AVを万引きしようとした少女とAV鑑賞

この体験談は約 10 分で読めます。

数年前の夏前だっただろうか、俺がレンタルビデオ屋でバイトしていた頃だった。
レンタルビデオと言ってもGEOとかTUTAYAと言った大型店舗ではなく、大通りから一本入った雑居ビルの2階にある小さな店舗だ。

授業がない日だったので朝から1人で店番をしていたが、さすがに平日の昼間ということもあり客もほとんどいなかったので、入荷したばかりの新作を整理したり、伝票整理をしながら時間を潰していた。
その時、店の中に店員は俺1人、あとは初老の男性と中学生ぐらいの女の子が1人。
男性は映画を物色しているようだが、女の子のほうはこちらからは死角になる所にいるので何をしているのかは分からない。

しばらくカウンターの中で伝票整理をしていると、男性が映画を3本ほど借りて店を出ていった。
今、店にいるのは俺と女の子の2人だけだ。
そういえばさっきから女の子は、ずっと俺から死角になるところにいる。
奥の方には洋画関係の棚があり、その奥にアダルトコーナーがある。
恐らく洋画でも探しているのだろう。

しばらくすると女の子がこちらの様子を窺うように棚の陰から顔を出した。
視線を感じた俺が顔を上げると、その子は慌てた様子で顔を引っ込めた。
この瞬間、俺はさっきからおぼろげながらに抱いていた疑念を確信した。
普段棚に並べてあるビデオは、中身を取り出してケースだけを棚に置いておくのだが、たまたま新作の映画とアダルトビデオが入荷したばかりで、店の奥で箱を空け、洋画コーナーの一角に置いたままにしていたのだった。

その中身の入っているビデオを見つけた少女は今、万引きをしようとしているのだろう。
さっきから俺の様子を棚の陰から窺っているところを見ると、常習ではなく恐らく魔が差したというやつだろうが、店で万引きがあったなんて店長に知れたら何を言われるか分かったもんじゃない。
俺はそれとなく棚の整理をする振りをしてカウンターを離れると、少女は無人になったカウンターの前を意を決したように早足で抜けようとした。

「あ、ちょっと待って、今カバンの中に何か入れたでしょう?」

咄嗟に俺はその少女の腕を掴んだ。

「や~だ~!離して~!」

俺の手を振り解いて逃げようとする少女に俺は強い口調で、「万引きは犯罪だぞ!逃げるなら警察に通報するからな!」と言うと、少女は観念した様子で腕の力を抜いた。
少女をカウンターの中に連れて行き、奥の椅子に座らせる。
少女にカバンを開けさせると、やはり奥の箱に入れっぱなしにしていた新作のアダルトビデオが3本出てきた。

「君はこの店の会員なの?会員証持ってたら見せてもらえる?」

「はい。ごめんなさい」

素直に会員カードを差し出す彼女。
会員名簿を調べると彼女の名前は由希子。
年は14歳、ここから少し離れた私立中学校の2年生となっている。
肩までの髪に少し幼さが残るが整った顔立ち、胸は小さめだが体の線が細く、華奢な感じの美少女だった。

「なんでこんなビデオ盗ろうとしたの?18歳以下は観れないんだよ」

「分かってます。でも観たかったんです。ごめんなさい」

愚問だった。
だから盗ろうとしたのだろう。

「ごめんなさい。本当にもうしませんから許してください」

今にも泣き出しそうな顔で由希子が懇願してきた。

「でも万引きは親か警察に連絡することになっているからねぇ・・・」

「そんな所に連絡したら私、死んでやるんだから!」

「おいおい、店の物を盗もうとしておいて逆ギレするなよ」

「本当にごめんなさい。許してください・・・」

感情の起伏が激しい。
やはり相当に動揺しているのだろう。
店の中には俺と由希子だけだ。
この子をここで帰すか保護者に連絡するか、その判断は俺にかかっている。
普通に考えると保護者に連絡するべきなのだろうが、カウンターから見えない所に中身の入ったビデオを置きっぱなしにしたのは俺の不注意だ。
後で店長に俺が怒られるのは目に見えている。
そんな事から俺は由希子を許すことにした。

