妻をセールスマンに寝取らせてみた・前編

この体験談は約 6 分で読めます。

私は32歳、妻の『ちぃ(28歳)』の話です。
結婚して4年ほど経ち、子供は2人います。
転勤が多く、妻との出会いも転勤先で、派遣で働いていた妻を口説いて結婚しました。
妻は160センチ、50キロぐらいで、芸能人でいうと菅野美穂をポチャにした感じでしょうか。

2年ほど付き合い結婚しましたが、結婚してすぐに転勤があり、昨年結婚してから二度目の転勤をしました。
一度目の時はコンビニで働いていましたが、二度目の時は少しアバートも古くニ番目の子供も小さいことから、少しの間は主婦業ということで私も納得しました。

近所に知り合いもいなくて、私が帰ると・・・。

妻「今日はセールスマンが3人も来たのよ。しかも子供が寝ている時でまいったわ」

なんて話をしてくれていました。
私は無視してドアを開けなければいいのにと思いましたが、なんか昼下がりに人妻がセールスマンと話をしているというシチュエーションに、このサイトの影響なのか妙に興奮を覚えてしまい、「せっかく来てくれるんだし、ちぃも暇だろうから、話し相手見つかったと思って話を聞いてあげたら。でも買ったりするなよ」と言いました。

何日かして妻は、「何回か来たんだけど面白い人がいてね。私と同い年だし、小さいお子さんがいるんだって~。1時間ぐらい話しちゃったあ」と楽しそうに話していました。

私「1時間も玄関で立ち話じゃ相手にも失礼だろ。ちぃが暇潰しなるなら中に入れてあげなよ。可哀想でしょ~暑いのに」

そのセールスマンは色黒のスポーツマンタイプ。
子供の通信教育のセットを販売していて、この1ヶ月で3回来て、営業の話はせずに妻が好きなドラマや歌手の話です盛り上がったと聞きました。

少し経ち、セールスマンを楽しませようと、妻に服をプレゼントしました。
白いワンピースで、胸元がゆるく肩が紐になっていて、ブラジャーの線だけでなく胸元からブラジャーが少ししゃがむだけで見えそうな服です。

色黒セールスマンはほぼ毎週、水曜日の同じ時間に来るようです。
妻もその日が楽しみになってきているようです。
もともと素直で人を疑うことを知らない妻ですから、「今日は暑いし、これを来て過ごしたら」という言葉を素直に聞き入れていました。

「すごく薄いから涼しいかも!」

妻はご機嫌です。
余計な警戒をさせないように、セールスの話は私からは一切しませんでした。

水曜日の朝、仕事に行く前に玄関で妻を抱き寄せてキスをして10分ほど愛撫をしました。
妻が感じてきたところで私は、「あっ、会社に遅れる!」と妻に謝り、アパートを出ました。
残された妻は汗ばんだ顔を赤らめ、物欲しそうに私を見つめていました。
あと数時間で色黒君が来ます。
そしてその日、妻は初めて色黒君を部屋に入れたようです。

その日、私は早めにアパートに帰りました。
驚く妻。

「早いね!今、子供と夕ご飯食べるとこよ!」といつもの笑顔に。

ただ朝と違うのは、Tシャツに半ジャージ姿。
ドキドキしながら私は食事をとりシャワーを浴び、夜を待ちました。
子供を挟み、ベッドの中で他愛のない話から例の話に。

私「そういえば今日、セールスは何人来たの?」

妻「今日はね。佐藤さん(仮名)が来て、暑そうにしていたから麦茶をあげたわ」

私「それはいいことしたね。家にあげたの?」

妻「うん、佐藤さんって仕事の話とかあんまりしないから、なんか普通にお茶友達みたいな。子供が泣き出したから30分ぐらいで帰っちゃったけどね」

それ以上は聞けませんでした。
その夜は激しくエッチをしました。

その後の話によると、他に薬売りの佐々木さん(推定40歳)と仲良く話をしている模様。
夏も本番になり、妻の服装もゆるくなってきました。
私は進展のなさと情報の薄さに焦れてきて、作戦を考えました。
ICレコーダーを買ってきて部屋にセットしたのです。

私が昼に戻った時、チャンスは来ました。
昼、近くに寄ったので、仕事の合間にアパートに寄りました。
昼飯を妻と子供と食べ、子供を昼寝させました。
私は今日が水曜日だということを忘れてはいませんでした。
妻は白いキャミにタイトな茶系のパンツスタイルです。
ピンクのブラが薄っすら透けて見えています。

そろそろ出掛けようと玄関に行くと・・・。

ピンポーン♪

私はピンと来ました。
すぐにリビングに戻り、レコーダーをオン!
妻が「はーい」と開けると、そこには佐藤さんが。
佐藤さんは私を見るなり・・・。

「あ、先約がいましたね。また来ます」

私のことを他のセールスマンと勘違いしてるようです。
妻は笑いながら旦那だと説明していました。
佐藤さんに軽く挨拶をして、私は外に出ました。
私は仕事そっちのけでアパートの近くで待機していました。
1時間ぐらいして色黒佐藤が出てきました。
後をつけると近くのレストランに入っていきました。
遅い昼飯をとるのでしょう。
私は早くレコーダーを聞きたい半面、佐藤と話したい気持ちになり、レストランへ入っていきました。

