部屋の窓から露天風呂が丸見えな老舗旅館

この体験談は約 10 分で読めます。

先日行った温泉での覗き体験談です。

彼女と一緒に日本有数の温泉地の、露天風呂が有名な某老舗旅館に宿泊しました。
有名な旅館ということもあり、行き届いたサービス等は文句なしのものでした。

それに加え、『女湯を覗ける』というサービスまであるなんて夢にも思いませんでしたがw

旅館に到着して旅館3階の客室に案内された後、彼女と早速露天風呂に。
ブログに載せるため、デジカメも持参。
彼女と別れ男湯に行ったところ、時間が早かったこともあり貸切状態でした。
内湯を楽しんだ後、露天風呂に入るために外に出ました。

露天風呂は打たせ湯もあり、評判どおりの素晴らしいものでした。
ただ、露天風呂に行くためには5m程の通路を通らなければならない構造。
しかも通路は旅館2階の特定の部屋の窓から丸見えの状態。
正直何だコレはと思いました。
(ただ、後で分かった話ですが、その部屋は客室ではなくお食事処でした)
自分が見られるのは嫌だったんで、足早に退避。

そうして露天風呂に入っていたところ、壁を隔てた向こう側から多くの女性の声が。
男湯と違い女湯は大賑わいの様子でした。
おばさんの声が多かったですが、若い女の声も混じっていました。
すぐそこに全裸の女がいる、と思うと悶々と・・・w
出来心が生まれて露天風呂にある少し高い岩の上に乗り、女湯を覗くことに。

壁からもろに顔を出していると向こうからも見えてしまうため、デジカメだけ出して撮影しました。
何枚か撮影してその場で写真を確認したところ、角度的な問題もあり、殆ど写ってませんでした。
がっかりしつつも、これ以上大胆にやっているとばれるかもしれないと思い、諦めることに。

そもそも露天風呂の上には半透明の波板が取り付けられているんですが、写真を撮るためには波板より外に出る必要が。
そうすると、通路より更に多くの部屋から丸見えになってしまう状態でした。
(これも後で分かった話ですが、波板の外は私の宿泊していた部屋からも丸見え)
自分が全裸で女湯を覗いているところを誰かに見られると思うとさすがに恥ずかしく、覗くのは諦め、大人しく風呂を楽しむことに。

そうして風呂から上がり部屋に戻ったところ、まだ彼女は戻ってきていませんでした。
湯上りにのんびりしつつ外の風景でも見ようかと思って窓際に行ったところ、打たせ湯の音が聞こえてきました。
確認するために窓を開けて下を見下ろしたところ、私達の客室が男露天風呂の直上の部屋であることが判明しました。
女露天風呂は少し離れた位置でした。
もっとも、波板のせいもあり、もろには見ることは出来ません。
ただ、女湯露天風呂ではその時も波板越しに肌色の物体、つまり全裸の女が動いているのが見えました。

興奮するのと同時に、はっきり見えない悔しさで更に悶々とw
ただ、女湯は男湯より豪華らしく、波板より更にせり出した位置に、何か風呂のようなものがあることが分かりました。
もっとも、そこには木の屋根があり、側面にはすだれが掛けられており、外からその中の様子を窺うことは出来ませんでしたが。

しばらくすると彼女が部屋に戻ってきました。
彼女は長風呂が多いのですが、割と早めに戻ってきていました。
その理由の確認がてら、お互い風呂の感想を話したところ、男湯が貸切状態だったのに対し、女湯は人が溢れており芋洗い状態だったとのこと。
露天風呂に入っていても、横の人と肌がくっつくかもしれないほど混雑していたようで、嫌になって早めにあがったようです。

更に彼女の話で波板よりせり出したところに寝湯(寝転がって入れる風呂)や椅子があることが判明しました。
彼女によると、すだれの内側からは2階の部屋の窓が見えたらしく嫌だったとのこと。
私は「見られないように気をつけて」と気遣いながらも、(すだれの内側が見えたらな)と思っていました。

しばらくして夕食の時間に。
その旅館では部屋食とお食事処での夕食を選択できるのですが、予約の時何も言わなかったところ、お食事処での夕食にされていました。
部屋でゆっくりしたかったのにと思いながらも、お食事処も個室だからまぁいいかと思い納得することに。

お食事処の個室は窓際で、窓の内側に更に障子があったんですが、障子を開けたところ、男湯の通路が丸見えの状態。
ここから見えてたのか!とかなり驚きましたが、彼女に知られるとまずいので、素知らぬ振りで、「外の景色がいいね」とか誤魔化しました。

