酔っ払った叔母さんが俺を旦那さん間違えて

この体験談は約 7 分で読めます。

うちの実家はとにかくドンチャン騒ぎが大好き。
何かと親戚一同が集まると夜更けまで酒を飲む。
田舎で親戚が多いからなのか、ベロベロになるほどみんな酒を飲んでた。
幼い頃は寝るのが早かったので、実際に見た時はちょっと引いた。
便所で潰れてる人がいたり、庭で吐いてる人までいたんだからね。

忘れもしないあれが起きたのは高2の年末の夜。
毎年恒例のように親戚が集まってドンチャン騒ぎをしてて、俺は友達と初詣に行ってた。
2時頃に帰って来たら、まだ飲んでる人がワラワラいた。
それでも半数は寝ちゃってたようで、俺に気が付いた親戚のオヤジに声を掛けられた。

「もうお前も一人前の男だろ」的なことを言われ、なぜか日本酒を飲まされた。

よくもまぁ~こんなマズイ物を飲んでるなぁ~と思いつつも、早く逃げたかったら飲んだ。
しばらくすると当然酔いも回ってくる。
幸い俺は酒に強い体質だったようで、小さいビールグラスで日本酒を5杯飲んでもホロ酔い程度だった。

3時頃になってようやく解放された俺は、1番奥にある風呂場へと向かった。
脱衣所のドアを開けて思わず息を呑んだ。
まるでホラー映画のごとく、髪の長い女がうつ伏せにぶっ倒れてたんだから。
服装から親戚のオバサンだと分かったので、「大丈夫?」って声をかけた。

このオバサンは俺の記憶が正しければ、確かその当時40代前半だったと思う。
従兄の奥さん。
理由は分からないけど子供はいなくて、だからなのかかなり若く見えた。
ちょっと色んな思い出があるからなのか、俺には色気のあるセクシー系の印象がある。
その脱衣所は母屋から離れてたから、そこに放置しておくわけにはいかない。

「おばさん?大丈夫?風邪引くよ」

暖房もなくて超寒かったから、このまま寝かせてたら凍死すると思った。

「ねぇ?おばさん?起きてよ、ねぇ~」

体を揺すって何度も声をかけたが、おばさんは、「うぅぅ~~~ん」とかしか言わない。
こりゃ従兄を連れて来るしかないかなと思って、一旦離れた。
2階で従兄を見つけたが、泥酔してるのか爆音のイビキをかいて寝てた。
やれやれ困ったぞとなり、まだ飲んでるオヤジどもに声を掛けた。

「酒飲んでるからそのまま寝かせてて大丈夫だよ」

無責任にもそのようなことをゲラゲラ笑いながら言われた。
まぁみんなかなり酔ってたから、手伝う気は更々なかったってわけ。
だから仕方なく、また1人で脱衣所へ。
何度も声を掛けて、それでもダメで、悩んだ末に運ぶことを決断。
とりあえず暖房がある近くの部屋へ運ぼうって思った。
後ろから脇の下に手を入れて、抱えるようにして後ろ向きで引きずった。

この時、別に他意はなかったが、偶然おばさんのオッパイを触ってしまった。
無防備だったオッパイはボインと柔らかく、抱えて運ぶ時も腕にムニムニと当たってくる。
もうそれだけで高校生の俺はギンギンに勃起してた。
ヤバいヤバいと思いつつもオッパイの柔らかさが頭から離れない。
腰を引かなきゃ背中に勃起したチンコが当たっちゃうレベル。
勃起したままなんとか近くに部屋に運んだ。
運んでる最中のおばさんはなぜか楽しいらしく、ニヤニヤ笑ったりキャッキャしてた。
座布団を敷いてそこに寝かせ、エアコンを付けてひとまず退散。
2階から掛け布団を持ってきて掛けてあげた。
んで俺は自分の部屋に戻った。

30分かそこらして、風呂にも入りたかったのでおばさんの部屋へ行った。
電気を点けたら、目ん玉が飛び出るほどびっくりした。
エアコンが暑かったようで、おばさんは洋服を脱ぎ散らかしてた。
ご丁寧にもブラジャーまで外しててパンツ一丁。
しかも更に驚きの光景。
おばさんの右手がパンツの中へw
見事な正真正銘の巨乳が少し横に広がっちゃってた。
ピコンと立った乳首から目が離せなかった。
ハッと我に返った俺は見ないフリをしながらガン見しつつ声を掛けた。

