仲良し4人で精子の観察

この体験談は約 9 分で読めます。

小6の頃だった。

仲がいい友達(♂)と、また別に仲がいい同士の♀2人がいて、いつもではないが、時々その4人で遊んだ。
仮に名前は俺(トモヤ)、コウジ(♂)、エリ(♀)、タマミ(♀)としておく。
(実際お互いを名前で呼び合ってた)

あの頃って、エッチなことに興味があっても、体がついていけなくて、実行できないみたいな時期だった。
立てた人差し指を、もう片方の手の中に入れたり出したりして、「ハメッコ、ハメッコ」なんて、男子も女子も喜んでやってたり。

エッチなナゾナゾーー。

「『これからセイリ委員会を始めます。シキュウ集まってください』と放送したら女子ばっか集まった。なぜか?」
「『今日はシャセイ大会です』と言ったら、女子は帰った。なぜか?」

・・・なんていうのが平気で交わされていた。

そんなのは、その4人の間だけだったのかも知れないが、とにかく幼稚だったし、エッチなんて言っても、よく分からなかった。
でも興味だけはあった。

で、それは夏休みで、遊び場はエアコンが効いた家の中だった。
4人で俺の家でゲームをして遊んでいると、エリの股間が見えた。
パンツから何かはみ出していた。
ナプキンと直感した。
初めて見たので、結構衝撃的だった。
だから、ジロジロ見てしまった。

「やだ!エッチ!!」

視線を感じたエリは膝をペタンと下ろした。

「エリ、生理?」

俺は悪びれずに言った。

タマミが初潮になってるのは、春に聞いて知っていたが、その時はエリはまだだった。

するとコウジが、「そういうのって、良くないね。『女子の前で言うな』って先生言ってたっけ・・・」と、俺の非難を始めた。

確かにそう教わっていた。

「でも見えちゃった」

そんな男子をよそに、当の女子2人はあまり気にしてないのか・・・。

「今朝、なっちゃったんだよね」

「そう・・・」

「別に、隠したって、しょうがないもんね」

・・・などと会話をしていた。

その場はそれで終わったけど、その後エリがトイレに行くと、今度はコウジがエリの生理の話をした。

「もしかして、ショチョウ?」と戻って来たエリをからかった。

「違うよね。ヘヘ・・・」

エリはタマミと顔を合わせて言った。

「他に、誰が(初潮)なってるの?」

それに気付いたコウジが、「本当にエリ、(初潮に)なってんの!(証拠)見せてみろよ」と、エリに要求した。

エリは、理詰めなところが、コウジと似ていた。
だから感情でなく、実証するタイプだった。

で、エリは、両足を立て、その場でスカートを捲り上げた。

「ほら!見なよ!」

みんなエリの股間を見た。

「やだ!エリ!」

タマミは小さな叫びを上げた。
エリの股間は、ナプキンがしっかりとあてがわれてて、パンツからはみ出していた。

「そんな、いいじゃん、見せなくって」

タマミは言った。

でも、そのエリの大胆な行動に、男子2人は黙ってしまった。

「そういう、男子はさ、2人とも、精通したの?」

エリは足を下ろして聞いた。
女子がこんなに教えたんだから、今度は男子が教える番だ、という雰囲気だった。

男は大人になると、チンコ(学校では『ペニス』と習った)から精子が出る、子宮に出す、とも教えられていた。
それで赤ちゃんが出来るとも。
オチンチンを弄ってると自然と出るとも教えられていた。
でも、はっきり言ってピンと来なかった。

