大学時代

性的な目で見られまくってる妹になんか興奮した

俺は大学生。 妹は高校2年。 仲は悪くない。 暇だったので、妹の友達にどんな子がいるのか確かめがてら驚かそうと、妹の帰宅を待ち伏せていた。 妹にあまり見せたことのない服装と、滅多に使わない帽子を被ったのでバレる心配はない。 ...
男性視点

妹に「座薬を入れて」とお願いされた兄の話

両親が結婚記念日旅行中の話な。 俺:24歳、実家住みの会社員。 妹:11歳、顔はキャリーぱみゅぱみゅみたいな感じ。 11月1日が両親の結婚記念日で、イタリアに1週間旅行行くから妹を頼むと言われたわけよ。 まぁ妹は歳も離れてる...
大学時代

兄とセックスしてためっちゃ可愛い同級生と・後編

そして土日が来た。 俺はいつものように朝から学校に行き、3年5組の教室に机を2つくっつけて座って勉強を始めた。 参考書をいっぱい置けるようにな! 学校は1・2組が特進クラスで、そのクラスにいつもは人がいるんだけど、土日はほぼ誰もいなか...
男性視点

兄とセックスしてためっちゃ可愛い同級生と・中編

俺は完全にゆきが好きになっていました。 でも兄ちゃんの彼女。 これはなくならなかった。 辛かった。 でも童貞ブサメンの俺には何もできなかった。 俺はゆきを学校で毎日見ていた。 授業中、ゆきと兄ちゃんとのセックスを思い出して勃...
男性視点

兄とセックスしてためっちゃ可愛い同級生と・前編

今は俺は高3。 この話は高2の時。 <スペック> 俺:高2、男子、身長170センチくらい。 顔はよく森山未来に似てるって言われるけどブサメン。 サッカー部。 同級生:高2、女。 顔は雰囲気桐谷みれいに似てると思う。 ...
初体験

両親が留守の間に双子の妹と

「ふわぁ~、んだぁ?もうこんな時間か」 まだ寝たいのにと思いつつもしぶしぶ起きる。 あ、自己紹介が遅れた。 俺、啓(仮名)。 普通の平凡な高校1年生だ。 お母さんとお父さん、あと兄妹が1人いる。 はっきり言って普通の家庭...
中学校時代

母親公認で妹のパンツをオカズに使ってました

中3の時、受験勉強に勤しむ俺も人並みに性欲はあったので、身近な異性である妹(麻衣)のパンツを嗅ぎながら毎晩抜いていた。 その日も、いつものように妹が入浴したのを見計らって洗濯機から失敬した後、自分の部屋で妹のパンツをスーハーしながらち...
中学校時代

ヤリチン兄貴のおかげでヤリマン女に目を付けられた

中3の頃、ヤリチンの兄貴のお陰で、俺も童貞なのに経験者だと噂されていた。 6歳上の兄貴は、酔うと付き合っている彼女との行為を生々しく語る困ったやつだったから、彼女さんをまともに見れなかった。 ただ、兄貴に生々しく語られたから耳年増になり...
寝取られ

嫁のパンストでオナニーしていた弟に感化されて

妻を寝取られて興奮する夫の話はよく聞きますが、俺はどちらかと言えば嫉妬深い方なので、つい最近まで、自分が大事にしてる女を寝取られて興奮する男の心理なんて信じられませんでした。 とは言え、俺の体験は直接妻を寝取られたわけではなく、パンストを...
中学校時代

妹のことがたまらなく愛おしくて・第4話[完]

さっそくアコの横に寝転び、腕をアコの頭の下に通し、きつく抱き締めました。 そしてキス。 右手はパンパンのおっぱいへ伸び、揉みしだきました。 「はぁ・・・はぁ・・・アコ・・・んむ・・・はぁ・・・はぁ・・・」 唇を乳首に移し、肌...
中学校時代

妹のことがたまらなく愛おしくて・第3話

アコとの初体験の後、僕達の関係は微妙なものになりました。 兄である僕は罪悪感が重く心に乗っかって、以前のようにアコの部屋へ行くことを控えるようになってました。 アコはアコで、振る舞いは以前と変わらないのですが、なんとなく少し僕から距離を...
中学校時代

妹のことがたまらなく愛おしくて・第2話

季節が春を過ぎ、夏を迎えた頃、アコに変化がありました。 ブラジャーを着け始めたのです。 いつものようにドアをノックし・・・。 「入るよ~」 「いいよ~」 アコの部屋に入ると、机に座っていたアコは立ち上がり、僕に抱きつい...
中学校時代

妹のことがたまらなく愛おしくて・第1話

あれは僕が中1で、妹が小5の頃からでした。 両親は共働きで、必然的に兄妹で過ごす時間が多かったのです。 2人でいる時間が多いせいか結構仲のいい兄妹でした。 中学に進学し、だんだんとエッチなことに興味を持ち始めていた僕。 それに合...
男性視点

高3の妹と近親相姦を越えた“近親交配”

高3の妹の処女をもらったときのことを文章にしました。 10年以上前なのでかなり曖昧なところもあると思います。 あまり脚色しないで書いたのでおかずにはならないかもしれない。 俺たちは最初は2人兄妹だった。 小4のときに両親が離婚、...
男性視点

胸の小さな妹の頼み事・後編

翌朝になり、若干の不安を抱きながらリビングに下りていった。 俺「おはよ」 母「けいちゃん、おはよう」 妹「・・・。今日、朝ごはんいらない。もう学校に行く」 母「ちょっと梨花ちゃん。あーあ、行っちゃった・・・」 ...
タイトルとURLをコピーしました