職場の先輩を泥酔レイプ 1

この体験談は約 5 分で読めます。

職場の先輩の仁志田佳代さんは職場でも眞鍋か◯りに似て可愛いと評判で、他部署にも人気がありました。
その佳代さんに悪戯しました。

その日は定例の休日前の飲み会でした。
普段あまり飲まない佳代さんですが、その日は仕事の貸しがあったので、酒を勧めました。
・・・と言っても酎ハイレモンを2杯。

その後、僕は僕の、佳代さんは佳代さんのグループで盛り上がり、お開きとなりました。
居酒屋の店内にある自販機でタバコを買っている間に、みんないなくなりました。
2次会の話も聞いてないし、お誘いのメールも来ませんでした。
仕方なく、帰ろうと少し歩くと、バス停のベンチに見覚えのある人影が。

近づくと佳代さんでした。

「あれ?仁志田さん?バスはもうないですよ」と声をかけると、
「ああ、◯◯君。ちょっと休んでただけやねん」と、こちらを向いて答えたので、
「大丈夫ですか?」と聞くと、
「うん。大丈夫」と言ったので、
「じゃあ、お疲れさんでした」
「お疲れ~」と言って別れようとしました。

しかし、佳代さんが立ち上がって歩こうとしたときに、ふらふらと車道のほうに出ようとしました。

「危ない!」

咄嗟に佳代さんの腕をつかみ引き止めました。

「大丈夫じゃないですよ。家はどこですか?送りますよ」と言ってしまいました。

「××までやねんけど・・・」と言われ、この場所から近かったので、「じゃあ送ります」と言って肩を貸しました。

佳代さんのマンションの前に到着した時には、すっかり泥酔状態で、一人でまともに歩けそうにありません。
何とか部屋の前まで引きずるように連れて行きました。

「着きましたよ、仁志田さん」と言うと、
「はい、鍵ぃ。開けてちょうだい~」と上機嫌でキーケースをかばんから取り出して手渡した。

キーケースを見るといくつかの鍵があって、「どの鍵ですか?」と聞いてもまともに答えませんでした。
どの鍵かわからんっ!と思いながらも適当に鍵を合わせてドアを開けました。

「開きましたよ」と振り返ると、佳代さんは地べたにしゃがみ込んでいました。

起こそうと揺すっても、「う~ん」と答えるだけ。

仕方なく両脇から抱きかかえて部屋の中に運びました。
玄関で靴を脱がし、引きずるようにしてリビングへ運びました。
部屋を見渡すと一人暮らしなのに2DKと言う間取りで、女性らしい雰囲気でいい香りが漂ってました。
フローリングに寝かしておくのもどうかと思い、部屋を見渡して寝室を確認し、ベッドに運びました。
苦労してベッドの上に仰向けで寝かせると、すっかり寝入ってしまってました。
改めて寝顔を眺めると、確かに可愛くて、人気があるのもわかる気がします。
眞鍋か◯りに似ているというのも頷けます。
目元が少々違うが。

つい唇に吸い付いてしまいました。

まったく反応が無かったのでエスカレートして舌を入れてみましたが、それでも反応がありませんでした。
その時、僕の携帯に2次会の盛り上がりを知らせるメールが届きました。
なんか無性に腹立たしくなりました。

多少何かしても許される気がしてきたので、Dカップはあると噂の胸を揉んでみました。
やわらかい感触にたまらず、反応が無いことをいいことに、直に触ろうと思いました。
ブラウスのボタンを上から順番に全部外して肌蹴させました。
キャミソールを胸の上まで捲り上げ、僕の両手を佳代さんとベッドの間に滑り込まして背中に回しホックを外し、ブラも捲り上げました。
少し両脇に胸が流れましたが、上を向いてもあまり形が崩れませんでした。
胸の大きさの割りに小さく茶色がかったピンクの乳首と乳輪を眺め、携帯で写真を撮りました。
左の乳首を弄び反応を見ましたが、やはり起きる気配はありません。
右の乳首に吸い付いて舌で転がしたり軽く噛んだりしても、起きる気配はありません。

どこまでもいけるんじゃないかという気がして、思い切ってジーンズを脱がしてみることにしました。

ベルトを外し、ボタンを外してチャックを下げると、白い下着が目に飛び込んで来ました。
ゆっくり腰を持ち上げ、ジーンズを引きずりおろして脱がせることに成功ました。
それでも起きる気配はありません。
下着にうっすらと陰毛が透けて見えます。
ジーンズを床に置き、今度はその下着を脱がすことにしました。
下着の両脇のゴムの部分を持ち半ば強引にずり下げました。
黒々とした扇形に生えている陰毛が現れました。
そのままずらし、まず右足を抜き、左足は抜かずに足首のところで留めました。
両足を開いてその姿を携帯で撮りました。

相変わらず起きる気配が無いのでさらにエスカレートして、両足の間に座り、指で陰唇を開き口を近づけました。
割れ目をなぞるように舐め、クリに吸い付き、指を入れました。
それでも反応無く寝息を立て、起きる気配はありません。
指を出し入れしているうちに粘液が溢れてきました。
汗に似た淡い塩味が口に広がりました。
興奮は最高潮に達し、もう止めることはできません。
僕はズボンとトランクスを脱ぎ床に置き、佳代さんの半開きの口に息子をねじ込みました。
暖かい感触が伝わり、息子はどんどん膨張していきます。

いい感じで携帯に撮り、いよいよ最後の砦へ。

佳代さんの両足の間に座り、さらに両足を広げました。
秘貝から流れ出るものがより見えるようになりました。
その部分へ亀頭を当てゆっくりと、そして一気に覆いかぶさりました。
グググっという摩擦抵抗を感じながら根元まで挿入しました。
軟らかい肉襞で息子を包み込む感触を堪能しました。
佳代さんの声が聞けないのは残念ですが、佳代さんと繋がったというだけで充分でした。
佳代さんの様子を見ると、相変わらず寝息を立てて起きる気配がありません。

ふとベッドサイドを見ると写真立てに男の写真がありました。
2人で抱き合って写っているのもありました。
その写真から判断するとどうやら彼氏のようです。
写真の視線はこちらを向き、彼氏に見られているような気がしました。
この彼氏とここで同じことを・・・と思うとさらに興奮し、どんどん突いているとあっという間に絶頂を迎えました。
当然中に放出。

今までに感じたことが無いくらいの快感に包まれながら何度も放出しました。
ゆっくりと息子を抜き流れ出る精液を携帯に撮り、拭き取らずに佳代さんの下着を元に戻しました。
じわーっと染みが広がっていきました。
キャミを引き下げ、ブラウスのボタンを留めました。
証拠隠滅というわけではないですが・・・。
そのときに佳代さんが顔を右に(こちらに)向けました。
びっくりしましたが、起きたわけではないようです。

それでもまだ萎えない息子を佳代さんの乱れた姿をネタにしごき、いい感じのところで佳代さんの口にねじ込みました。
半分ぐらい入ったところで放出しました。
ようやく萎えた息子を口から抜くと、口元からよだれのように精液が流れ出しました。
その姿を携帯に撮るとそっと忍び足で佳代さんのマンションを後にしました。

P.S.
彼氏へ。ちゃんと避妊しているみたいですね。寝室のゴミ箱に避妊具のパッケージがありました。
佳代さんが妊娠していたら僕のせいです。ごめんなさい。