自分が射精すると思ってなかったし、したいとも思わなかった。
だから俺の答えは簡単だった。

「オレ、まだ」

いつしか3人は、コウジにその場でやって見せるよう求めていた。

「エリの生理を見たので、男子も射精して見せろ」というのは女子の要求で、俺は俺でどんなものか興味があった。

「『人前でするな』って、先生に言われたよな」

コウジは俺の顔を見て言った。
そういえば、確かそんな事を先生が言ってた。

「なんで?」

タマミが聞いた。

「うーん」

そう言われると、理由はよくわかんなかった。

「見せるもんじゃないし・・・。(見ても)面白くないし・・・」

コウジは答えた。

「いいじゃん。あたしたちが『いい』って言ってるんだから」

その一言で決まった。

コウジはチンコを出した。

「キャーッ」

女子は声を上げた。
でもそれは、コウジの行動がいきなりだったからで、チンコを見るのが恥ずかしかったからではないと思う。
コウジは4年生の頃、よく俺らの前でふざけてチンコを出していたから。
だから、すぐに女子も落ち着いて、コウジのチンコを見た。

コウジはチンコを擦った。
その間、コウジに色々聞いた。
いつ精通があったかとか、これまで何回くらい出たかとか。
でも3人の中で一番興味を示していたのは俺だったように思う。

「射精して、痛くない?」

「まさか!すっげえ気持ちいいよ」

これも意外だった。

俺は女子の生理は苦しいと教わっていたし、出産も苦しいので、当然、射精も辛いものだと信じていた。
(セックスは快感だと理解していた。でも、セックス=射精と考えられなかった・・・というかピンと来なかった。そのあたり子供)

「出るよ」

コウジはティッシュを2~3枚取ると、チンコを包むように当てた。
ティッシュにジュワッと液体が染み出した。

「あ~っ!」

みんな声を上げた。

ティッシュを放すと、コウジの亀頭はネバネバした液で包まれていた。
初めて見る精液は、かなりグロテスクだった。

タマミは「へぇ~」ってな感じだったが、エリは気持ち悪そうに目を背けた。

何より俺のショックは大きかった。
なぜなら、見慣れたチンコから、明らかにオシッコとは違う物質が出ている。
その光景が信じられなかったからだ。
自分のチンコでは有り得ない光景だ。

「ほんとに痛くない?」

やはり、唯一の関心はそれだった。

「うん」

タマミはコウジの手首を掴んで、ティッシュについた精液を観察していた。

「よく見れるね」

エリは言った。

「面白いよ、見てみなよ」

エリはそっとチンコと、ティッシュの方に目をやった。

「ふ~ん」

いつしか女子2人は、コウジの精液を観察していた。

俺は、コウジの射精を見て、自分も出来るか試してみたくなった。
それまで、射精は痛いものだと思い込んでいたから怖かった。
でも痛くないと聞いたし、なによりコウジに出来て、俺が出来ないのは不満だった。

