真面目で物静かな学級委員の女の子と放課後の教室で

この体験談は約 5 分で読めます。

あれは高3の夏休みが終わってすぐの出来事だった。
俺はなんと学級委員に選ばれてしまった。
ペアを組む英子は見るからに委員長タイプの子で、真面目で物静かな子でした。

夏休みが終わったあとに改選された各委員の人たちの名前を大判用紙に書いて掲示するのが最初の学級委員としての仕事だった。
俺はサッカー部、英子は陸上部で部活をしていたので、部活が終わったあとにその仕事をすることになった。
その時は2人とも時間がなく、部活の練習着で作業をした。
俺はハーフパンツで、英子は陸上部で短距離の選手だったのでブルマを穿いていた。
英子は美人というよりも可愛いタイプで、芸能人だと上野樹里に似ている。
でも、男と話をしているのを見たことがなく、浮いた話は1つもなかった。
俺も委員になるまでは英子と話したことがなく、その時も特に話すことはなかったから最低限の会話しかしていなかった。

そのときは大判用紙に記入するために、机を4つ繋げてその上で書いていた。
字がきれいだったA子が書くことになった。
俺は何もすることがなく、ただ黙ってA子が書いているのを正面から見ていることしか出来なかった。
そしてその時、字を書こうとしてA子が前屈みになるたびに、英子の下着のラインが見たいという気持ちが抑えられなくなり、後ろに回り込んだ。
柔らかそうなお尻に浮かび上がるブルマにますます興奮した。
俺は自分の中で頭がおかしくなっていくのを自覚していた。

(勃起したチンコを、あの柔らかそうなお尻に押し付けてみたい)

そんな思いが、沸々と浮かんできてしまっていた。
今にしてみれば恥ずかしい限りだが、そのときは、このウブな英子にチンコを押し付けても気づかれないだろうという思いもあって、さっそく実行に移すことにした。
机と英子のお尻の間の狭いところを通るふりをして、勃起したモノをグイグイと押し付けてみた。
英子は少し前の方に移動したが全然気づいてないように見えた。
これなら何回かやっても大丈夫だろうと思った俺は、それから何回か繰り返したが、それだけでは物足りなくなり、実際に手の甲や手のひらでお尻に触れてみたりしてみた。

5回ぐらい繰り返したときだっただろうか。
それまでは興奮していて気づかなかったが、俺のチンポが英子のお尻の谷間、つまりマンコを通るときに英子がお尻を押し付けてくることに気がついてしまった。
そしてさらに俺の勃起したチンコをチラチラと見てくることにも気づいた。
英子の視界に入るところでは隠していたつもりだったが、MAXパワーになった俺のチンコはもはや隠せなくなっていた。
そして英子が俺のチンコを見たあとで俺の顔を見たときに、ついに目と目があってしまった。

気まずくなった俺が、「・・・ごめん」と言うと、英子は「うん」とだけ答え、また元の体勢で書き出した。

こうなるともう抑えが利かない。
性欲で勃起したチンポを隠すこともせず、わざと英子の脇に立ったりしていた。
そのときである。
机にチンポを押し付けていた俺の方にマッジクのキャップが転がってきた。
英子はそれを拾うついでに、明らかにわざと、手の甲で俺のチンコを触ってきた。
その直後、目と目が合った。
英子の顔は真っ赤になっていた。
俺の中で何かが切れる音がした。

(最後まで、射精まで行きたい)

その思いに支配された俺はすぐに実行した。
前屈みになっている英子の後ろに回り込むと、今までは通過していたマンコの部分でストップし、英子の腰を掴んでみた。
英子はちらっとこっちのほうを見たが、また元の体勢に戻った。
それを見た俺はもうどうにも止まらなくなった。

「やっぱり英子さんも男のあそことか興味あるの?」

思い切って聞いてみると、英子は正面を向いたまま、消え入りそうな声で、「・・・うん」とだけ答えた。

ブルマ越しではあるが英子のマンコの温かさが伝わってきた。
英子も興奮して濡れていたのだろうか。
唾を飲む音が聞こえるくらい静まり返った日も暮れた教室で、2人の学級委員がチンコとマンコをくっつけ、後背位でじーっとしている。
誰かに見つかれば、それこそ大変なことになるのはわかっていたが、部活も終わり、みんなが下校した後で、電気が点いているのはこの教室だけだし、カーテンも閉まっていたので誰も来る気配はなかった。

後背位の体勢でチンコとマンコをくっつけたままで1分か2分ぐらい経っただろうか。
俺はついに覚悟を決めた。
何も言わず、おもむろにハーフパンツと下着を下げ、チンコを出した。
英子はびっくりした様子で振り返ったが、何か悟ったのか、元の体勢に戻った。
ここまでしても拒否されなかったので、もう最後まで行こうと決めた。

俺はブルマの上からチンコをマンコに押し付けた。
童貞だった俺には経験したことがないほどの快感が俺の下半身を突き抜けていくのがわかった。
俺は無言、英子も無言。
教室の中にはチンコとブルマが擦れるかすかな音と、英子が肘をついている机が軋む音、そして2人の少しだけ荒くなった呼吸の音だけしか響いていなかった。
英子は恥ずかしいのか感じているのか分からないが下を向いたままだった。
肘と肘の間から見える唇は一文字に結ばれたままだった。

俺は亀頭がブルマに埋もれていくくらい、突き動かし続けた。
俺は我慢できなくなり、英子のブルマと下着を下げ、マンコの割れ目に沿ってチンコを擦り付けた。
そのうち割れ目の上の部分に来ると亀頭が沈み込み、その箇所でチンコを止めて押し込んだ。
亀頭が少しずつ沈み込んでいく。
それと同時に英子の顔が歪んだ。

俺は英子に、「大丈夫?」と聞いた。

英子は、「そのまま続けて」と言った。

ゆっくりとチンコがマンコの中に沈み込んでいく。
そしてマンコの中に完全に入った。
中はとても温かく、チンコ全体が締め付けられ、背筋に快感が走った。
至福の瞬間だった。

ゆっくりと腰を動かし始めて3分ぐらいだろうか、マンコがさらにチンコを締め付け始めた。
そんな俺にも限界がやってきた。
射精しそうになった俺はA子の腰を掴んでいる手に力を込め、腰を動かすスピードを上げた。
英子は俺が射精しそうなことを知ってか知らずか下を向いたままだ。
俺はついに無言のまま、マンコの奥に大量に射精した。
英子もビクンビクンと疼くチンコの様子や腰を動かすスピードが落ちたことから俺が射精したことがわかったようで、こちらを振り返った。
俺はそんな英子の様子を見ながら余韻を感じるように腰を動かし続けた。
そして射精してから1分後、俺は名残を惜しむようにチンコをマンコから抜いた。
しばらくA子は机に肘をついたままだった。
そのうち英子のマンコから俺の精子が漏れ出してきた。
猛烈な罪悪感と後悔が襲ってきた。
英子に訴えられたら俺は逮捕されてしまうんではないか、ということが頭の中を駆け巡った。

「・・・ごめん・・・」

俺の口からでたのはそれだけだった。
英子はしばらく無言でいたが、なぜか「・・・ごめんなさい・・・」と、消え入りそうな声で言った。
俺はポケットからティッシュを取り出すと英子のマンコを拭いた。

俺は英子に、「付き合って欲しいと」と言った。

英子は小さく頷いた。

タイトルとURLをコピーしました