飲み会のある日の朝に必ず抜きに来る嫁

この体験談は約 3 分で読めます。

パタパタ、カチャ・・・。

寝室の入り口で様子を窺っていると、嫁が忍び足で入ってくる。

嫁「朝だよー」(小声)

俺「すかぴー」

そーっとベッドににじり寄ってくる嫁。

嫁「朝ですよー」(小声)

俺「んんー」

嫁はベッドの足元から侵入を開始する。

嫁「しょうがないなー」(もぞもぞ)

俺「んん?」

手が入ってきた。
パジャマを脱がし、いきなり咥えられた。

ぱくっ!
レロレロ。

(ああ、今夜はあの日だっけ・・・)

フェラの気持ち良さで完全に目が覚めたが、しばらく寝たふりで、そのまま楽しむことにする。
嫁は布団の中でオレのを頬張っている。

嫁「もごもごもごもご(起きなきゃだめだよ)」

俺「んー」

(もう少し、寝ぼけたふりをしておこう・・・)

嫁「ほっひはほうほひへふへ(こっちはもう起きてるね)」

俺「んー」

(何、おっさんみたいなこと言ってるんだよw)

不意打ちで、俺のはもうガッチガチ。
嫁は布団の中で自分の下着を脱いでる様子。
口が離されて、嫁が布団から顔を出そうとする。
俺は急いで目をつぶり、寝ぼけたふり。

嫁「ねぇ、起きなきゃ」

俺「んー?」

嫁「入れちゃうよ?」

俺「んー?」

嫁「へへへ。よっと・・・んっ」

ぬぷぷ・・・。

いつの間にか嫁は準備完了だったようで、いきなり膣穴に咥え込まれた。

嫁「あっ・・・ねぇ、起きなきゃダメだよ?」

ぬぷぷ・・・。

俺「うん!」

俺はいきなり目を開いて嫁の尻を抱え込み、下から高速ピストンを始めた。

嫁「え?ちょっと!」

俺「おはよう」

ズボズボ!

嫁「あっ!おはよう!って!もう!あっ!んっ!」

俺「起こしてくれてありがとね」

ズボズボ!

嫁「もー。ずるいっ!今朝はっ!あたしがっ!」

俺「あたしが?どうしたの?」

ズボズボ!

嫁「あたしっ!・・・がっ!イカ・・・せようとっ!」

子供が起きるからキスで口を塞いで逆に嫁をイカせにかかる。

嫁「んー!!」

パチンパチン!

嫁「んー!!んー!!」

パン!パン!パン!パン!

嫁「んー!!んー!!んー!!」

(確か安全日だったよな)

ドクッドクッ。

嫁「はぁはぁ・・・え?出したの?」

俺「うん。ダメだった?」

嫁「んー!またシャワーしなきゃならないじゃない!!」

俺「一緒に入ろうよ」

嫁「もうすぐ子供が起きるからダメでしょ」

俺「はーい」

嫁「あれ?まだ硬いですね?」

俺「そうですか?」

嫁「そうです。ではいただきます」

俺「え、ちょっと」

レロレロレロ・・・ゴクッ。

口でもイカされてしまった。

今夜は会社で飲み会がある。
じつは嫁との馴れ初めは、ほとんど初対面だったときに、飲んだ後に口説いて強引に抱いたことから始まるので、飲み会がある日は俺の浮気を疑っているらしく、必ずその日の朝は空っぽにされる。
浮気をする気は毛頭ないが、月に何度かの夜這いプレイ(朝だけど)が楽しめるので、嫁の気持ちには気付いていないふりをして楽しんでいる。

タイトルとURLをコピーしました