「俺もやってみていい?」

女子も含め、みんなに聞いてみた。

「いいんじゃない。やってみなよ」とエリは言った。

「トモヤのチンチンって、見たことないよね?別に見たくないけど」

タマミは薄笑みをして、エリの顔を見て言った。

「え、あたしは見てみたい。ナンチャッテ・・・」

ずっとゲームばっかやってて、退屈してたから、何でもありだった。

女子が了解したので、俺は遠慮なくチンコを出して擦り始めた。
それを見て女子2人はニヤニヤ笑い始めた。

「2人のチンチン、違いますね」

コウジのチンコは半勃ちで、俺のはフニャフニャしてて、手を放すと皮をかぶるような状態だった。

「勃起してないんだよ」

コウジは言った。

「ボッキ・・・?あ、そうか。おっきくなるんだ」

タマミがそう言ってる間に、俺のチンコは勃起していた。

「あ、やだ。すごいおっきい」
「どう?出る?」

女子2人は、聞いた。

コウジはティッシュを取り出して俺に渡した。
しばらくすると『ものすごい尿意』が来た。
生まれて初めての射精感だった。

「シッコ出そう!」

「え、やだ、オシッコ!?」

女子は身を引いた。

「出せよ!」

コウジは言った。
でも絶対、小便が出ると思った。

「え、違う!シッコ!あ、漏れそう!」

「それでいいんだよ!出るんだよ!」

ジョボジョボ小便が出たらどうしようと思いつつも、我慢の限界だった。
コウジの言うことを信じて、ティッシュをチンコに当てて、チンコの力を抜いた。

すると、“ピュッ”と1回だけ尿道口から液が飛び出した感覚があって、オシッコしたい感覚はスッと消えた。

「あれ?やっぱり(オシッコ)出ない」

そう言って、訳も分からずティッシュを見ると、透明な液がわずかに糸を引いた。
明らかにオシッコとは違ってた。

「見せて、見せて」

すぐに女子がティッシュを覗き込んだ。
ほんのちょっとだけ濡れていた。

「やだ、マジ、オシッコ!?」
「全然出てないじゃん」
「出てないよ」

女子は口々に言った。

「ちょっとだけ出た!」

俺は亀頭の先の液を指に取って、皆に見せた。

「え、ちょっと待って、それって精子?」

タマミは聞いた。
疑っていた。

「わかんない。かもね。でもなんか、色ついてないね」

コウジは言った。

とにかく『白くない』というだけで、精液ではないと(特に女子からは)思われた。

「ヤダァ!漏らしたの!?」

俺にとっては、ネバネバした液がチンコから出たのは初めてだったので、それは重大な出来事で感動だった。
でも、女子にしてみれば、チンコから出るモノをいつも見ているわけはないから、「なんだ、精液じゃないんだ」の一言で片付けられるものだった。
(特に女子のマンコからは、粘っこい液が分泌するのは、当たり前なようで・・・)

何日か後、俺は本物の射精をした。
白色の液が出た。

誰かに教えたくて、次の日、エリに電話をした。
最初は宿題とかの話で、キリのよいところ話題を変えた。

「全然関係ないけど、俺も昨日、射精したよ。初めて。うん。白かったから」

俺はエリが好きだった。
だから、真っ先にエリに言った。
男として認められたかったんだと思う。

「え、本当?見たい。今から行っていい?」

「いいよ。でも、みんなには内緒ね」

しばらくしてエリは家に来た。

「これで見てみよう」と、手下げ袋の中を見せた。

学習用の顕微鏡が入っていた。
エリは理科が好きで、この間のコウジの射精の後、精液を観察する事を思いついたそうだ。

おもしろそうだったので「いいよ」と答えた。

どんな物が観れるか、わくわくしながらマスターベーションをした。
その間、エリは顕微鏡を箱から出して準備をしていた。

「まず、この中に入れるからね」

エリはニコニコしながらシャーレを見せた。
顕微鏡の付属らしい。

射精したくなった。

「出るよ。貸して!」

俺は自分でシャーレを持って出すつもりだったが、エリはシャーレを上向きに持ったまま、チンコの高さでくらいで手を差し出した。

「うん。じゃあ、ここに入れて」

(そういう事か・・)と思い、俺はエリに近づき、シャーレの上辺りでチンコをこすった。

エリの目の前だった。

「あ、出る」

シャーレに向けて射精した。
まるでエリの手のひらに射精するみたいだった。

ドク・・。

「うわあぁっ!出た!」

エリはチンコから噴出する精液にとても驚いた様子だ。
上半身を俺から遠ざけて硬直させ、手だけを突き出すような格好をした。

ドク、ドク、ドク・・・。

「うゎ、すごい・・・。すごいね。マジ白いし・・・」

はじめ、エリは体ごと目を背けるような姿勢をしたが、射精が山を越えるとエリの緊張は解け、覗きこむようにシャーレを見た。
真っ白い液がいっぱい溜まっていた。

「へぇ~。コウジの(精子)か・・・」

射精を見て、エリは満足げだったし、俺もエリに認められたようで、嬉しかった。

エリは精液をスポイトで取り、サンプルを作った。
俺は精液を出すという役目を終えて、ズボンを履いていた。
その間、エリは顕微鏡を覗きながら、慎重にピントを合わせていた。

