露天風呂で同級生のおっぱいを堪能した思い出

この体験談は約 6 分で読めます。

この前、土日を利用してとある温泉に10人程度のサークルメンバーで合宿という名の旅行をした。
男子6人女子4人で、女子の中には1年生で同級生のりなちゃんもいた。

りなちゃんは、あまりこういった集まりには来れないのだけど、珍しく来ていた。
色白ですらっとした体型ですごく美人なんだけど、男の人がといると緊張するみたいで、彼氏はいなかった。
彼女の美貌の虜になった男は数知れず、一緒に来ていたM先輩もその1人だった。
M先輩は彼女に告白して何度か断られたらしい。

温泉に行くまでにバスの中で飲み、着いた頃にはみんな出来上がっていた。
自分はあまり飲まなかったけど、りなちゃんですらすごく酔っ払っていた。
温泉旅館に着くと、女子部屋が1、男子部屋が2でそれぞれ荷物を置いて風呂に入り、宴会場で宴会を行った。
男子部屋には小さい露天風呂が付いており、自分とりなちゃんとM先輩とで飲んでいた。

M先輩が一緒に露天風呂に入ろうと言い出し、酔っ払っていたりなちゃんは、「すごーい、入りたい!」とオッケーを出した。
自分は緊張しちゃって心臓バクバク。

(マジでオッケーなの?大丈夫なの?)

そう思いながら大好きなりなちゃんとの混浴をすることに。

まず自分と先輩が先にお風呂に入った。
後から、膝ぐらいまである長いバスタオルを体にぐるぐる巻いたりなちゃんが入ってきた。
さすがにバスタオル越しでもりなちゃんのスレンダーな体型とキュッと締まったくびれが目立っており、白い肌と相まってすごくきれいだった。

段差のないタイプのお風呂だったのでスルスルっとバスタオルをつけたままりなちゃんは湯船に浸かった。
酔っ払っているからかすっごくテンションの高いりなちゃん。

「んー気持ちいい~」と満面の笑み。

ポニーテールのうなじがきれいだなと思いつつ、お風呂にお酒を持ち込んで、先輩とりなちゃんを挟む形で談笑した。
飲みながらだとさすがに酔いが回るので、自分は飲むのをやめていた。
けれどもM先輩とりなちゃんは、ここでも飲み続けた。

自分は、りなちゃんは細いのに出るとこ出てるなーっとこっそり見ていた。
すると、りなちゃんのバスタオルが少し下にずれており、乳房の5割ぐらいが見えていた。
真っ白な谷間だった。
細いのを考慮するとDからEカップはあると思った。

しばらく見ていると、どんどんりなちゃんのバスタオルがずり落ちていき、薄茶色の乳輪の上部、全体の1割ぐらいが出てきた。
自分の興奮は最高潮で、もう心臓バクバク。
先輩もチラチラとりなちゃんの胸元を見ていた。

それを見て自分は嫉妬を覚えた。
好きな子のおっぱいが他の男に見られている。
それだけで胸が燃えるようになってしまっていた。

そして、りなちゃんのバスタオルはどんどんずり落ちる。
500円玉より少し大きいぐらいのサイズの薄茶色の乳輪が4割ほど露出し、乳首の根元がバスタオルの圧力でクニュっと曲がって見えかけていた時、りなちゃんは先輩の方に90度の激しいターンをした。
自分の方には背を向けていたが、激しいターンで胸元は肌蹴ていないか心配だった。
先輩の顔を見ると胸元をチラチラ見ている。
幸いりなちゃんは数秒ですぐに元の体勢に戻ったのだけども、胸元は凄まじい状況だった。
バスタオルはもはや胸を覆っておらず、両乳房の乳輪の下部分1割を隠す程度で、完全にりなちゃんの両乳首は露出してしまっていた。

細い肩、白い肌に映える鎖骨、美乳の先端にあるぷっくり盛り上がった乳輪の先端にある程よいサイズの乳首。
右乳首に関しては、勃起こそしていなかったが普通に顔を出しており、先端の穴までも鮮明に主張していた。
左乳首については、自分からの角度が悪いのかどうもあまり顔を出していないように見えた。
辛うじて左乳首の先端の穴は見えるけれども、乳輪と同化しているように見えた。
先輩も目が離せないようで、りなちゃんのおっぱいに釘付け状態。
二人してのぼせそうだった。

湯船の高さ的には、ちょうどりなちゃんの乳房の下ぐらいな感じだったから、りなちゃんの剥き出しになった乳房は、ちょうど湯船にプカプカ浮く感じだった。
自分はこの時、極度の興奮と、先輩も見ているということへの苛立ちとで、胸がモヤモヤしていた。
さすがにりなちゃんもすぐに自分の乳首が丸出しになっていることに気づいて、「きゃっ」と言って胸を隠した。

りなちゃん「見ました?」

先輩「りなちゃんのおっぱい、綺麗でめちゃくちゃ可愛い!もう1回だけ見たいな!」

先輩はとんでもないことを言いやがった。
ただ、りなちゃんもかなり酔っ払っていたのだと思う、顔を赤く火照らせ、満更でもない表情。
ゆっくりと乳房を覆っていた腕を退けた。
そして覆うものが完全になくなった真っ白な乳房を晒した。
細い二の腕と、白く細身の体には大きめなおっぱいが良い対比となって、より興奮度を高めた。
乳房の先端の少しピンクがかった500円玉より少し大きめのぷっくりした乳輪、バランスの良い乳首。
先輩と自分は彼女のおっぱいを正面からじっくり観察した。

