デブなバイトの性奴隷にされたパートの美人妻・後編

この体験談は約 5 分で読めます。

次の日、私は休日だったのですが、あの光景が忘れられず、普通なら帰ってすぐにひと眠りするのですが、なかなか寝付くことが出来ませんでした。

そもそも、なぜ2人はあのような関係になったのか?

確かに久美子は職場の中では若く上品で奇麗なため、食事の誘いや言い寄る男もいました。
しかし久美子から出る話と言えば子供のことばかりで、母親、妻としての自覚があるため、誘われても全て断っていました。
そのような女性なので浮いた話もありません。

しかし、まさかAとあのようなことを・・・。

Aは身長170センチと普通ですが、腹の出たおっさん体型。
一方の久美子は、スレンダーな美人で、裕福な家庭の人妻。
かっこいい若い男ならともかく、Aに抱かれているとは・・・。
とても不倫関係には見えません。
Aが脅しているような言葉を久美子に言っていたのが一番気になりました。

私は悶々と休日を過ごし、次の日は18時前に工場に出社しました。
私の工場は、昼と夜の勤務があり、私は2週間交代で昼と夜の勤務を統括しています。
今週は夜勤を見ることになっていました。

22時、久美子とA、その他のパートが出社してきました。
私が休憩室でタバコを吸っていると、久美子は普通に挨拶をしてきました。

「おはようございます」

私は少し戸惑いながら挨拶を交わしました。
久美子は、すぐに製造部に行きました。
Aが仕事に入る前にタバコを吸いに来ました。
こちらもいつもと変わらずです。

「おはようございます、工場長」

「おはよう、今日も忙しいよ」

「休日はどうでした?ゆっくり休めましたか?」

(休めるはずがないだろ、お前と久美子とセックスしていたのを見たのだから・・・)

「最近なかなか疲れが取れなくて。年かな?」

「工場長も何か趣味を持ったらどうですか?私は大の釣り好きで、よく磯釣りに行くんですよ。あと最近は写真にも凝ってて、デジカメで色々なものを撮っているんです。パソコンで色々なことが出来るから楽しいですよ」

パソコン・・・会社の書類を作る以外使ったことがない。

「趣味を作って私生活を充実させるのもいいかもな。さっ、仕事しよう」

Aとそんな会話をして、それぞれの仕事場に向かいました。

それから3ヶ月が経ちました。
その間、ちょくちょくケース出しの残業をしている2人の所に手伝いに行きましたが、あの日見たようなことをしている素振りはありません。
ただ気付いたのですが、2人に会話がないのです。
というか、久美子がAに話し掛けないのです。
Aは久美子に話し掛けているのですが、久美子は話をしたがらないといった感じに見えました。

そんな事が続いたある週末でした。
その日は、週末とあって製造量が多く、出荷の5時までに全ての製品を作らなければならないのですが、よくあるミスで弁当に入れるおかずが足りなくなり、悪いことは重なるものでクレームが来ました。
こういう時は、誰かが車を走らせて、その店舗に謝罪に行きます。
その夜は、クレーム処理にわざわざ他県まで5時過ぎから行きました。
その間、工場の方は課長に任せて、出荷させるように指示しました。
クレーム処理後、課長に電話すると、5時半までには全て出荷出来たと聞きました。

「ご苦労さま。みんなに上がってもらって、君も上がりなさい」

課長にそう言い、私は工場に戻りました。
戻る車中、(久美子とAを2人きりにして大丈夫か?)と、ふと思いました。
一抹の不安と興奮で、アクセルのペダルを踏む足がどんどん車のスピードを上げました。
工場に着いたのは7時過ぎだったでしょうか。
駐車場には、久美子の車とAのバンがまだ停まっていました。
会社に戻ると、事務所で課長が待っていました。

