脅迫

レイプ

バレー部でムチムチな姉の太ももに欲情して

先月、夏休みに入った頃に親が出かけたのを見計らって昼間から部屋でオナッてたら、突然ノックもせずに短パンTシャツ姿の姉ちゃんが入ってきた。 俺「あっ・・・」 姉「ねえ、あんたの・・・。ちょっとあんた何しよるん!!」 俺「いや...
レイプ

母娘丼で裏口入学

私は30歳になる公立中学校の教諭です。 私は毎年3年生の担任を受け持っています。 というのも、私は某有名私立の理事長と繋がりがあって、私が推薦すると100%合格になります。 もちろん決められた枠があるので誰でもというわけにはいきません...
レイプ

レイプ魔に命令されて処女の妹と合体してしまいました

訳あって17歳の妹と2人暮らしの20代の男です。 鍵を掛け忘れたのがそもそもの始まりでした。 朝方、男2人がそっと家に入ってきて、寝ている私をいきなり縛りました。 手足を縛られ、叫べないように猿轡をかまされました。 不甲斐なくも...
不倫

巨乳で巨尻な息子の嫁の浮気現場を目撃

私は56歳の会社員です。 紹介するエロ話は、息子の嫁の身体を頂いた話です。 私は3年前に妻に先立たれてから、1人でマンション暮らしをしていました。 一人息子の高志が、「一緒に暮らさないか」と言ってくれたのですが、1人の方が自由だし...
レイプ

夜の営みで使う恥ずかしい道具を施工業者に見られて

私(由佳、40歳、専業主婦)は、夫(雅紀、43歳、会社員)と娘(小学2年生)と暮らす幸せな主婦でした。 夜の営みも週に一度は求められ、私は満足していました。 ただ最近は、主人がバイブやローターを使ったり、私の恥毛を剃り落とした恥ずかしい...
レイプ

振った男子の恨みを買って一度に5人も[後編]

「面白いこと考えた!」 西尾君はそう言うと、水道管にベルトで後ろ手に縛っていた弟の拘束を解きました。 下半身を露出したままの弟を、仰向けになったままの私の前に立たせました。 弟は再びベルトで手を後ろに縛られました。 西尾君は自分...
レイプ

振った男子の恨みを買って一度に5人も[中編]

「新井田、クリトリスってどこだよ。コレか?」 西尾君はアソコの周りを触って探りました。 「何か、デカいイボみたいな硬いのがあるぜ」 そんなことを言われ、触られました。 (そこはやめてっ!) 私は心の中で叫びまし...
レイプ

同級生に教室で露出した俺の顛末

ちんこを見せたい。 それも同級生に。 それが始まりだった。 露出癖に気づいた俺は高校内での露出法を考えた。 偶然を装う以外に方法はない。 考え抜いて、ある方法に至った。 うちの高校では、体操着に着替える時、女子は更衣室、...
女性視点

夜の強制露出ランニング

20歳の女です。 私の日課はランニングでした。 初めは朝だけだったのですが、それだけでは足りなくなり、夜にもランニングするようになりました。 ある日、いつものように仕事から帰った後、ランニングをしました。 ブラジャーはキツいので...
レイプ

知らない男2人にビデオで撮られながら犯されたました

今、どうしたらいいのかわからなくて悩んでます。 数日前のことなのですが・・・。 私は、結婚して2年と数ヶ月になりますが、まだ子供はいません。 主人は転勤族で貸しマンション暮らし。 探すのが面倒なので業者にお願いし、今の所を見つけ...
スワッピング

変態な願望を叶えるために妻を生贄にした

古びた廃屋を見知らぬ男性とオナニー場として共有する39歳の変態男です。 見知らぬ男性が廃屋をオナニー場として利用していることを知りながらも、止めることが出来ない私は、ついに彼と出会ってしまいました。 その時の状況は完全に不利で、私は全裸...
レイプ

オシッコをしていたら変態おじさんに襲われた

土日の夕方に公園内をジョギングしてた。 ウォーキングする人もいて、危ない場所ではなかった。 その日は12月の寒い日で、人に会うことはなかった。 公園内のトイレ前を通りかかった時、オシッコしようと中に入った。 その時入り口でおじさ...
レイプ

デカ尻を突き上げて社長に犯されていた母

私は高校の時、定時制の工業高校に通っていました。 学校で出ていた求人募集で、町の電気屋に働きに行きましたが、数ヶ月でクビになりました。 私がクビになって数日後、社長が理由を伝えに家に来るとのことでした。 ちょうどその日は次の働き場所の...
レイプ

学校で一番可愛い1年の女子をエロ写メで脅して

俺は同学年の連中よりも体格が一回りデカいし、声が低くて顔も優しくはないし厳つい。 入学してそうそう、先輩らに勝手にDQN扱いされた俺は使用禁止にされている空教室に連れて行かれ、「調子に乗ってんじゃねえぞ、お前」と、囲まれてどつき回された。...
男性視点

発育途上のフルヌードを見せてくれた少女・後編

そろそろ僕の良心が咎め始めたとき、真衣はおもむろにベッドの上で膝立ちになると、パジャマズボンに手をかけた。 僕が「もういいよ」と言いかけた瞬間、彼女は一気に膝元までズボンを下げてしまった。 可愛いワンポイントの花がついた白いパンティーが...
タイトルとURLをコピーしました