彼の友達に、パンっ、パンって激しく打ち付けられて

この体験談は約 3 分で読めます。

「今、オレの部屋で◯◯(彼)が潰れてるから引き取りに来て~」

はじまりは彼氏の友達(A君)からの電話だった。
行ったら彼はもうタクシーで帰らされていて、A君しかいなかった。

「◯◯が『自分の家で寝たい』って言うからタクシーに乗せてやったんだ。せっかくだから飲もうよ」

なんだか断りにくくて、ちょっとだけ付き合うことに。
初めは他愛ない話とかをしてたけど、なんだかやたらと酔いが回って、それにつれてA君がやたらと触ってくるのに気づいた。
何気なくガードしてたんだけど、なんか空気がおかしいし、もう帰ろうと思って、「もう帰るねー」ってトイレに行って帰って来たら・・・。

A君「◯◯は、Fちゃん(私)みたいな可愛い彼女いてええなぁ。羨ましすぎるわ」

とか言い始めた。
(当時、A君は彼女と別れたばかり)

私「ありがとう、でもA君ならすぐに可愛い彼女できるよー」

ってかわしたら、酔ってたせいか座るときによろめいて、尻もちをついてしまった。
すかさずA君が、「大丈夫かー?」って笑いながら寄って来た。
笑いながら、「うんうん、ありがと~」って流そうとしたら、そのまま抱き締められた。

A君「やばい、やっぱ可愛いわ」

私「あかんって、離して」

抵抗したんだけど、「離さへん」って、そのままキス。
私は絶対にイヤだったので、抵抗しながら「もう帰る、離して!!!」って言ったけど、「離されへん」って。
自分の考えが甘かった・・・。
彼氏の友達だったから、まさかって油断してたのもある。

必死に抵抗したけど、そのまま押し倒されて、キスしながら舌を入れてこようとするので、絶対にそれは拒否してた。
そしたら首筋に舌を這わせながら・・・。

A君「ここ弱いって◯◯が言ってた・・・。なあ、気持ちええんやろ?」

本当に怖くなって、「ほんまにやめて!!!」って言ったんだけど、「もう止まるわけないやろ」って。
しつこいキスを繰り返しながら胸を触り始めるA君。

私「A君、お願いやからやめて・・・」

泣き始めた私をA君はいきなり平手でぶった。

A君「黙らんと、もっと殴るぞ」

その低い声が怖くて、殴られたのが痛くて、抵抗するのをやめてしまった。
A君の手が私の胸を弄り、ブラウスのボタンに指がかかった。

A君「いいおっぱいしてんなぁ・・・」

掠れた声で言いながらブラを外し、ペロペロと舐め始めた。

私「お願い・・・もう止めて・・・」

もう助からないと思って、ぎゅっと目を瞑った。

(助からないなら早く終わって・・・)

そればかり考えてた。
抵抗しなくなった私に気をよくしたのか、A君は泣いてる私にキスを繰り返す。
私が黙っていると「気持ちよくない?」と聞いてきたので、「気持ちいいわけない」と答えると、「体は正直やからな」と言って、足を掴んで開こうとした。

私「いや!」

身をよじる私を押さえつけてクンニを始めた。

私「お願い。もういや・・・」

抵抗をはじめると、私を押さえつけたまま、なだめるように舌がゆっくり、ゆっくり動く・・・。

A君「俺が気持ちよくしたるわ・・・」

A君の舌は彼と違ってすごい柔らかかった。
なんだかとろけるみたいな感覚。
・・・気持ちよかった。

ちゅぅ・・・ちゅくっ・・・。

だんだん、自分でも分かるくらい、いやらしい音が部屋に響く。
恥ずかしくて恥ずかしくて我慢してたけど、声が出始めた。

A君「Fちゃん・・・可愛い」

ちゅ・・・ちゅぅっ・・・。

執拗なクンニは続き、もうおかしくなりそうだった。
やめて欲しいような、もう任せてしまいたいような・・・。
今まで経験したことないくらい長くて、すごい気持ちいいクンニ。

A君「入れていい?」

私「いや」

言葉だけの抵抗。
A君は体勢を立て直すと私の中に入ってきた。
ずん、ずん、と突き上げてくる。
激しくなる息遣い。
ぱんっ、ぱんって激しく打ち付けられて、私もいっぱい声を出してしまって・・・。

終わったあとでA君は、「ごめんな、でも我慢できへんかった。Fちゃんのこと好きで、今日を逃したらチャンスがないと思った」って言い始めた。
私は何も言えなくて、「帰るね」とだけ言って、服を着て帰った。

これから彼とどう接したらいいのか?
A君とのことは、レイプだったのか?

色々分からなくなってきました。
嫌だったけど、怖かったけど、A君に望まれたらまた応じちゃいそうな自分がいます。