塾講師をする妻の性教育

この体験談は約 11 分で読めます。

私38歳自営業、妻33歳、結婚7年目子どもなしの夫婦です。

私は親が経営する居酒屋の手伝いをして一応「専務」という肩書きを貰っています。
仕事は夕方前に家を出て、家に戻るのは深夜になります。
妻は元教師で、結婚してからは小学生相手に夕方から夜にかけて個人授業の塾を自宅で開いています。
生徒は5年生が2人、6年生が3人の5人だけです。

ある日夕食の時に妻が、「K君が親にデジカメを買ってもらったのでモデルになって欲して言うの、どうしよう・・・」と相談してきました。

K君は5年生で可愛い感じの子です。

「例えばテストをして80点以上だったらワンポーズ、85点でツーポーズとかにすれば頑張って勉強するのでは?」と提案しました。

「それいい!」と、妻はとてもはしゃいだ様子で納得していました。

次の週、「ねえねえ、K君だけど、今まで嫌々の勉強だったのに撮影の条件を言ったら急に頑張りだしたの」と嬉しそうに報告して来ました。

それでもなかなか条件の点数は取れないようでした。

妻がK君に撮ってもらった写真を見せてくれたのは、それから数週間してからでした。
写真はリビングのソファーに妻が座っているだけの写真でした。

その後は妻の写真を見ることはなかったので、条件が高くてなかなか撮影できないのかと思っていました。

その日は用事があり店への出勤はなしにしていたのですが、用事が予定より早く終わったので一旦家に戻ってから店に行くことにしました。
家に戻ると妻の姿が無かったのですが、子どもの靴があったので勉強中だろうと思い、着替えてから妻に声を掛けようと勉強部屋の前まで行くと・・・。

「このポーズ、体が痛いよ」と言う妻の声が聞こえました。

(ポーズ・・・?)

撮影をしているのかと思いました。

(体が痛いポーズ?)と思ってると・・・。

“ピピピ・・・パシャ”と、シャッターの音が聞こえました。

なんとなく声を掛けづらくなり、そのまま店に向いました。

その日の夜、なにかモヤモヤしたモノがあり、妻に「最近は写真は撮ってないの?」とついでのように聞きました。

「時々合格点を取るからモデルしてあげてるけど、写真はくれないの」と妻が答えました。

その時はそれ以上は追求しませんでしたが、次の休みの日に妻が出掛けた時に、妻の塾の勉強用に使っているPCのガサ入れをしました。
確信があったわけではないのですが、「写真はくれないの」と言う妻の気になっていました。

しかし、それらしいフォルダーが見つからないので、妻が帰ってきそうな気がしてハラハラしながら、フォルダーをひとつずつ空けていったのですが、結局見つかりませんでした。
自分の思い過ごしかと思いつつ、まだ気が済まなかったので、妻の持ち物を片っ端から調べることにしました。

キッチン、タンス、化粧台・・・何も見つかりません。
もう一度塾用の部屋に戻り、勉強机を調べました。

するとSDカードが数枚出来てきました。

心の中で「ビンゴ!」と叫びながら、自分の部屋のPCにSDカードをセットしました。

画面に表示されたのは、『小学5年生理科のチェック点』など、勉強に関するフォルダーばかりでした。

他のSDカードも全て勉強に関する物ばかり。
ガッカリしながら万が一にかけてそのフォルダーを開けてみたのですが、内容ごとの細かいフォルダーがあるだけで、それを開けるとエクセルで作られた勉強の資料が出てきました。
全部を見るには時間がなさそうなので、無駄なことだと思いつつ全部をコピーして、元のところにバレないように戻しておきました。

次の日、コピーしたものを自分のカメラ用のSDカードにコピーして店に行きました。
仕入れ管理と帳簿への打ち込みが終わり、店も忙しそうではないので持ってきたSDカードを細かくチェックしました。
昨日は気が付かなかったのですが、生徒5人の個別フォルダーがあり、成績などが細かく記録されていました。

K君のフォルダーを開けると他の生徒と同じように成績表が出てきたのですが、同時に『K君の頑張り』という別のフォルダーがありました。

(もしかして!)