「風邪引くから布団かけなよ」

丸まってた布団をかけようと近寄った時、いきなりおばさんの目が開いた。
俺の顔を見てるんだけど、焦点が思いっ切りぶっ飛んでた。
かなり近くだったのに目の焦点が全然合ってない。
しかも、少しするといきなり白目になったりもしてた。

(こえぇぇ~~)

と思いながら布団を掛けてやると、ニタニタと微笑みながら聞き取れないほどワケの分からない言葉を発してきた。

「えっ?なに?具合悪いの?」

焦点の合わない目で俺を見てきたり、いきなり白目になったりしててマジで怖かった。
呂律が回ってないし、何を喋ってるか全く分からなかった。
でもいきなり上体を起こして俺の足を掴んできたのにはマジで焦った。

「大丈夫?どうしたの?大丈夫?」

焦る俺とは裏腹に、おばさんは何だか笑ってるような感じ。
しかも何かゴニョゴニョ言いながら動くもんだから、おばさんの巨乳がゆっさゆさ揺れてた。
もうその巨乳に目が釘付け。
立った乳首を見ながら、口では「大丈夫?」と何度も声を掛けた。
当然のようにこの時もすでに完全な勃起状態だった。
スウェットだったから思いっ切りテント張ってる状態w

そんな俺の足を掴んできたおばさんが驚く動きを見せてきた。
なんと俺のスウェットを引っ張って脱がそうとしやがった。
両手で掴んで下に引っ張るから、「ちょっと何してんの?やめてよw」と半笑いで押さえた。
ふざけてやってるんだと思ってたけど、引っ張る力が強くて、途中からマジで困った。
おばさんは、「うぅぅんんんんっっ」とか声を出しながらニヤニヤして引っ張ってる。

(オッパイ丸出しで何してんだよ!)って冷静な時は思えるけど、その時は超焦ってた。

しかも引っ張りながら抱き付いてくるから、おばさんの頭が勃起したチンコに当たりそうになってた。
太ももにオッパイの柔らかさが伝わり始めた時、とうとう頭がチンコを直撃。
いやぁ~、あの時はマジで声が出ないほど焦った。

おばさんはゴニョゴニョと何かを言いながら頭をチンコに押し付けてきた。
押し付けっていうか、ゴリゴリ頭で擦ってくる感じ。
さらにスウェットを脱がそうと引っ張ってもくる。
触れないから俺はスウェットを掴んで抵抗するしかなかった。
でも、ふと頭の中で、(脱がされたらどうなるんだろう?)ってことも浮かんできてた。
酔ってはなかったけど酒を飲んでたから、俺もちょっと調子に乗ってたんだと思う。
何をされるのか?
どうなるのか?
そっちの興味が勝った。

だからスウェットを握ってた手を離した。
一気にストンとスウェットが脱がされた。
と同時に、おばさんが太ももに抱き付いてきた。
そんでトランクスの上から勃起したチンコに顔を擦りつけてきた。
正確に言えば、顔というか口付近を擦り付けてきた感じ。
まだ童貞だった俺にはそれだけでも刺激が強過ぎた。
おばさんのヨダレではなく、ガマン汁が染みを作り始めてた。
口元をゆっくり、顔を振るように擦り付けるおばさんを見つつ、揺れる巨乳にも魅入ってた。

そんなおばさんが、今度はトランクスに手を掛けてきた。
その間も何かゴニョゴニョ言いながら。
もう俺は抗うことをやめてた。
だから簡単に勃起したチンコがおばさんの目の前に。
根元を握られ、小刻みにシゴかれながら、人生で初めてのフェラチオを体感した。
声が漏れるほど気持ち良かった。
亀頭を這う舌は器用な動きをしてて、亀頭をチュポチュポ吸う力加減も最高だった。
ジュルジュルと音が鳴り始めて、おばさんはまたもや何かを言いながらしゃぶってた。
こんな気持ちがいいもんなのかと、興奮が脳天をブチ抜きそうだった。

じっと俺はゆっくりと頭を捻るようにしながらフェラチオするおばさんを見下ろしてた。
不意におばさんが俺を見上げてきて目が合った。
おばさんは笑みを浮かべながら嬉しそうな顔で見つめてきた。
と同時に舌をべろーんと出して、「あはぁ~ん」みたいな声を出して裏スジを舐めあげてきた。
俺の方を見てたけど、やっぱり目の焦点が全然合ってないw
いつも見てるおばさんとは別人で、背筋がゾクゾクするぐらいエロい顔だった。
目の焦点が合ってなかったから俺は耐えられたんだと思う。

