俺の提案の代わりに・・・

この体験談は約 2 分で読めます。

小さいですが犬猫の美容室しています。

ある日、とてもタイプの女性Y美が面接にきました。
168センチでジーンズがよく似合い、胸も大きく上品である。
でいて子持ち独身女性は俺の経験上、よく働く。

早速採用!

ところが、予想通り、社員で3年勤めるA子がいじめ始めた。
いつもそうだ。
気に入らない子が入ってくると必ずいじめる。
今までに何人もが辞めていった。

ところが客ウケは良く、腕も良いので辞めさせるまでにはいかなかった。
そして1ヶ月が経ち、Y美が「辞めたい」と言い出した。

俺は「辞める1ヶ月前には言ってもらわないとお給料は払えない」と言った。

「それは困る」と半べそをかく。

俺はA子のいじめの相談、あと今のマンションも大家さんと険悪で出て行かなくてはいけないのでお金もいる・・・などなど、いろんな相談に乗った。

そこで俺は提案した。

A子には辞めてもらう。
もしいなくなればY美が週6で出勤とハードになると。
しかし社員として採用もするしボーナスも出す。
ここの上(店舗は1階)でよければ大家さんに話してあげるし、毎月、少しだが家賃補助も出そうと。

その代わり・・・。
俺の言うことはなんでも聞けるかと質問した。

Y美は「喜んで」と即、返事をくれた。

1ヵ月後にA子は辞め、Y美がメインであとはバイトが時々になった。
Y美にはミニスカートで毎日来るように言い、お昼は俺の分も作るように命じた。
(もちろん食費は会社持ち)

そして、俺は親切に接した。
もちろんY美とすぐにでもやりたかったが、今、辞められては本当に困るからだ。

こうして2ヶ月後、彼女からお礼に夕食をと誘われた。
子供は実家にいるそうで、部屋では2人きりだ。
俺は夕食後、彼女を押し倒した。
Y美も全然抵抗しなかった。

こうして俺とY美は仕事中もやりまくるようになる。
ノーパンでレジに立つY美。
俺はいつでも生でオマンコを触れる。
俺がレジに立ち、レジ下ではY美がフェラをする。
(もちろんバイトがいないときだが)
そして我慢できなくなり、すぐに事務室でやりまくる。

長い足にミニスカートにスニーカー姿で犯すY美は最高♪

今は仕事も順調だし、毎日が充実しまくっている。