「うわぁ!マジ動いてる!!すごいよぉ!!マジ!!」

俺も覗くと、無数の粒々(つぶつぶ)が、ウヨウヨと動く様子が見えた。

「生きてる!!ねえ、タマミ呼ぼうよ?」

「ああ、いいよ」

今考えればエリは『生命の神秘』に触れた感動を自分1人で受け止められず、親友を呼んだという事なんだと思う。

すぐにタマミが来た。
エリの興奮に反して、タマミの反応は冷めていて、顕微鏡を覗いても精液とは信じてないみたいだった。

「これって、池の水かなんか?」と言った。

動いているのはボウフラかミジンコに見えたらしい。

「本物の精子だよ!」

エリは言った。

「トモヤの?トモヤ(射精)できないじゃなかったっけ!?」

「できる。ほら」

俺は、精液を出したシャーレをタマミに見せた。

「何これ?鼻水?」

真っ向から否定された。

「本当にそれ、トモヤの(精液)なんだから・・・。あたし出るとこ見てたもん」

エリは言った。

「え~、2人っきりで?アヤシイ~。何してたの?」

「やだ、もう・・・。ねえ、トモヤ、もう1回出してよ」

俺もそうするしかないと思い。
チンコを出して擦った。

でも小学生の体で、そうそう何回も続けて射精なんかできない。
いくら擦っても勃起すらしなかった。

「もうダメ」

「じゃあ、コウジ呼ぼうか」

タマミが提案したので、コウジの精液を観察することになった。

やって来たコウジにこれまでの話をすると、コウジはまた、マスターベーションを始めた。
その頃、俺も少し回復したので、一緒にマスターベーションした。

でも、2人とも、なかなか射精できない。

「出ねぇヨ。(もっと)早く言ってくれればなぁ。昨日、出たばっかだから」

「え?シコシコしたの?男子って、なんでそんな事ばっかりするワケ!」

タマミは、自分の思い通りにならない事に、苛立って言った。

「『なんで?』って・・・、なんか出したいよな!女子にはわかんないよ!」

コウジは俺の顔を見て言った。

「早く出ねえかな。出ろっ、出ろっ」

コウジはチンコを激しく擦って言った。

「まだ出ない?さっき、すぐ出たじゃん!」

エリは俺の顔を見て言った。

「なんかダメ(出ない)!」

俺は言った。

「どっちでもいいから、早く出せ~。チャン・チャン、チャン♪・・・」

タマミは手を叩きながら、運動会に使う曲のフレーズを歌った。

「出るかも」

コウジは、ティッシュを取り出した。

俺も負けじと激しくチンコをこすった。
でもチンコが痛くなり、諦めてズボンを上げて座った。

「やっぱり、だめ?」

横座りしていたエリが俺の目を見て言った。

「うん」

「おっと!ついにトモヤは脱落!残るはコウジだけです。コウジも、果たして(射精)できるのか!?」

タマミはテレビ中継のアナウンスみたいに言った。
コウジはさらに激しくチンコをこすった。

「う、う、う・・・うん」

コウジは苦しそうだった。

「出た。ハァ、ハァ・・・」

コウジはティッシュの上に射精した。
覗くと、モッコリした糊みたいな精液がついていた。

タマミはそのティッシュを取り上げ、慌てて小指の先に少し精液をつけて、「ガラスかして、早く、早く」と催促した。

「やだ、よくそんなの触れるね」

エリは驚きながらも、タマミにプレパラートを渡し、タマミはそれに精液を少し塗ると、エリはそれを顕微鏡にセットし、観察した。

「どう?」

タマミやコウジは聞いた。
でもエリは倍率を変えたり、プレパラートをずらしたりしていた。

「見えた?」

なかなか顔を上げない。

「なんか見えないヨ。なんにも」

その後も顕微鏡を色々調整したが、結局、泡粒しか見えなかった。
それで4人のだいたいの結論は、『コウジはまだ未熟だから、精子ができていない』というものだった。
エリもコウジも特に納得したようだった。

これで、この『精子観察』の件は、とりあえずみんな口にしないまま、夏休みは過ぎていった。

後半は『女子の番』みたいな方向に発展したんだけど、ヤッパあんまエロくない。
今思えば勿体無い出来事だが、あの頃はオマンコはすごい『神秘』だったけど、性欲の対象ではなかったから仕方ない。
今だったら、迷わず入れちゃうケド。

4人は、フツーに小学校を卒業しちゃう。

タイトルとURLをコピーしました