「あっ、さっきの!?」みたいな感じでさりげなく同席をし、仕事の話から徐々に核心に迫っていきました。

私「いつも来てもらってるのに、何も買わずにすみませんね」

佐藤「いやいや、奥さんとのお話が楽しくて、つい長いしてしまってすみません」

私「妻も喜んでますから時間のあるときはいつでも寄ってください。あんな妻ですが」

佐藤「いえいえ、綺麗な奥さんで羨ましいです」

私「あんなんでよかったら、いつでも貸しますよ」

佐藤「本当ですか!?」

私「2時間1万ぐらいかな」

佐藤「出します出します!」

私「笑」

佐藤「笑」

佐藤さんと会ったことは妻には内緒にしてくださいと伝え、別れました。

次の日、レコーダーを聞いてみました。
レコーダーには実に興奮する会話が録音されていました。
前半は他愛もない話でしたが、後半は2人の暴露大会。

佐藤「じゃあ私から言いますよ。経験人数は30人ぐらいかな」

妻「え~!そんなに~」

佐藤「普通ですよ。奥さんは?」

私は息を呑みます。
私が知ってる限りでは、私を入れて3人のはず。

妻「恥ずかしいな。6人です・・・」

佐藤「そうなんだ。結婚してから浮気とかあったりして?」

妻「ないですよ~」

佐藤「じゃあみんな付き合った人?」

妻「コンパでその日にが2人ほど(笑)」

佐藤「やりますね~」

私は頭が真っ白に。
ただ下半身はまっすぐになっていました。

その夜、久々に妻とのセックスでバイブを使ってみました。
妻のお尻は大きく、くびれからのラインが淫靡です。
バイブを四つん這いのまま突っ込んでやるとヒィーヒィー喘いでいます。
私が耳元で・・・。

私「これが他の男の肉棒だと思ってごらん。そうだな~今日のセールスマンとか」

妻「あぁ、やめてよ・・・」

妻の喘ぎ声が大きくなりました。
私は目隠しをさせて、イメプレ風に言ってみました。

私「奥さん、私を買ってくださいよ。大きさなら旦那さんには負けませんよ」

こういうのはたまにしていましたので、妻は違和感なく乗ってきました。

妻「はぁん・・・内緒よ、買っちゃう・・・」

私はすぐに果てました。
今までにない興奮でした。
妻も同じようです。
終わった後・・・。

私「あのセールスマン、かなり大きいよね」

妻「そんなの知らないわよ」

私「今度見せてもらったら?(笑)」

妻「ば~か!」

もう少し妻をスケベにする必要があるようだと私は思いました。

平日、その日は私は休みでアパートにいました。
月に一度の平日休みは、昼からビールを飲むのが日課でした。
妻に、「セールスマンが来たら、なんかゲームしない?」と持ちかけました。
妻は私が酔っていることは知ってるし、景品にバックを買ってやると言ったら食いついてきました。

この日は薬屋が来る日です。
前に買ったワンピを妻に着せました。
今回は下着をつけずに。

「これで対応したらバック買ってあげるよ~」の言葉に妻は渋々OK。

私は薬箱に仕掛けをして寝室で寝たふりです。

ピンポーン♪

さぁ薬屋の佐々木さんの登場です。
寝室からはドアを少し開けると玄関が見えます。
私は食い入るように見ました。
佐々木さんが明るく挨拶をして、妻が薬箱を持ってきます。
佐々木さんが開けてびっくり!
薬箱の中にはコンドームが!(笑)
佐々木さんの動揺する顔。
妻は私の仕掛けなど何も知らず、乳首が上からも横から見えるような格好で恥ずかしそうに立っています。
異様な雰囲気の中、佐々木さんが、「あの~暑いですよね、今日は・・・使用分が620円になります。あ、あと・・・こ、これ・・・」とゴムをひと掴みすると、請求書と一緒に妻に渡しました。

妻「えっ!すみません・・・」

どうやら妻は、サービスでゴムをくれたものだと思っているらしい(笑)
私は妻にメールを送りました。

『「いつも使用せずにしちゃうんですよ、私」って言え!バッグは8万までOK!』

携帯を見た妻は動揺しています。
手が震えているのがわかるくらい。
そのとき、お昼寝から起きた子供がつかまり立ちで出て行ってしまった。
妻が子供を抱っこする。
そしておつりを受け取りながら、「すみません、これ、すぐになくなっちゃって・・・」とアレンジしたつもりなのか、もっと恥ずかしい台詞を。
佐々木さんは笑いながら、「そうなんですか~。旦那さんも我慢できませんよね。キレイだし、お若いから」と。

すると、抱っこしている子供が妻の服を引っ張っています!
妻の胸の膨らみは露わになっているはず。
間違いなく乳首も見えているでしょう。
佐々木さんの目線は妻の胸に釘漬けのまま、ハンカチで額を拭きながら話し続けています。
角度的に妻の顔は見えませんが、モジモジしているように映りました。

私は股間に手をやり、オナニーを始めました。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました