寝てるお姉ちゃんにフェラやパイズリ、悪戯しまくり

この体験談は約 7 分で読めます。

僕のお姉ちゃんはGカップの巨乳でスタイルが最高にいい。
年は23歳で、僕と7歳違いだ。

5年前から深夜にお姉ちゃんの部屋にこっそり行って、エロい悪戯をしていた。
最初はパジャマの上からおっぱいを揉むだけでドキドキしてたけど、2、3日するとこれくらいじゃ起きないと分かって、ボタンを外して直に揉むようになった。
また2、3日して、これで起きないならもっと大胆にやっても平気なんじゃないかと思って乳首を吸ってみた。
舌で乳首を転がすと、すぐに硬くなった。
左右の乳首を硬くさせて谷間に顔を挟んでおっぱいの感触を楽しんだ。

それでも全然起きないから、3日後、勇気を出してパイズリに挑戦してみた。
パンツを脱いでお姉ちゃんに跨がり、おっぱいにチンコを挟んで腰を振った。
柔らかいおっぱいにチンコが包まれて、自分で擦るよりも気持ち良くて、すぐに出ちゃった。
お姉ちゃんの顎から首、おっぱいの谷間が精子でドロドロになった。
顎と首に飛んだのは少しだけだったから、指で首筋に塗り広げておいた。
おっぱいの谷間に溜まった精子のおかげでさらに滑りが良くなって、パイズリをやめられない。
出したばかりで敏感だけど僕は腰を振り続けた。
チンコも谷間も精子でドロドロのグチャグチャだ。
2回目も挟んだまま出した。
おっぱいから手を離したらヌパァって感じで精子が広がってエロかった。
おっぱい全体にチンコを使って精子を塗り広げた。
特に乳首には念入りに塗り込んで、余った精子はお腹の方まで塗り広げて乾くまで眺めた。
ドロドロのチンコはお姉ちゃんの手に握らせて綺麗にした。
精子が乾いたらパジャマのボタンを留めて部屋に戻った。

次の日もパイズリをして、今度は顔射をしてみた。
まったく起きないから顔中にチンコで精子を塗り広げて、乾くまで暇だからズボンとパンツを脱がせてマンコを舐めた。
柔らかくて甘ったるい匂いのするマンコが、すぐにビショ濡れのヌルヌルになり、エロい匂いも混ざり始めた。
小陰唇を裏も表も丁寧に舐めて、尿道とクリトリスも舌先でクリクリと刺激する。
そうやって舐めてたらお姉ちゃんの腰がクネクネし始めて、さらに大量のマン汁が溢れ出してきた。

マンコ穴に指を2本入れてGスポットを刺激しながらクリトリス舐め。
アナルの方にまでマン汁垂れてたから、指を1本入れてみた。
マンコとアナルの両穴に指を出し入れしてたら、お姉ちゃんの腰が跳ね上がった。
しかもマンコとアナルが同時にギュッと指を締め付けてくる。
起きたのかと思って顔を上げると、熟睡したままのお姉ちゃんの顔が見えた。
寝たままイケるんだと知った。
お姉ちゃんの顔の精子が乾いたみたいだから、元通りにパジャマを着せて部屋に戻った。

さらに次の日は、パイズリから初めて射精寸前で止めて我慢した。
パンツを脱がせてクンニと手マンをして、マンコがヌレヌレになってから素股をした。
正常位でマンコにチンコを擦り付ける。
特にクリトリスを集中的に擦った。
さっきまで射精寸前だったから長くは保たなかった。
マンコに思い切り精子をぶっかけて、チンコで塗り広げた。
表面に擦り込むように塗り、小陰唇は裏側にもしっかり塗り込んだ。
念入りに塗り込んでたら気持ちよくなってまた射精しちゃって、たまたまマンコの穴にチンコの先を擦ってた時だったから、挿入はしてないけどチンコの先をくっつけたままだったから中に少し精子が入ったかも。
その日はドロドロになったマンコが乾かないうちにパンツを穿かせて部屋に戻った。