料理を食べながら外を見ていましたが、通路を通ってる男は全く気付いていない様子。
若い男やおじさんが尻やチンポを丸出しで堂々と通路を歩いてました。
男なんて見ても全然嬉しくないので、料理を楽しんで部屋に引き上げました。

その後、彼女がもう一度風呂に行きたいと言うので付き合って私も入浴することにしました。
入浴しようとしたところ、風呂の入り口に近いところにある土産物屋で浴衣姿のカップルがうろうろしていました。
男は普通でしたが、女の方はプライドの高そうな感じで、驚くほど綺麗でした。

羨ましいと思いつつ、入浴して、程なく露天風呂に。
通路を通ったところ、先ほどのお食事処の窓が見えました。
ここから見えるのかと思いつつ露天風呂に入っていたところ、先ほどのカップルの男が入ってきました。
男は何故かチンポを半勃ちにさせており、半分ほど皮が被っているものの、露出している部分は綺麗なピンク色でしたw

何だこいつはと思いつつ、綺麗な女を連れやがってというやっかみもあり、その間抜けな姿を撮影してやることに。
あからさまにカメラを向けると当然問題ですので、内湯浴室内でその男が体や髪を洗っている時に鏡越しに撮影してやりました。
顔入りの全身、半勃包茎チンポをそれぞれ撮影。
何故かこっちを向いて洗っていたので容易でした。
幸い、男は全く気付いていない様子。
ざまぁみろとおかしな達成感に浸り、女の方も入浴してるのかとぼんやり考えながら風呂から上がって部屋に戻りました。

私は喫煙者なんですが、彼女がタバコ嫌いのため、客室にあるベランダで吸おうと窓から外に出ました。
ベランダに出たところ、驚きの事実が。

まずベランダは男湯の通路の真上で、一部屋根のないところから通路が完全に見下ろせる状態でした。
更に、女湯の方を見たところ、夜であるため、露天風呂に灯りが点いていたのですが、そのせいですだれの中が見える状態に!
その時寝湯には誰もいなかったのですが、誰か来るかもしれないと思いデジカメを持ってベランダで息を潜ませました。

そうしたところ、人影が次々と寝湯に・・・。
驚き興奮しながらデジカメの動画モードで撮影開始。
肉眼ではぼんやりとしか見えませんでしたが、人がいることは分かりましたので、デジカメを夜景モードにしてズーム撮影しました。
ドキドキしながら撮影を続け、30分ほど経ったところでデジカメのバッテリーが残りわずかに。

コンセントから充電しつつ撮影しようかと思いましたが、部屋の中でもたもたしていたところ彼女が戻ってきてしまいました。
ここで怪しい動きをすると彼女に不審がられると思い、撮影はそこで終了することに。

その後、彼女が風呂上がりのスキンケアやらしてるときにデジカメを充電しつつ先ほど撮影した動画を確認することにしました。
そうしたところ驚きの事実が。
まず先ほどのカップルの片割れがばっちり写っていたのです。
一人で露天風呂や寝湯を行き来していました。
すだれ越しのため乳首・陰毛等も多少ぼんやりとはしていましたが、はっきり確認できました。
最近のデジカメの性能に驚きつつ動画鑑賞を続けました。

女は胸は大きくありませんでしたが形はよく、脚も長く、腰もくびれ、一層先ほどの男が羨ましくなりましたw
寝湯で寝転がる様子や、寝湯から上がってこちらを向いて全裸を見せ付けるように立ち止まっている様子。
更に周りを鋭い視線で見渡して誰にも見られていないことを確認したのでしょう、陰毛をぽりぽり掻いている姿まで・・・。
入浴中までお高くとまっている感じでしたが、澄ましていても所詮は素っ裸。
しかもみっともない行動まで披露してくれたためにめちゃくちゃ笑えましたw

これだけ綺麗な女です。
先ほどの半勃ち男はさぞ大切にしていることでしょう。
女は、本来は恋人にしか見せないであろう裸を全く関係のない私に見られ、カメラに撮影され、これから先も楽しまれ続ける・・・。
更に陰部を掻くという、人には絶対見られたくない、恋人にすら見せないであろう姿まで撮られる。

しかもその女を守るべき男すら、私に、男湯内で包茎チンポを半分勃起させるという、とてつもなく恥ずかしい反応を撮影されている。
知らないうちに仲良く屈辱の全裸盗撮の餌食となり、私の盗撮コレクションに加えられてしまったカップル。
その上、お互いすら知らないであろう恥ずかしい姿を、赤の他人である私が把握している。
なんだかそのカップルを支配・征服したようで変な気持ちになりました・・・w