「お帰りなさい、工場長。ご苦労さまでした」

「まだいたの?もう帰っていいよ」

「今、久美子さんとAさんがケース出しをしています。手伝おうとしたのですが、『2人で大丈夫』とAさんが言うので書類を片付けていました」

2人で大丈夫って・・・。
あの時の光景が甦りました。

「わかった。お疲れ様。後は私がやっておくよ」

そう言って課長を帰らせました。
私は急いで奥の資材置き場に行きました。
資材置き場のドアを開けると、そこには誰もいないのです。
もしやと思い、例の資材管理室に行くと、やはりでした・・・。

「しっかりしゃぶるんだぞ。歯を立てるなよ」

その声に恐る恐る中を覗くと、久美子は椅子に座っているAのチンポをしゃぶっていました。
口一杯にチンポを出し入れし、亀頭を舌で舐めているのです。

「だいぶん上手くなったな。よく濡らしておけよ。後でマンコを串刺しにしてやるからな」

久美子は無言でしゃぶり続けていました。
久美子は帽子を脱ぎ、肩まであるソバージュを乱し、制服を着たままフェラチオをしていました。

「立ちな。さっさとズボンを脱いで俺の上に跨がりな」

「ああっ、やっぱりするのね。お願いします。これ以上辱めないで」

「何度も言わせるな。別に命を取るわけじゃないし家庭を壊す気もない。ただお前が俺の奴隷でいれば良いんだよ。分かったらさっさと脱げ。まだ仕事も終わってないし」

久美子はズボンを脱ぎ始めました。
彼女の白いお尻が見えましたが、すぐにAがお尻を鷲掴みして久美子を自分に引き寄せました。

「自分からマンコに俺のチンポを入れな」

久美子はAのチンポを掴み、自分のマンコに・・・。

「さっさと入れろ。中出しするぞ」

「お願い、それだけはやめて。今から入れます。言えばいいのね?久美子はAさんのチンポが大好きです。久美子はAさんの肉便器だから」

そう言うとAのチンポをマンコに挿入しました。

「子宮に当たる。痛い、抜いて」

「自分から入れておいて『抜いて』はないだろ。言ってみろ。『Aさんのチンポは亭主よりいい』って」

Aはそう言いながら激しく突いていました。
久美子も痛がりながら腰を動かしていました。
また信じられない光景を目の当たりにしたと思いました。
そして、やはり2人の関係はまだ続いていたのかと。

「痛い痛い。抜いて、抜いて下さい」

「気持ち良いくせに中出し出来るのか?」

「あっ、あっ、駄目。出来ちゃう。駄目です。あんっ」

「だったら口に出してやる。美味しいから飲ませてやるよ。いいな?」

「は、はい」

久美子のマンコはAのチンポに貫かれながら、クチャクチャと卑猥な音を出していました。

「そろそろ終わらせてやるよ」

Aは数回激しく突き上げたあとチンポを抜くと、久美子を床に座らせて自分でチンポを扱きながら・・・。

「口を開けろ。残さず飲めよ」

そう言いながら久美子の口の中に射精しました。
久美子は口の端からAの精子を流しながらも全部飲み込み、さらにAのチンポを丹念に舐めていました。

「綺麗にしろよ。お前の大事なチンポだからな」

そう言って久美子の顔をチンポで叩いていました。

「もうズボンを穿いてもいいですか?」

行為が終わったのだから当然の申し入れと思いましたが、Aは「お前の濡れているマンコをデジカメで撮ってやるから開きな」と、デジカメを胸のポケットから取り出すと、椅子に座らせた久美子自身にマンコを開かせました。

「お願い。人には見せないで下さい」

久美子はベソをかいていました。

「大丈夫だ。『久美子写真集』を作るまでは誰にも見せねーよ」

「お願いだから誰にも見せないで」

Aは見下したように笑いながら久美子のマンコを激写していました。

事が終わったので、Aは資材置き場に戻って来ました。
その間、私は慌てて資材置き場の外に出ました。