ショタ

少年を対象に抱く愛情・執着のこと、またはそのような感情や好みを持つ者のこと。

不倫

小さい頃から大好きだった叔母に童貞を奪われました

今から数十年前の話です。 私の父の実家は凄く田舎で、辺りには家が見当たらないくらい山中にありました。 家の近くには綺麗な川も流れていて、いつもそこで遊んでいた記憶があります。 お盆になると必ず家族で父の実家に帰省しました。 実家には...
浮気

少年を食ったという女から聞かされた自慢話

知り合いの女が小学生の男の子とセックスしたって言ってる。 可愛かったから意地悪しようとして食ってしまったらしい。 「中で出されたから心配」とも言ってた。 その女は26歳。 結局、生理は来たらしい。 相手は近所の子供らし...
小学校時代

教育学部の女子大生が教えてくれた性教育

小学6年の時、地元に青少年センターという体験学習の場ができたのですが、ある友達と連れ立って、そこでの催しに参加することになりました。 『小川の生き物探索』とかいうタイトルだったと思いますが、内容は、近くの川でのザリガニ獲りやメダカ採集など...
不倫

家庭教師のお兄さんに手コキとフェラを教わりました

私が初めて男性にペニスを扱かれたのは小6の時でした。 母が私を大学の付属中学へ進学させたくて、大学3年生の家庭教師をつけてくれたのですが、その先生がいわゆるショタでした。 家庭教師は毎週月曜と木曜。 家庭教師がついて2ヶ月くらいの...
小学校時代

教育視察団のお姉さんたちにイカされたイケメン同級生

冬だった。 30年以上前、外遊びが主流の時代だから、休み時間や放課後は、みんな校庭に出て色んな遊びをやった。 『おしくらまんじゅう』とは、子供が何人かでひとかたまりになり、「おしくらまんじゅう、押されて泣くな」などと囃しながら、互いに身...
女性視点

高2の頃に自分がショタコンだと気づきました

私は数々の男性と結ばれてきましたが、それによる快楽というのはずっと得られませんでした。 でも高2の頃、気づきました。 登下校の時に見かける小学生の男の子に欲情している自分に。 それ以来自分がショタコンだということを認め、彼氏と別れ、少...
女性視点

カラオケボックスで可愛い男の子とフェラの練習

私は女子高だったので男子にはまったく縁がありませんでした。 私の友達も男友達がいなかったので、恋愛の話とかはまったくありませんでした。 でも私のクラスにかなりエロい子がいて、いつもその女子が休み時間とかに大きい声でエロい話をしてました。...
不倫

おちんちんの大きな親子・第2話

(そうだ、信君と何か話をしないと・・・) 私「勉強はどう?信君は頭がいいから志望高校もいい学校だよね。息子とは違う学校になっちゃうかな?」 信「どうですかね?まだ決めていません。でも晃も頑張っているみたいですよ」 私「そう...
小学校時代

母の友達に風呂場で手コキをされて精通しました

昭和時代のおばショタ体験です。 僕のお母さんはスナックでホステスをしたんです。 それで同じ職場で仲良くなったホステスさんがよく自宅に遊びに来ていました。 お母さんと母の友人は一緒にお酒を飲んで下品な話をよくしていました。 お母さ...
初体験

調子に乗ってたらドSな女教師のおもちゃにされた

すべて真実です。 当時小学4年生(10歳)の俺は、新任の大学卒業したての担任、佐和子先生のことを甘く見ていました。 授業は聞かず、男友達や女友達と大騒ぎ。 クラスの中心にいるやんちゃグループのリーダー的存在。 怖いものなしって感じの...
女性視点

息子の自慰を見て女の部分が疼きはじめました

三十路のシングルマザーです。 小学6年生の息子と親子2人で慎ましく生活しています。 いつまでも幼い息子と思っていたのに息子のオナティッシュを見つけてしまい、(息子も大人になったんだなぁ~)と感慨深い気持ちになりました。 ある日、仕...
女性視点

公園で遊んでいる男の子の前でお漏らししながらオナニー

告白します。 私は自分の恥ずかしい行為を異性の、特に子供に見られて興奮してしまう変態娘です。 私は22歳で、アルバイトをしています。 自分で言うのもなんですが、職場でも男性によく声をかけられます。 そんな私の趣味は、公園とかで遊...
男性視点

色白なのに毛深い妻の恥ずかしいカラダ

妻は服を着ている時は非の打ち所がない完璧なスタイル。 少し古いがキョンキョン似の色白で、身長168センチと背が高く、Fカップの巨乳の持ち主だ。 しかし服を脱がすと印象がガラリと変わり、いささかグロささえ感じてしまう。 形が良くツンと上...
不倫

息子の同級生に悪戯するいけない母親です・第5話[完]

「沙耶さん・・・ホントだめだって・・・バレちゃうよ・・・」 大胆になっていく私にショウ君は窮しきっていました。 しかし私は無視し、さらに執拗にショウ君のペニスを弄っていきました。 「ああっ・・・」 煽られる欲望に抗えなく...
不倫

息子の同級生に悪戯するいけない母親です・第4話

「ああ・・・」 そのまま軽くペニスを扱くと、ショウ君はたまらないとばかりに、もどかしそうな声を漏らしてきました。 私はショウ君のペニスを弄りながら、さらに彼の身体のあちらこちらを舌や手で愛撫していきました。 そんな私からの行為に、...
タイトルとURLをコピーしました