女子高生2人が立て続けにお漏らし

この体験談は約 4 分で読めます。

公園のトイレの個室で大をしているとバタバタと若い女の子2人の声。

「漏れちゃう漏れちゃう」

「よかった、間に合った!!!」

「頑張って、もう少しだからw」

コンコンとノックの音。
オレは終わってズボンを上げようとしていたが、コンコンと無情にノックを返す。

「あ~どうしよぅ~、あ~~」

「学校でしてくれば良かったのに~。すみません、まだ出ませんか?」

またノック。

「・・・」

少しいじわるで、お漏らしスレも見ている俺にはたまらない状況。
このトイレは個室1つ、男用便器2つの共同トイレ。
きれいに整備されている公園なので、女の人もちょくちょく使っている。

辛そうだから代わってやろうかな。
ちんこ見せつけようかな。

(おっ漏らし!!おっ漏らし!!)

その時、友達がこっちの想像を超えることを言い出した。

「私、見張ってるからこっちですれば」

男用の便器を勧める友達。

「ん~、マジ~?」

「漏らすよりいいじゃん」

冷静だ。
郊外の女子高と女子大の近くで、駅に向かうメインの道の反対方向なので人通りも少ない。

「ん~マジ?誰も来ないよね、ホントにぃ?しっかり見張っててね」

シャー!

勢いの良い音が聞こえる。

(見たい!!)

ドアの下の隙間から覗くと、白いお尻からおしっこの筋。
だいぶ溜まってたみたいで、なかなか終わらない。

「紙~紙~」

事前に紙を用意するのも忘れるくらい焦ってたようだ。

「ちょっと待って」

ガサゴソ・・・。

(今出たら見えるはず・・・だけど・・・)

結局、ドアの隙間から拭き取る一部始終を見てた。
出られなかった。
まあ、どうせ前に回り込んで覗き込むなんてできっこないし。
キャーと騒がれて、この至福の時が終わるのが怖かった。

2人の靴と靴下の種類を覚えて、2分後に外に出て追跡。
もちろん、捨てていったティッシュを拾うのも忘れない。

いたいた、バス停に。

(どんな子だろう?ヤンキー風だったらやだなぁ)

少しずつ近づく。

「あぁ~、行ったばっかり~」

「ゴメン」

「まぁ仕方ないかw」

トイレで時間を取られて乗り遅れたみたい。
時刻表をのぞき込みながら、わざとらしく「あと45分もあるのかよ」と言いながら2人の顔を見る。

(可愛い!!!)

1人は和希沙也似、もう1人は室井佑月似w

(おしっこをしたのはどっちだ?)

靴を見る。
和希ちゃんがしてたのね。
黒いローファーには跳ね返りのシミが点々とあった。

そこで初めて気付いたように話しかける。

「バス来ないね。学校はサボり?」

お昼近くの時間で、周りに同じ学校の子がいなかったので聞いてみた。

「今日まで試験だったんですよ~」と和希。

「お疲れさん。やっと終わったね」

2人の話は止まりません。
相槌を打ちながら思いついた。

「テストの打ち上げでもするか?飯くらい奢ってやるし」

試験終わりの開放感と奢りの一言が効いたのかあっさり成功。

話を聞くと2人は高2。
帰る方向が同じこともあり、いつも一緒に行動してる。
かなり仲が良い様子。
家に帰って車を出すことにした。

「で、何食べたい?なんでも奢るよ」

「なんでもいいってwなんにする?」

「ケンタが食べたい!」

スイマセン、ウチの近くにケンタないんですけど。

ドライブがてら隣町のケンタを目指した。
後ろのシートに2人を乗せたのだが、パンツ&太ももが丸見え。
女子高って普段は股とか気にしないんだよな。

(さっき、和希ちゃんのおしっこを覗き見たんだよなぁ)

現実感がないまま車を走らせる。
CDの話題などで盛り上がり、ケンタへ到着。

「ケンタ、お店に来て食べるの初めてなんだよね」

室井さん、衝撃の告白。

「よし、チキンシバく!」

そして変なテンションw
釣られて俺も、「よし、好きなだけ食え~!」とか言ってしまった。

「あ~、お腹いっぱい」

「さてどうする。カラオケ?ゲーセン?」

「ドライブがいい。動きたくなーい」

海までドライブすることに。
和希ちゃんはおっとりした天然さん。
室井さんはしっかりさん。
いいコンビです。

エッチな話題も振りながら海を目指す。
希ちゃんは中学の時にしたみたいだけど、室井さんははぐらかしてた。
処女だなw
彼氏はいない。
女子校だと出会いがないらしい。
両方とも可愛いのに勿体ない。
色んな話をしていると、室井さんがなんかそわそわ。
和希ちゃんに耳打ち。

「室井ちゃんがお腹痛いって」

「食べ過ぎだってw」

明るく突っ込むが事態は深刻みたい。
しかし海へ向かう田舎道なのでコンビニなんてない。
海水浴場の駐車場にならトイレもあるだろうと、急ぐ。

「大丈夫?」

「なんとか」

なんとか便意の波を乗り越えたみたい。
でもトイレに行きたそう。

(漏らさないかな~。道、わざと間違えちゃおうかな~w)

などと思いながらも可哀想なので急いだ。

その3分後に次の波が来た模様!
そして、今度の波は大きかった。
身をよじって悶えている。

「車、止めようか?あと5分くらいで到着するけど」

迷ってる・・・。
我慢してる・・・。

「もう少し、もちそう」

なんとかトイレのある駐車場へ到着。
しかし室井ちゃん、動けない。
なんとか車の外に出たが、そこで事切れた。

「あぁ・・・ごめんなさい・・・」

ぷぴびぶ~・・・。

さっと車の影に座り込んでパンツをずらし、残りをしだした。
後ろ向きで足を拭くので、お尻が見えた。
和希ちゃんは必死にフォローしていた。
車にあったタオルを洗って絞り、室井さんに渡す。
放心状態の室井さんは黙って受け取り、陰に行って股間を拭いていた。

「気にするな、仕方ないよ」

「大丈夫だから、ねっ」

「俺も漏らしたことあるしw」

「私も私も!漏らしたことあるよ」

和希ちゃんは、なんとか元気付けようと必死。

「スイマセン、トイレまでもちませんでしたw」

やっと言葉を発した室井さん。
帰りの車は恥ずかしい暴露大会で盛り上がった。
で、せっかくお友達になれたのに、こんな事でバイバイはイヤだとなって、それから大学卒業までの5年半、よく3人で遊んだ。
まぁ両方とセックスもした。
今でも2人とは仲良しだ。

タイトルとURLをコピーしました