母親が元おっパブ嬢の巨乳な同級生と

この体験談は約 5 分で読めます。

彼女の母親は彼女を生む前、おっぱいパブで働いていたらしく、それを隠しもしていなかった。
(積極的に言いふらしてたわけでもないが)
客だった男性と恋に落ちて、彼女を生んだらしい。
それほど美人というわけでもないが、やはりおっパブ嬢だったということもあり胸が大きく、またそれを強調する衣装が多かった。
多くの子供たちが、親から彼女と深く関わらないよう言われてた中、俺は彼女の母親の胸を拝みたいが為に彼女と仲良くしていた。

「I君(俺)いつもいつもありがとうね。S(彼女)と仲良くしてあげてね」

そう言って頭を撫でてくれたときに見えた胸の谷間が今も忘れられない。

彼女はというと、中学2年あたりから急激に胸が大きくなり始め、「母親が水商売」という噂も手伝ってか、妙にモテるようになった。
すぐヤれそうな子だと思われたからかもしれないが、むしろ彼女は普通の女子よりも貞操観念が強いくらいだった。
母親から、「自分のようにはならないで」と言われたらしい。
だから大丈夫だと思っていた。

高1の春、下校中にいきなり、「私の胸、触ってみたくない?」と聞かれた。
成長していくにつれ自分の胸が大きくなっていってること、いつも男子に視線を向けられることに触発され、『自分の胸を男子に触らせたらどんな反応をするか?』を知りたくなってしまったのだと言う。
知らない男子には触らせたくない、けれど男子の反応が知りたくて我慢できない。
だから俺に触らせて、その反応を見たいのだと。

「それに、お母さんのやってた仕事・・・お母さんはするなって言ってたけど、ちょっとだけ興味あるし・・・」

おいおい、と思いつつ彼女の胸を見る。
これから体も大きくなるから大きめな制服を買ったと言ってたのに、胸部だけはテントを張ったように膨らんでいる。

こうして彼女の家へやって来た。
結構久しぶりだった。

「お母さんもいるけど、軽く触るだけだし、大丈夫だよね・・・」

ブレザーのボタンを外して、シャツ一枚になった。
シャツ越しに、凶悪な大きさの胸と可愛らしい黄緑のブラが混在している。
今すぐにでもボタンを開けてこの景色を堪能したいほどだ。
寄せて、掴んで、押して、伸ばして、指を埋める。
彼女はニヤニヤしている。
よっぽど俺が間抜けな顔をしているのだろう。
それでもいい。
我慢できなかった。
顔を埋める。
彼女は、「何やってるのよ~!」と言っていたらしいが、俺の耳には届いていなかった。
カッターシャツはサラサラした感触なのに、人肌の温度で少し湿気っており、そして何より柔らかい。
一度、スイートルームのふかふかの枕に思い切り顔をうずめたことがあったが、あれよりよっぽど気持ちが良かった。

S「すっごい勢いでスリスリしてたねー。お母さんのお客さんもこんな感じだったのかな?」

俺「ごめん、我慢できなくて、つい・・・」

S「いいよいいよ。っていうか、なんか嬉しかった。でもたぶんこれってお客さんが喜んでくれたことの嬉しさじゃなくて、相手がIだからなのかも・・・」

そこで自分の言葉の意味に気付き、「あちゃー、言っちゃった」って感じに恥ずかしがった彼女を見て、俺は我慢できなくなった。

ネットの情報だけで習得したディープキス。
舌で歯をノックすると、少しぎこちないながらも、かぱと口を開けて出迎えてくれたので、一気に彼女の口へ押し入って彼女の舌と絡ませる。
まるで口をレイプしているかのようだ。
息ができない状態でそれを続けるので、彼女の鼻息はどんどん荒くなっていく。
1分ほど、彼女のへ口内の蹂躙は続いた。
口を離す。
粘ついた1本の糸・・・。

