吹奏楽部の巨乳な後輩と中出しセックス

この体験談は約 5 分で読めます。

俺の思い出の体験は高2。
その時の話を・・・。

10年ほど前の話だ。
俺は吹奏楽部に所属していて、ホルンを吹いていた。
先輩は引退してしまい、パートには俺と後輩が2人(←以後、美希、祐里子とする)の3人で一緒に練習をしていた。
美希は可愛くて、胸も大きかった。
一方の祐里子はブスではないが、だからといって可愛くもない、よくクラスにいそうな普通の女子だ。

だがこの2人(特に祐里子)は練習中、よくエロい言葉を口に出していた。
だが聞くと、まだ初体験はしていないらしい・・・。
童貞ではなかった俺は、2人の処女膜を突き破りたかった。
が、突然そんなことを言い出すのは、先輩としてみっともない。
そう思い、時間だけが過ぎていった・・・。

10月のある日、中間テストも終わり、文化祭へ向けて練習を再開しようとしている頃、美希が、「明日、空いてます?」と聞いてきた。
このようなことは過去にも何回かあり、その時は「カラオケ行きませんか?」とか「プールに行きませんか?」という誘いだった。
だが今回は違った。

「ウチに来ませんか?」という誘いだった。

(えっ・・・)

俺は一瞬戸惑った。
だが、後輩からの誘いを断るのは良くないと思ったので、「あ、・・・わかった」と返事をした。

翌日、俺は美希の家へ行った。
(正確には、美希と学校で待ち合わせて美希の家へ行った)
美希の家へ上がり込むのは、もちろん初めてである。

俺は美希の部屋へ入った。
どうやら美希の両親は出掛けているらしい。
雰囲気は2人っきり。
だが、どうしたらいいのかわからない。
とりあえず部活のことや新しい曲についてなど色々話をした。
1時間ぐらい経っただろうか、美希はこう言ってきた。

「先輩・・・」

「ん?何?」

「実は・・・、クラスの男子に告白したんですが・・・、ふられてしまったんです・・・」

そう言った美希の顔からは、1粒、2粒と水滴が流れ出していた。
そんな美希を見て俺は、(あ、そういえばあのとき・・・)とあることを思い出していた。

最近の美希は少し変だった。
いつもの美希は真っ先に朝練に来て、少しでも上手くなろうと熱心に練習する子だった。
いつも明るくて、1年の中での部長的存在だった。
しかし最近の美希は朝練にも来なくなり、音もいつもの美希の明るい音ではなく、ちょっと暗い音だった。

俺は、あのとき美希の相談相手になってやれなかったことを後悔し始めた。
先輩として失格だ。
会話も止まってしまった。
俺は何をしたらいいのか判らなかった。
ただ、今しなければならないのは美希を慰めること。
ただそれだけだ。

俺は何を思ったのか、涙ぐんでいる美希を抱き締めてしまった。
恐らくその時の俺は、慰める方法がこれ以外ない、と思い込んでしまったのだろう。
俺は突然とてつもない勢いで後悔し始め、「ごめん・・・」と美希に謝った。
しかし美希は、泣きながら俺に抱きついてきたのだ。
相当ショックだったのだろう。
だが俺も美希を抱き締めるだけで何もできなかった。
俺の頭の中には、(美希を慰めるためにエッチをさせてあげようか・・・)と、今思えばとても馬鹿馬鹿しい考えをしていたのだ。
本来なら先輩失格だが、その思いは止まらなくなってしまい、美希が泣きやんだのを確認すると、美希にキスをしてしまった。
もう後悔などない。
美希が抱きついてきた以上、とことんエッチしようと決めていた、退部覚悟で・・・。

ところが美希は俺のキスをすんなりと受け入れてくれた。
長いキスだった。
俺の頭の中にはもうエッチをすることしかなくて、「エッチ・・・する?」と聞いてしまった。
しかし理性を失っていた俺は、美希の返事がどうであれ、美希を犯したかった。
美希はすぐに返事をくれなかった。