そんな感じで5年間悪戯してたけど、最近セックスしたくてたまらなくなって、本当にお姉ちゃんを犯すことにした。
いつも通りに悪戯して、マンコの準備が出来たら正常位でチンコを挿入した。
熱くてヌルヌルのマンコの中がチンコに絡みついてきて、少しでも気を抜いたら射精しちゃいそうだった。
ゆっくり腰を動かし始めたけど、ひと突きごとに歯を食いしばって射精を我慢する。
初めてのセックスだからなるべく長く楽しみたいからね。
途中途中休みを入れながら5分くらい腰を振ったけど、ここで我慢の限界が来た。
このまま中に射精するか外に射精するか悩んだけど、抜きたくなかったから中出しすることにした。
ラストスパートかけて腰を打ち付けて、最後は奥まで挿入したまま射精した。
お姉ちゃんの腰と僕の腰が密着したままの射精は最高に気持ち良かった。
ずっと繋がっていたいくらいだった。
もっと射精したくて、萎える前に腰を振り始め、今度は我慢しないで出したくなった瞬間にお姉ちゃんの中に射精した。
2回目も一番奥に出した。
それからチンコが自然に抜けるまで繋がったままおっぱいを吸ったり揉んだりした。
マンコの圧力に負けて萎えたチンコが押し出されたので、パンツを穿かせてから何気に初めてのキスをしてから部屋に戻った。

翌朝、お姉ちゃんの顔を見たらセックスを思い出して勃起しちゃった。
勃起したからオナニーしました。
だけど全然気持ち良くなれなくて射精出来ませんでした。
1日中悶々としたまま過ごし、夜になってから急いでお姉ちゃんの部屋に行きました。
いつも通りパイズリから始めて、クンニ、手マン、アナル弄りと続けたら我慢汁がダラダラ出てきてチンコがドロドロ。
お姉ちゃんの口にチンコを擦り付けたら、唇の柔らかさと鼻息でイキそうになりました。
唇の間にチンコを押し込んでみたけど歯に当たって中に入れられません。
なんとか口開けてくれないかと、マンコに手を伸ばして手マンをしました。
吐息を漏らし始めて口が半開きになり、少し痛いけど歯の間にチンコを押し込みます。
チンコに押されて口が開き、亀頭がお姉ちゃんの口に入りました。
舌がチンコに当たると、ヌルっとして気持ちいい。
手マンを続けながら静かに腰を振ってお姉ちゃんの口を犯します。
歯が当たるのも慣れるといいアクセントに感じます。

「お姉ちゃん、口に出すからね」

熟睡してるから聞こえてないだろうけど、わざと言葉にしてみました。
独り言なのに宣言したことで興奮してしまい、すぐに射精してしまいました。
ドクドクとお姉ちゃんの口の中に精子を流し込み、勢いが弱まったら少し腰を引いて歯にも精子を塗ります。
もちろん唇にもしっかり塗り込みました。
射精したのに勃起が収まらなくて、唾液と精子で汚れたチンコをお姉ちゃんの顔に擦り付けました。
ベチョベチョになったお姉ちゃんの顔は凄くエロいです。
せっかくチンコがドロドロになったので、もう一度パイズリしておっぱいに射精。
射精しながらパイズリを続けて、2連続で射精しました。
それでもまだ勃起が収まらなくて、どれだけ悶々していたのかと自分でもビックリです。
チンコで精子を塗り広げると、おっぱいとお腹が白く光っています。

