女子小学生にチンポを視姦されてイク快感

この体験談は約 4 分で読めます。

私の住んでいる地域の自治会は、1年に1回ずつ交代して自治会長が回ってくる。
今年は私の家が自治会長になった。
この時期の自治会の仕事は、小さなお祭りと夏休みの公民館の開放と戸締まりである。

ちなみに私は20歳の学生でロリ好きである。
彼女はできたことがあるが、セックスまで行く前に別れた。

で、話を戻して。
私の両親は共働きなので、夏休みである私が公民館の管理をしている。
いつも16時50分に公民館に行き、窓の戸締まりをしたりクーラーを切ったりと5分程度の仕事を終え、17時に子供が公民館を出ていくのを待った。
しかし、この日はバイト先を出るのが遅く、公民館に着いたのは17時20分くらいだった。
公民館を見渡しても子供は誰もいなかった。
近所の人に公民館が開けっ放しになっているとバレてないか、正直かなり心配した。

恐る恐る公民館の中に入ってみると、小学生の女の子が1人床に寝ながら本を読んでいた。
女の子もこっちに気が付いて本を床に置き、身体を起こした。

(何か話しかけなければ・・・)

「何の本、読んでるの?」

変な間が生まれた。
しかし女の子はすぐに質問に答えた。

「学校の図書室で借りたの」

他にも女の子は話していたが、私はそんな事より、足を広げパンツが見えている女の子の下半身しか見えていなかった。

ひと通り会話を終え、公民館の戸締まりに行くためにその場を去ると、先ほどの子がついて来た。
見回りをしながら女の子の話を聞く。
女の子(Aちゃんとする)はJS3で、ぽっちゃりしていて、人懐っこい子だった。
その日の格好は、上が白のTシャツで下は青の少しフリルのついたスカート。

Aちゃんと見回りをしながら、最後の場所に来た。
トイレである。
女子トイレに行き、窓、棚、ゴミ箱などをチェックをする。
男子トイレも同じ。
しかし、Aちゃんが男子トイレを見たいと言い出したので、一緒に見回ることになった。

私がトイレで確認している間、Aちゃんは小便器を覗いていた。
どうやら初めて見たらしい。
Aちゃんに使い方を聞かれて説明をしたが、よく伝わらなかった。

私は先述の通り“ロリコン”である。
Aちゃんに悪戯をしたい気持ちがなかったわけではなかった。
しかし、彼女とセックスもできなかったチキン野郎が、JSに悪戯をするなんてことはとてもじゃないが出来ない。
しかし、JSの身体に触れられなくても、チンポを見せるだけで私はいいと思った。

私はAちゃんに、「どう使うか見せてあげる」と言うと、ズボンのチャックを下ろしてチンポを出した。

(おしっこしてる姿を、8歳の女の子に見せている・・・)

そう考えた途端、チンポが勃起していった。
チョロチョロとおしっこは弱くなっていく。
その様子をしゃがみながらAちゃんは見ていた。

「もう終わり?いっぱい出たね」

Aちゃんにそう言われ、チンポは完全に勃起した。

「まだ、おしっこが残ってるから見てて」

そう言うと、チンポをゆっくりと扱き始めた。
Aちゃんは「うん」と返事をすると、ずっとチンポを見ている。
イキそうになるのに、1分もかからなかった。
見られているだけでこんなにも気持ちがいいなんて初めて知った。
最後のラストスパート。

「Aちゃん、お兄ちゃんの汚いチンポがイクとこを見ててね。Aちゃんに見られて興奮しちゃってるの」

Aちゃんも少し興奮してるように見えた。
イク寸前にAちゃんの方を向き、Aちゃんの足元に大量の精子を出した。
しかしAちゃんは、飛び出した精子ではなく、ずっとチンポを見ていた。
口を少し開き、顔は赤く、目はトロンとしていた。
ずっと目線を逸らすことなく、チンポだけを見ている。
チンポに射精感がまた込み上げた。
イッてからまだ10秒も経っていない。
しかし、触らずとも込み上げる射精感。
私は触らずして、2回目の射精をしてしまった。
Aちゃんのスカートに少しかかったが気づいていなかった。
最後の1滴まで、Aちゃんはずっと見ていた。
その間もチンポはずっと硬いままだった。

Aちゃんは床に落ちた精子に目を向け、触ったりしていたが、その時になって初めて、(なんてことをしてしまったんだ!)と私は焦り、Aちゃんに口止めをして家に帰した。
その後、1人で公民館に戻り、後片付けの続きをしながら、さっきのことを思い出して勃起していた。
小さい子への悪戯と、見られる興奮。
この2つの快楽に私は気づいてしまったのだ。

男子トイレから出ると、ふと思い出した。
女子トイレの棚の備品の中に何枚か替えのパンツがあることを。
急いで女子トイレに入り、替えのパンツを漁った。
何枚かパンツが入った袋が入っていた。
主に低学年の子が穿くようなパンツばかりだ。
新品もあれば、洗濯済みのパンツもあった。

私は戸締まりを確認して鍵を閉め、下半身裸になって、パンツのクロッチ部分をチンポに当てた。
女の子特有の甘い匂いと生地の柔らかい感触。
被せているだけでパンツ越しに我慢汁が出てくるのがわかった。
目を瞑り、先程の光景を思い出しながら、チンポを握らせたり顔にかけたりするのを妄想をしながらオナニーに耽った。

タイトルとURLをコピーしました