聞けませんが、元の夫から慰謝料をたくさん貰い、わりと優雅に暮らしているようです。
娘さんは短大生で、保母さんを目指しているそうです。

みなさん、俺が娘さんと、どーこーなると勘ぐってられますが、俺はそんなつもりは、全然ありません。

俺は、部屋に帰って、しばらく、ぼーっ、としていましたが、パソに向かい旅行のことだけ書こうと思っていたのですが、トモミさんのことで頭が一杯になり、旅行の前のことも書いてしまいました。
へへへ・・・。

もう、こんな時間に・・・。
この後、会社でのこと、お泊まりのこと、色々・・・。
書こうと思っていましたが、なにぶん仕事に差し支えますので、この辺でご勘弁を。
お付き合い有り難うございました。

明日は、お泊まり予定です。
すみません。