ナンパ

浮気

映画館で彼氏持ちの女の子に痴漢したらヤレた

映画館に着いたものの週末なので混んでいて座るところもなく、立ち見することになった。 少しして20代前半の女の子の隣が空いていたので、そこに座ることにした。 せっかくなので隣の子に話しかけてみると愛想よく話をしてくれた。 今日は彼氏と来...
男性視点

24歳まで処女を守ってきたOLの覚悟

間もなく結婚1年になる31歳の会社員で、妻は27歳です。 妻とは会社が同じビルにあって、エレベーターや1階のコンビニでよく見かけていました。 そのうち挨拶を交わすようになり、お互い顔見知りになり近い距離で妻の顔を見る機会が増えると、ちょ...
スワッピング

調教済みの童顔女教師

私は中学校で教師をしています。 私は昔からよく「幼く見えるね」とか「大人になっても中学生みたい」などと言われるほど童顔です。 ちょっと不良の生徒からは、「先生って処女だろ」なんてからかわれるほど。 しかし見た目と違い、私には誰にも言え...
男性視点

プチサポ希望のJKに中出しして逃走

GW中の出来事。 デパートで買い物してると中学の母校の制服を着た女の子に声を掛けられた。 中学生にしては大人びた雰囲気だが、華やかな感じではなかった。 壁際でよそよそしく話をした。 時間がホントになくて、5000円でフェラのみのプチ...
大学時代

雨の中で拾った激カワJK・前編

あれは、僕が20歳ぐらいの時の話だった。 僕は当時、大学に通っていて、住んでるところは人が少ない田舎。 しかも一人暮らし。 僕は、いつものように大学から家に帰ろうとした。 しかし外は大雨、しかも寒い。 いつもより嫌な気持ちで帰る。...
女性視点

泥酔注意・・・知らない男に調教された私

目覚めて横を見ると知らない男。 (誰だこいつ?) 起きようとしたら身体動きにくい。 (なんだ?) 見ると縛られてるし。 辺りを見渡す。 (ホテルか?どういう状況なんだ?) 「おはよ、起きたか?」 ...
大学時代

クラブで男漁りしてた茶髪ギャルの絶妙騎乗位

大学生のときに初めてクラブに行った時のこと。 先輩に連れられて都内のクラブに行った。 こういう場所は苦手だったので、正直乗り気ではなかった。 先輩はナンパ、僕は店の隅で飲んでるという感だった。 少しすると谷間全開の茶髪のギャルが絡ん...
大学時代

大学時代のエッチな交遊録・中編

ユキが高田と別れたばかりの頃。 高田とは別の友達とゲーセンでフラフラしていると、高校生の集団から離れて遊んでいる制服姿の女の子がいた。 それがアリスとエリナ。 第一印象は、(友達といるのに随分退屈そうにしてるな)だったが、後から聞いた...
大学時代

大学時代のエッチな交遊録・前編

俺が3年に進学した年。 ゼミ仲間の高田が飲み会に1人の女を連れてきた。 名前はユキ。 高校生3年生で、ナンパして引っ掛けたらしい。 高田「すっげーエロい子でさ。こっちがめちゃくちゃに腰振ってんのに、『もっと速く』とか言うんだぜ」...
中学校時代

28歳、保育士、露出好きな中出し肉便器です!

<私のプロフィール> ・名前:マキ。 ・28歳。 ・160cm。 ・スリーサイズは上から、73(Cカップ)、56、83。 ・57kg。 ・仕事:保育士。 ・趣味:海水浴、お酒、飲み会、ネットサーフィン、出会い系・・・etc。 ...
大学時代

友達がナンパしてきたロリロリの家出JCと

大学3年生の冬。 友達と飲みに行く約束で待ち合わせをしていたら、女の子を2人連れて現れた。 俺が「その子達、誰?」と聞くと、話しかけたらついて来たJCだと言う。 飲みに行くにしても、1人は大人びてはいたが、もう1人は明らかに幼...
不倫

プールで出会った性欲旺盛な女子大生姉妹

今年の夏、いい思いをしました。 息子の歩(4歳)とプールに行った日のことです。 妻が巨乳のせいか、歩は巨乳に触ると安心するようです。 僕似かも(笑) その日は客があまりいなかったので貸し切り状態で、見張り係りの人もいないくらいで...
不倫

セレブな人妻のお宅にお邪魔して

僕は都内の大学に通う学生。 僕には彼女がいないが、セフレがいる。 アラサーの人妻ミオさんで、僕のバイトしているバーで逆ナンされてからセフレの関係だ。 そして先日、旦那さんが出張でいないということで、初めてミオさんの家にお邪魔してき...
男性視点

ニューハーフの痴女2人にお持ち帰りされて・・・。

就職して1年目に東京へ研修に行かされた時のことです。 ニューハーフのオネエさんの店って面白いと聞いて、夜に行ってみたら確かに面白くて、客で来ているニューハーフたちもまた面白いんです。 で、客のニューハーフのオネエさん2人と意気投合して、...
女性視点

成人映画館で知り合ったやさしいおじさんたち・後編

ある時、隣に座ってきたおじさんに耳元で、「おちんちんを舐めるのとかは好きなの?」と聞かれました。 正直、舐めたくて舐めたくて仕方ありませんでした。 「・・・大好きです」 「じゃあ、おじさんのを舐めてくれる?トイレでしようか?」 ...
タイトルとURLをコピーしました