その後も色々な女が様々なシチュエーションで映りこんでいました。

若そうなのに尻が垂れた女二人組がキャイキャイ言いながらじゃれ合ってるところ。
母親と娘が寝湯に寝転がりながら楽しそうに話をしているところ(親子どんぶり達成w)。
20代後半の女が4人団体で、一糸纏わぬ姿ですだれの中を闊歩しているところ。
酒が入っている様子のおばさんの団体が、全部丸出しでガハハって笑いながら談笑しているところ。
30代くらいの女が凛々しい表情で外の風景を見ながら、腰に手を当てて堂々たる姿で仁王立ちしているところ(格好いい女性だっただけに余計に憐れw)。
乳のでかい女がアンニュイな表情で寝湯の横の椅子に座ってるところ。

4人組のグループはなかなかでした。
デジカメで記念撮影まで始めたんです。
最初は仲間内で4人が順番に撮影していました。
撮られてる方は当然隠してますが、撮ってるほうは4人とも丸出しでした。
全裸で写真を撮ってる女が私に撮られてる・・・このシチュエーションはなかなか乙なものでしたw

最後は足湯に来た他の客に撮ってもらってました。
3人の女が捉まって撮影させられてましたが、うち二人はタオルで体を隠してました。
一人だけ、乳と毛を晒して撮影しており、その女の裸も捕獲させてもらいました。
彼女達のデジカメデータでは当然体を隠してるんでしょうが、私のデータでは全員が揃って全裸になってますw

そんなこんなで総勢で20人くらいの女の裸を捕獲することに成功。
タオルで前を隠している女も何人か居ましたが大多数は丸出しでした。
普通は裸を見せることなんてない素人の女性は、露天風呂でもない限り裸で外に出ることはありません。

しかも異性の目がなく(私は見てましたがw)、周りもみんな裸。
そんな特殊なシチュエーションの安心感・開放感も手伝い、気持ちよく全裸になっている感じでしたねw
当然撮られているなんて夢にも思っていないわけですから、皆一様に無防備でした。
私の餌食となった女の中には彼女も含まれていましたが・・・w

また、寝湯から露天風呂に行く途中にすだれの切れ目があるところがあります。
そこを運悪く通ってしまったせいで、モロにカメラに裸体を晒してる女もいました。

特に先ほどの親子。
母親が娘に声を掛けて、わざわざすだれのない丸見えの位置で立ち止まらせて、小さい胸や薄い陰毛をこれでもかと披露させてくれていましたw
まぁその後母親もそこを通ったため、娘だけ生贄にして自分だけ助かるつもりじゃないよな?と思い、母親のモロ見え姿も捕獲。
やはり年齢からか少し弛み気味でしたが、十分魅力的だったように思いますw

彼女が戻ってきたため動画鑑賞はそこで一旦終了しましたが、私はかなり興奮した状態に。
見慣れた彼女の、私には見せない無防備な入浴姿を思い出すと我慢できなくなり、そのままエッチに突入しましたw
彼女は訝しがってましたが・・・。

その後も露天風呂が終了する午前0時まで、タバコ吸いに行く度に女湯を鑑賞しました。
もっとも、夜も遅かったため人数も少なく、肉眼だとぼんやりとしか見えませんでしたが。

翌朝、露天風呂が5時から始まるのですが、彼女が早起きして風呂に入りに行くと言い出しました。
寝ていてもいいと言われましたが、熟睡して寝覚めも良かったため、付き合うことに。
二人で風呂に行ったところ、まだ5時過ぎだというのに入り口には多くのスリッパがありました。

一番の驚きは女湯と男湯が入れ替わっていたことです。
その時、通路のことを思い出しました。
通路をベランダから見るために、急いで入浴することに。
ただ、寝湯や露天風呂は十分楽しみました。
特に寝湯は、ここに昨日の夜私を楽しませてくれた女達が寝転がっていたのかと思うと感慨深いものがありましたw

風呂から上がって急いで部屋に戻りベランダに。
波板の越しに肌色の物体、つまり女を多数確認。
その後フル充電したデジカメで通路を撮影。
そうしたところ、女がその通路を通る通るw

昨日の寝湯と違い、通るだけなので短時間ですが、捕獲した裸体は数だけ言うと昨日の夜を超えました。
内湯に入ってから露天風呂に出るという構造上、一旦風呂に入って気持ちも緩んでいるらしく、大多数が全裸で通路を通っていました。
例によって彼女もそこに含まれていましたがw

