暗い過去を持つ者同士・・・。

この体験談は約 4 分で読めます。

結婚して30年。
還暦まであと3年の俺と、まだ7年ある女房。
夫婦2人暮らしになって3年、初孫が生まれて、爺さん、婆さんになった夫婦。

家の2階の和室に布団を並べて寝ているが、ある金曜の深夜、ふと目覚めて小便をしに行って戻ってくると、女房が目を覚ました。

「私も行って来よう」

「ごめん、起こしちゃったか?」

「そんなことないわ・・・」

女房が戻って来て、布団に入ってこちらを見た。
月明かりに浮かぶ女房の顔は、53歳とは思えぬ美しさだった。

・・・31年前。
結婚しようと思っていた恋人が俺以外の男の子供を妊娠。
悲壮感漂う振られ方だった。
そんな俺に友人が女を紹介してくれた。

「彼女も可哀想な女なんだ。お互い慰め合えよ」

まだ22歳のとても美しい女だったが、どこか影のある暗い印象だった。

「私、レイプされた女なんです。ボロボロに犯されてポラロイドで撮られて、彼氏の玄関に張り出されて・・・、私も彼氏も終わりました」

元彼に何らかの恨みがある人物に復讐のターゲットにされたようだった。

「無理に付き合ってくれなくても構いません」

俺も自分の悲惨な事情を話した。

「とんだピエロだろ?」

本当に慰め会うようにして寄り添い、心が通い合った。

「大丈夫か?トラウマはないか?」

初めて結ばれる時、とても気を遣った。
紹介してくれた友人に訊いた。

「あんな美人、なんでお前が口説かなかったんだ?」

「俺、彼女の犯されたポラロイド・・・見ちゃったんだよね。あれ見ちゃうと、ちょっと無理だな」

紹介されて1年後に結婚した。

「スゲェ美人じゃねえか。どうやって口説いたんだよ?」

親戚に驚かれたが、理由は言えなかった。

布団に入った女房の顔を見て、昔のことを思い出した。
こんな優しくて美しい女を無理やり犯して、撮影した男、そしてその光景を想像した。
泣き叫びながら抵抗したが、力ずくで組み伏せられ、半裸にされて恥ずかしい部分を責められた若き日の女房・・・。
突き刺さる男根・・・。
悔し泣きする女房・・・。
急に股間が大きくなり始めた。

「起きてるか?」

「うん・・・」

「こっち来るか?」

返事は無く、ただ黙って布団を移ってきた女房が俺の胸に抱きついた。
抱き締めながら股間を押し付けた。

「なんか大きくなってる・・・」

パジャマを捲り上げ、乳首を舐めると硬くなっているのがわかった。
乳首をレロレロと刺激すると女房の呼吸が変わった。

「はっ、はうん~」

「感じるか?」

黙って頷くと、女房の手が股間に伸びてきて擦り始めた。
女房にキスすると舌を絡めてきたので、舌を絡め合いながらパジャマを脱がせていくと、女房は自分でズボンとパンツを脱いだ。
女房の体は、年の割にぜい肉が少なく、いいスタイルだった。
欲を言えば、もう少し乳房が大きいと完璧だった。

「お前、凄い大洪水だぞ」

「だって・・・私もしたかったから・・・」

53歳の女房が可愛らしく恥じらった。
両足を持ち上げるようにして、長年愛用してきた女陰を広げた。
月明かりが女陰を照らし、ドドメ色の女陰が愛液で濡れて光っていた。
中指で女陰の愛液を掬うようにして、クリ豆に塗り付けてマッサージした。

「あぁあぁあぁん・・・」

物凄い濡れようだった。

「あなた・・・早く・・・」

いきり起つ男根を女陰に宛てがうと、ヌルリと吸い込まれた。

「あぁ、あなた・・・」

ゆっくりと腰を使って女房の中を味わった。
女房の好きな場所に亀頭を当てて、左右に揺さぶるようにしてやると、本当は前後か上下に動かして強い刺激を期待していたのか、はぐらかされたようで、もどかしがる女房。
実は、こうでもしないと、感じすぎた女房の締め付けに俺が危ないのだ。

スレンダーでお淑やか美熟女が、淫らな姿を見せていた。
上品で美人と評判な女房を見て、近所の男どもは夜の営みを想像するだろうが、実際に、その非日常の艶めかしい媚態は夫である俺しか見られないのだ。

30年も夫婦の営みをしている熟年夫婦だから、お互いの性感帯は知り尽くしている。
微妙に外すことで果てることを先延ばしして、長く濃厚に絡みあい、蕩ける。
乳房に斜めに差す月明かりが、さっきと違う方の乳房に差し込み、時間の経過を教えた。
湿った音が女陰を支配し、女房が女の悦びに咽び泣いた。

「出すぞ・・・」

「下さい・・・」

女房の女陰の奥深くに精液を解き放った。

「あぁぁ・・・」

美しいヨガり顔だった。
あと何年、この美しいヨガり顔が見られるのだろう・・・。
30年も前から見せているのに、淫らに乱れた姿を見られたことを恥じるように俺に抱きつく。

「こんな犯され女を、お婆ちゃんになっても抱いてくれるなんて嬉しい・・・」

ハッと思った。
俺は遠い昔に女房が犯されたことを妄想して股間を硬くした。
もしかして女房もまた、そんな昔を思い出していたのかと思ったら、愛しさでいっぱいになった。