お姉ちゃんと呼んでいた若い叔母に下着姿で迫られて

この体験談は約 3 分で読めます。

中学生の頃の話。
近所に親戚の家があって、何かとお使いにやられてた。
ウチのばーちゃんの弟家族が住んでて、チビの頃からよく遊びにも行ってた。
そこのおばーちゃん(と言ってもまだ50歳くらいなので、当時は「おばちゃん」って呼んでた)は外出しがちで、いつも娘さん(続柄的には叔母にあたるけど、やっぱり20代なんで「お姉ちゃん」って呼んでた)が相手してくれてた。
お姉ちゃんは2人いて、1人は山口智子似で、もう1人は鈴木紗里奈似。
近所では美人姉妹で有名だった。

んで、紗里奈の方が特に俺のこと可愛がってくれてたんだけど、2人とも早くに結婚して、家に残ることになったのは智子の方だったので、必然的に智子とよく話すようになった。
チビの時は気付かなかったけど、智子は痩せてる割に乳がでかい。
去年出産してさらにでかくなった感じ。
普通に服を着ててもわかるくらいだった。
目線がついつい胸の方に行ってしまうんだけど、そういう時に限って、「ん?」って首を傾げながら微笑んで顔を覗き込まれるんで、俺は赤面しがちなシャイボーイになりっぱなしだった。
今思うと、からかわれていたのかもな。

ある日、回覧板を持っていった。
チャイムを鳴らすと智子が出た。

「ありがとー。カギ開いてるから上がって~」

なんの疑問もなく上がり込んだ。
水の音がする。

(洗い物かな?)

「ごめんね~。シャワー浴びてたの~」

足音と共に現れたのは真っ白な下着姿の智子だった。
思わずドギマギ。

「あ、あの、これ、回覧板・・・」

白いブラと、そこに押し込まれている肉で立派な谷間が出来上がっている。
目を逸らそうにも濡れた髪をタオルで乾かしながら目の前に立っているから逸らしようがない・・・。
ほんのり上気してるのか顔も肌もピンク色になってるせいか、下着の白ばかりが目に入ってくる。
そんな俺の視線を知って・・・たんだろなきっと、いつものように智子は、「ん?」と首を傾げながら顔を近付けてきた。
シャンプーの甘い匂いと混じった濡れた肌の香りに否応なく鼓動が速くなる。
当然、胸の谷間も目の前だ。
今にも弾けそうな膨らみが俺の目の前を覆った・・・。

気付くと目の前に智子の顔があった。
下着姿のままで上目遣いに見つめている。
なんだか恥ずかしくてまともに目が合わせられない。
ただ、目のやり場がどこにもない。
視界は智子の濡れた肌で埋め尽くされていた。
慌てる俺を尻目に、息が唇に当たるほど互いの顔は近くにあった。

「顔、赤いよ?」

なんだかマンガの世界に迷い込んだ気がする。
と思うや、いきなり智子がおでこをくっつけてきた!

「ん~、熱はない、かな?」

あまりのことに絶句する。

(マンガだ!しかもエロマンガだ!)

本気でそう思った。
あぐらをかいている俺に、おでこをくっつける為とはいえ、下着姿で四つん這いにのしかかっている智子。
じっと見つめられ、息が荒くなる。

その時、電話のベルが鳴った!
瞬間、我に返った。
鳴り続けるベルに「くす」と智子は苦笑を漏らすと、俺の頬に軽く唇を触れた。

「・・・電話出てくるね」

しばらく呆然としていたが、なんだか落ち着かなくなった。
電話中の智子に、「帰ります」と声を掛ける。
智子は少し寂しそうに笑って手を振った。

その数日後、ご進物のお裾分けを、また持って行くことになった。
ベルを鳴らす。
その日はおばちゃんが出た。

「あーごめんね、わざわざ。カギ閉まってるからちょっと待ってね」

扉のガラス越しにカギを開ける仕草が見えた。

「お待たせ~」

扉を開けたのは智子だった。

「お邪魔しま・・・」

俺は目が点になった。
智子はパジャマ姿だったのだ。
胸元は開け、素肌が覗いている。
ブラを着けてないのは一目瞭然だ。

「ごめんね、だらしない格好で」

俺の目線に気付いたのか、智子は怪しく微笑みながらそう言った。
そのとき初めて俺は、智子に誘惑されてることに気付いた。
(鈍感!)

謝りながらも智子は乱れを直そうとはせず、逆に一つ、胸元のボタンを外した。
玄関で。
家の2階ではおばちゃんが掃除をしている音が聞こえる。
智子はボタンをもう一つ外した。
玄関のたたきに居る俺を見下ろすような形になりながら、癖なのだろうか「ん?」と首を傾げ、微笑みを浮かべている。
痺れを切らしたかのように腰をよじった。

「・・・んんっ!」

顔が朱に染まってくる。
ぶるぶるっと智子が震えた。
豊かな胸元が弾みで波打った。
掃除機の音だけが聞こえていた。

結局、その日は玄関で智子の1人エッチを見せ付けられた感じ。
んでまた数日後に行ったとき、めでたく童貞を奪ってもらいました。
以上、完全ノンフィクションでお送りしました。
おしまい!

タイトルとURLをコピーしました