急に今までの怠さが消え、大急ぎでフォルダーを開けました。
そこには日付けがつけられた20近いフォルダーがありました。

ひとつ目を開けると、『妻の写真』でした。

10枚ほどの写真があり、その中の1枚に見覚えがありました。
次のフォルダーを開けると20枚以上の妻の写真がありました。
少しこわばった顔の妻が、塾用の部屋のホワイトボードの前やPCに向かっている写真でした。

日付け順に開いて行くと、妻の表情が少しずつ柔らかくなり、ポーズも自然に見えるようなものになっているようでした。
10個のフォルダーを過ぎた時に屈んだ妻を写した写真があったのですが、服の首周りがすこし緩いのか、妻の胸が1/3程度見えていました。
そのフォルダーの中の写真の後半半分は胸やモモが写っているのもが多くありました。

ドキドキしながら次のフォルダーを開けると、妻がソファーに寝転んでいるものでした。
胸の谷間がクッキリ写っていました。
そして最後にはソファーに三角座りをしてパンツが写っている写真がありました。

次のフォルダーは最初から胸が見えている写真でした。
最後には上着を脱ぎ、ブラジャー姿の写真がありました。

頭に血が上った私は、一番最後のフォルダーを開けました。
その1枚目には妻の胸を服の上から触るK君の手が写っていました。
その後、服を捲るK君の手、ブラジャーの上から触るK君の手、スカートを捲るK君の手、スカートを脱がすK君の手、下着姿の妻・・・。

それを見て自分の物はギンギンになっていました。

最後の写真はソファーに座り、大きく股を開いた妻でした。
妻のパンツの中心が濡れて色が変わっているように見えました。

翌日、K君の授業に合わせて、自分のバイク用に買ってたマイクロビデオをソファーが映るようにテレビ台の裏にセットしました。
バッテリーの持ちが心配で、外付けのバッテリーを買い足し、6時間程度の録画を可能にしておきました。

その日、家に帰ると妻が寝るのを待って、トイレに篭り再生をしました。
セットした自分の顔を見て嫌な気分になりました。

そのまま3時間以上は早送り。
妻が急にソファーに座ったので驚いて手を離すと、「どうすればいいの?」と妻の声が聞こえました。
K君は無言で妻をソファーに押し倒し、写真を1枚撮ると妻の胸に手を当てまた1枚。

その手に力を入れて胸を揉みだすと、「あん」と妻が小さな声を出すのが聞こえました。

その後は前に見た写真と同じく服を脱がせ、ブラの上から触り、スカートを巻くり、スカートを脱がしつつ写真を取っていきます。
ニコニコしていた妻の顔が少し艶かしくなっていくような気がしました。

下着だけになった妻は大きく脚を開かされていますが、K君の背中しか見えません。

その後、「先生、今日は裸の約束だよ」と言うK君の声が聞こえました。

そして妻が、「そうね」と言ってブラを取ったようで、K君の撮影が始まりました。

K君が位置を変えたので、妻が胸を隠さないまま撮影されているのがわかりました。
K君の手が胸に伸びてきても妻は逃げないで胸を触らせました。
妻の顔が後ろに倒れて感じる顔になったのを見て興奮が頂点に達しました。
K君がパンツを脱ぐように言うと妻は躊躇することなくパンツを脱ぎました。
少しの間見惚れた後、K君が素っ裸の妻の写真を撮り出しました。
妻は後ろに腕をつき、徐々に脚を開いてきます。

90度近く開いた妻の脚の間にK君が入り、じっと見ていると、妻が「初めて?」と声を掛けました。
黙って頷いたK君は少しして、「触ってもいい?」と聞きました。
妻も黙って頷きました。

