隣人の母娘と親子丼、ヤリマン体質は血筋かも?

この体験談は約 3 分で読めます。

43歳の妻帯者です。
結婚して12年が経ちます。
昨年の秋に転勤になり、実家から通っています。
週末の土・日は家に帰ります。
家からだと電車で2時間、実家からだと30分なので。

隣の家のA宅は、自分と同級性のゆりと3歳下のまみがいます。
ゆりは結婚して近くに住んでいます。
まみが昨年の年末に離婚して実家に戻って来ました。
子供の頃はよく一緒に遊んでいました。

正月明け、実家から通いはじめの日、帰宅中でまみと改札口でバッタリ会いました。
駅前の居酒屋で軽く飲みました。
その時の話で離婚の理由を聞き、昔話で姉のゆりと自分が付き合っていた頃の話になり、初エッチの事とかを姉から聞いたことを話してくれました。

2時間ぐらい居酒屋で話をしていて、まみは日本酒(冷酒)1合の瓶を5本全部1人で飲んで、自分は酎ハイを5杯飲んで帰宅。
居酒屋から家まで歩いて7~8分。
いつしか腕を組んで歩いていました。
まみは身長162センチで、細身にも関わらず胸はDカップ以上。
自分の右肘がまみのオッパイに触れて柔らかい感触。
ついに勃起してしまいました。

(・・・したい)

それだけ考えていました。

両方の実家は母親だけ。
お互い父を亡くしています。
まみが、「家に来る?飲み直そう」と言うので、言葉に甘えてそのまま、まみの家に夜の9時半頃に上がりました。
おばさんは寝る支度をしていましたが、自分が誘うと一杯だけ付き合って寝ました。

しばらくしてまみが台所に立ったので後ろから抱き締めて、首筋にキス。
まみの体が感じた反応。
正面に向かせてディープキスしながら右手で膣を。
濡れていました。
濡れていた膣をクニクニしてあげると大洪水に。
そのまま駅弁スタイルで挿入して、中出し。
そのまま、まみの部屋で続きを・・・。

1時頃、部屋のドアが開くと、おばさんが立っていました。

「◯◯ちゃん、おばさんにも入れて」

「え!」

最初から見られていました。
おばさんは65歳、おじさんは20年前に他界、それからレス。

まみはその時、寝ていました。
おばさんの部屋に行き、すでに多少濡れていたので入れてみると、まみと違って下付き。
バックか騎乗位向き。
ちなみに、まみは上付き。
姉のゆりはおばさんと似ている。
15分くらいバックと騎乗位でおばさんをイカせて家に帰りました。

朝、まみにSNSで、『寝ていたので帰った』と伝える。
通勤中にまみから『これからもよろしく』との返事。

その晩、仕事が早めに終わって18時には帰宅。
自分の家ではなく、隣の家に。
おばさんと1回。
もちろん、まみはこの事は知りません。

そんなことが続いて3ヶ月。
嫁が私を見て一言。

「実家の暮らしがいいの?だって顔の艶がいいもん!何かしているの?浮気とか?」

女の勘にはびっくりしました。
楽しい親子丼ですが、バレないようにしないと・・・。

おばさんは65歳ですが肌の色や乳首が綺麗で、胸もあまり垂れていません。
まみとは週1でしていますが、おばさんとは週3~5です。
まみは看護士なので夜勤が多いため、出勤前とか合間を見ておばさんとしてます。
年なのであまり無理な体位は出来ないけど、びしょびしょの濡れ具合は、とても65歳とは思えません。

さて、今日もこれから隣に行ってきます。