近所の公園はホモが集うハッテン場でした

この体験談は約 7 分で読めます。

その場所が、夜になるとホモの人たちが集うハッテン公園とも知らず、近所の公園に遊びに行ってました。
ベンチに腰掛けてた時、おじさんが僕の方に近づいてきました。

そして一言、「僕、何歳?」と聞いてきたので、「中1です」と答えると、「もう白いオシッコは出る?」「もう毛は生えた?」と聞いてきたんです。

びっくりして無言になった次の瞬間、おじさんは僕の股間を弄ってきました。
しばらく触られているうちにオチンチンが硬くなってくるのがわかり、おじさんは股間から手を離しました。
そして僕の手を掴んで自分のオチンチンに導いて触らせたのです。

しばらく触ってるとおじさんが、「人気のないとこに行こう」と言ってきたので、少し興味が出て、そのままついて行きました。
行ったのは人目につかないベンチでした。
そこでおじさんは、また僕のズボンの股間を擦ってきました。
オチンチンが大きくなってきたのを見計らってズボンを下げて、オチンチンを露出させられました。
おじさんにオチンチンをしごかれていると、おじさんも自分のオチンチンを出してきて触らせてきました。
おじさんは「一緒に気持ちよくなろ」と言い、「林の中に行こう」と何度も僕を誘ってきました。

林の中に入ると、おじさんは僕のズボンを下までおろして、オチンチンを舐めはじめました。
しばらく舐められているとおじさんが立って、僕にしゃがむように言いました。

「おじさんのも舐めて・・・」

「え?」

「お口を開けてごらん」

僕が口を開けると、口の中にオチンチンを入れてきたのです。

「そのまま口をすぼめて頭を動かしてごらん」

言われた通りにすると、「気持ちいいよ」と言って腰を動かしてきました。
そのままオチンチンを舐めているとおじさんが口からオチンチンを出して・・・。

「ボク、よく見て。これが大人のオチンチンだよ」

そう言うと僕の顔に当ててきました。

立つように言われたので立つと、今度はおじさんがしゃがんで僕のオチンチンを舐めてきました。
舐められていると射精しそうになったので、「おじさん、出る・・・」と言ってしまいました。
おじさんはオチンチンを舐めるのをやめ、またしゃがむように言ってきたので、しゃがんでおじさんのオチンチンを舐めました。

しばらく舐めているとおじさんが、「・・・飲む?」と聞いてきて、口を開けて舌を出すように言ってきました。
そして自分のオチンチンをしごいて口の中に射精されました。
初めてのことなのでびっくりしていると・・・。

「口の中を開けてよく見せてごらん。いっぱい出てるね。全部飲んでごらん」

僕はおじさんが出した精液を飲まされました。

「ボク、まだ精液を出してないでしょ?」

そう言うと僕のオチンチンをしごいてきました。
僕は初めて知らない人に精液を出すところを見られました。

「また明日会おうね」と言っておじささんと別れました。

ズボンを穿いて林を出ようとすると、別の男の人がいて、こっちを向いてニヤニヤしていました。
無視して通り過ぎようとすると、「ボク、ちょっといい?さっきのこと、全部見てたよ」と言うのです。
僕が俯いて黙っていると、「子供なのに変態なんだ?」と言ってきたのです。

「このことは誰にも言わないから。おじさんも気持ちよくなりたいんだけど?いい?」

そのまま林の中へ入りました。
おじさんはズボンのファスナーを開けて固くなったオチンチンを出して僕に言うのです。

「舐めて・・・1週間、出してないから・・・」

僕は口を開けておじさんのオチンチンを舐めました。

「どこで覚えたんだ?変態だね」

しばらく舐め続けているとおじさんは、「気持ちいいよ、そろそろ出すね」と言って、同時に口の中にいっぱい精液を出されました。
あまりの量に吐きそうになると、「ダメだよ。全部飲まないと」と言って口を塞がれました。
必死に全部飲むと、「ボク、えらかったね。ありがとう」と言って去っていきました。