しばらく撮影を続け、また充電が怪しくなってきたので終了。

彼女が戻ってくるまで動画鑑賞しました。
直上からに近い構図なので、角度的には不満の残るものでした。
ただ、朝なので明るかったためその点は昨日より良かったです。
また、胸や女性特有の大きな尻は、上からはこう見えるといったことがよく分かりましたw

上品そうな顔立ちなのに陰毛は下品に生い茂っている女。
慎ましやかそうな顔立ちどおりの体型の女。
顔はもう一つですが、歩くたびに乳がプルプル揺れている女。
昨日の尻の垂れた女二人組、やっぱり垂れてる尻肉。
真上から見ると乳首が勃起してることが明らかに分かる女(見て興奮したか見られて興奮したかw)。
多くの素人女の裸体をカメラに収められたことに大満足です。

更に朝食は昨日と同じお食事処だったんですが、例によって通路が丸見えでした。
食事時間が他の客とかぶっていたこともあり、あまり数は見れませんでした。
しかし、通路を通る無警戒で無防備な裸体を何人か鑑賞できました。
彼女がいたんで撮影は出来ませんでしたがw

程なくチェックアウトの時間になったんですが、ロビーにはチェックアウトしようとしている客が多数いました。
そこには被写体になってくれた女も含まれていました。
例のカップル、もろに見せてくれた親子、4人組の記念撮影お姉さんグループ等の着衣姿を見れたことは幸いでした。
興奮も倍増ですw

親子は、娘は溌剌としており、母親は優しく落ち着いた大人の女性という感じでした。
家族旅行で父親も一緒に来ていたようで、何だか申し訳ない気分に。
奥さんと娘さんの裸を見てしまってすみませんw

全裸で仁王立ちしていた女性は凛々しくスーツを着ていました。
男の私から見ても格好良かったですが、『裸は凄く女らしかったですよ』と心の中で語りかけてみましたw
何人かには挨拶し、向こうも笑顔で挨拶を返してくれました。
もっとも、私は『裸を見せてくれてありがとう』という意味でしたがw
見られ、撮られたことも知らずに「おはようございますっ」って言ってる女が滑稽でしたね。

出発前にロビー近くにある足湯に彼女と行ったところ、例のカップルが後から足湯にも来ました。
これはチャンスと思いカップルと少しばかり世間話をしました。
どこから来た、目的は婚前旅行等の個人情報を聞き出しました。
ついでにお互いが名前を呼び合っていたので名前まで確認できましたよ。
女の方は実際話してみると、昨日の売店や露天風呂内での雰囲気とは違い、割と人当たりが良かったのが意外でした。
言うまでもなく、相変わらずの美人でしたw
男は少しボソボソと喋る感じでしたが、よくよく見てみるとそこそこのイケメン。
話しているとき、その余所行きの姿を見ながら、二人の服の中身や風呂内での間抜けな行動やらが思い出されました。
興奮するやら笑えるやらで、普通の態度を取り繕うのに必死でしたよw

足湯の写真を撮っていたところ、ふと悪戯心が。
デジカメを動画モードにして、彼女と話しながらカップルにレンズを向けました。
そしてカップルに冗談を言って話しかけ、こちらを向かせました。
人って珍しいものを見る習性がありますよね。
後で確認すると案の定カップルは二人ともレンズを見ており、つまりカメラ目線になっていました。
仲良さそうに身を寄せ合い、柔らかい表情で私の冗談に微笑む二人。
こうしてカップルの普段の姿も上手く記録することに成功しましたw

これが私の覗き体験談です。
今は動画をパソコンに落として鑑賞して楽しんでいます。
この場を借りて、色々なシチュエーションで裸を披露してくれた被写体の皆様と、素晴らしい部屋を用意してくれた旅館にはお礼を言いたいですね。

特にカップル。
男はピンク色の亀頭がのぞく包茎チンポを半勃ちにしながら髪を洗っている姿。
女は全裸でこっち向いて澄ました表情をしながら陰毛をぽりぽり掻いている姿。
そのとんでもなく恥ずかしい姿を、足湯での仲睦まじい普段の姿と結合させ壁紙にして、二人には我が家のPCのデスクトップを彩ってもらっていますw
◯◯君と△△さん、どうもありがとう&ご馳走様でした!
結婚して幸せになってくださいね。

なお他にも、母娘がたまたま同じような体勢を取ったところをそれぞれキャプチャして仲良く並んでいる画像もつくりました。
更に、4人組については全員が全裸を晒している画像の周りに、それぞれが順番に全裸でカメラを構えてる姿も結合しました。

被写体の皆様には、様々な加工を加え、これからも思う存分活躍、弄ばれてもらう予定ですw