部屋に着いた途端、優しかった先輩の態度が急変した

この体験談は約 3 分で読めます。

今年高校を卒業し、一人暮らしをしながら大学に通っています。
同じサークルの先輩を好きになりました。
その人は慣れない生活の私にとても優しくしてくれて、声を掛けてくれる人でした。

その日、サークルの飲み会がありました。
私は未成年だし、お酒を飲んだことがありませんでした。
勧められてどうしても断れずサワーを飲んだのですが、すぐに顔が赤くなりフラフラしてきました。
そして先輩が送ってくれることになったのです。

アパートに着いた途端、先輩の態度は急変しました。
私を後ろから羽交い締めにして、ベッドまで引きずっていったのです。
何が起こったのか分からず、私はパニッックになりました。
先輩はベッドに私を突き飛ばすと馬乗りになり・・・。

「お前、俺のこと好きなんだろ?一発やらせろよ」

そう言って、ブラウスを脱がせようとしてきました。
今までの先輩とは別人のようでした。

「いやですっ!」

私は抵抗し、自由になる足で先輩を蹴りました。
すると先輩は、私の頬を思いっきり叩いたのです。

「俺さ、女でも平気で殴っちゃうんだよね、まだ殴られたい?」

先輩は冷たく言い放ちました。
怖くて・・・もう・・・体が動きませんでした。
全裸にされ、恥ずかしくて両手で胸を隠し、足を閉じていると、「手をどけろ、聞こえないのかよ」と私の手を払いのけました。

「今度隠したら縛るからな」

そう言って足も開かせました。
先輩は膝を押さえ、足を広げました。

「見ないで・・・」

泣きじゃくる私の言うことなど聞いてくれず、指でアソコを弄りはじめました。
クリを親指で擦りながら、中指を入れてきます。

「ここで今まで何人の男を喜ばせてきたんだ?」

笑いながら指の動きは激しくなっていきました。

「嬉しいだろ?俺にこうしてもらってさ」

そう言うと先輩は私のアソコに自分のモノを宛てがいました。

「どうしてこんなひどいやり方事するの・・・やめて」

泣きながら腰をくねらせて嫌がると・・・。

「優しくしてもらえるとでも思った?俺は優しくするのはヤル前までなんだよね」

腰を掴んで入れてきました。
体重をかけられているので動けません。
先輩は腰を激しく動かしはじめ、私はアソコの奥に当たるたび、「だめ!だめえっ」と叫びました。

パンッパンッ!

いやらしい音が部屋に響きます。

「ホントは気持ちいいくせに、自分から締め付けてきてるじゃん」

「違います!」

「中に出しちゃおうかな」

「それだけはやめて!」

私が懇願すると先輩は、「じゃあ、『おまんこ気持ちいいです』って叫んだら許してやる」と言うのです。

「いやっ・・・お願い、言えない・・・」

「じゃあ、中だな」

「おまんこ・・・気持ちいいです・・・」

「聞こえないよ」

私は、「おまんこ気持ちいいですっ!」ともう一度言いました。
でも間に合わず、中に出されてしまいました。

それからというもの、私は男の人と話すのが怖くなりました。
どんなに優しくても本性は違うんじゃないかって思うと・・・。
男の人ってそういう人が多いんですか?
私が無知なだけでしょうか?