「しょうがないな。本当にもう2度としないと約束できるなら許してあげるよ」

「本当ですか!?ありがとうございます」

今までの泣き出しそうな表情が一転し、ほっとしたような笑顔になった。

「本当にすみませんでした」

深々と頭を下げて由希子がカウンターから出て行った。

「あ!ちょっと待って」

由希子が店から出ようとした時、俺が不意に声をかけるとビクっとした感じで立ち止まった。

「え?なんですか?」

恐る恐る窺うような目で由希子が俺を見る。

「そんなにアダルトビデオが観たいなら観せてあげてもいいよ」

「本当ですか!?お願いします!」

逃げ出すか引かれると思っていたが予想外に好奇心に満ちた目で返事をしてきた。
話を聞くと、明日はテスト最終日で午前中で学校が終わるので、午後なら大丈夫だと言ってきた。
俺は自宅アパートの住所を由希子に教え、親や友達には言わないようにと釘を差して由希子を帰した。
多少の罪悪感のような感情はあったが、俺は由希子との間に感じた妙な縁を切りたくはなかったのだ。

翌日の昼下がり、バイトも学校も休んでいた俺の部屋の呼び鈴が鳴った。
玄関のドアを開けると、半袖のブラウスに紺のスカートの由希子が立っていた。
学校が終わってそのまま走って来たのだろう。
息は乱れ少し汗ばんでいる。

由希子を部屋に招き入れると、部屋の中をきょろきょろと見回してベッドの上に座った。
もはや昨日の万引き未遂の罪悪感は微塵もなく、友達の家に遊びに来たかのようにリラックスしていた。
台所からジュースを持ってきて由希子に差し出しながら俺は尋ねた。

「ところで、何でそんなにアダルトビデオを見たいと思ったの?」

一瞬俯いて恥ずかしそうな表情を見せた後、たどたどしい口調で由希子が答えた。

「その・・・クラスの友達とかとそういう話をしたりするし、もうセックスしたって言う子もいるから、私もどういうものなのか知りたくて・・・」

由希子ぐらいの年頃の女の子がエッチな話題に興味があるのは当然だろうが、正直セックスの経験がある子までいるという話には驚いた。

「それでね・・・クラスの友達はお兄ちゃんの持っている本とかビデオを観たりしているらしいんだけど、私1人っ子だから・・・」

「そうなんだ・・・それなら俺がお兄ちゃんになってあげようか?」

「本当?ありがとう!」

無邪気に嬉しそうに笑う由紀子を見て一瞬股間が疼いてしまった。

「それじゃあビデオを観ようか?どんなのがいい?昨日盗ろうとした奴にする?」

「ん~、何でも良いよ。よく分からないし」

適当にアダルトビデオを選んでデッキにセットして再生ボタンを押した。
初めて観るその映像にしばらくは食い入るように見入っていた由希子が俺のほうを向いて画面を指差して言った。

「これ、何だか見にくい。消せないの?」

普通のアダルトビデオだったのでモザイクが入っていたのだが、それが気に入らなかったようだ。

「消す機械もあるけど完全じゃないからね・・・最初から入っていないのを観る?」

「うん!お願い!」

そういうわけで裏ビデオを再生した。
今度のビデオはさっきのと違い、内容もかなりハードなやつだ。
由希子も顔を赤らめ、興奮した様子で食い入るように見入っていたが、フェラや挿入のシーンでは少し怖くなってしまったのか、俺の腕にしがみついて隠れるように画面を見つめていた。
再生が終わると、由希子は俺の腕にしがみついたまま顔を赤らめて放心したようになっていた。

「どう?初めてアダルトビデオを観た感想は?」

「よく分からなかったけどなんかすごい・・・みんな、こんな事してるの?」

「観ただけだからね。自分で体験しないとよく分からないんじゃない?」

そう言いながら由希子の顔を見ると、まだ赤い顔で視線が定まらない様子だ。
相当に興奮しているのだろう。
そんな由希子の顔を見ているうちに俺も激しく興奮してしまい、吸い寄せられるように由希子の額に軽くキスをした。
一瞬びっくりしたような反応を見せるが特に嫌がる様子もなかった。

今度は由希子の頬にキスをした。
俺の腕を掴む力が少し強くなったが嫌がりはしなかった。
その反応に勇気付けられた俺は今度は由希子の小さな唇に自分の唇を重ねた。
舌を出すと由希子の前歯が舌先に当たったが、それはすぐに開いて由希子の舌が出迎えてくれた。
しばらく音を立てながら舌を絡めていると、由希子の全身から力が抜け、俺にもたれかかってきた。
由希子の体を支え、そのままベッドに寝かせると重ねた唇を離した。
ブラウスの一番上のボタンに指をかけながら、「お兄ちゃんに見せてくれるかい?」と聞くと、由希子は黙って頷いた。
ブラウスのボタンを一つずつ外していき、全てのボタンを外し終わってから左右に開くと真っ白なスポーツブラに包まれた由希子の胸が目に入ってきた。

