身の毛もよだつ入院体験

この体験談は約 3 分で読めます。

自分が入院していたわけではないが、ちょいとエッチなことは起きた。

婆さんが入院していて、しょっちゅう見舞いに行ってた。
というのも、「婆さんが意識が無い状態で、家族が頻繁に見舞いに行かないと、婆さんがずさんに扱われる可能性がある」ってな話を聞いたから。

で、2日に1回くらいの割合で見舞いに行くもんで、看護婦とも結構仲良くなった。

さて、話は前後するが、婆さんは急患だった。
それだと、料金の安い大部屋が空くまでは、高い個室に入院する事になるのだ。
で、2ヶ月くらい待って、大部屋へ移動。
その移動の3日前に、例によって一人で見舞いへ行き、タオル取り替えたり、寝巻き取り替えたりし、病室でジュース飲んで一休みしている所へ、見回りの看護婦さんがやって来た。

いつも通り挨拶して、短い世間話をして間を繋ぎ、看護婦さんが部屋を出る時に・・・。

「おばあさんの入院前の様子とか聞きたいんですけど、まだ居ますか?」

居るという事を告げると、すぐ来るから待ってて欲しいと言われ、それに素直に従った。
10分後くらいに、さっきとは別の看護婦がやって来た。
(仮に、K子という名前にしてしまおう)

K子は、話が一番合う看護婦さんで、入院前のことを世間話を含めて話した。

しかし、2ヶ月近くも入院しているのに、何故今更に入院前の話なのか?

その旨を聞くと、それはどうでも良い話で、本題は別に有るということ。
その瞬間に、『病院でナースと×××か!?』と頭の中は勝手に混乱、思考回路先走りすぎ。

・・・が、K子から出てきた言葉は、「付き合って欲しい」とのこと。

生まれて初めて女の人から言われて、相当に動揺してしまい、考えるより前にOKの返事をしてしまった。

翌日、浮かれだって再び見舞いに行くと、彼女になったK子が、いつも通りに体温計やら血圧計のトレイを持って入って来た。
で、婆さんの体温やらを測っている間に、一緒に遊べる日時を決めていた。
結果、2週後になったのだが、なんだか甘い雰囲気になり、どちらからともなくキスしてしまった。
もち、濃いやつ。
そのキスが目茶目茶燃えてしまい、K子が仕事中にも関らず、さらに欲情してしまい、思わず腰の方に手が伸びた。
当然だが、「仕事中だから」と言われてしまったが、言いながらもK子の手はこちらのズボン上からアレを触ってくれてた。

結局、それ以上はいかなかったものの、あれは相当に萌えた。

K子とは、最近破局。

何故破局したかというと、ある日病院でJ看護婦に「きょうはK看護婦さんは居ないのですか?」と聞いたところ、J看護婦さんは顔面蒼白になり「ちょっとこちらへ来てください」と袖を引っ張ってナースステーションに連れ込まれた。

そこで婦長さんを交えて聞かされた話は、もう3年も前に不治の病の若い入院患者と心中した看護婦がいて、なんとそれがK看護婦だというのである・・・。
婦長さんの他に事務局長まで出てきて「このことはどうか他言なされぬように」と、幾ばくかのものが入った封筒を渡されたが、こちらはそれどころではない・・・。

そう言えばデートも必ず深夜の青山だったし、彼女の住処には招かれた事が無い。

身の毛もよだつ経験だった・・・。