後ろ姿で肝心なところは見えないのですが、妻の「あっ」と言う声で触られたのだとわかりました。

K君が触り続けていると、「K君、先生気持ちいいの」と妻が言い、K君の左手を自分の胸に持って行きました。

「ああ・・K君・・・先生気持ちいいの・・・。あっそこ、そこを優しく・・・そうああん」と少し声が大きくなりました。

K君は言われるままに妻の敏感なところを擦り続けていましたが、思い出したように写真を撮り出しました。

シャッター音がするたびに妻が感じているように見えました。
15分ほどK君が妻を責めて、その日の撮影は終わりました。

K君は週に2度来るので、それにあわせてビデオをセットするのですが、2回目、3回目は何も映っていなかったので、妻のSDカードで確認しました。
その2回は、塾に使っている部屋で妻の裸の撮影がされていました。
1回は妻が生理だったようでパンツは脱いでいませんでした。

塾に使っている部屋はホワイトボードと机と椅子が2セットあり、あとは妻の机と本棚しかなくビデオの隠し場所がありません。
このままだとビデオになにも写らないのではないかと思い、作戦を練りました。

次のK君の授業の時に前回のビデオから逆算して撮影が始まったであろう時間を過ぎた頃に妻に電話を入れました。

電話に出た妻に、「授業中悪いけど、ソファーの横のテーブルに書類を忘れてしまったと思うのだけど、今確認できるかな?」と伝えました。

妻は「今、休憩中だから大丈夫よ」と言って、リビングに移動している様子が伝わってきました。

妻の「あったよ」という声を聞いて、「悪いんだけど、そこに書いてある1月から今月までの仕入先別の数字で、今すぐに教えて欲しいところがあるから読んでくれる?」と言いました。

そのままリビングで読むか、塾の部屋に戻って読むかは賭けでした。
移動しているのかしていないのかはわかりませんでしたが、妻が数字を読み出して少ししてから、小さく、「あん・・・」と声を出したのが聞こえました。

気付かない振りをして妻の言う数字を復唱していましたが、少しずつ妻の読むペースが落ちていきました。
息が上がっているのも気が付いていたのですが、こちらからは普通に話をしました。

普通に話すことが限界に来たと思えた頃、「そこまででいいや、ありがとう」と言って電話を切ったのですが、「じゃぁ」と言った妻が電話の切れる寸前に、「ああ」と大きな声を出したのがギリギリ聞こえました。

家に帰り、はやる心を抑えて妻が寝るのを待ち、ビデオを確認しました。
リビングに入ってきた妻は下半身裸で上半身はポロシャツを着たままでした。
妻が書類を読み出すとK君が妻の脚を広げて写真を撮りました。
そしてそのまま妻のあそこに指を持っていきました。

突然触られた妻は小さく「あん」と声を出してしまったようです。

妻はK君を睨むような振りをしましたが、K君はそのまま妻にいたずらを続けました。

K君の指の攻撃に耐えながら、妻は私と電話をしています。
K君の指が妻の中に入った時、大きく仰け反り息が荒くなっていき電話が切られました。

「ああん、K君の意地悪!」と叫ぶように言うと体を仰け反らせました。

K君は時々写真を撮りながら、妻を裸にするとあそこに指を入れたまま妻のおっぱいに吸い付きました。
妻はK君の頭を抱えるようにして、「気持ちいい・・・」と悶えていました。

K君は妻のおっぱいから顔を離すと、熱心にあそこを見ながら指を動かしていました。

「うそ・・・ああぁ・・・んん・・あん・・・」

急に妻が声を出し、自ら腰を突き出すようにし始めました。

「うそ・・ああK君に・・・K君にいかされちゃうなんて・・・ああああああ」と声が大きくなって来ました。

K君は知ってか知らずか、手の動きを早めたようです。

「いやー!K君にいかされちゃう~」と妻は絶叫するようにイキました。

荒い息をする妻を心配そうに見ていたK君は、「K君ありがとう。気持ちよかったの」と妻に言われ、安心したようでした。
疲れたように妻が立ち上がり服を抱えると、K君と一緒に部屋を出て行きました。