「これも取って見ていい?」

「恥ずかしい・・・私、胸小さいし・・・」

「まだまだこれから大きくなるよ。形だってきれいだし。いいでしょ?」

由希子はさらに顔を赤くしながら黙って頷いた。
ブラを外すと色白な小さな膨らみが現れた。
確かにまだ膨らみは小さいが、これから成長を感じさせるものだった。
乳首は綺麗なピンク色で、乳輪も乳首も小ぶりだったが、小さな乳首が両方硬く立っていた。
両手で膨らみの裾野から優しく撫でると由希子の全身に力が入り呼吸が荒くなっていった。
そのまま右手で膨らみを揉みながら左の乳首を軽く吸うと、「んぅ」と小さな声を出した。
俺は両方の乳首を交互に舌で転がしながら由希子のスカートをたくし上げ、パンツに手をかけた。
胸を出したことで吹っ切れたのか、特に抵抗もせず、腰を少し浮かして脱がせやすくしてくれたのでパンツは一気に脱がすことが出来た。
俺は由希子の足元に回り、両手で足首を持って足を広げた。

「いや・・・恥ずかしい」

そう言って由希子は両手で顔を覆ってしまったが、割れ目ははっきり見ることが出来た。
まだ3分咲きといった感じの陰毛が控えめな膨らみの上に生えている。
割れ目は綺麗な一本の縦筋で、割れ目の周りには毛は生えていないようだ。
両手で割れ目を左右に開くと、綺麗な小陰唇とその奥の処女膜が見て取れた。
たまらず俺は由希子のその部分に顔を寄せた。
大きく息を吸い込むとおしっこと汗の混じった処女の匂いがした。
夢中で処女の味を確かめるように舌を這わせた。

「あぁ・・・うぅん・・・」

由希子から控えめな喘ぎ声が漏れ始めた。
14歳と言ってもオナニーはすでに知っているのだろう。
クリトリスが一番感じるようで、その部分を舌で転がすと、「あぁっ」と大きな声を上げた。
クリトリスから小陰唇を通ってアナルに舌を這わせると、由希子は驚いたように起き上がった。

「だめそんなところ・・・汚いよ・・・」

「汚いことなんかないよ。すごく綺麗だよ」

そう言って、構わずその部分を舐め尽くした。
そして再び小陰唇に舌を這わせると、そこには俺の唾液とは違う透明な、それでいて少しヌルヌルとした液体が溢れてきていた。
たまらず俺はその部分を舐めながらズボンと下着を脱ぎ、怒張した部分を露出した。
すると由希子が快感にあがなうように体を起こして、「ねぇ・・・私も見たい」と言った。

今度は俺がベッドに横になった。
俺のモノが由希子の純真な視線に晒される。

「うわぁ・・・こうなっているんだぁ・・・」

食い入るようにカリや裏筋、玉の方までを眺めている。
一通り眺め終わると、由希子はその部分に顔を寄せてきた。
しばらく息を感じるぐらいのところで見入っていたかと思うと先端部分がチロっと舐められた。
別に不味くはなかったのだろう。
危うく暴発しそうになる高鳴りを必死に押さえていると、今度は由希子の口が俺のモノをぱっくりと咥えた。
ビデオの見様見真似だろうが、おぼつかない調子で俺のモノを由希子が口の中で転がしていった。
たまに歯が当たり痛みで我に返るが、次第に俺はその快感に飲まれていった。
このまま由希子の口の中に出してやろうかとも思ったが、寸前で由希子の口を離させた。
やはりここは、この美少女の処女を奪う快感と共に昇り詰めたかった。

由希子をベッドに寝かせ、その部分に先端を宛てがう。
もう覚悟は出来ているのだろう。
両足を投げ出し、目を瞑っている。
指でその部分を広げ、先端をあてがおうとしたその時、何かを思い出したように由希子が目を開け、少し体を起こして俺に聞いてきた。

「ねぇ、コンドーム使わないの?使わないと赤ちゃんできちゃうんじゃないの??」

しまった。
今、家にはコンドームは一つもない。
かといってこんなチャンスがまた来るとは限らない。
この時点で俺に理性など無く、どうしたら由希子を納得させられるか、そればかり考えていた。

「危険日にコンドームを着けないでエッチしちゃうと赤ちゃんできちゃうけど、今日は安全日だから着けないで大丈夫だよ」

「そんなことがわかるの?」

「生理前になると胸が張ったり気分が悪くなったりするでしょ?それと同じで安全日になると体に変化が起こるんだよ。今は分からないかもしれないけどそのうち分かるようになるよ」

「本当?それならいいよ」

由希子は再び横になり、俺に全てを預ける格好になった。
当然、安全日などわかるわけもないが、もう俺は由希子の処女をこの場で奪うこと以外考えることが出来なかったのだ。

