生活のために叔父の愛人になった母を思って

この体験談は約 4 分で読めます。

私は現在21歳で、印刷会社で働いてます。
母は44歳で、運送会社の事務をしてます。
母はちょうど10年前、私が5年生のとき離婚しました。
母と2人で暮らしていましたが、生活は苦しく、いつも疲れ切っている母を見るのが辛かったです。

私が中学に入る少し前、遠縁ながら近くに住む洋叔父さんから、一緒に住まないかとの提案がありました。
洋叔父は当時40歳。
独身ながら、結構大きな一軒家に1人で住んでいました。
部屋はたくさんあるし、家賃分が楽になるでしょうとの提案でした。

母は私にどうするか尋ねてきました。
オナニーを覚え始めた頃だったので、プライバシーがほとんどないアパートよりも、洋叔父の広い家が魅力的でした。
しかし、当時35歳の母と40歳の叔父というのが気がかりに。
母がためらっていたのが子供心にもわかりました。
でも私が洋叔父との同居に同意して母もそれに追随しました。
家賃が必要なくなり、食費や光熱費なども折半でしたので、生活は多少楽になりました。
プライバシーが守られる部屋も与えられ、快適な生活でした。

でも中学生になった私は、同居する前に懸念していたことが気になっていました。
引っ越すときに洋叔父から、私の部屋は2階、そして2階にはまだ部屋があるのに、母には1階の部屋を使って欲しいと言われました。
1階には洋叔父の部屋もあります。
同居を開始して3ヶ月が過ぎた頃、夜中に母の部屋を覗くと、やはり洋叔父と母は同じベッドで寝てました。

(あぁ、やっぱりな)

洋叔父の狙いは母だったんだ。
そして、あの苦しい生活から抜け出すために、母は仕方なくこうしてるんだと思いました。
私にひもじい思いをさせないために。
なんとなく納得した私でしたが、一番大切なものを犠牲にしての生活には疑問を覚えました。

私が中学2年のとき、洋叔父が珍しく出張で数日家を空けたことがあり、私は母に問いました。

「洋叔父との関係は知ってるけど、これでいいの?」

母も私が知っていて当然と思ったのか、落ち着いた様子で答えました。

「一緒に住んでる以上、仕方ないでしょ?」

「なんか納得がいかなくて。母さんが愛人みたくなってて」

「前の生活よりは、あんただっていいでしょ?ギブ・アンド・テイクよ」

ドライな返事でした。
沈黙してしまった私ですが、少しして母に言いました。

「一番大切な人に、大きな犠牲を払わせているような気がして・・・」

「一番大切な人?私のこと?ありがとう。でも仕方ないよ。私もあの生活には戻りたくないし」

「洋叔父と結婚するの?」

「しない。結婚しないかと言われたけど、それは絶対にない。生活のために同居してるだけ」

生活のために洋叔父に抱かれている母は不憫で、何もできない自分を情けなく思いました。

「高校は夜学に通いながら昼間は働くから、その時はここを出たい」

母にそう言いました。

「それは嬉しいけど、そこまであんたにさせられないわよ」

母は顔を赤くして涙をこらえているようでしたが、やがてこらえきれなくなったようで泣いていました。

「すっかり大人になったんだね。逞しくなったね」

泣きながら母は笑っていました。
そして私の手を握り締めてくれました。

「ほんと嬉しいわ」

そのとき私は洋叔父から母を取り戻す決意をしました。
母の手を握り、引っ張るように母の部屋に行き、母をベッドに押し倒しました。

「勝?」

「母さんを取り戻すんだ、洋叔父から」

そう言って母にキスしました。
抵抗はなかったです。
母が着ていた物を脱がせにかかりました。
されるがままの母でした。
乏しい知識を総動員させて、母のあらゆるところに吸い付きました。
無我夢中で母の股に腰を割り込ませ、入れようとしました。

「ダメ、それはダメ」

抵抗が少しありました。

「洋叔父は最初から母さんが目的だったんだ、それが許せない」

母は優しく顔を撫でて見つめてくれました。
そして手を下に伸ばして、私のいきり立ったモノを指で固定すると、腰を少し浮かせて入り口に誘導しました。
なんとなく意味が分かった私が腰を前に出すと、温かい物の中へと入っていきました。
何も言わずにただ見つめ合って、見つめ合いながら密着しました。
母が2、3度、私の下で腰を動かすと、もうダメでした。

「出そうだよ」

母はさらに強く抱き締めるようにしながら、また少し腰を動かしました。
我慢できず中で射精を開始すると、母が、「あっ」と小さく声を出しました。
しばらく抱き合ったままでいると、また立ってきました。

「ちょっと待って」

母が私から離れて、いきり立たせている私を見て言いました。

「ほんと立派になっちゃって。心も身体も・・・」

そう言うと、いきり立ったモノを口に含みました。
私は母の胸を両手で揉んでいました。
私は興奮してました。
母が10回ほど頭を動かしただけで限界でした。

「出ちゃうよ」

私が言うと、ちらっとこちらを見て、また頭を動かしました。
全身に力がこもり、母の胸を力いっぱい掴みながら母の口に出しました。
母はそれを飲み干してました。

「痛ーい。すごい力で掴むから、ほら」

白い肌の母の胸は、私が掴んだせいで赤くなっていました。

「ごめん」

もう1回母を抱き、寝ました。
それからは洋叔父の目を盗み、母との関係を続けました。

タイトルとURLをコピーしました