変な動きをしながら立ち上がったおばさんに抱き付かれて、キスされた。
口の中に舌がベロンベロン入ってきて、そのまま押し倒された。
倒されてからも上から唇を舐め尽くすかのようなキスをされた。
俺は必死にそのキスに応えるよう頑張ってた。
だからおばさんがパンツを脱いだのに気が付かなかった。
キスをしながらチンコを握られ、亀頭を割れ目に擦り付けられた時、濡れてるのに気が付いた。

そこからはもう、おばさんの独壇場。
亀頭を割れ目に何度も擦り付けられ、ある時急にニュルンという生温かい感触が走った。

(入った・・・)

そう感じた。

(初めてセックスしてる、おばさんとセックスしちゃってる・・・)

そんな事ばかりが頭に浮かぶ。
なのに、おばさんは勝手に腰を振りまくってた。
髪で顔はよく見えなかったけど、今にして思えば凄い腰振りだった。
力士がシコを踏むような体勢で、腰を上下にバウンドさせてた。
カリ首辺りまで抜いて、そこから一気に奥まで咥え込むようなバウンド。
途中まで何とも思ってなかったけど、生での挿入だったから気持ち良さも半端なかった。
おばさんは喘ぐというか呻くような声を出してた。

どのくらい経ったのか、気が付くとおばさんは汗だくだった。
目の前でテカテカに濡れた巨乳がバウンドするたびに踊ってた。
思わずその巨乳を揉むと、バウンドのスピードが増していった。
硬くなった乳首、柔らか過ぎる乳房、全てに興奮した。
おばさんの呻きがデカくなって、急に倒れ込んできてびっくりした。
ちょっと手首をひねっちゃって痛かったw
おばさんは俺の耳に口をつけてきて、初めて聞き取れる言葉を発した。
今でも脳裏に焼き付いてる言葉。

「おちんちん気持ちいい」
「もっと突いて」
「オマンコ突いて」

そして絶対に忘れられない言葉が、「アナタ・・・もっとしてぇ」だった。
俺と従兄を間違えてたんだな。
初めて聞く女のやらしい言葉に、俺の興奮も最高潮に達してきた。
おばさんの腰使いが激しくなっていったのも原因の一つ。
どうして良いのか分からず、思わず「イキそう」と呟いてみた。
それを聞いたおばさんは耳元で、「いいわよ、いいわよ」と言ってた。

「出して、このまま中にたくさんちょうだい」

俺は無我夢中だったので、言われるがままそのまま中出しをした。
信じられないぐらい気持ち良かった。
自慰行為はしてたから、射精の気持ち良さは知ってた。
でも、そんなのとは比べ物にならない快楽に襲われた。
射精してる最中もおばさんは体を不規則に痙攣させてた。
痙攣しながらアソコが痛いほど締め付けてきてたのを覚えてる。

少しして抱き付かれたまま腰を上げられてチンコが抜けた。
おばさんはそのままゴロンと横に転がり、何事もなかったかのように寝始めた。
電気が煌々と点いた部屋で、俺はおばさんのオマンコを見させてもらった。
俺の精子が垂れ流れて太ももに流れ出てた。
ちゃんと手入れをしてるようで、陰毛はほぼなかった。
後になって、もっとよく見ておくべきだったと後悔した。

だけど罪悪感に襲われてた俺は後処理のことばかり考えてた。
パンツを穿かせてキャミと薄手のニットを着せ、おんぶをして2階へと運んだ。
そして従兄の隣に寝かせて俺は風呂に入った。
思い出しながら、またシコって射精した。

次の日、おばさんに会うのが怖かった。
だけどおばさんは昨夜の記憶が全くなかったみたい。
俺を見てもいつもと変わらなかった。
あれが演技だったら言葉が出ない。
それぐらい、いつもと変わらないおばさんだった。

かくして俺の初体験は普通の人とは全然違う形で終わった。
あれ以降、おばさんとセックスなんてしてない。
もう怖くて、酔ってるおばさんを見たら、絶対に近寄らないようにしてた。
そういえば、中出しをしたけど妊娠はしてなかったみたい。
そんな初体験のせいで、俺は40代のエロい女が大好きになってしまったようです。
10代の頃も40代の人妻とセフレ関係だったから。

そうそう、おばさんですが、今でも親戚の集まりがあると会いますよ。
今でも色気があってセクシーなオーラが出てる。
もうかなりのオバチャンだけどw
俺とあんな事をしたなんて、今でも実感がない。
でもあのエロさは脳裏に焼き付いてるので、(いまだに従兄とヤリまくってるんだろうなぁ~)って妄想をしながらいつも見てますw