お風呂で母にしがみついて初めての射精

この体験談は約 3 分で読めます。

きっかけが何かって聞かれると、よく分からない。
成りゆきというか、昔からというか・・・。

ウチの父親は建築系の仕事で、1ヶ月、2ヶ月の出張が多かった。
よく分からないけど現場監督みたいな。
家にいるのは4月と10月、後は年末年始だけって感じ。
兄弟のいない俺はほとんど母子家庭状態で暮らしてきた。
といっても別に全然寂しいとかグレるとかなくて、極めて普通。
近くにじいちゃんばあちゃんも住んでいてしょっちゅう一緒に飯を食ったりしてるし、何よりも母さんとずっと一緒だったから。

父親が家にあまりいないからか、母さんは俺にすごくやさしい。
おばあちゃんからは「甘やかしすぎ」って言われるくらい。
そんな環境で育ってきたから、俺も自分がちょっとマザコンなんだろうなってのは自覚してた。

本当に子供の頃から母さんにベッタリだった。
お風呂も寝る時もずっと一緒。
自分ではそれが普通だったんだ。
でもある時、友達にマザコン扱いされてから表面的には隠すようになった。
母さんにもお願いした。

「外ではあまり子供扱いはしないで」って。

笑いながら母さんは「分かった」って言ってくれた。
ただ、その反動からなのか、家では前よりも甘えるようになってしまったらしい。
母さんに言われるまでは自覚がなかったんだけど。

覚えてないんだけど、俺は小さいときからおっぱいが大好きだったらしい。
性欲なんて全然ない時から母さんのおっぱいを触ってたみたい。
夜、一緒に寝る時に母さんのパジャマの中に頭から潜り込んでおっぱいを揉んだり、よく乳首を吸いながら寝てたって聞いた。
風呂でも一緒。
バスタブに2人で浸かってる時、よく抱きついて乳首を吸ってたらしい。

ただ、じつはこれらの行動はほとんど今でも一緒。
違いはひとつ、“母に甘えて”ではなく、“母を女として”触ってるってこと。

男と女ってものを意識し始めた頃、ベッドで母さんに抱きついた時に勃起するようになった。
エロいことに対する知識も増えたし、おっぱいを触ることに、“安心”ではなく“興奮”を覚え始めた。
普通なら恥ずかしさを感じて触るのをやめるとか、離れて寝たりするのかもしれない。
でも俺はやっぱり母さんが好きだったし、一緒に寝たかった。
何より母さんの体を触る気持ちよさを自分からやめるなんてできるわけがない。
俺は勃起したチンポを母さんの太ももやお尻に押し付けたりしていた。
そして母さんは、そのことに何も言わなかった。
俺は、(許されたんだ)と思った。

その頃から俺は母さんとたくさんキスをするようになった。
朝も、学校から帰ってからも、テレビを見てる時も、風呂でも、そして寝る時も。
唇を軽く触れさせるだけのキスは前からたまにしてた。
でも、許されたと思った俺は少し大胆になった。
唇と唇だけじゃ満足できなくて、母さんの唇を舐めてみたり、時には唇の間に舌を差し入れて母さんと少し舌を絡めたりした。
母さんはこういうキスを少し恥ずかしがっていた。
でも嫌がってるわけじゃないのは分かってた。
母さんの体を抱き締めて、触りながらするキスが大好きだった。

俺は母さんと一緒に風呂に入ることもやめなかった。
毎回勃起してたけど(笑)
最初は少し恥ずかしくって隠したりしたけど、次第に平気になっていった。
勃起したそれを見ても母さんが嫌がったりしなかったから。
安心した俺は相変わらず母さんに抱きついてキスしたり乳首を舐めたりしていた。
でもやっぱり何か恥ずかしかったから、勃起したチンポが母さんに触れないようにはしてたけど。

ただ、それもほんとに最初だけ。
俺は母さんの体に勃起したチンポを擦り付ける気持ちよさに負けた。
必死になって抱きついて腰を動かして、何度も何度もチンポを母さんの柔らかいお腹に押し付け続けた。
柔らかくてスベスベの母さんのお腹に擦り付ける気持ちよさは半端じゃない。
母さんは俺の動きの意味をもちろん分かっていた。
それでも嫌がらず、俺をゆっくり抱き締めてくれた。
俺は泣きそうになりながら母さんにギュッと抱きついて、初めての射精をした!

タイトルとURLをコピーしました