再び由希子の処女を左右に開き、先端を宛てがう。
潤滑油は申し分ない。
一瞬、由希子の全身に力が入ったが、もう覚悟を決めている様子だった。
あてがった先端に力を込めるとニュルっとした感触があり、半分ほどが由希子の中に入っていった。
その瞬間、「んうぅ」と少し由希子が苦しそうな声を上げた。
由希子は全身に力が入っている様子だったが俺を拒絶するような反応は示していない。
そのまま一気に奥まで貫くと、再び由希子が苦しそうな声を上げ、俺の腕を強く握った。
由希子の体に身を寄せ、首の後から手を回し抱き締めると由希子も俺に抱きついてきた。

「大丈夫?全部入ったよ」

「うん・・・ちょっと痛いけど大丈夫だよ」

搾り出すように由希子が言った。
抱き合ったまま動かなくても四方からビクビクと俺のモノを締め付けてくる。
それだけで言いようのない快感に包まれていった。
しばらくその感触を楽しんだ後、そろそろと腰を動かすと俺を抱き締める由希子の腕に力が入ってきた。
由希子は激しい痛みの中で初体験の興奮と僅かな快感に身を委ねているようだった。
しばらく動いていると俺も激しい快感に包まれていく。
その快感の中では由希子を気遣う余裕もなくなり、ズンズンと勢いをつけて腰を動かしていった。

「ああ、もうイキそうだ・・・イッていい?」

「え?イクって?何?」

激しい息遣いの中、由希子が消え入るような小さな声で聞いてきた。

「射精って知ってる?そのことをイクって言うんだよ」

「うん。じゃあいいよ・・・イッて」

「わかった。このまま入れたままイッていい?中に精子出してもいい?」

「いいよ。中に出して・・・」

いっそう激しく腰を打ちつける。
俺は絶頂を迎えようとしていた。

「ありがとう・・・イク・・・イクよ・・・」

そう言うと俺のモノは激しく脈を打ちながら由希子の中で果てた。
今まで経験したことがないぐらい激しく、長い絶頂だった。
そうして最後の一滴まで絞り出した俺は、そのまま身を預けるように由希子に覆い被さった。
由希子もそのまま脱力し、2人ともその余韻に浸っていると、俺のモノが由希子の中で少しずつ小さくなっていった。

少女の処女を奪った征服感と快感の余韻に浸りながら俺はチラッと棚の上に目線をやった。
そこにはベッドの方に向けたビデオカメラがセットしてある。
さっき由希子にジュースを差し出した時にこっそりスイッチを入れていたのだ。
14歳の少女の処女喪失動画がその中に記録されているはずである。
オナニーライフの充実どころか、ちょっとした小遣い稼ぎにもなる。
実はバイト先の店長のつてで、自分で撮ったビデオを買い取ってくれるルートがあるのだ。
自分の顔が映っているところだけ編集したりモザイクを入れれば、こんな美少女ならかなりの金になるに違いない。

でも、これだけだとちょっと物足りないな。
今度はバックからハメたところを撮ろうか。
それとも放尿やオナニーシーンもいいかな。

そんな妄想を膨らませていると、射精直後だというのにまた俺のモノがムクムクと膨張してきてしまった。

「あん・・・痛い・・・」

由希子が苦しそうに身をよじったので、今日はこれ以上は無理だと思い由希子の中から俺のモノを抜いた。
すると少し送れて大量の精子が由希子の中から溢れ出し、尻の間を通ってシーツに広がった。
由希子も興味津々の表情でその様子を見ていた。
その後、一緒にシャワーを浴び、冷蔵庫から取り出したジュースを由希子に渡しながら聞いてみた。

「初体験はどうだった?痛かった?」

「うん・・・ちょっと痛かったけど、最後の方は少し気持ち良かったよ」

「最初は痛いかもね・・・でもそのうちもっと気持ち良くなるよ」

「ほんと?じゃぁまた遊びに来てもいい?」

思わぬ由希子からの申し出に思わずジュースをこぼしそうになった。

「でも、今日のことはパパには内緒にしてね」

(え?パパ?)

そういえばレンタルビデオ屋の店長には離婚した元妻との間に1人娘がいて、その娘は妻が引き取ったんだけど、たまに店に遊びに来ると言っていたが・・・。
まさか由希子がその娘だったとは・・・。

その後、由希子とは何度か関係を持ってハメ撮りや野外、車の中などで色々なことをしたが、俺が大学を卒業して地元に帰ると自然消滅してしまった。
最後まで店長にバレなかったのがせめてもの救いである。