それから僕はその公園に行くと自分からパンツを脱ぐようになり、知らない人のオチンチンを舐めて精液を飲むようになりました。

気持ちいいことを覚えてしまった僕は、週に3~4回はその公園に行くようになりました。
到着すると、ふらふらと公園を徘徊します。
徘徊してると誰かが後ろからついて来るのがわかります。
そして、いつも座ってるベンチに腰掛けて、何もないような感じにしてます。
そうやってると、おじさんが近づいてきて僕の横に座ってきます。

最初は横に座ってるだけですが、「何歳?」とか「よく来るの?待ち合わせ?」とか質問をしてきます。

黙って俯いてると太ももに手が伸びてきて触ってきます。
僕は足を少し開いて、そのままの姿勢でいます。
触られているうちに手が股間に触れ、本格的にオチンチンを触ってきます。
僕はパンツをずらしてオチンチンを出します。

おじさんは、「林かトイレに行こう」と僕を誘います。
ついて行き、2人きりになると僕はズボンを脱いで大きくなったオチンチンをおじさんの前に出します。
おじさんは「いやらしいね」と言いながら、僕のオチンチンを舐めたり、自分のオチンチンを舐めるように言います。
おじさんは僕の口に精液を出しました。

「オチンチンを舐めたら精液は飲むものなんだよ」

僕はおじさんの精液を全部飲みました。

トイレでするときは2人きりですが、林の中だと人が覗きに来ます。
林の中でおじさんのを舐めていると、知らない間に何人かいます。
みんなズボンからオチンチンを出して自分でしごいていました。
するとおじさんは僕に言うのです。

「みんな見たくて来たんだよ。舐めてあげな」

その日は相手をしてるおじさんの他に2人のおじさんがいました。
僕は3人のオチンチンを舐めて精液を全部飲み干しました。
多い時で3人、少ない時でも2人のおじさんの相手をしました。

しばらくして、初めてした時の2人目のおじさんと会いました。

「おお、ボク、久しぶりだね。男の味を覚えたの?」

「これまで何人のをしゃぶった?」など、いやらしい質問を色々されました。
おじさんは僕をトイレに誘いました。

「可愛いね。こんな子がこんなことしてるなんて・・・」

中に入るなり僕の股間を弄ってきます。
おじさんはズボンを下ろしてオチンチンを出してきました。

「舐めて」

おじさんの前にしゃがむと、なんとも言えない匂いが鼻につきました。

「4日洗ってないよ。臭いだろ?舐めてキレイにしてくれる」

そして、「全然出してないからきっと大量かも」と言いました。

「ほら、早く口を開けて舐めるんだよ。変態なんだろ?男が好きなんでしょ?」

僕は口を開けて、汚くて臭い匂いのするオチンチンを舐めはじめました。

「ふふ、洗ってもない汚いチンポをよく舐めれるね。とんでもない変態になったね。いままで全員の精液を飲んだんだろ?おじさんのも全部飲んでね」

そう言いながら腰を振ってきました。
しばらくすると、「そろそろイキそうだから」と言い、自分でしごきはじめました。
そして、「出してもいい?」と聞くので、「うん・・・」と頷きました。
口の中には大量の精液が入ってきました。
すごい匂いと味がしました。

「前みたいに1週間分だからね。全部飲むんだよ」

僕は飲みました。
その後、おじさんは僕に立つように言い、「自分でしてみなよ」とオナニーをするように言われました。
僕が自分でしごいて「出る」と言うと止められて、またしごいての繰り返しをされました。
おじさんに、壁に向かって出すように言われたので、そのまま射精をしました。
おじさんは、「いいもの見せてくれてありがとう」と言って、去っていきました。

その後、僕はまたベンチに座っていました。
すると2人組のおじさんたちがやってきて、僕をじーっと見るのです。

「何してんだ?こんなとこで?」

「特に何も・・・」

そう返すと、2人は僕を挟むように座ってきたのです。
そして耳元で、「ほぼ毎日来てるんだろ?この公園では有名人だよ」と囁くのです。
おじさんたちの手が太ももや肩に触れ、「なぁ、人のいないとこに行こうよ」と言いました。

僕はベンチから立ち上がり、おじさんたちと一緒に歩き出しました。
向かったのはトイレで、誰も来ないのを確認して個室に入りました。
おじさんたちはニヤついて僕の股間を触り、ズボンを下ろしました。

