人妻

不倫

精子検査のための採取作業を手伝ってくれたやさしい義姉

1人目の子供が産まれてから5年、2人目がなかなかできません。 その間に俺は高い熱が出たことがあります。 そこで精子検査を受けることになりました。 仕事が休みの土曜日の午前中に自宅でオナニーして、病院に持って行くことになったんだけど、子...
初体験

友達のお母さんに優しくしごかれて

僕が小学5年生の時だった。 特に習い事もしていなかったから、学校が終わるといつも友達の家に遊びに行っていた。 時には約束していない場合も暇だなと思えば、思いつきで友達の家に行くこともあった。 ある日も家に帰ってからやることがないな...
不倫

パート先の新年会で複数の男性に抱かれました

私は結婚2年目の主婦、美樹と言います。 24歳の主婦です。 まだ子供はいません。 2ヶ月ほど前、パート先での新年会があったのですが、それ以来私はスケベになってしまいました。 私は露出狂なのかも知れません。 もともと男性が多...
不倫

土下座したら憧れの美人音楽教師とエッチできた

中3の夏。 童貞の俺は、3年間憧れていた美人で30代前半くらいの、結婚して子供もいるらしい音楽の先生とエッチした。 芸能人で言うと稲垣早希似。 恥ずかしくてあまり話せない俺は、妄想してオナニーのオカズにすることくらいしかできなかっ...
初体験

初セックスは兄嫁と

僕が中学時代に兄が結婚した。 兄嫁は高校卒業後2年ほどでの結婚だったから、僕より5歳年上ということになる。 兄が田舎の家に兄嫁となる女の人を連れて来た時、都会的な服装に包まれたスレンダーな体つきを眩しく見た覚えがある。 夏の暑い日...
不倫

不倫セックスで知った言い難いほどの快感

私は40歳、子供が2人います。 3年前から同級生と不倫しています。 同級生の彼は私のことを「すごく可愛い」と言ってくれ、私みたいなオバサンをまだ女として見てくれました。 同級生というのは不思議で、何年も会っていなくてもすぐに昔に戻...
不倫

ファーストキスした同級生と思い出の神社で中出しエッチ

毎日暑い! 今日は休み、昼前から太陽がジリジリと肌を焦がしそうでした。 こんな時は冷たい生ビールと思い、知り合いの寿司屋に行くと、もう飲んでる同級生の女がいました。 「おいおい、昼間っから飲んでるのか!」 「あら珍しいわね、...
不倫

茶畑でバイトの若い男性を摘み食い

初めまして!32歳の主婦です。 7歳年上の主人と、小学1年と3年の男の子と4人暮らしです。 主人は会社勤めと茶畑の兼業農家です。 これは昨年の5月、一番茶の茶摘みの頃のことです。 この頃はバイトの人を数人雇い、茶摘みを行ないまし...
不倫

姉と姪のダブルフェラは圧巻だった

初めまして。 姉(43歳)と近親相姦してるんですが、最近嬉しい展開があったので書かせてもらいます。 いつものように姉とセックスしてました。 ぶっかけと中出しで計3回戦です。 それを姪(姉の娘、15歳)に全て見られてたようです。 ...
不倫

嫁の実家でマスオさんしてたらグラマーな義母に誘惑された

義母の第一印象は、馴れ馴れしいおばさん。 初めて義母と会ったのは、嫁と結婚前に挨拶に行った時。 そして夫婦の新居はどこにしようかと話になり、「アパート代が勿体ないから」と言う義母の強い勧めで、結婚後は嫁の実家でマスオさん生活で同居がはじ...
女性視点

サイトで募集した痴漢さんに映画館で潮を吹かされました

『私には痴漢願望があります。主人には言えません。知らない人の指でいやらしいくされたいです』 主人や家族に隠れて密かに見ていたエッチサイトにある『欲求願望告白コーナー』に告白してみました。 前から願望があっても痴漢なんて遭うことがなく...
不倫

狙いは巨根の童貞君

32歳の主婦、香里です。 主人は7歳年上の会社勤め、小学4年生と3年生の息子がいます。 私は、いつも他人から25歳前後にしか見えないと言われます。 一番若くて22歳に見られたこともあります。 独身だと思われることも度々あります。 ...
不倫

妻では勃たないのに義母の前だとフル勃起する僕

まだ早いんじゃないか。 最初はそう思っていたのですが、一度ダメになってしまったら、すっかり自信をなくしてしまい、それが当たり前のようになってしまいました。 いわゆるEDの話です。 そういうものがあるというのは知っていましたが、まさ...
不倫

濃厚な酸っぱい匂いがたまらなくスケベな還暦の伯母

60歳の伯母『さと子』が博多から旅行でやって来て、俺の家に泊まることになった。 俺は20代だが熟女好き。 ワンルームの部屋にたまに熟女のホテトルを呼んで性欲を満たしていた。 さと子は普通に地味だがムッチリ系の小柄なおばさんタイプ。...
不倫

キモい同僚のハメ撮りビデオに妻が映っていた・後編

「ふふ、またイキましたね、詩織さん」 「ま、また・・・私、イ・・・イカされて・・・」 妻が荒い呼吸を繰り返しながら答えている。 白い肌を火照らせ、全身玉のような汗まみれになり、股間を洪水のように愛液で濡らしながら。 絶頂の余...
タイトルとURLをコピーしました