外国人の少女たちと露天風呂で国際親善

この体験談は約 4 分で読めます。

国際社会となってきた日本ですが、私の住んでいる田舎にも外国の方が多く住んでいます。
また子供がいる家族は日本人の通う学校にも自分の子供を通わせるらしく、クラスに外国人がいることも珍しくありませんでした。

私の子供のクラスにも1人います。
名前は『プリンセス』と言います。
なんでも親が本当に待ち望んだ子供らしく、そのような名前になったそうです。
プリンセスはショートカットで元気な女の子で、息子と同じ5年生とのこと。
運動会などで見かけると、少し大人びた雰囲気もありました。

私はじつはロリコンで、しかも外国系が好きな趣味があります。
プリンセスはまさに好みでした。
しかし周りに感づかれないようにするのが精一杯で、自宅で家族がいない時にオナニーして発散していました。
さすがに我慢できなくなり、少しでも近づこうと彼女の両親と仲良くなり、お互いの家を行き来する間柄になりました。
慣れない土地での生活からか、距離が近くなるにはそう時間はかかりませんでした。

そんなある日、プリンセスのお父さんから相談を受けました。

「温泉に行きたいが、いい場所はないか」とのこと。

まだあまり知らない人と入るのには抵抗があるとのことで、家族風呂や貸し切り露天風呂がある宿を紹介しました。
すると、「あなたも一緒に」と言うではありませんか。
お父さんは、「いつも親切にしてくれるから」とのこと。
妻に相談すると、その日は職場の懇親会の旅行で息子と出かける予定でした。
私は1人で行くことになり、プリンセスの父親に伝えると、「何人かの家族もいいか?」と聞かれ、別にかまわないので、追加して予約を取りました。

さて当日。
待ち合わせに来たのはプリンセスの親子、クラスは違うけど同じ学年のローラとソーニャ、マヤの親子でした。
ローラは長い黒髪でくりっとした瞳が印象的な子。
ソーニャは北欧系の金髪で少し大人びた雰囲気の子。
マヤはあどけない雰囲気でブルーアイが素敵な子でした。
それぞれの子は日本語もしゃべれるので安心でした。

(こんな可愛い子たちと一緒に)

そう思うと勃起しそうでした。

ワンボックスに乗り、私が運転手で宿まで案内しました。
宿に着くと子供たちは大はしゃぎです。
予約してあるので他のお客はいません。
最初はみんな一緒にいましたが、それぞれ部屋に散って過ごしはじめました。
しばらくするとプリンセスの親が来ました。

「私たちは散策したいが、娘は嫌だと言っている。どうしようか」とのこと。

「もしよければ私が一緒にいます」と伝えると、「そうか、ではよろしく」と。

やはり外国人の夫婦はお互い一緒にいる時間を大事にするんだなあと思いました。

さて、プリンセスと何をすればいいか考えながら部屋に行きました。
プリンセスは漫画を読んでいました。
するとローラ、ソーニャ、マヤもいます。
どうやらプリンセス以外の親も出かけたみたいです。

「みんな何したい?」と聞くと、「温泉に入りたい」と言います。

「みんなだけでも大丈夫?」と聞くと、「おじさんも一緒に入って」と言います。

理由を聞くと、「もし事故があったら困るし」とローラ。
それもそうだなと思いましたが、(こんな可愛い子供たちのヌードが見れるなんて)と興奮し、勃起してしまいました。
早くもトランクスの前が滲んでいます。

とりあえず、私の部屋についている露天風呂に入ることにしました。
女の子たちはすぐに脱ぎだします。
みんな胸は小さく、あそこもつるつるです。
ソーニャは新体操をやっているとのことでお尻はムッチリしていました。
そんな子たちがはしゃぎながらお湯を掛け合っています。
私はみんなにバレないように後ろ向きに入り、そっと正面を向きました。
女の子たちの無毛地帯がすぐ近くに見れます。
勃起しているチンポはうずいて痛いくらいです。
するとプリンセスが意味ありげな笑顔を見せて言いました。

「おじさん、じつはチンコが立っているんでしょう。だって、さっきからズボンの・・・」

自分で言って顔を赤らめています。
するとローラやマヤも、「見たい」と言い出しました。
仕方なくゆっくりと立ち、みんなの前にチンコを晒しました。
白人の子供にチンコを見せるという、自分にとってはこの上もないシチュエーションに興奮は高まります。

「すごい、また上向いた」

「太いんだね」

「硬いのかなあ?」

口々に言っています。

「触ってもいい?」とソーニャ。

私が頷くと、みんなで一斉に触りはじめます。
子供のぎこちない触り方で触るものだから、余計快感に感じてしまいました。

「こうやってこするんだよね。お兄ちゃんがこの間やっていた」

なんとローラとマヤが、私のペニスを擦るではありませんか。

私がたまらず、「ダメ。イッちゃうから」と言うと、「イッちゃうって何?」とプリンセスが聞きます。

私は答える間もなく精子を吐出しました。
その量たるやすごい量で、子供たちは呆気にとられていました。
妻との関係より気持ちよかったです。
子供たちに嫌われるかと思いましたが、逆に「すごい。『イク』ってこういうことなのね」とはしゃいでいます。

するとマヤが、「あれ、元気ないね」とチンポをしごきはじめました。

プリンセスは、「昨日、お父さんとお母さんがこんなことをしていたよ」とチンポに跨がってきました。

おそらく夜の営みを見たのでしょう。
素股の要領で腰を振りはじめるプリンセス。
すべすべのおまんこが当たって気持ちよくなり、あっという間に発射してしまいました。
今度はローラが、「お母さんがしていたよ」とお掃除フェラをしてくれます。
硬くなってきたら跨いで・・・結局、4人と素股をしました。
なんとか子供たちをなだめて親たちが帰ってくる前に終わりにしましたが、あまりの気持ちよさにぐったりしてしまいました。

タイトルとURLをコピーしました