「いいオチンチンしてるじゃん。毎日遊んでんだろ?」

「1日何回やってんだ?」

僕は、「朝と晩です・・・」と答えました。

「ほ~、朝は家でやって、晩はここで出してんのか?」

そう言いながらオチンチンをしごかれました。
しゃがむように言われたのでしゃがむとおじさんたちはズボンを下げ、「おら、舐めろよ」と言ってきました。
僕は2人のオチンチンを両手に持ち、代わる代わる舐めました。

「いっぺんにしゃぶれよ」

2本のオチンチンを口に持っていき、両方舐めました。
おじさんたちは「気持ちいいよ」と言ってました。

オチンチンを手から離され、1人が「僕、出るとこを見てごらん」と言うのでじーっと見てると、「ああ、イクぞ」と言って僕の顔に向けて射精しました。
もう1人のおじさんは笑いながらそれを見て、「おやおや、顔が汚れたね。じゃあ、おじさんは口の中に出すね」と言って口の中にオチンチンを入れ、自分でしごきはじめました。
しばらくするとおじさんは、「ああ、いいぞ!」と言って口の中に射精しました。

「口を開けてごらん。よし、そのまま飲んでごらん」

僕は精液を見せた後、ゴクッと飲みました。

「こいつ変態だね」

「便所だな」

笑いながらおじさんたちは言いました。
その後で、初めてのことがありました。

「壁に手をついてお尻突き出して」

言われた通りにすると、お尻の穴にヌルヌルしたものを塗られました。
そしてお尻の穴に指を入れられました。
指を1本入れられると痛くて、「痛い」と言いましたが、やめてくれません。

「ケツは初めてっぽいな」

少しずつ指を増やして、2本、3本と入れられました。
1人のおじさんが「もう、いいだろ、前を持ってろ」と言うと、片方のおじさんは僕の前に来て、肩を押さえ前屈みにさせられ、お尻を完全に突き出す形になりました。
前にいるおじさんは、また自分のオチンチンを口で咥えるように言います。
オチンチンを口に入れると、「うふふ、いい格好だな」という声が聞こえ、お尻に硬いものが当たるようになりました。
そして後ろのおじさんが、「ほら、入れるよ」と言った瞬間、おじさんのオチンチンが僕のお尻の中に入りました。
あまりの痛さに、「ん~!」と言っても止めてくれません。
おじさんは腰を動かしました。

「初めてのケツは締まりがよくて気持ちいいぞ!おら、種汁を出すぞ!」

お尻の中にあったかいものが流れてきました。

「あ~気持ちよかった。おい、次しろよ」

前にいたおじさんが後ろに回り、僕のお尻にオチンチンを入れてきました。
そして同じように腰を動かして、「あ~出る!妊娠させてあげるね!」という声が聞こえ、また温かいものが流れてきました。
お尻に中出しされたのです。
今まではオチンチンを舐めて精液を飲むだけだったのが、僕は初めて男の人とセックスをしてしまいました。

トイレから出た後、林の中に連れて行かれました。

「ズボンを脱いで四つん這いになって、そのままでいろよ」

言われた通りの格好になりました。
おじさんたちは少し離れた所から見ていました。
そこへ違う人がやってきて、「ボク、何してるの?」と聞いてきました。
答えられずに黙っていると、「してあげるね」と言い、「その前に気持ちよくしてくれるかな?」と言ってオチンチンを舐めさせられました。
その人のオチンチンが硬くなると、「ボク、もういいよ。お尻に入れてあげるね」と言って後ろに回り、お尻の中にオチンチンが入ってきました。

「ボク、最高に気持ちいいよ。うっ」

と言った瞬間に精液がお尻の中に入ってきました。

「またさせてね」

そう言い残して、そのおじさんは去っていきました。
周りを見ると、さっきまで居た2人のおじさんたちもどこかに消えていきました。
僕は3人の知らない人とセックスをして、お尻に精液を流し込まれたのです・・・。

男の人を知ってしまった僕は、ほぼ毎日のように公園へと行ってます。
最近は、すぐに脱げるように、ズボンの下にパンツを穿かずに行くようになりました。

タイトルとURLをコピーしました