不倫

韓国人留学生に嫁を寝取らせてみた[後編]

そして、それからは同じようなことを繰り返して、俺が途中で抜けるパターンで2人でデートも何度かさせた。 ヒョン君と嫁はキス程度は当たり前になって、生乳を揉ませるところまでエスカレートしていた。 俺は、嫁のその報告を聞きながら貪るような激し...
不倫

韓国人留学生に嫁を寝取らせてみた[前編]

俺は28歳の中堅ゼネコンのリーマンで、嫁の亜紀は24歳、スポーツジムの受付をしている。 出会いのきっかけも、俺がそのジムに通うようになったことで、挨拶しているうちになんとなく飯を食いに行って、デートして結婚という感じだった。 スポー...
男性視点

ローカル女子アナの妻がボディピアスを入れました

妻は30歳。 地方のテレビ局でアナウンサーをしている、いわゆるローカル女子アナ。 タトゥースタジオを始めた友人から、妻にボディピアスのモデルをして欲しいと言われた。 ピアスは両乳首、へそ、性器(クリトリスフードと左右ラビア)の6ヶ...
レイプ

夜の営みで使う恥ずかしい道具を施工業者に見られて

私(由佳、40歳、専業主婦)は、夫(雅紀、43歳、会社員)と娘(小学2年生)と暮らす幸せな主婦でした。 夜の営みも週に一度は求められ、私は満足していました。 ただ最近は、主人がバイブやローターを使ったり、私の恥毛を剃り落とした恥ずかしい...
不倫

エロ動画を送り合ってLINEセックスしていた妻

俺と妻は結婚して18年。 俺は45歳で会社員。 妻は42歳だが、見た目はまだ30代前半に見られる。 妻との間には2人の子供がいる。 2人目が産まれてからは、ほとんどセックスをしていない。 ここ6年ほど寝室も別々だ。 妻は俺が...
不倫

巨根の虜になっていた清楚な美人妻

嫁のまさみが突然いなくなった。 結婚して4年目で、まだ子供はいないが、夫婦仲も良くて喧嘩もしたことがないくらいだ。 俺が29歳で嫁は28歳。 嫁は週に3日ほどファミレスでバイトをしている。 もともと学生時代に、そのファミレスのバ...
不倫

匂いフェチの部長とアブノーマルプレイ[第4話(終)]

ここで番外編じゃないですけど、部長がなぜ匂いフェチになったのか、そのエピソードを書きたいと思います。 部長が「書いて欲しい」と言ったので、少し書かせてもらいます。 部長は小学時代から空手道場に通っていました。 先生だけでなく、その...
不倫

匂いフェチの部長とアブノーマルプレイ[第3話]

私は部長に命じられるまま逆の体勢で部長の顔を跨ぎ、全てを眼前に晒してしまいました。 いわゆるシックスナインの体勢です。 結婚前に経験はあったけど、夫とは一度もしたことのない事でした。 私は目の前に隆々と立っているペニスに自然と口をつけ...
不倫

匂いフェチの部長とアブノーマルプレイ[第2話]

部長との初めての情事から1ヶ月が過ぎました。 この1ヶ月の間、2人きりで会うことはなく、メールや電話でのやり取りもなく、社内でも普通に仕事をこなし、普通に接していました。 もちろん夫との夫婦生活も2回ほどありました。 あの・・・部...
不倫

匂いフェチの部長とアブノーマルプレイ[第1話]

私は結婚して2年になります。 28歳です。 夫は32歳。 会社員です。 昔風に言うと慶応ボーイ。 育ちの良い人です。 お見合いで結婚しました。 子供はまだいません。 私自身は結婚前に2人ほどお付き合いがありまして、セック...
男性視点

妻の処女を奪った元彼に嫉妬してしまいます

妻と出会ったのは8年前。 私は25歳、短大を出たばかりの妻は早生まれで、まだ20歳でした。 こんな地方都市にこんな可愛い女の子がいたんだ。 なんて清純そうな女の子なんだろう・・・。 まるで中学生みたいな顔してるじゃないか・・・。...
男性視点

俺の借金を手コキで返してくれた妻

「もう100万くらい行ってるんじゃね?」 祐介が呆れたような顔で言った。 祐介は俺の大学のときからの友達で、社会人になった今も親友だ。 「いや、89万5千円だよ。ていうか、また上手くなってないか?」 俺はスマホのメモアプ...
スワッピング

姉さん女房をイケメンの部下に寝取らせた・後編

もう完全に勃起してると思ったアキラのおちんちんが、さらに勃起してもっと大きくなった。 ちょっと比べるのがバカらしくなるくらいの大きなおちんちんを見て、男としての自信がなくなる。 瞳は乳首を舐めながらアキラのおちんちんを手で握る。 ...
不倫

姉さん女房をイケメンの部下に寝取らせた・前編

何気なく見たドラマの、『今週、妻が浮気します』に影響を受けて、妻が寝取られることばかり想像するようになっていた。 妻は3歳年上の姉さん女房で、俺は尻に敷かれているが、何一つ不満はなく7歳の息子と3人で仲良く暮らしている。 俺は32歳...
男性視点

妻が遺した愛のエッセイ

妻の短大時代の友人に、「妻の過去がわかるものがあったら見せて欲しい」と頼んだ。 しつこく頼んだら、文集の1ページをコピーしてくれた。 妻が書いたエッセイだった。 ―――――――――――― 『彼と初めての旅行』◯◯里美 私は...
タイトルとURLをコピーしました