妹の私に夢中なお兄ちゃん

この体験談は約 3 分で読めます。

「お兄ちゃん、こんな恰好が好きなの?」

白いパンティ、ブラジャー、そして大きめのガーターベルトとタイツ。

「ああ、それもあるが、お前のことが好きだ」

「お兄ちゃん、そんな目で見ないで・・・」

「好きなんだよ、どうしようもないくらい・・・」

兄は私に狂っている。
私のパンティをこっそり持ち出し、顔に覆いながらオチンチンを剥き出しにしてベッドの上で暴れている。
ペニスを手で握り、懸命にしごく。
やがてパンティを頬張り、本当に狂う。
私の名前を呼び、叫び、やがて宙に白い液体が舞う。

「すごい・・・」

私は見ていて怖くなる。
兄は私のパンティを口に入れたまま、その場で静かになる。
これが、“果てる”ということなのだろう・・・。
兄の好きな恰好をして兄の大きくなったモノをしごく。

「お兄ちゃん、私の体が欲しいんでしょう?」

「ああ、誰にも渡さない」

「私にどうして欲しいの?」

「お兄ちゃんだけを愛して欲しいんだ」

「お兄ちゃんだけを?」

「そうだ」

お兄ちゃんのモノは皮が剥けて、割れ目から何か滲み出てくる。

「由紀、舐めてくれ・・・」

「舐めて欲しいの?どうやって?」

「由紀の唇を付けてシュポッと吸うように」

私は兄の言われるままにした。

「そうだっ、由紀、お前の口で愛してくれ」

チュパッ、チュパッ・・・。

「私に舐められて気持ちいい?」

「ああ、お前の顔を見ながら・・・最高だ」

「じゃあ、お兄ちゃんのこと、ずっと見てるから」

「ああ、ずっと見ててくれ。舌でペロペロしてくれ」

チュパッ、シュポッ・・・。

「こう?」

「そうっ、そうだっ・・・」

チュパッ、シュポッ・・・。

「お兄ちゃん、こんな大きくなって皮も剥けて、痛くないの?」

「お前が舐めてくれるから、お前の唾液で濡れる。だから潤うんだよ・・・」

「私の唾液で?ビチョビチョにした方がいいの?」

「ああ、そうだ。お前のアソコだって濡れてくるだろう・・・」

「アソコって?」

「ここだよ」

兄の手がパンティの中へ入る。

「由紀の、オマン・・・コ」

「私のオマンコ?」

「そう。『私のオマンコに入れて』って言ってみろ」

「えっ?」

「言えよ」

「恥ずかしい・・・」

「よし、後で言わせてやる・・・」

兄の手が私の顔や髪の毛を撫ではじめる。

「由紀、お兄ちゃん、そろそろイクぞ・・・」

「もう出るの?」

「ああ。由紀、お兄ちゃんを気持ち良くイカせろ」

「どうするの?」

「手でしごきながら唇と舌で先を擦るんだ」

シュッ、シュッ、チュパッ、シュポッ・・・。

「由紀、上手いぞ。由紀!」

「お兄ちゃん」

「由紀、お兄ちゃんの顔に跨がれ、由紀のパンティを見せてくれ」

「私のパンティが見たいの?」

「そうだ」

「どうして?」

「お前が好きだからだって言っただろう!」

「分かった・・・」

兄の顔に跨がり、兄のモノを口に含む。
兄の両手がお尻を掴み、引き寄せる。
パンティ越しに兄の舌がアソコを舐める。

「由紀、お兄ちゃんのオチンチンをしごけ!思い切りしごけ!」

私の手に収まらない兄のモノを懸命にしごく私。

「由紀、『お兄ちゃんのを飲ませて』って言え」

「言って欲しいの?」

「言え、何回も言え。ずっと言え・・・」

「お兄ちゃん、お兄ちゃんのを飲ませて、お兄ちゃんのを飲ませて・・・」

「由紀、思い切りオチンチンを喉の奥へ飲み込め!」

「入らないよっ」

「飲み込め!」

口を精一杯に開き、兄のモノを飲み込む。
涙目になる・・・。

「うっ!」

兄のうめき声の後、私の喉へ放たれる。

「あうっ、うんぐっ・・・」

苦しい・・・。
苦い・・・。
兄のモノから発射されたモノが喉に残る。

「由紀、飲み干せ!」

うんぐっ・・・。

「お兄ちゃんっ・・・苦い」

まるで薬のような苦い液。
ドロドロして喉が変な感じ。
どうしてお兄ちゃんはあんなモノをオチンチンから出すの?
兄は私のパンティに顔を付けたまま、また静かになっている。

「お兄ちゃん、これがイッたってこと?」

「そうだ。イクっていうのは、気持ち良いことが最高潮に達した時なんだ」

兄は命令するような口調だけれど、きちんと説明してくれる。

「お兄ちゃん、また舐めてあげるね・・・」

私は、私のパンティを見ただけで興奮する兄の、キツい匂いのオチンチンを再び口に含んだ。

タイトルとURLをコピーしました