女同士の清くない交際

この体験談は約 4 分で読めます。

出会い系で出会ったミキとは、女同士の清くない交際を楽しんでいる。
つまり、セックスもするレズということだ。
私は子供の頃から女の子にしか興味がなくて、年頃になると可愛い子を好きなように弄んで、よがらせて乱れされるという妄想でオナニーしていた。
まあ筋金入りのレズなのだ。

女子高で可愛い女の子とキスくらいはしたが、なかなか肉体関係まで持てるパートナーが見つからず、社会人になってから、その妄想を現実にした。
いや、最近では、妄想以上のいやらしくて激しいことをしていると思う。

それというのも、ミキが可愛くて従順だからだ。
ちょっとぽっちゃりとしていて、色白で大きなおっぱいをしているミキは、小さな頃男性に性的いたずらをされて、男性を受けつけないカラダになってしまったそうだ。
今でもよく言い寄られるらしいが、ぞっこんの恋人がいるからと断っている。
ミキは可愛い顔をしているし、大人しそうで、なんでも言うことを聞いてくれそうだし、家庭的だし、お嫁さんにしたくなるようなタイプなのだ。
カラダも敏感で、よく濡れて締まるおまんこを持っているし、プリンとしたお尻も、手から溢れるおっぱいも、とても魅力的だ。

私が仕事の帰りにミキのうちに寄ると、エプロンをした新妻のようなミキが嬉しそうに玄関に迎えに来た。
白いパンティにエプロンのみだ。
歩くたびに揺れるおっぱいがエプロンの横からはみ出ている。
私はドアを閉めて鍵を掛けると、ミキを抱き締めて熱いキスをした。
ミキの唇は柔らかくて、舌も小さくて、とろけそうだ。
夢中になってミキの舌を追いかけ回しているうちに、口の周りがよだれだらけになってしまった。

唇を離すと、うっとりとしたミキが、「おかえりなさい。ご飯できてるけど・・・先にベッドに行く?」と聞いてきた。
私はパンティの上からミキのお尻を撫で回しながら、「お楽しみは後にとっておくよ」と部屋に入って食事をした。

ミキのベッドの下には、バイブやディルド、ペニスパンツ、ローターなどが仕舞われていて、その日のセックスに合わせてチョイスしている。
今日はハードなセックスを楽しみたい気分だったので、中くらいのサイズのバイブ二本と双頭の極太バイブを用意した。

ベッドに腰掛けて、ねっとりとしたキスを楽しみ、乳首をしゃぶって、パンティを脱がせる。
パンティからおまんこまで糸を引いてしまうくらい愛液が滴っていて、ミキの期待の高さを物語っていた。

「ヌレヌレだよ・・・」

舌でワレメから溢れ出す愛液を少し舐め取り、中くらいのバイブをおまんこの中に入れた。
スイッチを入れてクリトリスをちゅぱちゅぱとしゃぶっていると、ミキが身悶えする。

「あん・・・すご・・・気持ちいいよぉ!」

ミキが感じているのを見ると、私も興奮して濡れてきてしまう。
私も服を脱いで全裸になった。
ミキが私のおまんこに顔を寄せて69の形になる。
クリトリスを舐められ、ワレメを丁寧に舌でえぐられると、タチのくせに喘いでしまう。

「ミキ・・・気持ちいいよ・・・」

私もミキのおまんこが咥えこんでいるバイブを出し入れしながらクリトリスを指で撫で回す。
ミキは私のおまんこに指を入れて、グリグリと回すように動かす。
私のおまんこの膣壁の感触を確かめるように指で擦っている。

「ふ・・・あ・・・」

ミキのおまんこからは大量の愛液が流れているが、私もかなり気持ちよくなってきた。
おまんこからミキの指が抜かれて、代わりに比べ物にならないくらい太いバイブが入れられた。

「んん・・・ふ・・・」

焦らすみたいにゆっくりと入ってくるバイブは、私のおまんこをじりじりと押し広げるように拡張する。
ようやく奥まで入ってほっとしていると、バイブはグニングニンとうねり始めた。
同時にブルブルと振動していて、仰け反ってしまうくらい気持ちいい。

「あっ・・・ああ・・・もうイキそう・・・」

ミキのおまんこのバイブを出し入れしながら、ミキの脚にしがみついて絶頂を迎える。

「私もイッちゃう・・・」

ミキも小さく震えてイッたようだ。
私はのろのろと体を起こして、私のおまんこに入れられたバイブのスイッチを切って抜き、双頭のバイブを入れた。
バイブで拡張されていたおまんこはズブズブと極太のバイブを咥え込んだ。
ミキのおまんこのバイブも手早く抜いてしまうと、正常位の体勢で覆いかぶさるように重なった。

極太のバイブの先端をミキの膣口に押し当て、少しずつミキのおまんこに含ませる。
ミキのおまんこに入れるためにバイブを動かしていると、私のおまんこにも振動が伝わってきて、じわっと快感が広がる。
バイブをミキのおまんこの奥まで入れ終わると、私はほうっと息をついた。
双頭バイブのスイッチを入れると、私たちのおまんこの中でバイブはグイングインとうねり始めた。

「あんっ・・・いい・・・気持ちいい・・・」

抱き合ってミキと見つめ合っていると、ちんぽを持っていなくてもセックスしているという実感が得られる。
私は腰を動かしてバイブを味わった。
ミキも自分から腰を動かして、自分のおまんこと私のおまんこに快楽を与えている。
夢中になって2人で腰を振っていると何度も絶頂がやってきて、やがてぐったりと力尽きるまで楽しみ、泥のように眠りに落ちたのだった。