自分&先輩「すっごく綺麗!」

りなちゃん「恥ずかしいから、そういうこと言わないでー」

自分がりなちゃんのおっぱいに夢中になっていると先輩が、「りなちゃんの梨、可愛いナッシー」とか言ってフナッシーの真似をし出した。
りなちゃんも笑いながら「フナッシーみたいになってるー」て喜んでいた。
先輩が、りなちゃんの右乳房を手のひらに乗せて上下にスライドさせながら、「りなちゃんの梨、重いナッシー」と言った。
りなちゃんは笑いながら、「フナッシー、それは梨じゃないよー」とか言って一緒に喜んでいた。
先輩のこの行動に、自分は居ても立ってもいられないぐらい嫉妬を覚えたが、指を咥えて見ているしかなかった。

そうすると先輩が、「りなちゃんの梨、柔らかいナッシー!」と言って、りなちゃんの生乳を鷲掴みにして揉みしだき始めた。
ゆっくりと円を描くようにねっとりと揉んでいた。
くにゃくにゃと変形する柔らかそうなりなちゃんの右乳房・・・。

りなちゃん「もー、フナッシー、だめでしょ!」

りなちゃんはちょっと後ろに仰け反るような感じにはなってたけど、先輩がりなちゃんの背中をガシッとホールドしていた。

先輩「りなちゃんの梨、美味しそうなっしー、いただきますなっし!」

パクッ!

なんと先輩は、りなちゃんの下乳をパクッと甘噛みした。

りなちゃん「フナッシー、それは梨じゃないんだよーっw」

まだりなちゃんは笑ってる。
そのまま先輩はりなちゃんの右乳房の下側をパクパクしてた。

りなちゃん「くすぐったいでしょー、だーめ!」

そう言いながらりなちゃんは徐々に膝立ちの体勢になった。
もうりなちゃんは腰ぐらいまでしか湯船に浸かってなくて、バスタオルは腰までずり下がり、もうあと15センチも下がれば下半身も見えてしまうのではないかというぐらいの状態になっていた。
細い腰とキュッと締まったくびれ、お腹から乳房のラインが綺麗だった。
先輩はガシッと彼女の腰をホールドして彼女の下乳を堪能していた。
りなちゃんの左乳房はプルプル上下に震えていた。
そしてついに先輩は舌を這わせ、りなちゃんの右乳首を口に含んだ。
その瞬間、りなちゃんは少しビクッとなって、ぎゅっと先輩の肩を両手で握っていた。

りなちゃん「んっ、本当にダメーやめてー・・・んあっ」

りなちゃんは少し感じていた。
先輩は興奮していたのか無言で彼女の右乳首にむしゃぶりつく。
先輩の口の中で、完全に勃起したりなちゃんの乳首はクニュクニュと踊っていた。
先輩は音を出しながらチュルチュル、チュパチュパと吸ったり、優しく唇で咥えて甘噛みしてみたり堪能していた。
りなちゃんは、「んんーっあっダメーいやっ」と言いながら先輩を突き放そうとしていた。
自分は激しく先輩に嫉妬しながらも、興奮して傍観するしかなかった。

先輩は喉の奥をコッコッと鳴らしたり、時折乳首をちゅぱん!と吸いながら離してみたり、ちょっと強引な感じでりなちゃんの乳首を攻めていた。
りなちゃんは、「あっ・・・ダメ・・・そこあっ・・・」と言いながらやはり逃げ腰の体勢。

その時、先輩はりなちゃんの左胸を指差し、『お前も舐めろ』みたいな感じで指示を出した。
自分は共犯にはなりたくないけど、りなちゃんの乳首を舐めるなんてこの先絶対ないと思い、気づけば彼女の左乳首にむしゃぶりついていた。
むしゃぶりついたことはついたのだけど、自分はもうすでに興奮で膝ガクガク、手も震えていた。

落ち着いてゆっくり攻めようと思って、まずは乳房を掴んで揉んだ。
りなちゃんの乳房はずっしり手に重く、見た目には柔らかかったが、意外と張りが強く固めだった。
一通り揉みしだくと、左乳首の先端を少しコリリと刺激してみた。
しかし乳首は隠れたまま出てこない。
そこでニキビを潰す要領で、両手の親指を乳輪と乳首の境目に合わせ、優しく絞ってみた。
すると、ちゅにゅ~っと、ゆっくりとりなちゃんの左乳首が現れた。
りなちゃんは先輩の右乳首への執拗な責めを受けながらも左乳首の動向も注視していたようで、「あっ・・・え?・・・そんな出し方しないで・・・あっ・・・。舐めちゃうの?・・・んっ」と聞いてきたけど、自分は問答無用でりなちゃんの乳首にむしゃぶりついた。
口に含んだ乳首は柔らかく、甘噛みした時の感じもフニュって感じの食感だった。

吸ったり舐めたり揉んだり時折口から離して乳首を指でコリコリしてやると、乳首が急激に勃起し、コリコリとした感じになった。
口に含んでいると、その変化は如実に分かり、それらの変化を自分の舌が感じ取った。
先輩と自分との連携プレーにより、りなちゃんはもう喘ぐしかない様子で、「りなちゃん美味しいよ」とか「乳首が硬くなってすごいよ」と声かけしても、「あっ・・・んっ・・・」と言うだけだった。

先輩と自分で10分近く攻めただろうか、りなちゃんは湯船から上がり、湯船の端っこに腰掛けた。
それでも自分たちは彼女の乳首を舐めたり吸ったり、揉んだりを繰り返していた。
りなちゃんの左乳首はツルッツルで、舌の上を滑るような食感だった。