あくる日、妻と話をしている時に塾生の成績に話になりました。
K君の話になったときに・・・。

私「最近は写真撮られないの?」

妻「月に1回か2回くらいかな」

私「100点取ったらヌードOKとかにしてあげれば頑張るかもよ」

妻「なに言ってるの。最近K君成績上がってきたから、まぐれで100点取られたらどうするの?」

私「でも、そでれ頑張るのならいいことだと思うけど」

・・・と、真剣な顔で答えました。

妻は少し間をあけて、「でも、◯◯(私の名前)が嫌でしょ?」と聞いてきました。

私「小学生に裸を見せたからってどうってことないよ。襲われるわけもないだろうし、返って性教育にもなっていいだろ」

笑いながら私が答えると・・・。

妻「そっか・・・性教育にもなるのか」

そう言って感心しているので・・・。

私「そうそう、それも大事な教育だろ」

その週は2回ともソファーでの撮影は無く、妻のSDカードでの確認しか出来ませんでしたが、内容は今までとあまり変わりません。
しかし、妻が久しぶりに写真を見せてくれました。

「K君が100点取っちゃったの」

恥ずかしそうに差し出した写真は、妻が下着だけで少し脚を開いて机に座っているものでした。

「こりゃ頑張るだろ!!」

大袈裟に喜んでいる風に言ってみました。
喜んで写真を見ている私を見て、妻は安心したような表情でした。

その次の授業のビデオも諦めていたのですが、今回は映っていました。
K君に裸にされ写真を撮られていたのですが、K君が四つん這いにポーズを要求したらしく妻は恥ずかしそうに後ろを向いて四つん這いになりました。
K君は妻のお尻を抱えるようにして突然妻のあそこを舐め始めました。

「K君ダメ・・洗っていなあああああ・・・すごいどうしてあああああ」

口では嫌がりながら、お尻を出来るだけ高く突き上げるようにしていました。

数分してK君は口から指に替えたのですが、すぐに妻がイキそうになったようです。
K君は妻の腰辺りに後ろ向きに座り腰を抱えるようにして、右手で妻のあそこを激しく責めています。

とうとう妻がお顔をソファにつけ、お尻だけを高く上げた恥ずかしい格好で・・・。

「K君にいかされるーーーいくのいくの」と叫びながらイッてしまいました。

ソファーに崩れ落ちた妻にK君が覆いかぶさり、妻の唇を奪いました。
ぶつかるようなキスでしたが、一瞬驚いた後、妻がリードするようにディープキスを始めました。

「K君大好き。気持ちよくしてくれてありがとう」

妻が時々そう言いながら何度も激しくキスをしているのですが、K君の脚と脚の間に入れた妻の脚が立てられ、K君のあそこを刺激しているように見えたことにとても興奮をしました。

数日後、妻と出勤前にSEXをしている時に、イキそうになった妻に「塾生が襲ってきたらどうする」と聞きました。

「そんなの嫌~」と言うので腰の動きを止めました。

「いやいや動いて、ねぇ」

自分の腰を振るようにするので、「襲われたらちんちん入れるんだよ」と言いました。

返事が無いので「わかったか!」と言いながら激しく腰を動かすと、「ハイ、わかりました、入れます!入れます!」と叫びながら、あっという間にいきました。

落ち着いたときに・・・。

妻「バカ、変なこと言わないで」

私「お前みたいに可愛い先生がはじめての相手だったら、一生の記念になるよ男は」

・・・と、褒めちぎりました。

妻「でも、◯◯(私の名前)は嫌でしょ?」

私「小学生相手の浮気なら問題ないよ。小さくて入ってるかどうかわからないだろ」

そう言って笑いました。

妻「本当にしても知らないからね」

私「それも教育の一環だろ」

自分でも無茶なことを言っているのは判っていたのですが、その場はそう言って話をまとめてしまいました。

次からもなかなかソファでの撮影が無く、SDカードでの確認だったのですが、K君が気に入ったのかキスのシーンが一気に増えました。
そして妻が四つん這いになって、後ろからお尻の穴まで丸見えの状態での写真も増えました。

