エロゲーム制作会社でエッチな性接待

この体験談は約 3 分で読めます。

専業主婦を夢見て結婚したのに、夫は甲斐性なしのため、私も働きに出ることになりました。
パートでも良かったんですが時給が安い割にハードそうなので、一発逆転を狙って保険のセールスレディに就職することに決めたんです。

バリバリのキャリアウーマンって感じの、営業成績も良い先輩保険レディのお供をしました。
その先輩はもう四十路半ばなのに、やたらと派手なメイクにミニスカで太ももを強調するようなタイトスカートを穿いてるんです。
座ったらパンチラしそうな超ミニなんです。
先輩曰く、「超ミニスカは保険レディの戦闘服」とのこと。

「あなた、もっと短いスカートを穿かないとダメよ!」

初日に注意されました。

新人の保険レディな私は、営業について回らせてもらいました。
先輩はあるビルを一瞥すると、「今日はここにするわよ!しっかり私について来てね!」と気合いを入れて飛び込み営業を開始しました。

最初に入ったのはアニメ制作所でした。
どよーんとした空気の中、オタクっぽい男性社員しかいないんです。
社長室に招かれ、先輩が話を始めました。
すると社員が入ってきて、社長に仕事は進んでいるかと尋ねられた社員は、「彼女がいないので、エッチの場面が上手く描けなくて・・・」と言いました。
社長がすぐさま私に、「ちょうどいい。あなた、こいつらの仕事をちょっと手伝ってくれんか?そうしたら契約しよう」と言ってくれました。

(新米保険レディな私に、一体どんなお手伝いが出来るっていうの?)

「こいつらは今、エロゲームの製作中なんだが、童貞なもんで生の女を知らんもんだから困っててな。おい、みんなを集めろ」

社長の一言で、どやどやと男性社員が集まってきました。
先輩はというと、ニコニコして立っているだけです。

(助けて!なんで先輩、助けてくれないの!)

「まず、おっぱいの触り心地を」
「脱いでくれるか」

「嫌です」

当然のように私が拒絶すると、先輩が突然怒り出したんです。

「あなた、こんないい話ないじゃない!ちょっとお手伝いすれば契約してもらえるのよ!仕事を舐めてるんじゃなわいよー!ほら、さっさと脱いで!」

先輩の剣幕にとても断れる雰囲気ではなくなりました。
私は渋々上着を脱ぎました。
すると社員の1人がブラウスを無理やり脱がして、おっぱいを揉んできました。
そしてブラジャーも脱がされ、乳首を吸われました。
オタク臭い男性社員達に見られながら、私だけおっぱいを露出して吸われている。
異常すぎるシチュエーションに、嫌なのに感じてしまい、「あああっ」と喘ぎ声が出ていまったんです。

「すげえ、すげえ」というオタクたちの声がして、キスしてベロベロと舌を入れてくる人、パンツの上からアソコを揉んでくる人、膣に指を入れてくる人・・・。

もうめちゃくちゃに全身を愛撫されたんです。
不思議だったのは、誰1人として膣にイチモツを入れてくる人がいなかったことです。
もしかしてオタクな男性社員達はみんな童貞で、おまんこにオチンチンを挿れるってことを知らないんでしょうか?
まさかそんな訳ありませんよね。
でもみんな、私を見ながらマスターベーションしているんです。
まるで汁男優みたいに、私の裸体を見て自慰するオタクな男達。
正直、助かりました。
あのまま集団レイプされてたと思うとぞっとします。
なんとか、舐められたり揉まれたりしただけで、この会社を出られました。

社長に「また来いよ」と言われたのは誤算でしたが、でも契約更新のたびに行って、今日のような性接待をしないといけないって考えると・・・。
社長には、「秘書としてウチに来ないか?」と、スカウトまでされました。
でも、そこの秘書になるよりも保険レディとして性接待や枕営業をしたほうがお給料が良いので、そのお話はお断りしました。

今では先輩の教えを守り、超ミニスカの戦闘服姿で飛び込み営業をかけられる1人前の保険レディになれました。

タイトルとURLをコピーしました