ちょっと変わってる先輩が合宿でしてくれた手コキ

この体験談は約 4 分で読めます。

部活で人気を得るためには上手くなければいけない。
僕は必死に練習してコンクールのメンバーに選出された。
メンバーは音楽室で合奏練習の参加が許され、先輩たちにも認知される。

数日で合奏にもなれて、きょろきょろと先輩たちの観察を始めた。
いつもぼんやりと運動場を見つめるパーカッションの先輩が目に留まった。
西日が先輩を照らし、少し脱色した髪の毛をオレンジに染め、頬の産毛がベールのように光を反射した。

(きれいだな・・・)

僕はぼんやりと見惚れてしまった。

「大沢さん、また外見てる」

隣で吹いている先輩が僕の視線に気づいた。

「あの子は変わってるから、ケン君関わっちゃだめだよ」

「僕は・・・別に・・・」

しどろもどろになりながら合奏に集中した。
楽器を片付ける時、さりげなく大沢先輩とタイミングを合わせた。
先輩は制服のリボンも名札も外し、スカート丈を伸ばし、少し不良な格好をしていた。

「ケン君だっけ、よろしくね」

突然の会話に僕は舞い上がった。

「あの、その、お疲れ様です」

チャンスを逃したくないので一緒に帰ることに決めた。
帰り道はたった15分だ。
先輩と僕は小学校が違うため、途中から方向が違うのだ。
僕は勇気を出して、いつもどこを見ているのか尋ねてみた。

「少し向こうに給水塔があるでしょ?」

運動場から見えるキノコ雲を思わせるタワーだ。
周囲が公園になっている。

「昔、あの公園で家族で花火したんだ~。昔ね・・・」

「花火、好きなんですか?」

「お父さんが火をつけて、大きいのをドンドンって」

先輩は薄っすらと頬にえくぼを作った。
また笑顔に見惚れて沈黙が続いた。

「こら!」

先輩の声で我に返る。

「会話が止まると嫌われちゃうよ。まあいいけどね」

いつの間にか別れ道で、くすっと笑って先輩は信号を1人で走って渡っていってしまった。

僕は寝ても覚めても先輩のことを考えた。
先輩をネタにはできなかった。
なぜか罪悪感が膨らむからだ。
必死に一緒に帰る努力をした。
好みのタイプは国広富之、中ランが好き、お昼はパン・・・という他愛のない話から、僕のオナニー回数、他の先輩のエッチな噂といった下ネタも話した。

「家に帰るの・・・嫌になっちゃうんだよね」

先輩は寂しそうにつぶやいた。

「それって・・・」

「違うよ、家が嫌なの。純粋に」

僕の淡い期待を先輩は笑顔で打ち消した。

「家が嫌いなんすか?」

「子供にはわからないよ」

先輩は俯いて信号を渡っていった。
いつも不思議な影を背負う後ろ姿だった。

夏休みに入って、部活の練習はますます厳しくなった。
そして恒例の合宿が始まった。
男子は教室、女子は柔道場で寝泊まりする。
厳しいオナ禁合宿でもある。
夢精が恐怖だった。
夜になり一息ついた時、部長が男子部屋に飛び込んできた。

「大沢さん知らない?」

夕食から行方不明なのだ。
深夜徘徊で補導・・・、部員はそれを恐れていた。

「早く見つけないと。先生にも言おう」

先輩達は、「ヤンキーだから」「変わり者だから」と大沢先輩の陰口を始めた。

「僕、外を見て来ます」

僕は先輩がどこにいるかわかっていた。
給水塔だ。
僕は走った。
なんだか嬉しかった。
公園のベンチにジャージ姿の大沢先輩が座っていた。

「あは、ばれたね」

屈託のない笑顔だった。
足元に線香花火が落ちていた。

「すぐわかりました」

「だよね~、ケンがわかるだろうって出てきたし」

「花火、したかったんですか?それならみんなで・・・」

「特別なんだよ。ここはお父さんが格好良かった場所だから」

僕の言葉を塞ぐように先輩は話し出した。

「お父さん、死んじゃってね・・・うちに新しいのが来てるの」

突然のシリアスな話に僕は狼狽した。
どんな顔で聞けばいいのか、聞いたらなんてコメントすればいいのか、僕は子供過ぎて、まだ上手くやれる自信がなかった。

「お母さん、勝手なんだよね。舞い上がっちゃって」

先輩は頭を僕の肩に預けてきた。
Vネックの体操服の胸元に視線が行く。
ブラの透き間に褐色の乳輪が覗く。
もそもそと音を立てて僕は勃起してしまった。

「もう!」

先輩はそれを見て笑った。
怒られずに済んでほっとした。

「新型もさあ、私を見て勃ってんだよ」

先輩は新しい父親をZガンダムのように呼んだ。

「お風呂覗いたり、引き出しを漁られたり・・・」

僕は憤った。
チンコも憤っている。
先輩は深くため息をついた。

「ケンも新型も一緒か・・・」

意地悪く先輩は笑う。
僕は真っ赤な顔で勃起したままプレゼンテーションを始めた。

「わかった、わかった」

先輩は機関銃のように自己弁護する僕の口を手で塞いだ。
そして頬にキスしてくれた。

「先週、新型のを握らされたんだ・・・」

そう言って先輩は僕のチンコを撫でた。

「ケンも触って欲しい?」

素直に頷いた。
先輩は僕のジャージを脱がしてくれた。

「色が違うね・・・」

じっくりと先輩に観察された。
雑な触り方が少し痛かった。

「精子見せて」

そう言うと先輩は乱暴にしごきだした。
秒殺で僕は射精した。
先輩は手に付いた精子を振り払っていた。

「変な匂いするね、イカとは違うけど」

足で地面に飛び散った精子に砂をかけた。

「ケン、私とセックスしたい?」

「したい・・・です」

「私だからしたい?私だけ?」

「僕、大沢先輩が好きです」

「一生、私だけを好きでいられる?」

僕は頷いて嘘をついた。
クラスにも好きな子がいる。

「コンクール終わったら・・・しよ?」

僕は先輩を抱き締めてキスをした。
学校への帰り道、先輩はおニャン子クラブの歌を歌った。

「セーラー服で処女を捨てるんだ~。脱がしていいよ」

もう一度キスをした。
学校で大目玉を食らい、僕達は合宿生活に戻った。
コンクールは惜しくも代表に選ばれず、地区大会で夏は終わった。

先輩と僕は約束を果たせなかった。
新しい父親のイタズラはエスカレートして、先輩の素行はますます悪くなっていった。
受験という理由で2人の関係はフェードアウトした。
受験という詭弁でクラスの女の子に僕は夢中になった。

お別れも言えないまま先輩は卒業した。

タイトルとURLをコピーしました