だが、「・・・いいですよ・・・」と小さな声で返事をくれた。

あまり乗り気じゃなかったのだろう。
しかし俺はそう考えている余裕もなく、返事をもらうとすぐに美希の服をゆっくりと脱がし始めた。
ところが、いよいよ美希のブラのフックを外そうという時になり、美希は突然躊躇い始めた。

「やだっ・・・、先輩、恥ずかしい・・・」

俺がそんな言葉を聞くわけがなく、強引にブラのフックを外した。
すると俺の目の前には、予想以上に豊富なおっぱいがあった。
俺は思わず美希のおっぱいにかぶりついた。

「せ、先輩・・・あっ、んっ・・・」

美希が俺の求めている、やらしい声になってきた。
俺はしばらく続けた後、右手を美希の下半身へと持っていった。
俺は迷わずスカートの中の下着に手をかけた。
抵抗する様子はない。
そう感じ取った俺は、念願の美希のまんことご対面した。
興奮してしまった俺は、そのまんこの中に右手を突っこみ、弄り回した。
美希のやらしい声が聞きたかったのだ。

「あんっ・・・、んんっ・・・」

そんな声を聞いているうちに、ちんぽは爆発寸前になっていた。
しばらく美希のまんこを弄り回し続けた。
しかし美希が、「もう・・・だめぇ・・・」と言った。
十分美希のまんこの中は濡れていたので、俺は右手を抜き、下半身を勢いよく脱ぎ、ちんぽを剥き出しにした。
そして美希の目の前に見せつけてやったのだ。

「このちんぽ、どうする?」

そう美希に問いかけた。
だが俺は、美希の返事がどうであれ、このちんぽを挿入するつもりでいた。

「・・・」

美希は無言だった。
だが美希の目は、明らかに挿入されることを望んでいた。
俺はそれを察し、美希を四んばいにさせた。

(もう躊躇うことは何もない。あとは挿入するのみ!)

そう思った俺は、ゆっくりとちんぽをまんこの中に入れていった。
だが、少しずつ入れていくうちに、美希の顔が歪んできた。
だが俺はお構いなしに少しずつ入れ続け、そして・・・。

ブチッ・・・。

「い、痛い・・・」

美希がそう言った。

が、俺は、「もう大人だよ・・・」とだけ言って、腰を少しずつ動かし始めた。
腰を動かし始めると、「あんっ・・・、はぁんっ・・・」と甘くてやらしい声が聞こえてきた。
その言葉に反応するかのように、俺は腰をもっと速く動かした。
しばらくして、俺は絶頂を迎えようとしていた。
だが快感に浸っていた俺は、そのまま挿入を繰り返し、とうとう中出しをしてしまったのだ。
その時になって俺は後悔し始めた。

俺は美希に、「どうだった?気持ちよかった?」と聞いた。

ところが美希の返事は意外だった。

「ありがとうございます!」

今日一番の笑顔で返事をしてきたのだ。
その後、俺は3回射精した。
この3回は俺が強制的にやったのではない。
美希がお願いしてきたのだ。
なぜか自信に満ち溢れている顔だった。

そして俺は家に帰ろうとした。
美希が玄関でキスを求めてきたので、玄関で2分ほどキスして俺は帰った。

翌日、部活があったので、行くと美希が1人で練習していた。
そんな美希に挨拶すると、なんと告白された。
俺は驚いたが、すぐに返事をした。
もちろん、「OK」と。

<その後>
部活の練習中に祐里子が、「昨日、美希とキスしていましたよね?」と聞いてきた。
玄関でのキスを見ていたのだろう。
それから祐里子は部活の人にバラしまくり、俺と美希は部活公認のカップルになってしまった。
それからも俺と美希は交際し続け、美希が高校を卒業すると同時に結婚し、子供も2人出来て幸せな生活を送っていた。
・・・が、3年前、交通事故により美希は他界してしまったのだ。
その時は涙が止まらなかった。
だが、くよくよしていては美希に失礼だと思い、すぐに立ち直って、残された2人の子供とともに今は暮らしている。