「どんだけやってんのよ・・・ばか・・・ハァ・・・ハァ・・・マジ腰が抜けて立てないよ・・・」

彼女がぐったりして動かないので俺も隣で横になってたら、いきなり「隙あり!」と思い切りズボンとパンツを一緒に下げられた。

「フフ、何これ、ホーケー?チンカス溜まりまくってんじゃないの!今から剥いてあげる・・・。か!・・・お母さん!」

まるで漫画みたいな反応とタイミング。
俺への仕返しに言葉責めしようとした、ちょうどその時、おばさんが現れたのだ。

「ま、まあ高校生だから仕方ないのかもしれないし、私が言えることじゃないかもしれないけど・・・女の子はもっと綺麗な言葉を使いなさい・・・」

お母さんは反論する間もなく部屋を出ていってしまった。

頭を悩ませていると今度はノック。
開けてみると1枚の手紙。

『買い物に行ってきます。外で時間を潰してくるから、終わったら私にメールしなさい』

手紙の下にはコンドームが置かれていた。
彼女は耳まで真っ赤にしてる。
再びキスをすると、またまた目がトローンとなった。
ハッと我を取り戻したようで・・・。

「さ、さっきは邪魔されたけど、今度こそ!」

スカートを脱いで、ブラと同じ黄緑色のパンティ。
そしてシャツを着たままブラジャーを外した。

「どーお?ノーブラだよ?男ってこういうの好きでしょ?」

思い切り胸に顔を埋める。
さっきまで最高だと思ってたおっぱいの感触だったけど、ブラがなくなったことによって、さらに柔らかくなり、そしてコリコリした2つの突起が・・・。

そこからは覚えていない。

「1時間も顔を埋めてた」と言われても納得できるが、それじゃ窒息死するからそうじゃないんだろう。
クラスの奴らが指を咥えて見ることしか出来ないおっぱいを、俺は自由にできる征服感でいっぱいだった。

ふと部屋に置いてあったブラジャーを拾う。
大きい・・・。
ガッシリした作りで、完全にオトナ用のじゃないか、これ。
サイズを見てみる。

(『G70』・・・?)

俺「お前・・・Gカップってことか?高1で十分グラビアやれるレベルじゃねーか・・・」

S「んふ、バストサイズも教えてあげようか?」

俺「お願いします」

S「答えは、なんと95でーす!おっきいでしょ~」

きゅうじゅうご。
なんだ、その数字は。
ってことはアレか。
俺が(おっぱいでけー!)と思って先日抜いた女優より3cmも大きいのか!

そう思うと血液がさらに海綿体へ送られる。
より硬くなり、ビクンビクンとうなりを上げる我が愚息。

S「んふ・・・もう我慢しなくていいよ、それっ」

徐々に剥かれていく愚息。
剥き終えてカリが露出した。
外の空気に違和感がある。
赤々とそびえ立つその姿はまるで東京タワーのようだ。
正直、昔一度剥いてみて以来剥いてないから、チンカスが溜まりまくっている。
彼女とこうなるとは思ってなかったので、何も考えていなかった。

S「うっわ・・・何これ・・・」

ガチで引いてるじゃん・・・。
裏筋からカリに沿って彼女の指がなぞっていく。
指に溜まったカスの臭いを嗅いでみたりした後、ティッシュに包んで捨ててしまった。
まあ、お互い高1の身の上で、それ以上のプレイを強要したりはせんよ。
フェラを嫌がられたのは残念だが・・・。

そして挿入。
ちんちんだけ別の空間に移動したかのような、この感覚。
押せば押すほど彼女のおっぱいが揺れる。
仰向けなのに横に垂れないところが若さなのか。

S「あ・・・私が動く・・・!」

俺は押し倒され騎乗位に。
おっぱいがバルンバルン動いて、まるで生物のようだ。
あまりの気持ちよさに、俺は早々に果ててしまった。
どうやら彼女も同時だったらしい。

S「同時にイッたね・・・相性いいのかな?私たち」

俺「お前・・・いつもと全然性格が違うよな・・・」

S「ちょっとテンション上がっちゃうよねー」

俺「で、胸を触らせるとどんな反応するかって話はどうした」

S「あー・・・いいやもう。Iに見られるのが一番嬉しいから」

その後、後片付けをして、おばさんにメールをして、晩御飯まで御馳走になった。

帰りにおばさんから、「I君、あんな娘だけど、これからもよろしくね」と言われたが、なんかデジャヴ。