甥・姪

小学校時代

親戚の間で美人と評判の叔母と一緒にお風呂

オレが小6の時、父方の祖母が末期ガンで入院した。 いよいよ危ないという知らせを受けた翌日、学校を休んだ1人っ子のオレは、両親に連れられて車で5時間ほどの父の実家へと向かった。 それから3日間ほど、両親は父の兄弟や親類と共に寝ずの看病をし...
不倫

叔母が夜勤の日、叔父に性教育してもらいました

15歳の時、突然の事故で両親を亡くして1人になった私は、母の妹夫婦と暮らしています。 叔母さんは看護師で、時々夜勤があります。 叔母さんは小さい頃から知っていて、マンションですが私の部屋も用意してくれました。 叔母さんはとても良く...
レイプ

性器を噛んでほしがる叔父

3年前、私の父は事業に失敗し、大きな借金を作ったようです。 私は高校3年生でしたが、経済問題から大学受験をやめようと思っていました。 そんな時、父の弟である叔父が可哀想だと言って、私は叔父の家に引き取られ、大学に行くことが出来ました。 ...
男性視点

女の体になった姪とお風呂に入ったのが間違いでした

お盆に親戚の人が家にやって来た時の話です。 私自身も、とても仲良くしているおじさんとその家族。 そのおじさんの娘さんとは、昔からとても仲良くしていました。 当時は娘さんも小さく、よく一緒に遊んだりお風呂も一緒に入ったりするほどの仲でし...
スワッピング

少年とのセックスにはまった嫁・第4話[完]

妻と甥っ子の話。 3月下旬から翔太は下宿している(当人たちは同棲と言っているが)。 ダブルベッドのある寝室は嫁と翔太が使っている。 俺は隣の和室に布団を敷いて寝ている。 去年の11月以降、実は翔太に隠れて何度かセックスしようとしたこ...
スワッピング

少年とのセックスにはまった嫁・第3話

俺「翔太。もうちょっと前後に大きく腰を動かしてごらん」 俺はさっきの愛撫の時のように腰の使いも教えてあげることにした。 翔太「え?・・・あ、はい・・・こうですか?」 素直な翔太。 嫁「んん!あ・・・すごっ・・・そんな...
スワッピング

少年とのセックスにはまった嫁・第2話

今年の5月末の土曜日。 いよいよ嫁とセックスするため翔太が来る日の午前。 「翔太くんのは大きいから挿れたらちょっと痛いかも?でも童貞に挿れられて痛いとか人妻のプライドにかかわる」なんてことを嫁が言い出した。 それで、以前買...
スワッピング

少年とのセックスにはまった嫁・第1話

最近、嫁を高校生の甥っ子に抱かせている。 最初はちょっとした悪い遊びのつもりだった。 今では夫婦揃って甥っ子との関係にはまってる。 ここ3ヶ月くらい嫁とほとんどセックスしてない。 嫁と甥っ子は毎週何回もやりまくってるんだが・・・...
初体験

美人な叔母とセックスしまくった日々のこと

両親が離婚したのは、僕が高校1年生の時だった。 原因は、父の女癖だったようで、昔からそのことが原因で夫婦喧嘩が絶えなかった。 長距離トラックの運転手をしていた父は酒好きで、仕事の合間を縫っては飲み屋を回り、行く先々で店のママや客の女性と...
女性視点

叔父さんにマッサージしてもらってたら気持ちよくなって

私は20代後半、相手は母方の叔父さんで、15歳差なので40代前半。 遠方に住んでるので、会うのは数年に1回くらい。 もともと見た目も若く見えるタイプで、叔父さんっていうよりは“年の離れたお兄ちゃん”的な感覚でした。 話もしやすくて恋愛...
男性視点

酔い潰れた若い叔母と

健太、24歳の会社員です。 俺には父方母方合わせて3人の叔父と5人の叔母がいるんですが、その中の1人、一番下の叔母である愛子が、一昨年の秋に仕事の関係で東京に出てきたんです。 愛子は北海道の会社で働いているんですが、その会社が新しく開設...
男性視点

大好きな叔母に熟女好きをカミングアウトしたら

叔母さんが引っ越すので手伝いに行きました。 もともと僕のアパートから歩いて15分くらいの所に住んでいた叔母さん。 引っ越し先は最寄りの駅から一駅だけ南へ下った場所です。 叔母さんは20代半ばの頃に一度結婚しましたが、2年余りで離婚して...
男性視点

寝たふりを続ける叔母に勃起した一物を握らせて

叔母の部屋に居候して1ヶ月ほど経ったある夜のこと。 襖越しに叔母は寝ていると思い、明かりを消して深夜番組を見ながらオナニーをしていたら突然襖が開いて、「何見てんの?」と声がしました。 勃起した一物を握りながら驚いて見上げると、叔母は薄暗...
不倫

スケベな叔母がしてくれた性教育

僕は高校3年生で、来年大学受験があります。 でも田舎に住んでいるため、叔父夫婦の家に2週間ほど泊めてもらい、そこから街の予備校に通うことにしました。 叔父は42歳のサラリーマンで、大手企業に勤めていていつも帰りが遅く、帰ってこない日もあ...
中学校時代

叔母の汚れたショーツを嗅ぎながら

10年以上前の話をする。 中学2年生、自慰行為の覚えはじめ。 女性を性への対象として、はっきり意識するようになった時期でもある。 幼い頃に母を亡くし、父と弟2人の男所帯で育った私にとって、女性はまるで自分とは違う生き物のようだった。 ...
タイトルとURLをコピーしました