机の上で四つん這いにされ、K君の指が3本、妻のあそこに挿し込まれ、突き出したお尻と力を入れて机を握る妻の手と、物凄く濡れていやらしく光っている妻のあそこが映った写真の画像はいまだにオナニーのネタに使っています。

どうしてもビデオで見たいので、塾の部屋のエアコンのブレーカーを上げてエアコンが壊れたことにしました。
夏場で忙しく電気屋が来るのに1週間は掛かると言って妻を信用させ、リビングの奥のダイニングにホワイトボードを持って来ました。
他の塾生で映りを確認して、一番いいと思われる角度にビデオをセットしました。

K君の夏休み前の最後の授業の日のビデオは、勉強の後ミニテストをして高得点のK君の撮影が始まりました。
最近はすぐに服を脱がされて下着だけにされるようです。
ダイニングテーブルにM字で脚を開いて座らされ、パンツの上から指でなぜられているところを撮影されていると・・・。

K君「濡れてきたよ」

妻「だって・・・気持ちいいいの・・・あああ」

小学生の責めに感じています。
K君はブラとパンツを取ると撮影をして妻のあそこを舐めだしました。
妻の感じる声が大きくなり、M字に開いた足先を高く上げるようにし始めました。
K君が指で刺激を始めると、今度は腰を突き出すようにそして、「いっくぅ」と腰を突き出して悶える声も大きくなりました。
イクときはいつものように、「K君にいかされるのー」と言いながらいきました。

妻の息が落ち着くと、妻がK君をソファに寝かせてズボンとパンツを下げ、手でそそり立つK君のちんちんをしごき始めました。

K君「先生気持ちいい」

そう言って妻の手の動きをじっと見ています。
妻はK君の袋をもう片方の手で優しくさわさわします。
いつも私に妻がするの同じ動きです。

そしてK君のTシャツを捲り、K君の乳首を舐めだしました。

K君「先生・・・」

気持ち良さそうにするK君の顔を見ながら、「もっと気持ちよくしてあげるね」と言うと妻の口がK君の胸から下のほうに行き、K君のちんちんをパックと咥えました。

K君「あっ」

K君は声を出しましたが、数分で「先生出そうです」と言って、上半身を起こし妻に訴えました。
妻はそれには答えないで、ちんちんの上を口で刺激して根本の方を激しく擦りだしました。

するとK君は、「先生出ます」と言うと腰をビクビクさせ始めました。

妻「んんんんんん」

その動きと一緒に妻が声を出していたのですが、長い痙攣の途中で妻の口らK君の精子が溢れてきました。
K君の痙攣が終わると、妻はゆっくりとK君の精子を飲み込み、溢れた精子も舐め始めました。
綺麗に舐める妻の顔がとても淫乱に見えました。

K君のちんちんは全く小さくならないので、妻が驚いたような顔をしながらまたパックと咥えました。
そして腰を上げてK君の顔の上にお尻を下ろしました。
K君も妻のあそこを一生懸命舐め始めました。

時々我慢できないでちんちんから口を外して、「あああ、ああああ」と悶えながら69のままお互いを責め続けました。

K君が指を中に入れると妻は動きやすいように腰を高くしました。
K君の指の動きが早くなると妻の頭と手の動きも早くなります。

先に「出る」と言って、K君がまた妻の口の中に出し始めました。

今度は溢れさせることなく全部を飲み干したのですが、すぐに妻も限界が来たようで・・・。

妻「K君すごい!いいのいいのいかせていかせてK君すごいの・・・」

そう叫ぶと、今までになく深くイッたようでした。