外国人

不倫

元極道の社長に巨根調教されていた妻・第3話

午後4時すぎに解散場所の駅前に到着しました。 従業員たちが三々五々帰っていく中で、私は妻に近寄り声をかけました。 「帰ろうか?」 「私、お買い物して帰るから・・・それから夕食は適当に済ませて・・・」 妻はそれだけ言うと小...
不倫

元極道の社長に巨根調教されていた妻・第2話

温泉旅行の日が来ました。 私は妻と集合場所に行きました。 すでにサロン付の大型バスが2台来ていました。 ママと妻は別々の車両に分乗することになり、私は妻のいる車両に乗り込みました。 我々の乗った車両には社長が乗っていなかったので、私...
不倫

元極道の社長に巨根調教されていた妻・第1話

45歳のサラリーマンです。 妻は38歳で高校生の息子がいます。 私の行きつけのスナックに妻と一緒に行ったことが発端でした。 スナックのママは40代後半で、私とは2回、肉体関係があります。 妻と喧嘩をしてムシャクシャしている時に色...
女性視点

韓国人男性の優しくて激しい愛撫

去年の秋のある土曜日のこと。 会社の友だち(女の子)と買い物に行く予定でしたが、友だちが風邪を引いて体調が良くないというので、1人で出かけることにしました。 すごく天気がいい日で、渋谷には人がたくさんいました。 海外、特に近くの国々か...
男性視点

巨乳外国人の体に大好きな母の顔を貼り付けて・後編

毎日アイコラ作りをやっているうちに、合成の技術はどんどん向上していった。 3ヶ月もすると、母の唇を微妙に消して肉棒に重ね、本当に母が肉棒を咥えているような精巧なアイコラも作れるようになってきた。 海外のサイトから収集した無修正画像にはこ...
男性視点

巨乳外国人の体に大好きな母の顔を貼り付けて・前編

ヌード写真に有名女優やタレントの顔を貼り付けて合成写真にしてしまう『アイコラ』が、ネット上に溢れていた時期があった。 当時、テレビに出ていた若いタレントは、ほぼすべてアイコラにされていたような気がするのだが、ある週刊誌でそれをそのままグラ...
大学時代

高層マンションから眺める白人美女の全裸日光浴

近くのマンションに住むヨーロピアンの白人女性のエロい姿を見てしました。 僕は自衛隊の基地の近くに住む普通の大学生。 夜間訓練だとかで夜中でもジェット戦闘機が飛ぶので、僕の受験を考慮した両親が新築の高層マンションを購入してくれて、住む...
レイプ

海外のホームステイ先で体験した最悪のレイプ体験

私が短大1年の時、学校の募集したホームステイに参加して、オーストラリア大陸の西部に位置するパースという都市にある普通の家庭にお世話になった時の話です。 当時の私は将来通訳か旅行会社に就職を希望していたので、頑張って短大の英文科に入学し、夏...
不倫

フランスでナンパされてAV出演していた妻

その日、悪友から借りてきた洋モノの裏ビデオを観て私は驚いた。 夜中、妻が寝たのを確認してテレビとビデオのスイッチを入れた。 画面にタイトルが流れ出す。 このシリーズは他にも何本が観ており、内容が過激なので私のお気に入りのシリーズだ...
男性視点

タイ式マッサージに通い続けたらフェラしてもらえた

某タイ古式マッサージ店。 結構通った店の、4回目の利用までのことを中心に綴ってみる。 1回目、ごく普通のタイ古式マッサージ。 しかしストレッチの際、身体のあちこちに嬢の身体が密着。 胸や太ももの感触に勃起。 ペニスへのタッチは...
男性視点

近所のマッサージ店が気持ちいい店に変わってた

昨日、腰が痛くて近所のマッサージ屋に行った。 場所は某山手線北部の地味な駅から徒歩5分かな。 商店街の中にある。 昔、たまーに行ってて、久しぶりに行ったところ店構えが変わっていて、料金体系もちょっと高くなっていた。 まあいいかと中に...
初体験

巨乳の金髪デリヘル嬢と熱い国際親善

まずなぜデリヘルなんて呼ぼうと思ったかは簡単だ。 ムラムラしてたから。 そんなこんなで携帯サイトで検索をかけ、見つけたサイトはこんなの。 『多国籍外国人専門店』 (よーし、何でもいーや、どんとこーい!) ってな感じで、...
男性視点

だんじり祭で白人美人のお尻に勃起を押しつけまくった

金曜日まで大阪出張の予定だった俺は、同行する物分かりのいい上司の許可をもらって、次の日も大阪に留まることにした。 あの有名な『岸和田だんじり祭』を観に行くためだ。 岸和田だんじり祭は言わずと知れた、江戸時代から続く有名な祭りだ。 見ど...
男性視点

私が愛したフランス人の美少女・第5話[完]

私たちは繋がったままぐったりした。 私のペニスが緊張を解すと、繋がった部分からスペルマが少しこぼれてきた。 ソフィー「あっ、お尻がヌルヌルする、温かい・・・」 私「拭こうか?」 ソフィー「ううん・・・まだこうしていたい」...
男性視点

私が愛したフランス人の美少女・第4話

かぐや姫が終わり、佐野元春のCDを入れた。 何曲目かに以前ギターで弾いた曲が流れた。 ソフィーが、「この歌詞の意味を教えて」と言う。 私は辞書を片手にあらすじの意味を伝えた。 「悲しい曲なのね。でもメロディーがとても美し...
タイトルとURLをコピーしました