隣のセックスが覗き放題だった木造アパート

この体験談は約 3 分で読めます。

学生時代の友人に、「いいもの聞かせてやる」と部屋へ呼ばれた。
木造アパートの二階の一室。
友人からは物音を立てないよう注意され、部屋の電気を点けず、二人で押し入れへ籠った。

「隣のカップルは俺が部屋にいないと派手にやるんだわ。だから電気を消して居留守」

というわけで、ボロいアパートだから壁と柱の隙間から明るい隣室もわずかに見えた。

隣室のカップルは、大学の同級生と後輩の女の子。
だから友人がいる時はエッチはしないらしい。
(友人によるとフェラだけらしい)

彼女はごく普通の容姿。
明るく、ちょっと少年っぽい感じ。

俺らが聞いてるとも知らずにエッチを始める二人。
音を立ててキスをする。
壁の隙間からは位置が悪く見えないが、チュ、ヂュパという音と、短い吐息は聞こえた。
最初の「あっ、あぁん」という声を聞いた時は心臓がドクドクした。
友人がニヤニヤとこっちを見てた。

衣擦れの音があって、彼女の甲高い声の間隔が短くなっていく。
ふと隙間を見ると、チンポおっ勃ててあぐらをかいた同級生が、彼女のあそこを舐めてるのが見えた。
狭い隙間からでも意外と見える!

「はい、交代♪」

声を掛けられた彼女はフェラを開始。
あぐらをかいた同級生のを咥える彼女の姿を横から、しかも1メートルの至近距離で見た。
彼女の鼻息や、ちゅっぽちゅっぽ、「◯◯くん気持ちいい?」という声まで、同じ部屋にいる勢いで聞こえた。

隙間からは見えない位置に動いた二人。

「ぁっぁっあっああっ!」って彼女の声と、同級生の「はぁ~」ってため息で挿入を確認。

隙間から見えたり消えたり、お互いの名前を呼び合いながらの約12分間のエッチ。

彼女の声はまあまあ大きめ。
正常位では彼女の足が見えた。
騎乗位では、彼女の胸と斜めからの顔が見えた。
学校では見たことない上気した顔で、「んぁっ、あぁん、あっあっあっ」と高い声が聞こえる。
目を閉じて積極的に腰を振ってるのがわかる。

同級生が「やばいっ」と言って、彼女の動きを止めさせる。
すると友人が僕をつついて、隙間からしっかり覗くよう促す。
ちょうど目の前で座った彼女と、仁王立ちになってチンポをしごく同級生。

「イクッ!」

言うと同時に彼女の顔に精液を掛けた。
彼女は「ん~」と言いながら、滴の垂れたチンポを咥える。
友人が、『すごいだろ!』という顔で見てくる。

彼女の顔を拭いてやる同級生。
彼女が、「もうすぐ生理来るから中でもよかったのに」と話す。
なんか女の顔をしていた。

それから、こちらの壁に寄り添って雑談。
声は完璧に聞こえる。
他愛ない雑談だけど。
壁を一枚挟んで、こっちは男二人。
ジェスチャーで「そろそろ押し入れから出る?」と相談してたら・・・。

「なんでおっきくしてんのぉ?」

彼女の声。
壁に耳をつけなくても聞こえる。
そこから二回戦。
あとで友人に聞いたら、二回もするのは初めて見たと。

二回戦は位置が悪く姿は見えなかったけど、彼女の頭が壁際にあったみたいで、めちゃくちゃクリアに聞こえた。

「はっはっはっ、んんっ、あぁん、ダメ!あんあんあんあんあんっ!」

息遣いまで聞こえる。
また名前を呼び合いながら、何回も「好き」と「気持ちいい」を繰り返しながら、今度も12分。

同級生「あっ、イキそうっ」

彼女「いいよっ、そのままいいよっ!」

正常位でキスをしながら中出ししたっぽい。
次に聞こえてきたのは彼女の、「いやぁ!二回目だよ、なんでこんな出てるの?」の声。
あそこから溢れてきたらしい。

その後、友人の家に通いまくったのは言うまでもない。