汗をかくと体臭がエロくなるバツイチ上司

この体験談は約 3 分で読めます。

汗をかくと体臭がとてもエロくなる35歳のバツイチ上司を、なんとか口説き落としてエッチした。
正直、結婚も考えている。

彼女は、ちょうど5年前、離婚を機に試験を経て総合職に転換。
その直後に入社した俺を含む新人数人の教育を担当することになった。
彼女の第一印象は、『綺麗だけど冷たそうな女』だった。

入社後に総合職に転換した彼女のような者は、わざと厳しい仕事や現場へ配置されてシゴかれる。
新人の中では俺が一番出来が悪かったので彼女は俺の教育係も押しつけられ、俺は彼女の実質的な部下第1号となって、共に現場を駆けずり回る日々が続いた。
俺は、とても情熱的に仕事をこなしながら俺を優しく教育してくれる彼女に好意を持った。

本当に作業服+ヘルメットで現場を駆け回ることも多いので彼女は色々なデオドラントを使っていたが、汗をびっしょりかくと、そんなの全然役に立たない。
2年くらい前から彼女はデオでの消臭を諦めて、汗をかいたら頻繁に清潔な下着に換えるだけにしたところ、余計な香りがなくなった分、汗(をかいた肌)の匂いがよく分かるようになった。
その匂いに魅了された俺は、(この女を絶対モノにしてみせる!)と決意。
ひたすら口説き続け、今年の夏にようやく抱けた。

彼女は、エヴァのマリを35歳にしたような感じ(に俺には見える)。
彼女は自分の年齢(の高さ)とバツイチの過去を気にしていたから、俺からのアタックが真剣なものだと信じられなくて、最初は適当にあしらっていた。
だが、今年の春くらいにようやく俺の必死の真剣さが伝わり、やっと話をまともに聞いてくれるようになった。
それから俺は、従来以上に仕事に懸命に取り組んで、退社後は社の人たちに気取られぬように上手くデートを段取りしながら死に物狂いで口説きまくるという日々を送る。
そうした中で結婚も考えている旨を告げると、彼女は「嬉しい」と言いながらも悩んでいる風だった。
俺は昔からかなり年上の女性が好みだったから、もちろん本気だ。

そして8月初めのある日、デートが始まってすぐ、前の旦那さんとの離婚原因は治療が非常に難しい彼女の不妊だということを告げられた。
俺は(自分自身がお子ちゃまだから)子供が嫌いなので、それはもう願ったり叶ったりだと答えた。
彼女がそんな重大なことを話すということは、これはひょっとして・・・と思っていると、ちょっと涙ぐみながら、「私、◯◯君(←俺)のものになるわ」と言ってくれた。

記念すべき初回のエッチはムードがある場所がいいからと、地元で有名な高級ホテルをいくつも回り、諦めかけたところでようやくキャンセルの空き室(残念ながらショボい部屋)が見つかって、俺たちは結ばれた。
前の旦那さんとは熱烈な恋愛結婚で、なかなか上手くいかなかった子作りのために色々なエッチを試し、独り身になってからは自分で慰めていたということもあって、全身に渡って感度はとても良好。
乳房や下腹が少しばかり垂れ気味なことなんて全然気にならないほど、生まれて初めての生(中出し)エッチに没入した。

2回目以降のエッチは、俺だけシャワーを浴び、彼女には現場でかいた汗をそのまま流さずにベッドへ入ってもらっている。
こうすると、俺がものすごい興奮に任せてガンガン攻め立てることもあり、彼女も十分以上に満足できるとのこと。
爽やかな潮風のような彼女の甘い汗の香りは最高で、腋や髪、そして牝の部分の艶めかしい匂いに勝るものを俺は知らない。

やはり女にとって不妊はものすごく重い悩みであることは事実で、彼女の何気ない言葉や行動の端々からそれが伝わってくることがあるし、あくまでも結果的にとはいえ、俺は彼女の不妊という負い目に付け込んで彼女を俺のものにしたのかも知れない・・・と思った日も1日だけではなかった。
これからも彼女を大切にしていくつもりだ。

タイトルとURLをコピーしました