精子まみれのチンコを今度はマンコに挿入しました。
もう射精することしか考えられなくて、お姉ちゃんが起きてもいいやって感じで思い切り腰を振って打ち付けました。

「ん・・・」

思った通り、お姉ちゃんが目を覚ましたみたい。
でもまだ寝ぼけてるみたいで、焦点が定まっていません。
僕は腰を振りながら上も脱いで裸になりました。

「起きた?今日もお姉ちゃんの身体使わせてもらってるよ」

「ん、え?夢じゃない?」

「気付いてるでしょ?毎日精子まみれにしてたんだから」

「きゃっ!だめよ!姉弟でセックスなんてしちゃいけないのよ!」

「今さら何言ってるのさ、この前だってセックスして中出ししたんだから」

「オマンコに違和感があったのはそのせいなの?」

「そうだよ、悪戯だけじゃ満足出来なくなってセックスしちゃった」

「だからってセックスはダメよ!えっ?口の中が何か変・・・」

「さっき口の中に射精したからね」

「この臭い・・・私、あんたの精子飲んじゃったの?」

「うん、普通に飲んでたよ」

「顔も身体もカピカピしてるし、あんたどれだけ射精したのよ?」

「3回出して、精子まみれのチンコで今セックスしてる」

「それじゃ中出しと変わらないじゃない!」

「心配しなくても今からまた中に射精するから」

「嫌っ!抜いて!中はダメ!」

「あー出る出る!もう出そう!」

「ダメー!」

「お姉ちゃんのマンコに出る~!うっ・・・」

最後に思い切り腰を打ち付けて、子宮口をグリグリしながら射精しました。

「嫌、嫌ぁ~!中に出てる~!妊娠しちゃう!」

「お姉ちゃんと僕の子供かぁ・・・楽しみだね」

「何考えてるのよ!」

「お姉ちゃんだって毎日悪戯して精子まみれにされてるのに不用心過ぎない?本当は犯されるの期待してたか、僕に悪戯されるのを楽しんでたんじゃないの?」

「違うわよ!あんたが傷付くと思って黙ってただけよ!きっといつかは他の女の人を好きになって悪戯もなくなると・・・」

「それだけで5年も弟の好きにさせるかな?」

「本当にそれだけよ!」

「普通は親に相談したり、警戒してドアに鍵を掛けたりするよね?」

「そんな事したらあんたがどうなるか分からないじゃない」

「今だって嫌とか言いながら、暴れて突き飛ばしたりもしないで大人しく中出し受け入れてるし」

「それは・・・」

「気持ちいいんでしょ?だから何もしないで悪戯もセックスも受け入れたんだよね?」

「違うわよ!弟に犯されて喜ぶはずないでしょ!」

「素直じゃないね、まあ、あと何回か中出しすれば正直になるかな?」

言葉だけで行動に移さないお姉ちゃんをさらに犯しました。
3回中出しをしたら何も言わなくなりました。
4回目には大好きホールドまでしてくれました。
汚れたチンコを顔の前に突き出したらお掃除フェラもしてくれて、また口の中に射精してしまいました。
頼んでもないのに精子を飲んでるし・・・。

「ありがとね、お姉ちゃん、大好きだよ」

スッキリしたので部屋に戻ろうとしたら手を掴まれました。

「ごめん、本当はあんたに悪戯されるのを楽しみにしてたの・・・毎日精子の臭いが身体からして興奮してたの・・・」

お姉ちゃんがいきなり告白してきて驚きました。

「前にオマンコに中出しされた時だって、朝トイレで精子が溢れてきて気付いたよ。ショックだった・・・知らないうちに犯されて処女を失ってたんだから・・・」

「・・・ごめん。お姉ちゃんが初めてだったなんて知らなかった・・・お姉ちゃんスタイルいいし可愛いからとっくに経験済みかと思ってたよ」

「ありがとう。今度からはちゃんとしてくれる?寝てる時の悪戯はいいけど、セックスはちゃんとしたいの」

「怒ってないの?僕、嫌われてない?」

「怒ってないし嫌いになんてならないよ、だからしたくなったらお姉ちゃんに言って」

「ありがとう、じゃあ今日はこのまま一緒に寝てもいい?」

「さっきまで男らしかったのに急に甘えん坊になったのね。いいよ、一緒に寝よう」

お姉ちゃんも全裸になって裸で抱き合って寝ました。
まさかお姉ちゃんに許してもらえるとは思わなかったです。
すごく幸せな気持ちになれました。
朝立ちもお姉ちゃんの口でスッキリさせてもらいました。
これからは、したいときにお姉ちゃんとセックス出来ると思うとウキウキしちゃいます。

タイトルとURLをコピーしました